「GBのゲーム制覇しましょ」のまとめ

時空戦記ムー(ハドソン)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
クリア条件:EDを見る
開始時間:2009/07/29(水) 01:53:46.87
終了時間:2009/07/30(木) 23:42:44.62
参加人数:1

VBAだとセーブされません。はじめにセーブできるかどうか確認してください

ハドソンが出したRPG。
ゲームスタート時に主人公の顔を作成でき、それによって初期能力が決まるという
斬新な「ふくわらいシステム」を搭載!・・・・・・なんだそれ(;^ω^)

セーブはメニュー開いてパーティー→きろくする

途中から複数パーティーになるが街の中で建物の外にいないと
メンバー入れ替えとか出来ないので注意。

進め方の自由度が非常に高い反面、迷いやすいので人の話はよく聞きましょう。

ストーリー

かつて、ムーと呼ばれる大陸があった。人々はそこにプリナという国をつくり、その国王が同時にムー大陸の王として君臨していた。
プリナ王ラルス2世は、突然国教としていたニール教を、邪教として禁じ、かわりにマックス教を国教の座につけた。
ニール教が聖地を追われて間もなくのこと――。プリナの王妃が姿を消し、それと前後してラルス2世の生まれたばかりの赤ん坊も、行方知れずとなってしまった。
そして16年の月日が流れた。
王の改宗以来勢力をのばし始めた魔物たちは、ついにプリナの城門を突破。
今まさに、ラルス王のもとに迫りつつあった――。

アイテム


魔法




安価ふくわらいで完成した我らが主人公御近影

長時間の迷子 唐突に増え続ける仲間 説明の足りない怒濤の展開を乗り越えて
やってきました最終戦

このゲーム、ボスというボスが全て死亡フラグくさい見栄を切りますw


ハイハイ 第二形態第二形態


正統な神を主張されてましたがどう見ても邪神です 本当に(r


もちろん我らのパチオの敵ではなく(マジで苦戦らしい苦戦にならなかった)


絵に描いたような捨て台詞


エピローグの後にスタッフロール そして


無事大陸全土が解放されました! めでたしめでたし

  • 雑感
ストーリーは比較的王道(所々超展開というかやっつけ感有り)
エンカウント率はこの時代なり(今の感覚で言えば結構酷いw)
戦闘バランス的に詰まる事もない(つかほぼオート戦闘で終わるのですが)

ただ…ひたすらお使いな事&テキストの説明が微妙に言葉足らず
どうも不親切感が否めません(迷子は説明書に地図が付属していたようです)
複数PTシステムもイベントとして活用されたのは一回だけ
後はひたすら二軍待機チーム…

佳作一歩手前…って感じでしょうかね?

おまけ小ネタ

さんざん迷子でゆっくりしました(´・ω・`)