菩殺

ぼさつ

収録作品:龍が如く 維新![PS4/PS3]
作曲者:庄司英徳

概要

最終章のラストバトルである武市半平太との戦闘で流れるBGM。
この武市半平太戦は相手の残り体力によってシチェーションが3つの段階ごとに分かれており、
曲の展開もその段階ごとによってシームレスで大きく切り替わっていくのが特徴である。
実質1曲の中に計3曲分の中身が詰まっているようなもので、そのため曲の尺は8分以上とかなり長い。

かつて兄弟と呼び合うほどの親しい友同士との激突ということだけあり、曲は全編にわたり力強くも悲愴感に満ちている。
第2段階になると武市は刀だけでなく銃を使い始める。この形態での武市の攻撃は非常に激しく、曲の方もより激しい形へ変化。
最終段階では再び刀だけを使うようになり、曲はゆっくりとより物悲しい流れへと変わっていき、最後の決着を予感させる。

こうした戦闘のシチェーションに見事に合わさったドラマチックな音楽であり、8分以上という長さを感じさせない見事な1曲である。
龍が如くシリーズでは、1つの戦闘の中でシチェーションが変化する例は今までにもあったが、
音楽面の方もシチェーションの段階に合わせてこれほど大きく変化させる試みは、おそらくこれが初めてだと思われる。
後の『龍が如く0 誓いの場所』の「Archnemesis」や「Two Dragons」といった楽曲でも、同じような手法が取られている。

過去ランキング順位


サウンドトラック

龍が如く 維新! オリジナルサウンドトラック Vol.1