Ⅲ号突撃砲F型

Ⅲ号突撃砲F型



スペック
全長 5.56 m
全幅 2.95 m
全高 2.16 m
重量 23.9 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 整地 40 km/h
行動距離 155 km
エンジン マイバッハ HL 120 TRM V型12気筒ガソリン
馬力 350hp
車体装甲厚 前面50+30 mm /側面30 mm /後面50 mm


主砲
75 mm StuK 40 L/48 APC貫徹力 91 mm@500m 装弾数 54

機銃
7.92 mm MG34またはMG42 1-2挺   装弾数 600


略称「Ⅲ突」なんて呼ばれたりする突撃砲。
え?戦車じゃないのかって?戦車と違って砲塔が無く、大砲を回転させることができません。
なので、史実のドイツ軍の所属は「戦車部隊」ではなく「砲兵科」。
(ただし史実では後々グデーリアンというおっさん軍人さんにより色々あるけどそれはそれで)

こいつは「車体に大砲を固定で据え付けている」ため、正面にしか撃てません。
だから横とか後ろに回りこまれると死ねる白旗あがっちゃうね。
「ちゃんと回る大砲つけろよ!」とおっしゃる紳士淑女もおられるでしょうが
固定だと「強い大砲をのっけやすい」「作るの安い」「姿勢が低くなる」という利点があるのです。
(4話時点で大洗最強の戦車砲をのっけてます)

元々は歩兵支援用の車両だったので75mm短砲身(あんまし貫通力が無くて対歩兵向きの大砲)でした(A~E型)。
ところがソ連の「T-34」や「KV-1」というヤバイ戦車に出くわしたのでさあ大変。
何がヤバイって普通に撃っても弾がまったく貫通せず、正面勝負では勝負にならない状態になってしまったのだ。
「ヤベーまじヤベー」とドイツのお偉方はとりあえず強い大砲のっけた車両を作らないとと大慌て。
こうしてとりあえず75mm長砲身(T-34と勝負できるそれなりにつえー戦車砲)をのっけたF型ができあがったのでした。
このあたりはあんこうチームの乗るⅣ号戦車系列と同じ経緯を辿っているね。
(Ⅲ号突撃砲F型以外にもいっぱい長砲身を乗っけた車両を作ったけど、それはまた別のお話)

正面にしか撃てない(照準つけるためにちょっぴりだけ動かせる)ので待ち伏せ作戦がメインの運用。
4話の待ち伏せ作戦は実に理にかなった戦術だったのです。
姿勢が低いのも生かそうとしてたしね!してただけだけど!


204 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/11 /05(月) 14:05:36.99 ID:rkgbgGmm0
黄色部分はドイツ軍の北アフリカでの塗装だと思うから
ダークイエローかな。
赤色部分はローマ帝国を意識していると思うから鈍い赤。
セリアAのASローマのユニフォームなんかを参考にするといいかと。

主砲は48口径の模様(アハトゥンク・ガールズ&パンツァーより)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル