キノウツン藩国 @ ウィキ

宰相府買出し紀行

最終更新:

member

- view
だれでも歓迎! 編集
船橋鷹大 さん: こんばんは。23時からの生活ゲームで参りました。

芝村 さん: 記事どうぞ

船橋鷹大 さん: こちらです。
http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=5835
【予約者の名前】23-00437-01:船橋鷹大:キノウツン藩国
【実施予定日時】2010年8月3日/23:00~24:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
  • 国母空歌:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・23-00437-01:船橋鷹大:-33マイル:入学済

芝村 さん: イベントは?

船橋鷹大 さん: Q:宰相府で着替えや日用品などの買出しをしようと考えていますが、問題ないでしょうか?

芝村 さん: できるよ

船橋鷹大 さん: では買出しでお願いします。

芝村 さん: 2分まってね

船橋鷹大 さん: はい。よろしくお願いします

PLACE着用します

芝村 さん: /*/

芝村 さん: ここは宰相府だよ

民が大勢いる

船橋鷹大 さん: Q:家族全員で来てますか?

芝村 さん: A:ええ

空歌は子供抱いてそわそわしてる

船橋鷹大 さん: 「人が多いね。はぐれないように注意しないと」

空歌:「う、うん」

空歌はあなたにくっついてる

芝村 さん: 猫が貴方の肩に乗った

前足を向けた

船橋鷹大 さん: 足を向けた方を見ます

芝村 さん: バザールだね
凄い音だ
売る声、買う声。いろいろある

船橋鷹大 さん: 「さて、ここで買い物するわけだけど」

芝村 さん: 空歌はうなずいてる

船橋鷹大 さん: 「みんな必要な物があったら言っておくように」

芝村 さん: 子供たちは抱きついている

空歌:「食べ物、オムツ」

船橋鷹大 さん: 「ただし大きすぎる物とか重すぎるのはなしで」

芝村 さん: 猫:「にゃー」

船橋鷹大 さん: 「猫缶?」

芝村 さん: 猫は重々しくうなずいた
正解らしい

船橋鷹大 さん: 「OK。歌伊と悠歌はなにかある?」

芝村 さん: 歌伊はきゃっきゃいってる

悠は刀見てる

船橋鷹大 さん: 刀…

空歌:「あら、ムラマサの」

船橋鷹大 さん: 「ふむ?」

空歌:「珍しいね。こんなところでもみるんだ。悠えらいね」

船橋鷹大 さん: Q:刀は売ってるんですか?

芝村 さん: Alええ

芝村 さん: 宰相府では武器の所持規制がない

船橋鷹大 さん: 店の人に声をかけてみます

店主:「やすいよやすいよ」

店主:「武器を売りに来たのかい?」

船橋鷹大 さん: 「この刀、どうしたんです?」

店主:「ああ、キノウツンの刀だよ」

店主:「性能がいいんで、うちでも使ってる」

船橋鷹大 さん: 「そうですか…」

「誰かがお金に困って売っていったのかな」

芝村 さん: 店主:「うちのは本物だよ」

船橋鷹大 さん: 「すいません、本物かどうかはともかく今は武器は必要なんですよ。」

空歌:「昔、はやったんです」

船橋鷹大 さん: #www

「(小声で)流行ってほしくなかったけどね」

店主:「まあ、子供づれじゃねえ」

店主:「裏に牛乳の店がある。あそこがいいんじゃねえかな」

芝村 さん: 店主は笑うと貴方たちを追い出した

船橋鷹大 さん: 「すいません、ありがとうございます」

空歌:「流行して、ほしくなかった、かぁ」
空歌は貴方を見た
微笑んだ

空歌:「昔は、こわくて、いやだったなあ・・・」

船橋鷹大 さん: 「んー。武器なんて必要ないならそれに越したことは無いからね」

空歌:「うん・・・」

空歌:「でも、武器が悪いわけじゃない」

船橋鷹大 さん: 「そうだね。あの事件も、ようは使う人の問題だ。」

空歌:「鷹大くんをまもるためなら、私・・・」

芝村 さん: 猫がげーという顔してる

船橋鷹大 さん: 「まあまて。無理はいかんぞ、うん」

芝村 さん: そもそも無理だろうとおもわなくもないが
空歌は本気そうだ

船橋鷹大 さん: #ええ無理ですね

空歌:「死なないでね」

#なみだ目だ
往来の真ん中でそんな感じなので、注目があつまってる

船橋鷹大 さん: 「もちろん。かわいい妻と子供残して死ねるわけないだろ」

芝村 さん: 両手で顔隠して泣いてる空歌

船橋鷹大 さん: 「あー。なんか注目集めてるみたいなんでそろそろ買出しいこう」

空歌と子供の手を引いて移動します

空歌:「ぐすぐす」
子供は元気だ。貴方に抱かれてる
買出しは無限に出来るな。宰相府は驚異的に安い

船橋鷹大 さん: とりあえず裏の牛乳屋へいってみます
#重量が許す限り買いだめしておきたいですね

芝村 さん: 牛乳屋と言うか
牛が並んでる

店主:「いる?」

船橋鷹大 さん: 「これは予想外」

船橋鷹大 さん: 「あ、はい。いりますいります」

芝村 さん: 子供たちがわーといってる

店主:「薄めてもいいけど、そのままでもいいよ」

船橋鷹大 さん: 「さわっても大丈夫ですか?」

店主:「かみつかないならね」

船橋鷹大 さん: 「いや牛に噛み付く人っているんですか…?」

店主:「赤毛の女がね」

空歌:「あー、知り合いでいます。はい」

店主:「うまそうとか」

船橋鷹大 さん: 「ああ…」

芝村 さん: 空歌:「あー」

船橋鷹大 さん: 「実にあの人らしい」

船橋鷹大 さん: 「ま、まあそれはともかく、薄めうずにそのままでお願いします。」

店主:「知り合いならもう来るなといってくれよ。何缶いるんだい」

船橋鷹大 さん: 必要そうな分だけ注文します

芝村 さん: はい
子供たちはおおはしゃぎしてる
ぺちぺち触ってる
糞をにぎろうとしてる

船橋鷹大 さん: 「ストップ!」
止めます
「おいおいそれはだめだろー」

芝村 さん: 空歌が笑ってる

空歌:「めずらしいからしょうがないよねー?」

船橋鷹大 さん: 「いやあ、目が離せないなあ」

空歌:「うん」

空歌は、なぜかうれしそう

船橋鷹大 さん: 「まあでも、それが楽しくもあるんだけどね」

空歌:「うん。パパ」

芝村 さん: 空歌はあなたを見てる

船橋鷹大 さん: 流れるような動作で空歌の額にキス

店主:「やれやれ」

/*/

店主は空を仰いだ

はい。お疲れ様でした

船橋鷹大 さん: お疲れ様でした。

店主さんには申し訳ないことを

芝村 さん: いい話でした

船橋鷹大 さん: みんな元気そうでほっとしました

芝村 さん: まあ、そうね

特別だし

船橋鷹大 さん: 特別ですか

芝村 さん: そうねえ
なんだろう。一番弱いのが一番強い

船橋鷹大 さん: そうですねえ…

芝村 さん: うん

芝村 さん: 評価は+1+1でした

船橋鷹大 さん: はい

芝村 さん: 秘宝館には1、1で依頼出来ます

船橋鷹大 さん: ありがとうございますー

芝村 さん: では解散しましょう。お疲れ様でした

船橋鷹大 さん: はい。お疲れ様でした。