エンディング(FORCE)

人類が進化するためのデータを収集するはずだったFA計画は、アース0の管理プログラムが「人類と地球に壊滅的な打撃を与えて、人類を強制進化させる」と暴走したため、疑似人格とアイレ、テレノはそれを阻止する。
しかし、アース0の管理プログラムは消滅寸前にアース0を自爆させ、地球へ落そうとする。それを阻止してアース0の崩壊を止めるため、アイレとテレノは自身を新たな管理プログラムとして組み込むために、自身の人格を消去する事を決意する。
疑似人格は彼女達を失いたくないために止めようとするが叶わず、アイレとテレノの人格は消滅する。アイレとテレノは、消滅寸前に疑似人格に「extra」と名前を与える。
それからかなりの時が経過してextraと名前を与えられた疑似人格は、その記憶もおぼろげになり彼女達を失った絶望から、「ex-」と名乗るようになる。

そして、FA計画から発展させた「GA計画」、それが失敗した場合は地球と全GAステーションを破壊して外宇宙へ旅立つ「EA計画」という新たな2つの計画が立案されるのだった。

物語は『ガンダムEXA』へ続く…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。