矢野義人

やの よしひと

ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に所属するゲーム音楽作曲家。やのまんという別名義を持っている。
1996年にナムコへ入社。主に「ソウルキャリバー」シリーズや「鉄拳」シリーズの楽曲を担当している。
とりわけ有名なのが「塊魂」シリーズや「太鼓の達人」シリーズなどのボーカル曲であり、「愛のカタマリー」などどこか色物系ながらも真剣で情熱的な曲(と歌詞)を作成していることで高い評価を得ている。

2012年に元バンダイナムコ所属で、同じ愛知県出身である三宅優氏と音楽ユニット「ミカンズ」を結成した。

作曲作品の一例



代表的な曲

最終更新:2022年03月23日 23:04