※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年


3月9日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第1弾発売。
 記念すべき第1弾は、1~3部のキャラがカード化。
 レアカードは擬音などにのみ箔押しがされている仕様。
 レアカードの封入率が低い(5パックに1枚)、スターターの内容がランダム、などの問題点も多かった。
 また、この1弾のみジャンボカードダスでの販売も行われていた。

  • 第1弾の環境
 第1弾ということで基本的なカードが多く、コンボデッキなどは作りづらかった。
 主に屍生人デッキなどが活躍していた。


3月20日

 プロモカードPR-002 空条承太郎』が付いた「Vジャンプ」2007年5月号発売。


3月21日

 「カードダスフェスタ 2007 春の陣 大阪大会」開催。


4月1日

 「カードダスフェスタ 2007 春の陣 東京大会」開催。


4月~6月

 ショップカードバトラーズ「1stステージ」開催。


7月

 ショップカードバトラーズ「1stステージ」決勝大会開催。


7月~10月

 ショップカードバトラーズ「2ndステージ」開催。


7月19日

 プロモカードPR-005 ジャイロ&ジョニィ』が付いた「ウルトラジャンプ」2007年8月号発売。


7月20日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第2弾発売。
 3部のキャラを中心に収録、少数ながら4部のキャラも初登場した。
 7弾現在、唯一レアカードに箔押しなどがされていない仕様。
 この弾から、レアカードの封入率(2パックに1枚)やスターターの仕様が改善された。
 発売と同時にサイン入りカードがプレゼントされる
 「岸部露伴に会いに行こう」キャンペーンが開催された。

  • 第2弾の環境
 とても強力な除去能力を持つJ-141 笑うJ・ガイルが登場。
 エラッタが出たが、能力の根幹に関わる部分についてではなかったため
 その後も猛威を振るい続けた。 


7月22日

 「カードダスフェスタ 2007 夏の陣 大阪大会」開催。


7月25日



7月29日

 「カードダスフェスタ 2007 夏の陣 札幌大会」開催。


8月5日

 「カードダスフェスタ 2007 夏の陣 名古屋大会」開催。


8月12日

 「カードダスフェスタ 2007 夏の陣 福岡大会」開催。


8月19日

 「カードダスフェスタ 2007 夏の陣 東京大会」開催。


11月

 ショップカードバトラーズ「2ndステージ」決勝大会開催。


11月~2008年3月

 ショップカードバトラーズ「スタンド大会」開催。


11月5日

 プロモカードPR-007 ジョナサンVSディオ』が付いた集英社リミックス「ファントムブラッド」発売。


11月9日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第3弾発売。
 3部後半や4部前半のキャラを中心に収録。
 この弾よりレアカードの箔押し仕様が復活、イラスト全体に箔押しがされるようになった。
 スターターは固定封入+3種類のパターン封入+ランダム封入のカードで構成されており、
 パターン封入のST限定カードを揃えるのが難しいため不評だった。

  • 第3弾の環境
 J-141 笑うJ・ガイルへのあからさまな対策カードが多数登場し、問題は若干沈静化した。
 しかし、とても強力なヒーローカードJ-197 イギーが登場し、一気にトップメタに。
 大会ではイギーデッキだらけという光景も一般的になってしまった。


12月22、23日

 「ジャンプフェスタ 2008」開催。



2008年


2月中旬



2月21日

 プロモカードPR-010 露伴&ジャンケン小僧』が付いた「Vジャンプ」2008年4月号発売。


3月26日



3月27日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第4弾発売。
 ジョジョABCが2年目に突入。3部や4部のキャラを中心に収録。
 各種強力カードの対策カードや今まで使いづらかったカードを救済するカードを収録し、
 いわゆる壊れカードも特にない、なかなかの名ラインナップだった。

  • 第4弾の環境 
 対策カードの増加により、各種強力カードの問題は沈静化。
 J-334 音石明J-394 そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
 などが登場し、今まで使いづらかったスタンドカードがより使いやすくなった。
 また、あまりの強力さにJ-197 イギーの使用を自粛するプレイヤーも増えた。


4月~

 『ショップカードバトラーズ 2008』開催。

 前年度レギュレーションからの大きな変更点
  • デッキは「ヒーローカード1枚+山札50枚以上」
  • 対戦形式は「スイスドロー形式 《45分 1本先取》」
  • サイドボードが廃止され、参加者は自分の所持しているカードで自由にデッキの調整・交換を行える(実質サイドボード無制限)
  • タロットカード使用可能(ジョジョABC・タロットカードエディション製品版のタロットのみ)
  • 大会中のタロットデッキの調整は可能


4月~6月

 ショップカードバトラーズ 2008「第1ステージ」開催。


7月

 ショップカードバトラーズ 2008「第1ステージ」決勝大会開催。


7月10日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第5弾発売。
 4部終盤のキャラを中心に収録。
 ジョジョABC初のシークレットレアカードが登場した。
 また、パッケージの大型化や内容量の増加など、スターターのボリュームがアップした。

  • 第5弾の環境
 J-428 ジョースター家の血統J-429 ジョースター家の血族
 J-520 チープ・トリックという強力カードが一斉に登場し、
 速攻デッキとコントロールデッキが同時に強化された。
 残念ながら4弾のプレイしやすい環境は崩れ去ってしまった。


7月14日



7月~9月

 ショップカードバトラーズ 2008「第2ステージ」開催。


10月

 ショップカードバトラーズ 2008「第2ステージ」決勝大会開催。


10月~12月

 ショップカードバトラーズ「第3ステージ」開催。


11月29日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第6弾発売。
 1~5部のキャラを中心に収録。
 人気の高い第5部黄金の風のキャラが、新リネージ「風」にて初登場した。
 第5弾に引き続き、シークレットレアカードが収録された。
 内容が固定され、優良再録カードが多い名スターターだった第5弾からうって変わり、
 第3弾と同じ、内容が3種類の中から1種類のランダムアソート、
 しかもスターター限定カードは1種類につき1枚しか入っていないため、
 デッキを組むには大量のスターターが必要という仕様に変更され、
 プレイヤーからは非難の声が多数上がった。

  • 第6弾の環境(2008年12月現在の状況)
 5弾環境で猛威を振るった血統血族のメタカードは基本的に風のみで、
 更に、2009年1月は期間限定レギュレーション
 【ジョルノジョバーナには夢がある!黄金の風】大会が適用されるため、
 まだまだ血統血族は猛威を振るい続けるだろう。



2009年


1月~3月



3月14日

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第7弾発売。
 ジョジョABCが3年目に突入。第5部のキャラを中心に収録。
 第6部ストーンオーシャンのキャラが初登場した。
 スターターがなく、ブースターパックのみでの販売となった。
 第5弾、第6弾に引き続き、シークレットレアカードが収録された。


6月中旬

 ジョジョの奇妙な冒険 ABC 第8弾発売。
 主にストーンオーシャンのカードが中心となっている。
 1~6部までの全ての主人公キャラを収録しており、
 第5弾を最後に収録されていなかった柱の男も復活する。
 また、プロモ以外で初のスティール・ボール・ランのカードも収録されている。


6月15日

 プロモカードPR-020 空条徐倫』が付いた集英社リミックス「ストーンオーシャン」発売。


最終更新:2009年06月16日 23:01