※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天空人の定め

天空人と人間は夫婦になれぬのが定め


DQ4FC
天空人女=勇者の実母と推測される。
「しかし天空人と人間は夫婦になれぬのが定め」
「木こりの若者は雷に撃たれ 娘は悲しみにうちひしがれたまま連れ戻されたのでした。
「しかし娘はどんなときでも地上に残してきた子供のことを忘れたことはありません。

DQ4PSで追加された天空人の日記
「禁をおかして地に下りた彼女をマスタードラゴンはどんなに時がたとうとも お許しにならないだろう。今にマスタードラゴンは もっとも残酷なやり方で彼女のしあわせをうばうことだろう。悲劇がおこる前に地に下りた彼女を私はなんとしても連れ戻すつもりだ。それでどんなに憎まれようとも……。」

勇者の父にあたる木こりの殺害犯
    1. 自然事故死:運悪く雷に当たって死んだだけ。
    2. 犯人はマスタードラゴン説:マスドラが父親を殺し、天女を連れ戻し、子供は勇者として地上で育てさせた。
    3. 犯人は日記を書いた天空人説:この場合勇者母である天女の身を案じすぎた天空人が無理矢理天女を連れ戻そう地とした際に、木こりの父親を雷撃系の呪文で殺した。

天空人の血脈

DQ5では、DQ4の勇者の力を継ぐものを探すパパスの旅からはじまる。
結局DQ5で天空の勇者の血を引くものとしては、主人公の結婚相手となるビアンカとフローラの
2人が確認されている。

DQ5PSでは、結婚しなかったビアンカに対して妻となったフローラが
フローラ「もしかしたらビアンカさんも私と同じ……
というセリフを言うことから、結婚しなかったビアンカも天空の勇者の血を引いているらしいと推測できる。

ただしDQ5SFCでは、結婚しなかった方が天空の血を引いているかどうかは不明なままである。
最終更新:2007年09月07日 11:47