エルフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悲しい経験から、誰もが知っている。
運命という翼を広げ、エルフの矢がどう飛ぶのかを。
病んだ雌羊が夏の糧を諦めた時、
それとも大地に投げ出され、心臓を打たれた雌牛が眠る時。
――Willam Collins "An Ode on the Popular Superstitions..."

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
68 妖精 エルフ エルフ ピクシー 飛行
虚心
エルフショット
イルネス(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
原種 Lv.1 2000 500 700 200 600 700 - 睡眠耐性5
魅了耐性7
Lv.30 2828 1000 1400 400 1200 1400
亜種1 Lv.1 2100 700 800 300 700 800
Lv.50 3320 1750 2000 750 1750 2000
亜種2 Lv.1 2000 500 1000 200 700 900
Lv.50 3162 1250 2500 500 1750 2250

Illustrated by キイル



入手方法

  • 通常個体

備考

  • 起源はゲルマン神話。北ヨーロッパ全域に伝わる妖精の代表格。→wiki
  • あまりにも情報量が多いため、ここでは主にフレーバーテキストの出典である「イギリスの」エルフについて説明することにする
  • 北欧のエルフは美しく力強いイメージで語られイギリスでもそれを踏襲することもあるが、逆に悪魔と結び付けられたりとネガティブなイメージで語られることもある
    • 民話によく登場するエルフランドが薄気味悪く不快な場所として描写されるのはこのためだろう
  • ちなみに、イギリスの民話で登場する女性のエルフは、エルフランドの女王ただ一人である
  • 近世イングランドでは小さく悪戯好きで見つけにくい存在として描写される。これはイングランド先住民の神話に起源を持つフェアリーと混同された事による
    • 結果的に自然の精霊を表す総称となり、プーカホブゴブリンなどの類似の存在と区別されずに使用される。
  • 突然の麻痺のことを「エルフの一突」という。フレーバーテキストはこれを詠ったもの。
    • 恐らくスキルのエルフショットもこれが元ネタだろう。英語ではエルフストライク(elf stroke)だが
  • ゲームなどで時々見かける黒エルフはデックアールヴから来たものと思われる


コメント


名前:
コメント: