称号(OB)


ページ肥大化対策のため、今作から新規参戦の機体、ナビのみ記述。
EXVS2から参戦している機体の称号は称号(EXVS.2)を参照。
EXVS2XBから参戦している機体の称号は称号(XB)を参照。

機体別称号

登場作品 機体名 称号名 解説
機動戦士ガンダム SEED FREEDOM ライジングフリーダムガンダム ミレニアムMS隊隊長 キラはミレニアムのMS隊隊長として、シン、ルナマリア、アグネスやヒルダ達を率いている。
優しい人 SEED時代より続く、キラに対するラクスからの評価。
不思議な男 キラに対する、新プラント議長ワルター・ド・ラメントからの評価。「不思議な男ですな、ヤマト隊長は」より。
暗中模索 デスティニープランを否定し人が選ぶ未来を掴んだものの未だ戦争は絶えず、
コンパスによる武力介入という方法も正しいのかは分からない。
何故分からないんだ!
RISING 機体名より。「日の出」なども含む単語である。
ガンダム Gのレコンギスタ ヘカテー 海賊部隊のサポーター 当初はメガファウナの補給部隊として海賊部隊に合流した。
総監が調達したMS ヘカテーはアメリア軍が建造し、グシオン総監を経由してサラマンドラに配備された。
なにすんだあたしのヘカテーに! 第16話で、乗機の頭部を蹴られた時の台詞から。
サラマンドラの突撃娘 第18話で、クリムと共に増援にやってきたのを見たマスクの台詞
「サラマンドラの天才と突撃娘か!」より。
天才の同伴者 サラマンドラ合流後はクリムの補佐として数多くの戦闘に参加し、終戦後もクリムと共に行動している。
直撃はさせない 第13話で、クリムのカバーに入った時の台詞だが、実際は「直撃はさせやしません!」である。
機動戦士ガンダム 水星の魔女 ガンダム・エアリアル ホルダー アスティカシア高等専門学園における決闘の勝者の中でも、最も優秀な生徒にのみ与えられる称号。
専用の白い制服とパイロットスーツがトレードマーク。
花婿 アスティカシア高等専門学園のホルダーはベネリットグループ総裁の娘と結婚できる権利を得ることができる。
スレッタはホルダーになったことでミオリネの花婿となった。
やりたいことリスト スレッタが入学前に作った「学校に来たらやりたいことのリスト」のこと。
GUND-ARM ガンドアーム。
身体機能拡張技術「GUND」を軍事転用したGUNDフォーマットを搭載したMSのことで、略称としてガンダムの単語が使われる。
大切な家族 第5話でエランからエアリアルに乗る理由を尋ねられたときの台詞
「エアリアルは私の大切な友達で、家族なんです」より。
魔女と花嫁 第1話のサブタイトルから。
ガンダム・ファラクト ペイル・テクノロジーズ グループ『御三家』の1つである大手会社。
開発するMSは機動性に優れているが、禁忌のGUND-ARMや強化人士に手を入れるなど倫理に希薄な裏の面がある。
強化人士4号 強化人士とはパーメット流入に耐性を持たせた、いわゆる強化人間。
本vsシリーズに登場するのはその4人目で、彼以前の「エラン」はすでに殺処分されていると思われる。
鬱陶しい歌 6話より。誕生日を聞き出すために『Happy Birthday』を歌ったスレッタだったが、エランは「鬱陶しいよ」と拒んだ。
君は僕とは違う 5話にて、搭乗したエアリアルのパーメットスコアを上げても身体に負荷がかからなかったことにショックを受けて。
文字通り命懸けでGUND-ARMを使うエランは、ノーリスクで扱えるスレッタを恨むことになった。
氷の君 無表情で必要最低限しか他者と関わらないことから付いたエランの異名。
勝利くらい僕にくれよ! 6話のエアリアル戦にて。
友達や将来の夢、やりたいことに溢れる上に勝利も手に入れられるスレッタは、
いつ死ぬか分からないエランから見れば嫉妬どころでは済まない存在であった。
ダリルバルデ ジェターク・ヘビー・マシーナリー グループ『御三家』の1つである大手会社。
地上運用を主体としたモビルスーツの開発に優れており、GUND-ARMではなく意思拡張AI技術の開発研究を積極的に行っている。
大切なもの 第17話のサブタイトルから。
ジェタークCEO 復学後、紆余曲折を経て跡継ぎとしてジェターク社のCEOとなった。
俺はもう逃げない 第23話で、ラウダを説得した時の台詞
「俺はもう逃げない。父さんからも、お前からも」より。
高潔な獅子 ジェターク社の社章は吠えるライオンの横顔。
奪うだけじゃ手に入らない 第20話で、ミカエリスを撃墜した時の台詞
「何もわかってないんだな……奪うだけじゃ手に入らない!」より。
ガンダムビルドダイバーズRe:Rise アースリィガンダム 傭兵プレイヤー オンラインゲームで特定のチームに属さず、ソロプレイやチームを転々とするプレイヤーのこと。
当てなく歩む者 過去の出来事から最序盤のヒロトはフォースを転々とし、上記のように傭兵プレイをしていた。
成り行きのチーム あるミッション攻略のためにカザミ、メイ、パルヴィーズと即席で組んだチームが後のBUILD DiVERSとなる。
まとまっていく心 当初はチーム全員が元ソロプレイヤーだったためスタンドプレイに走りがちだったが、
戦いの中で連携行動を心がけるようになっていった。
プラネッツシステム コアガンダムの換装システム。
その名の通り、各アーマーに太陽と冥王星以外の天体の名前が付いている。
BUILD DiVERS ヒロトが成り行きで結成することになったフォース名。リク達とは違ってIの字が小文字になっている。
同名のフォースがいる関係で、作中では「もう一つのビルドダイバーズ」と呼称されることがあった。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY ドレッドノートイータ 傭兵部隊X 元々カナードが所属していた特務部隊Xのメンバーにより結成された傭兵部隊。
引き継いだ機体 プレアからドレッドノートを引き継ぎ、新たにイータユニットを装備して運用している。
未だ冷めぬ闇炎 ハイペリオン時代からはいくらか落ち着いているとはいえ、
護衛任務そっちのけでゲルズゲーを破壊しにいくなど性格はまだまだ荒い。
闇の中に佇む者
全てを焼き払う光の渦
戦う運命にある者
ガンダムビルドダイバーズ ガンダムダブルオースカイ 魂を受け継ぐ機体 『スカイ』は『ダイバーエース』までの要素を多く引き継いでいる。
傷の記憶 『ダイバーエース』最期のノーネイム戦で付けられた損傷は、そこに到るまでの様々な出来事を忘れないためにあえて残している。
可能性を拓く力 「サラを残してGBNをバグで殺すか」「GBNを守るためにサラを抹消するか」の2択以外の可能性のために、
ビルドダイバーズはGBNの全てを敵に回す覚悟で全力で戦った
誓う心
HIGHER THAN SKY 「ハイヤーザンスカイ」。
『トランザムインフィニティ』の延長線上にある現象で、GN粒子の機体内部への循環速度を限界まで高めた状態のこと。
オレ達の新しい未来へ!

チャレンジミッション称号

ミッション名 称号名 解説
マックナイフ[EX] 宇宙戦闘特化型 マックナイフはエルフ・ブルックをベースに宇宙戦闘用に開発された。

ナビ別称号

登場作品 ナビ名 称号名 解説
機動戦士ガンダム SEED FREEDOM ラクス・クライン
(SEED FREEDOM版)
世界平和監視機構 通称:コンパス。オーブが提案し、プラント・大西洋連邦も参加している。
災害救助や復興支援の他、ブルーコスモス等によるテロ行為を止めるための戦力を抱えている。
コンパス総裁 ラクスはコンパスの初代総裁に就任した。
私の意思も共に プラウドディフェンダーとドッキングしたマイティストライクフリーダムのコクピットに乗り込み、キラと共にあることを伝えた。
貴方の中に私はいますか 映画のキャッチコピー。作中でも心のなかでキラに語りかけていた。
愛しているから、必要なのです オルフェに迫られたシーンより。「必要だから愛するのではありません。愛しているから必要なのです」
彼女がデスティニープランに反対した理由の1つでもある。
機動戦士ガンダム水星の魔女 ミオリネ・レンブラン 経営戦略科 ミオリネは経営戦略科の2年生。
株式会社ガンダム ミオリネが設立した会社。
GANDを使った医療事業を中心としている。
シャル・ウィ・ガンダム? 第7話のサブタイトル。
元ネタは1996年公開の日本映画「Shall we ダンス?」だろう。
ミオミオ スレッタがミオリネに付けようとした渾名。
彼女の「やりたいことリスト」のひとつでもあったが即座に却下された。
私から逃げないで 第11話でスレッタに思いを告げた時の台詞
「私から逃げないでよ、言いたい事あったら言ってよ」より
ガンダムビルドダイバーズ アヤメ くノ一ダイバー フジサキ・アヤことアヤメのアバターの見た目から。
アヤメ流忍法 RX-零丸が使用する忍法の総称。
SDガンダム愛 元々SDガンダム専門のフォースに所属していただけあってSDガンダムへの愛情は深く、持ち歌に機動戦士SDガンダムMK-III収録の「Tokyo Boogie Night」を選ぶほど。
絆ガンダム 元々所属していた黒猫団の仲間たちと作り上げたオリジナルのSDガンダム。
なにより大切な仲間 第13話で再開した黒猫団のリーダーに対して言った台詞
「とても大切な私の仲間です」より。
機動戦士ガンダムN-EXTREME ネイア・e・ピケ 信奉者
完全無欠の従者
静かな圧力 落ち着いた口調ではあるが、サディスティック感のある語彙を多く使う
スタイリング好き
身も心も貴方様と共に・・・

その他称号

称号名 解説
アーセナルベース 機動戦士ガンダム アーセナルベース
2022年2月24日稼動のアーケードデジタルカードゲーム。
風向き 水星の魔女 第7話にて、ミオリネのプレゼンを見届けたゴルネリの台詞
「風向き、変わりそうね」より。
それでも! ガンダムUCにおいて、バナージはマリーダから「それでもと言い続けろ」という言葉を受け、最後まで人の善意と可能性を信じ続けた。
FAユニコーンのMASTER称号とはフォントが異なる。
再び手に取るその銃 SEED DESTINYにて、デュランダルが話の最後によく使う一言
「今再び手に取るその銃が、今度こそ全ての戦いを終わらせる為のものとならんことを切に願います」より。
守ったら負ける! 第08MS部隊 第10話にて、自分を奮い立たせるシローの台詞
「守ったら負ける!攻めろ!!」より。
STTS-909 ライジングフリーダムガンダムの形式番号。
一騎打ち 敵味方ともに1対1で戦うこと。タイマン、または1ON1とも言う。
シリーズではガンダムZZ最終話にて、ファンネルをもっと使わなかったことを指摘されたハマーンの台詞
「一騎打ちと言ったろ・・・」が有名。
名はその存在を示すもの SEED DESTINY 第3話にて、偽名で行動していたアスランを一発で見抜いたデュランダルの台詞
「名はその存在を示すものだ。だが、もしそれが偽りだったとしたら?」より。
撃墜王 多数の敵機を撃墜したパイロットのこと。
ガンダムシリーズでは幻の撃墜王、コウ・ウラキが有名。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年04月27日 14:12
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。