石川淳

いしかわじゅん

日本で活動しているゲーム音楽作曲家。現在はHAL研究所に所属している。1990年に入社し研究所内のサウンドチームでは最も古参の人物である。
学生時代より「映画の音声担当は指一本映ってはならない」と教育されてきた為、公の場に登場する事を好まないが、「毛糸のカービィ」の「社長が訊く」において初めて顔出しインタビューに登場。その後「星のカービィ25周年記念オーケストラコンサート」では初めてファンの前に姿を現した。
人気ゲームシリーズの星のカービィの音楽を初代から最新作まで作り続けており、「カービィ音楽の生みの親」と称される。
手がける曲は、担当するゲームがほのぼのした雰囲気のものが多いため、それに準じたポップで軽快なものが多い。しかし、時にはどこか奥深くも悲しげな曲を作ることもあり、ゲームの印象に厚みを持たせている。

伴奏・ベース・ドラムのいずれかを16分音符で延々と刻み続ける事が多く、作曲者が判明していなくてもなんとなく彼の楽曲であると分かることも。
また、ゲーム音楽には珍しく変拍子を使用する事が多い。


作曲作品の一例



代表的な曲