プログラミングに関する私的メモ

NetBeans

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

NetBeans IDE 6.1でのantの場所

C:\Program Files\NetBeans 6.1\java2\ant\bin

解説

JFreeChartを使ってみようとインストールマニュアルを読むと、antスクリプトでjavadocを生成しろと書いてある。antはNetBeans IDEと一緒にインストールされており、探してみると上記の場所にあった。ちなみにNetBeansの「ツール」「オプション」「その他」の「ant」タブという操作で場所が判明した。

NetBeans(6.1)にカブロボAPIをライブラリとして登録

NetBeansにカブロボのAPIをライブラリとして登録しているが、ソースのAPIのメンバーにカーソルを持っていっても「javadocが見つかりません」となってしまい困っていた。結局、javadocを手動で何かいじってしまっていたらしく、再度カブロボSDKをダウンロードしてjavadocを指定しなおすことで解決。パスに日本語が入っているとかは関係ない模様。
以下メモ。Netbeansから、
  • ツール→ライブラリでライブラリマネージャーを開く
  • 新規ライブラリボタン→ライブラリ名をSuperKaburoboSDKに指定。(ここで日本語は「不正なライブラリ名」になってしまうが、ライブラリの一覧のほかのライブラリ名にはカタカナも見えるので、たぶん入力用テキストボックスの文字コードがUTF-8ではないためと想像)
  • クラスパスに、カブロボSDKを展開して得たlib/hsqldb.jarとlib/skaburobo-sdk.jarを指定。
  • javadocに、doc/javadocフォルダを指定。
以上
ライブラリと開発プロジェクトで文字コードが異なっていてもjavadocは参照できる模様。

NetBeans(6.9)バージョン管理(Git)

  • 日本語パスのあるフォルダにGit(1.7.4)をかけると処理が失敗する。忘れていた。

NetBeans(7.3.1)の出力ウインドウで、java.util.loggingのINFOより軽いメッセージを表示する方法

javaのjdkのjreのlibフォルダ内にlogging.propertiesというファイルの中の
java.util.logging.ConsoleHandler.level = INFO
これを
java.util.logging.ConsoleHandler.level = ALL
にすれば出力ウインドウでCONFIGより軽いメッセージも見れる。IDEを再起動する必要も無い。
とりあえずIDEでデバッグメッセージを気楽に見たいので手軽に設定できるこの方法で十分。

一応メモ。
import java.io.IOException;
import java.util.logging.Level;
import java.util.logging.Logger;

class LoggerTest {
    private static final Logger LOG = Logger.getLogger(LoggerTest.class.getName());

   public static void main(String[] args) throws IOException {
       LoggerTest my = new LoggerTest();
       LOG.setLevel(Level.ALL);
       System.err.println("---ALL---");
       my.func1();
       LOG.setLevel(Level.CONFIG);
       System.err.println("---CONFIG---");
       my.func1();
       LOG.setLevel(Level.WARNING);
       System.err.println("---WARNING---");
       my.func1();
       LOG.setLevel(Level.SEVERE);
       System.err.println("---SEVERE---");
       my.func1();
       LOG.setLevel(Level.OFF);
       System.err.println("---OFF---");
       my.func1();       
   }

   void func1() {
       System.err.println("func1:");
       LOG.entering(this.getClass().getName(), "func1()");
       LOG.severe("SEVEREですよ。");
       LOG.warning("WARNINGですよ。");
       LOG.info("INFOですよ。");
       LOG.config("CONFIGですよ。");
       LOG.exiting(this.getClass().getName(), "func1()");
   }
}
今日までこのenteringやexitingが見れなくて四苦八苦してた。


最近更新されたページ