越前藩国 Wiki

施設の稼働管理

最終更新:

author

- view
メンバー限定 登録/ログイン

部品構造


  • 大部品: 施設の稼働管理 RD:8 評価値:5
    • 部品: 施設の稼働条件
    • 部品: 施設で働く人
    • 部品: 施設の設備
    • 部品: 施設の費用
    • 部品: 施設の収支
    • 部品: ヒト・モノ・カネの管理
    • 部品: 適切な運営に努める
    • 部品: 反社会勢力との決別



部品定義


部品: 施設の稼働条件

藩国や組織に存在する施設は通常単独で稼働するはずもなく、そこに働く人がいて、必要十分な設備や道具、備品がそろうことで初めて稼働し、機能する。

部品: 施設で働く人

施設があるということはそこで働く人がいるという事でもある。施設に期待された機能や効果、そしてサービスが実際に社会に提供されるよう、適切な職業訓練に時間を費やした職員が複数勤務しているという事だ。

部品: 施設の設備

何もない部屋に働く人を置いただけで稼働できる施設は無い。働く人が十分な能力を発揮できるような道具や設備が設置されることで、施設は施設として稼働することができるようになる。

部品: 施設の費用

働く人が居ればお給料を支払う必要があるし、道具や設備を入れるにもお金がかかる。消耗品が必要であれば買い足したり、もし道具や設備が壊れたら買いなおしたりも必要だ。施設を動かすには何かとお金が必要なのだ。

部品: 施設の収支

施設が稼働するために必要なお金は、施設が稼働したことで得られる収益によって賄われる。公的サービスなど直接収益を上げることを期待されない性質を持つ施設の場合には藩国や組織からの支出によって賄われる。

部品: ヒト・モノ・カネの管理

働く人が居て、道具や設備があり、さらにお金が動くという事になればそれらを管理する必要が発生する。これらの管理を行うために、施設で働く人は共通の目的を持つ集団として組織されることになる。

部品: 適切な運営に努める

組織運営や管理がずさんで、働く人が粗雑な扱いを受けたり、金や資材などが横領・横流しされるようでは施設は本来期待された機能や効果、そしてサービスを提供できなくなる。これを防ぐために定期的、そして不定期に運営する組織や施設について状況をチェックし、適切に運営が行われるように努めなければならない。

部品: 反社会勢力との決別

犯罪組織と繋がりが出来てしまうと、時間が経てば経つほど施設や組織の機能は損なわれ、本来期待される役割を達成できなくなる。それどころか社会にとってマイナスの効果を生み出し続けることになってしまう。これを避けるために、施設や施設を運営する組織は治安当局とも協同して反社会勢力の浸透を防がなければならない。



提出書式


 大部品: 施設の稼働管理 RD:8 評価値:5
 -部品: 施設の稼働条件
 -部品: 施設で働く人
 -部品: 施設の設備
 -部品: 施設の費用
 -部品: 施設の収支
 -部品: ヒト・モノ・カネの管理
 -部品: 適切な運営に努める
 -部品: 反社会勢力との決別
 
 
 部品: 施設の稼働条件
 藩国や組織に存在する施設は通常単独で稼働するはずもなく、そこに働く人がいて、必要十分な設備や道具、備品がそろうことで初めて稼働し、機能する。
 
 部品: 施設で働く人
 施設があるということはそこで働く人がいるという事でもある。施設に期待された機能や効果、そしてサービスが実際に社会に提供されるよう、適切な職業訓練に時間を費やした職員が複数勤務しているという事だ。
 
 部品: 施設の設備
 何もない部屋に働く人を置いただけで稼働できる施設は無い。働く人が十分な能力を発揮できるような道具や設備が設置されることで、施設は施設として稼働することができるようになる。
 
 部品: 施設の費用
 働く人が居ればお給料を支払う必要があるし、道具や設備を入れるにもお金がかかる。消耗品が必要であれば買い足したり、もし道具や設備が壊れたら買いなおしたりも必要だ。施設を動かすには何かとお金が必要なのだ。
 
 部品: 施設の収支
 施設が稼働するために必要なお金は、施設が稼働したことで得られる収益によって賄われる。公的サービスなど直接収益を上げることを期待されない性質を持つ施設の場合には藩国や組織からの支出によって賄われる。
 
 部品: ヒト・モノ・カネの管理
 働く人が居て、道具や設備があり、さらにお金が動くという事になればそれらを管理する必要が発生する。これらの管理を行うために、施設で働く人は共通の目的を持つ集団として組織されることになる。
 
 部品: 適切な運営に努める
 組織運営や管理がずさんで、働く人が粗雑な扱いを受けたり、金や資材などが横領・横流しされるようでは施設は本来期待された機能や効果、そしてサービスを提供できなくなる。これを防ぐために定期的、そして不定期に運営する組織や施設について状況をチェックし、適切に運営が行われるように努めなければならない。
 
 部品: 反社会勢力との決別
 犯罪組織と繋がりが出来てしまうと、時間が経てば経つほど施設や組織の機能は損なわれ、本来期待される役割を達成できなくなる。それどころか社会にとってマイナスの効果を生み出し続けることになってしまう。これを避けるために、施設や施設を運営する組織は治安当局とも協同して反社会勢力の浸透を防がなければならない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "施設の稼働管理",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "施設の稼働条件",
         "description": "藩国や組織に存在する施設は通常単独で稼働するはずもなく、そこに働く人がいて、必要十分な設備や道具、備品がそろうことで初めて稼働し、機能する。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "施設で働く人",
         "description": "施設があるということはそこで働く人がいるという事でもある。施設に期待された機能や効果、そしてサービスが実際に社会に提供されるよう、適切な職業訓練に時間を費やした職員が複数勤務しているという事だ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "施設の設備",
         "description": "何もない部屋に働く人を置いただけで稼働できる施設は無い。働く人が十分な能力を発揮できるような道具や設備が設置されることで、施設は施設として稼働することができるようになる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "施設の費用",
         "description": "働く人が居ればお給料を支払う必要があるし、道具や設備を入れるにもお金がかかる。消耗品が必要であれば買い足したり、もし道具や設備が壊れたら買いなおしたりも必要だ。施設を動かすには何かとお金が必要なのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "施設の収支",
         "description": "施設が稼働するために必要なお金は、施設が稼働したことで得られる収益によって賄われる。公的サービスなど直接収益を上げることを期待されない性質を持つ施設の場合には藩国や組織からの支出によって賄われる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ヒト・モノ・カネの管理",
         "description": "働く人が居て、道具や設備があり、さらにお金が動くという事になればそれらを管理する必要が発生する。これらの管理を行うために、施設で働く人は共通の目的を持つ集団として組織されることになる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "適切な運営に努める",
         "description": "組織運営や管理がずさんで、働く人が粗雑な扱いを受けたり、金や資材などが横領・横流しされるようでは施設は本来期待された機能や効果、そしてサービスを提供できなくなる。これを防ぐために定期的、そして不定期に運営する組織や施設について状況をチェックし、適切に運営が行われるように努めなければならない。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "反社会勢力との決別",
         "description": "犯罪組織と繋がりが出来てしまうと、時間が経てば経つほど施設や組織の機能は損なわれ、本来期待される役割を達成できなくなる。それどころか社会にとってマイナスの効果を生み出し続けることになってしまう。これを避けるために、施設や施設を運営する組織は治安当局とも協同して反社会勢力の浸透を防がなければならない。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
記事メニュー