ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプスレクス

【形式番号】 ASW-G-08
【機体名】 ガンダム・バルバトスルプスレクス
【パイロット】 三日月・オーガス
【所属陣営】 鉄華団
【分類】 ガンダム・フレームタイプMS
【動力】 エイハブ・リアクター
【武装】 超大型メイス
テイルブレード
ヒールバンカー
両腕レクスネイル
腕部200mm砲
【関連MS】 ASW-G-08 ガンダム・バルバトス
ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプス

【詳細】

モビルアーマー ハシュマルとの戦いで大きなダメージを負ったASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプスを修理し、さらなる強化改修を行ったバルバトス最終形態。

右半身の感覚を失うほどにMSと阿頼耶識を通して一体化した三日月・オーガスの戦闘データを反映し、
機体の反応速度をパイロットと同一化、それを理論上の限界値にまで高めることに成功。
関節もパイロットの肌感覚と一致させるよう、微細な改修が施され、外装には倒したハシュマルのパーツも使用し天敵同士のハイブリッドモデルと言える異例の進化を遂げた。

外見としてはルプスをベースにしているが、完全に破壊された右腕は新規で作り直され、それに合わせ無事だった左腕のフレームも新造されている。
また両肩のパーツはルプスでは鉄華団のマークが入った赤い装甲だったが、レクスでは小型化され、
よく見るとルプスとほぼ同じようにみえる各部の装甲もディティールや形状が微妙に異なるため、ほぼ新造されたと思われる。

両腕部はフレームの延長を行ったルプスよりも更に大型化し、マニピュレーターには金色のネイルカバーがついた。
この爪はレクスネイルというれっきとした武器であり、大型化した腕部をツインリアクターのパワーで振るうことでそれ自体がMSを粉砕する鈍器と化す。
脚部も金色の爪がつきさらに大型化し、ヒールバンカーを内蔵。
バックパックにはハシュマルが装備し、ルプスを散々苦しめたテイルブレードを移植している。
厄祭戦時の技術で作られたワイヤー部分を阿頼耶識を通して操ることで予測不可能な攻撃を行うことが可能であり、
全身の武装化による近接戦闘能力はこれまで以上に増大している。

より直感的な戦闘…射撃や特殊な武器の運用ではなく、シンプルに殴る蹴るが必殺の威力を持つように設計されており、
両腕部が大型化したことで超大型メイスのような大質量の武器も軽々と振り回せる上、テイルブレードの動きは並のパイロットに見きれるものではない。

元々バルバトスは装備を換装して戦局に対応する汎用型だったが、ルプスの系列からは厄祭戦の能力の再現ではなく、
現時点のパイロットである三日月の戦闘方法に寄せる形で進化を遂げてきた。
阿頼耶識により機体と人体を一体化させるシステムの先にある答えとしては、一つの到達点にあると言えるだろう。

ジャスレイ・ドノミコルスとの決戦にて初出陣し、最終決戦を駆け抜けたが、衛星軌道上からのダインスレイヴ掃射の直撃を受け大破。
しかし三日月の言葉に反応するように機体のリミッターを解除し、あたりにいたギャラルホルン兵士達を凄まじい戦闘力で一蹴。
レギンレイズ・ジュリアにも迫るが、既に三日月の肉体は限界を迎えており、ジュリアのブレードに首をはねられ機能を停止した。

その後、同じく大破し機能を停止したグシオンリベイクフルシティ共々ギャラルホルンに回収されたとのこと。

ガンダムビルドダイバーズバトローグにて、HGガンプラで登場してほしい機体投票第1位に輝き、クガ・ヒロトが操縦士、チャンピオンことクジョウ・キョウヤが操縦するストライクフリーダムガンダムとの一騎打ちを行った。
ビームを無効化するナノラミネートアーマーで有利かと思いきや、相手の方は衝撃を殺す物理攻撃にめっぽう強いヴァリアブルフェイズシフト装甲、さらに操縦者がチャンプということもあり、
超巨大メイスをドラグーンの翼で防ぎ、装甲を直接掴んだドラグーンからビームサーベルを発振させることで突破するなどやりたい放題。
それに対しヒロトも持ち前の操縦技量で食らいついていき、最後は両者が激突してバトローグは幕を下ろした。

【余談】

レクス、とはラテン語で「王」を意味する言葉であり、火星の王を目指すオルガ・イツカとともに歩む三日月の機体としては運命的なネーミングであろう。
ただ、ルプスレクスで「オオカミの王」なのか、「王のオオカミ(番犬的な意味で)」なのか。

没になったが、最終決戦での改修案があり、残されていたのか左腕をかつてのバルバトス第一形態のガントレット付きアームに、
左肩装甲をレギンレイズ、背中にはテイルブレードがなく、ランドマン・ロディに使われたオプションを用いたレッグ・ブースターにするというものがあった。

最終更新:2020年11月17日 00:47