Megalith -Agnus Dei-

メガリス -アニュス デイ-


概要

本作の最終ミッション「メガリス -MEGALITH-」で流れるBGM。
全編コーラスを使ったオーケストラサウンドで、荘厳かつ悲愴感に満ち溢れた楽曲。
エースコンバットシリーズのミッションBGMでは、初めて本格的にコーラスを使った曲となる。

Agnus Deiというのはラテン語で「神の子羊(イエス・キリストのこと)」を指す。
歌詞の方も全てラテン語で、その内容も神に対する祈りのような言葉となっている。
主な歌詞は、カトリックのミサなどで歌われる「鎮魂歌(レクイエム)」の内容を参考にしていると思われる。

ミッション開始デモのBGM「Rex Tremendae」とセットで使われ、「Rex Tremendae」のアカペラのコーラスの直後にこの曲が始まる。
最終兵器「メガリス」の破壊、という最後のミッションだけあって、非常に壮大な楽曲が決戦を盛り上げてくれる。
またこのミッションにおける敵部隊のパイロットのほとんどが、まだうら若き将校という設定である。
いくら敵とはいえ若い生命を散らさねばならない…。という戦争の悲惨さがこの曲の「鎮魂歌」的なイメージをより強めてくれる。
今までのシリーズにまるでなかった壮大な曲調と、この戦場におけるマッチング具合から本作の代表曲の1つとして人気が高い。

こういった「ラストミッションにおいて壮大なコーラス曲を使う」という流れは、
後の『エースコンバット5』の「The Unsung War」や『エースコンバット・ゼロ』の「ZERO」にも引き継がれた。

過去ランキング順位


歌詞

以下のページを参照
別窓開きます。

サウンドトラック

Ace Combat 04 shattered skies Original Sound Tracks