キノウツン藩国 @ ウィキ

蚤の心臓

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
船橋:こんばんは。小笠原ゲームに参りました。

芝村:記事どうぞ

船橋:
こちらです。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=600&reno=422&oya=422&mode=msgview

芝村:イベントは。試練だっけ?

船橋:はい。

芝村:じゃ。2分待ってね。

船橋:はい。よろしくお願いします

芝村:これまでが試練という噂もあるが・・・

芝村:

/*/

芝村:貴方は教室で授業を受け、昼休みを過ごし、今まさに下校中です。

芝村:なんかずっと、見られている気がする。

船橋:「…(見られている!)」

船橋:周りを見回してみます

芝村:柱がいる。

芝村:遠くから見てる。

芝村:というか、予想通りの展開で、この1週間くらいずっとこんな感じだ。

芝村:最近頭が痛くなってきた。

芝村:貴方は自宅に着いたが、まだ見られている気がしてならない

芝村:ここまで来ると、もはや犯罪なきがするが、気のせいかもしれない

船橋:「空歌ー。ちょっと話があるんだけど良いかな?」
空歌のところへ近寄ります

芝村:走って逃げた。

芝村:こけた

芝村:途方に暮れてしまいそうだ。

船橋:「ああっ!」
走って助けに行きます
船橋:「大丈夫か?」

空歌:「や、やあ偶然だね」

芝村:空歌は顔を赤くしている。

船橋:「そ、そうだね…」

空歌:「な、なあに?」

船橋:いま何時でしょうか?

芝村:16時前

船橋:晴れてますか?

芝村:ええ

船橋:「これから、ちょっと出掛けないか?」

空歌:「あ、あ」

空歌:「で、でも」

空歌:「きゅ、急用……」

船橋:「急用か。うーん…大事な話しがあるんだけど、どうしても駄目か?」

芝村:空歌は泣きそうになった。

芝村:泣いた

船橋:「あ、ごめん…。無理なら別の日でも良いよ」

芝村:空歌はうなずいた。

芝村:

/*/

芝村:翌日。

芝村:貴方はやっぱり見られている。

芝村:一日中見られているから好きな時間に動けるよ

船橋:では午後3時ごろでお願いします

船橋:周囲を見ます

芝村:遠くに柱がいる。昨日よりやつれている

船橋:ぬおお

船橋:走って近づきます

船橋:「空歌ー」

芝村:柱は走って逃げた。

芝村:倒れた。

船橋:「ああー!大丈夫かー!?」

船橋:さっきと同じ展開だー

空歌:「ぐ、偶然だね!?」

船橋:「そ、そうだね!?」

船橋:「…んで、今日は、なにか予定ある?」

芝村:空歌は涙をあふれさせた。

芝村:震えている。

芝村:息までとめてる。

船橋:「なんというか、このままだと健康によくないな…」

船橋:周りに人はいますか?

芝村:いない。

芝村:そもそも担いでいないところにもいける

船橋:「うん、ここでもいいかな」

船橋:まだ倒れたままですか?

芝村:ええ。

芝村:貴方は支えている。

芝村:見上げている。

船橋:では助け起こします。

芝村:空歌は目をつぶって耳を塞いで、どうぞと言った。

船橋:「ちょ、ちょっと待ってくれ。それじゃあ聞こえないじゃないか」

船橋:
耳元で
「お願いだから、話を聞いて欲しい」
必死に訴えます

芝村:空歌はおびえている。

芝村:いやいや首を振ってる。

芝村:貴方の顔がこわいんじゃないか(笑)

船橋:わーい

船橋:深呼吸して落ち着きます

船橋:周りを見て人がいないことを確認します

芝村:確認した。

芝村:大丈夫。ここは公園だ。

船橋:「よし、こうなったら…」

船橋:耳塞いでても聞こえるくらいの大声で

芝村:はい。

船橋:「俺は、空歌のことが好きだー!」

船橋:…倒れるかな?

芝村:え?とびっくりしている。

芝村:空歌はおそるおそる手を離した。

船橋:え?と、こっちもびっくりします

船橋:「空歌。もう一度言うよ」

船橋:「俺は、空歌のことが好きだ
君への想いは他の誰にも負けない自信がある。
だから…ずっと一緒にいてくれないか?」

芝村:空歌は気を失った。

芝村:この小動物相手に永遠に愛など実らないのではないかと思った。

船橋:「ああ!衛生兵!衛生兵はいるかー!?」

芝村:

/*/

芝村:3日目。

芝村:空歌は学校を休んだ。

芝村:

/*/

芝村:4日目。

芝村:今日も休んだ。

芝村:

/*/

芝村:5日目。今日も・・・

船橋:「んー…」

芝村:どうする?

芝村:

/*/

船橋:空歌の家に行ってみます

芝村:有名な通学路回避ルートだね。

芝村:雷電が庭にいて、近づくと襲い掛かってくる。

芝村:柱、と、表札がある。

船橋:ちょっとはなれて様子を見ます

船橋:何もなさそうなら覚悟決めて呼び鈴鳴らしてみます

芝村:雷電が襲い掛かってきた。

芝村:3

芝村:2

芝村:1

芝村:0

船橋:逃げます

芝村:逃げた。

芝村:さすがに無事じゃすまなさそうだ。

芝村:というかこの要塞に篭った柱をどうすれば・・・

船橋:「く、これは…どうすれば」

船橋:電話をかけてみます

芝村:電話は通じない。

芝村:電話線を引き抜いているようだ。

船橋:ぬーん。どこかでヘリとか乗れないものでしょうか

船橋:空から降下を…

芝村:さすがにヘリを持ってる知り合いはいないなあ

芝村:ど、どうしよう・・・
船橋:大声で呼んでみます
「空歌ー!」

芝村:反応はない。どうする?続けて呼ぶ?

船橋:呼びます
「くーうーかー!」

芝村:2階のカーテンが、少し動いた。

芝村:空歌が貴方を見ている。

芝村:空歌は顔を真っ赤にした。

芝村:慌ててカーテンを閉めた。

船橋:手ごわすぎるー

船橋:もう一度呼んでみます

芝村:反応はない。

芝村:こりゃ年越しかー?

船橋:雷電から逃げられそうな辺りまで近づきながらもう一度呼んでみます

芝村:無理だね。

船橋:だめですかー

芝村:あ。玄関があいた。

船橋:「あ」

芝村:真っ白なドレスを着た空歌だ。

船橋:「おぉー…」見とれます

芝村:貴方を見て微笑んでかけよろうとしたが、2歩でこけた

船橋:助けに近づいたら雷電来ますか?

芝村:わからないね

芝村:試してもいい

船橋:では試します
「空歌!」
全力疾走

芝村:空歌を抱き起こした。

芝村:空歌は悲しそうに汚れたドレスを見た。

芝村:空歌:「ご・・・・めん、よごれちゃったね?」

芝村:空歌:「ま、まってて」

空歌:「きがえて、くる」

船橋:「いや、ちょっと待って」

船橋:優しく抱きしめます

芝村:空歌は凍っている。
船橋:「やっと出てきてくれた。それだけで、とても嬉しい…よごれなんて気にならないよ」

芝村:空歌は気絶した。

芝村:

/*/
芝村:はい。お疲れ様でした。

船橋:お疲れ様でした

船橋:毎度のことながら大変でございました

芝村:ええ。

船橋:ところでこれは失敗でしょうか?

芝村:微妙

船橋:微妙ですかw
ということは年越しですね

芝村:成功?

船橋:いやもう何がなんだかw

船橋:分かっていつもりでしたがここまで手強いとはー

芝村:そうねえ。

芝村:柱の感情的には成功だけど

芝村:なんだろう。両思いってこんなんだっけな感じですが

船橋:押しすぎましたか

芝村:いえ。

芝村:プレイングの問題じゃなくて

芝村:蚤の心臓の問題

船橋:なるほどw

芝村:緑の章でもそうとうひどいけど、薬ないから小笠原はね

芝村:もっとひどいんよ

船橋:ブレインハレルヤですか?

芝村:ええ

船橋:うーん。鍛えるしかないんでしょうか

芝村:ネットだと薬がね

芝村:つかえないんだよ

船橋:そうですね

芝村:鍛える。うーん。まあ、ドレスにきがえて出てきただけ、前よりましかなー

船橋:最後に出てきたのはちょっと意外でした。もう無理かなと思ったので

芝村:ええ

芝村:ま。ほどほどかな

芝村:ということで、まあ、彼女は望んでいるので微笑青空勲章(仮)をさずけよう

船橋:ありがとうございますーw

芝村:(仮)、ちゃんとキスできたらはずしてあげよう

船橋:はい。ではアイテム辞典には(仮)付きで申請しておきます

芝村:はい

芝村:機能は本物と同じだ

船橋:はい。
今回は評価変動は無しでしょうか?

芝村:ええ。

船橋:あ、本物と同じ機能ということは名前も変更ですか?

芝村:秘宝館には1・1で依頼出来ます

船橋:はい。ありがとうございます

芝村:では解散しよう。お疲れ様でした。

船橋:はいー。お疲れさまでした
記事メニュー
最近更新されたページ