※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>Who's Who>Harun Yahya>Atlas of Creation

Atlas of Creation -- 中間化石がない+生きた化石がある


米豪の"若い地球の創造論"は科学に擬態しつつ、「神は地球と生命を6000年前に創造し、それ以後は創造行為を行わず、5000年前にノアの洪水があった」ことが正しいのだと言い張るために、ひどい変形をしてしまった。今や、「自然選択こそが創造論」であり「利己的遺伝子は反キリスト教的ではない」のである。とても、素朴に天地創造を信じる人々はついていけない。

だからこそ、創造論者が使ってはいけないはずの「 自然選択はトートロジー 」を、保守の論客たるAnn Coulterは堂々と掲げた。創造論オタを相手にしていても、創造論オタ産業にしかならない。

その観点でHarun Yahyaの"Atlas of Creation"を見ると、反進化論の古典的な主張たる「中間形態の化石がない+生きた化石」を主軸としていて、創造論オタではなく、天地創造を信じる人々を対象としていると言える。Answers in Genesisが「創造論者が使ってはいけない論」に分類する「 我々がサルから進化したなら、何故今もサルはサルのままなのか 」に相当する「生きた化石は進化論を否定する」をHarun Yahyaは平然と掲げる。

あまりに繰り返された主張なので、TalkOriginsにもFAQが山積みになっている。たとえば...


Harun Yahyaの"Atlas of Creation"のVol.1とVol.2には結論めいた記述がある。そのうち、Vol.2の結論には、まさに「シーラカンスは進化論の反証だ」と記されている。Vol.1の結論にはシーラカンスへの言及はないが、主張は同じ。

まずはVol.1から見ておく。
GOD CREATED THE UNIVERSE AND ALL LIVING THINGS
神が万物と生物を創造した

The theory of evolution, an outdated 19th century concept, has completely collapsed in the face of today's scientific facts. Darwinists have no scientific reply to offer in the face of the fossil record, which deals the most severe blow to the theory of evolution.

時代遅れの19世紀の概念である進化論は、現代の科学的事実を前にして完全に崩れ去ったといえよう。ダーウィニストは化石記録の前には科学的な回答をすることができなかった。そしてこれは進化論にとっては非常に大きな打撃となった。

Darwinists cannot point to a single fossil suggesting that evolution ever took place, and resort to various means that they hope will camouflage this defeat they have suffered: Sometimes they attempt to portray fossils from various extinct species as intermediate forms, even though there is no truth to this whatsoever. Sometimes they seek to prove evolution -- in their own eyes, at least -- by pointing to counterfeit fossils. At other times, they try to deceive the public by way of completely imaginary illustrations. In doing all this, they also employ misleading headlines such as "Missing Link Found!" or "Our Ancestors Were Microbes" or "New Discovery Proves Evolution" in an effort to give the impression that the theory of evolution is unquestionable fact.

ダーウィニストは進化が発生したということを示唆する化石を1つとして発見していない。敗北に喫したことをカモフラージュできることを願ってさまざまな手段を助け舟として講じてきた。時々、化石を偽造することで彼らは少なくとも自分たちの目から見れば進化論を証明しようと模索してきた。また一方では、完全に空想の絵で人々を欺こうとした。これらと同様に、進化論が疑いもない事実だという印象を与える努力として“失われたリンクが見つかる!”や、“祖先は微生物だった”や、“進化論を証明する新発見”など、誤解を招く見出しを採用してきた。

These methods may have been successful through the later 1800s and early 1900s, when science and technology were not as advanced as now. But in the 21st century, all the lies of evolutionists have been brought to light leaving Darwinists in a helpless position.

これらの方法は、科学と技術が現代ほど発達していない1800年代後半から1900年代初期までは成功してきた。しかし21世紀には、進化論者たちのすべての嘘が明るみに出て、ダーウィニストたちを孤立無援の場所へと追いやった。

Today, even young children are becoming aware that there are no intermediate fossils pointing to evolution, that human beings are not descended from apes, that the highly developed and complex structures of living things cannot be accounted for in terms of the theory of evolution, and that Darwinism is the worst fraud in the history of science.

今日、小さな子供ですら、進化論を示唆する中間段階の化石はないこと、人間はサルが進化したのではないということ、高度に発達して複雑な構造を持つ生物は進化論では説明できないということ、そしてダーウィニズムは科学史上最悪の詐欺であるということを知っている。

As revealed in the verse: "No indeed, it is one of their blatant lies to say" (Surat as-Saffat, 151), God tells us in the Qur'an that unbelievers turn their backs on faith by constantly coming up with falsehoods of one kind or another. Darwinists resort to various deceptions and make all kinds of unscientific claims in order to avoid having faith themselves and also to turn others away from religious moral values.

コーランの一節にもこう書かれている「見よ、かれらの言うことは作りごとである」(アッ・サーファート章151節)不信心者は続けざまに次から次へと嘘を述べ立てることで信仰に背を向けると、神はコーランで教え給われている。ダーウィニストは自分たちが信仰を避け、そして他の者にも宗教的な倫理価値から遠ざかるようさまざまな欺瞞を講じて、あらゆる非科学的な主張を繰り返してきた。

Indeed, it is emphasized in one verse: "And even though they [unbelievers] used to say..." (Surat as Saffat, 167) that those who have no faith constantly come up with excuses. Yet they will soon see and understand the truth. It is revealed in many verses that the time will come when unbelievers will realize and understand the truth. These verses tell us, in allusive terms, that Darwinists will also see the truth. Some of these verses read as follows:

もちろん、これは次の一節でも信仰心のない者は常に言い訳ばかりをすると強調されている。「また、かれら信心者はいつも言っていた」(アッ・サーファート167節) しかし、彼らはやがてはすぐに気づくだろう、そして真実を理解するだろう。信心者がやがては真実に気付き、理解する時が来るということは多くの一節で明らかにされている。これらのコーランの一節は、暗示的に、ダーウィニストもまた真実を見る日が来ることを示唆しているのだ。そういったいくつかの節をご紹介しよう。

But they have rejected it and they will soon know! (Surat as Saffat, 170)
Leave them to eat and enjoy themselves. Let false hope divert them. They will soon know. (Surat al Hijr, 3)
Let them be ungrateful for what We have given them! Let them enjoy themselves -- they will soon know! (Surat al-'Ankabut, 66)

「ところが(実際にクルアーンが与えられれば)それを拒否する。だが間もなくかれらは知るであろう」(アッ・サーファート章167節)
「かれらを放任し、食べさせ楽しませて(はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう」(ルヒジュル章3節)
「われがかれらに授けたものを、有り難く思わず享楽に耽る。だがかれらは、今に分るであろう」(アル・アンカブート章66節)

We hope that Darwinists, too, will also abandon their illogical stubbornness and accept the facts that everyone can see so clearly. The truth revealed by science is that the theory of evolution is wrong, and that the universe and living things are the creation of God.

ダーウィニスト達もまた、非論理的な頑固さを捨て、みながこれほど明白に分かっている事実を受け入れるべきである。科学に解き明かされた真実は、進化論は間違いであるということ、そして万物と生きとし生けるものは、神の創造だということである。

Fossils, some examples of which have been provided in this book, are all important proofs of God's creation. It is noted in several verses of the Qur'an that there is evidence above and beneath the ground that shows the fact of creation. For example, verse 137 of Surat as-Saffat states:
And you pass over them.

一部の例をこの本にも掲載している化石は、神の創造の重要な証拠である。コーランのいくつかの節にも、天地に神の創造が事実である証拠があるという記述がある。その一例は、アッ・サーフート章の137節である。
「あなたがたはかれらの(遺跡の)傍らを、昼夜通っている」

In all likelihood, this verse is referring to the fossil record that lies below the ground and reveals the true history of life. There are countless fossil specimens beneath the ground all over the world that show that living things have stayed the same since the moment they first came into existence and have not changed over the course of hundreds of millions of years -- in short, that they never underwent evolution. All these fossils show that living things came into being fully formed and flawless, with all their complex features -- in other words, that they were created by God.

おそらく、この節は地底に眠り、生物の歴史を解き明かしてくれる化石記録を指しているのであろう。世界各地の地中には、生物が最初にこの世に姿を現したときから同じままで、長い年月をかけても全く変化していないことを示す無数の化石標本がある。言い換えれば、生物は進化していないのだ。これらの化石のすべては、生物が完全で非の打ち所のない形で、複雑な機能を持ちながらこの世ら出現したことを表しており、神によって創造されたということがわかる。

Our Almighty Lord has created all living things in the finest form. All entities are manifestations of the might and greatness of God. Faced by these manifestations, a person's duty is to employ his or her reason and conscience and reflect that the universe has been created with a definite wisdom, to be grateful to our Lord, God, and to serve Him in the best possible way.

わが全能の神は、すべての生物を完璧なまでの形で創り出している。すべての実体は全能で偉大な神の現われなのである。この神の現われを目の前にした人の使命は、理性と道義心を身に着け、万物は、絶対的賢人によって作られたということを熟考し、神に感謝の意を表明し、神にできるかぎり身を捧げることである。

God is the Creator of everything and He is Guardian over everything. The keys of the heavens and Earth belong to Him. It is those who reject God's signs who are the losers. (Surat az Zumar, 62-63)

「アッラーは、凡てのものの創造者であり、また凡てのものの管理者である。天と地の鍵はアッラーの有である。かれの印を拒否した者こそ失敗者である」
(アッ・ズマル章62-63章)
[Atlas of Creation Vol.1 pp.612-613]

続いてVol.2の"結論":

CONCLUSION

Why, in his Origin of Species, did Darwin refer to living fossils as causing such a great difficulty? Why, faced with these fossils, did evolutionist scientists feel the need to abandon their claims regarding gradual evolution and manufacture a new theory? Why did the capture of a living coelacanth come as such a disappointment, silencing those evolutionists who had pinned all their hopes on it? What is it about living fossils that has inflicted such a collapse on Darwinists?

なぜ、ダーウィンは「種の起源」で、ダーウィンは大きな困難を伴いながら、生きた化石について述べたのか? なぜ、これらの化石に直面して、進化論者の科学者は、漸進的進化についての主張を断念して、新しい理論を捏造する必要を感じたのか? なぜ、生きているシーラカンスの捕獲は、それにすべての望みをかけた進化論者を沈黙させて、失望させたのか? そのような崩壊をダーウィニストに課した生きた化石は何を語るのか?

It is that living fossils declare the fact of Creation.

それは、生きた化石が天地創造の事実を明らかにしているということである。

The disappointment that Darwinists feel is due to their ideological devotion to their theories. In fact, they have seen their theory demolished, but ignore this, even though they are perfectly well aware of it. That they even resort to deceptive methods to cover it up is one of the greatest proofs of this. Instead of admitting the fact of Creation in the face of living fossils, they resort to irrational, illogical theories devoid of any scientific evidence. They seek to conceal living fossil specimens and eliminate millions of examples, while giving pride of place to hand-made hoaxes -- a clear indication of their fears. The way that museums display countless fabricated fossil "reconstructions" and depict highly complex life forms like the coelacanth as examples of intermediate forms, while hiding away in the museum vaults fossils of species that still exist today is most thought-provoking.

ダーウィニストが感じる失望は、彼らの理論へのイデオロギー的傾倒によるものである。事実、彼らは彼らの理論が覆されるのを見ても、それを無視する。たとえ彼らがそのことを完全にわかっていたとしても。その最大の証明の一つは、彼らは覆されたことを隠すために、当てにならない方法へと向うことである。生きた化石に直面して天地創造の事実を認める代わりに、彼らはどんな科学的な証拠でも欠けている不合理な、非論理的な理論に向かう。彼らは生きた化石標本を隠して、何百万もの例を除外しようとする。その一方で、彼らの恐怖をはっきと示した、手製の悪戯に高い評価を与える。今日も存在する種の化石を博物化保管室に隠しつつ、無数の捏造した化石の復元を展示して、シーラカンスのような非常に複雑な生物の中間形態の例として描写する。

How scientific is it to adapt evidence to a theory, when the theory cannot be proven? By what right do evolutionists suggest that their claims are proven and scientific, even though they have no evidence whatsoever? Why does the scientific evidence they come up with embarrass them instead of supporting them? What compels evolutionists to stand by their theory, despite the increasing weight of evidence against it?

理論が証明できないとき、証拠を理論に適応させるのが科学的であろうか?一体、進化論者には、何の権利があって、まったく証拠がなくても、彼らの主張が証明され、科学的だと言うのか? なぜ、彼らが見つかる科学的証拠は、彼らを支持するのではなく、惑わせるのか? 不利な証拠の増加しているにもかかわらず、何が進化論者に理論を支持することを強要するのか?

The reason is that Darwinism is a false religion and system of beliefs. Because it is a dogma that can never be denied. Because it is the basis of materialist philosophy that maintains that matter has existed for all time, and that nothing exists apart from matter. That is why, although new scientific evidence further disproves the theory with every passing day, such efforts are maintained to keep it alive. Yet these have now come to an end. The deceptive methods of Darwinism and Darwinists have failed. The evidence that demolishes evolution is mounting day by day. New proofs of Creation that dash evolutionists' hopes and force them to produce new misleading explanations are constantly emerging.

理由は、ダーウィニズムが間違った宗教信仰だということである。それが否定不可能な教義だからである。物質は常に存在し、物質以外の存在はないという唯物論哲学の基礎だからである。したがって、さらなる科学的証拠が日々、理論に反証するが、それでも理論を生きながらえさせようという努力が続いている。いまや、これに終りが来る。ダーウィニズムとダーウィニストの当てにならない方法は失敗したのである。進化論を覆す証拠は、日々積み上げられている。進化論者の望みを打ち砕き、新たな理論の捏造を強制する、天地創造の新たな証明が絶えず出現している。

That is why living fossils leave Darwinists speechless, and are quietly hidden away in museum vaults. With these methods, Darwinists try to conceal God's sublime artistry. The fact is, however, that God is He Who creates all things, Who knows all that they do, and Who keeps them under His rule at all times. God sees Darwinists as they make their plans against Him. God watches them as they seek to conceal His sublime creative artistry. He writes down all they do as they deny His existence. And, whether they believe it or not, willingly or unwillingly, they will be brought into His presence in the Hereafter.

このような理由により、生きた化石にダーウィニストは言葉も出ない。そして生きた化石は、博物館保管室に静かに隠される。このような方法で、ダーウィニストは神の崇高な芸術的手腕を隠蔽しようとする。しかし、事実は、神は万物を創造し、すべてを知り、常に被造物を自らの法のもとに置いている。神は、神に叛いた計画を立てている者としてダーウィニストを見ている。神の崇高な創造的な芸術的手腕を隠蔽しようとする者として隠そうとして、神は彼らを見ている。神は、神の存在を否定するものとして、彼らのことを書き留める。彼らが信じると、信じないとにかかわらず、望むと望まざるとにかかわらず、彼らは死後に神の前に引き出される。

The existence of living fossils is a sublime proof created by God in order to eliminate all Darwinist strategies and reveal all their frauds. As they strive against the true faith, Darwinists forget that God also creates the evidence for it. They are in a state of defeat from the very outset. The teaching of the theory of evolution in schools, speculation regarding evolutionist claims by various media organizations, and the support gathered from scientists are all temporary phenomena. As revealed in the verse: "Rather We hurl the truth against falsehood and it cuts right through it and it vanishes clean away! Woe without end for you for what you portray!" (Surat al-‘Anbiya, 18), God will eradicate all false beliefs.

生きた化石の存在は、あらゆるダーウィニストの戦略を排除し、あらゆる彼らの詐欺をあばくために創られた崇高な証明である。ダーウィニストは真の信仰と戦い、神がその証拠をも創ったことを忘れている。彼らは、最初から敗北しているのである。学校で進化論を教えることや、さまざまなメディアによる進化論者の主張について推測や科学者からの集められた支持は、一時的な現象である。それは次の一節に示される:「いや,われは真理を虚偽に投げつけると,その頭を砕く。見なさい。虚偽は消滅する。あなたがたが(われに就いて)言うことこそ,あなたがたにとり災いである。」(アル・アンビヤーゥ章18)

This is the great truth of which Darwinists are unaware: God will surely baffle and disappoint those who strive against Him. It is the law of God that will truly be victorious.

これは、ダーウィニストが知らない大いなる真理である:神は必ず、彼と戦う人々を困惑させ、失望させる。それは真の勝者たる神の法である。

Darwinists today are in a state of panic about this. Since that is so obvious, those who imagine Darwinism to be true must quickly try to see all the evidence pointing to the fact of Creation and to avoid being taken in by such a false religion as the theory of evolution. They must realize that God, Who created the world in such a flawless form, also has the power to create the eternal life of the Hereafter, because human beings can be saved only when they see and comprehend this truth. The theory of evolution, which induces people to deny God, their one Savior, and which strives to survive through constant lies and strategies, is a terrible waste of time and a terrible disappointment. Instead of realizing this in a state of great regret in the Hereafter, seeing it in this world, where all the proofs are so evident, will lead to salvation in both this world and in the Next.

今日、ダーウィニストは、これについてパニック状態にある。それはまったく明らかであり、ダーウィニズムが正しいと思っている人々は、速やかに、すべての証拠が天地創造の事実を示しているのを見て、進化論のような間違った宗教に騙されることを避けなければならない。彼らは、神は完璧な形で世界を創造し、死後に永遠の命を創造する力を持っていることを知らなければならない。なぜなら、人間はこの真理を知り、理解しなければ、救われないからである。人々に神を否定するように説得する進化論は、彼らの救いであり、恒常的な虚偽と戦略によって生き残るべく戦っているが、それは時間のすざまじい浪費であり、すざまじい失望である。死後に大いなる後悔をしながらこれを知るのではなく、あらゆる証拠が明らかな、この世界で見ることが、この世と来世での救いに至る道なのである。

What, then, of Him Who is standing over every self seeing everything it does? Yet still they associate others with God! Say: "Name them! Or would you inform Him of something in the earth He does not know, or are they words which are simply guesswork on your part?" However, the plotting of those who disbelieve seems good to them and they bar the way. Anyone misguided by God has no guide. They will receive punishment in the life of this world and the punishment of the Hereafter is harsher still. They have no defender against God. What is the Garden promised to those who guard against evil like? It has rivers flowing under it and its foodstuffs and cool shade never fail. That is the final fate of those who guard against evil. But the final fate of the unbelievers is the Fire. (Surat ar-Ra'd, 33-35)

神はすべての人間のそばにいて、人間のすることをすべて監察している。それでも彼らは別の神を想起する。
「かれは人間各人の行う凡てのことを,監察される御方ではないか。だがかれらはアッラーに同位の者を配する。言ってやるがいい。「かれらの名を挙げよ。あなたがたは,かれが地上で知っておられないものを,かれに告げようとするのか。それとも架空な語に過ぎないのか。」いやそうではない。不信心な者は,かれらの策謀したものが立派に見えて,道から閉め出されたのである。アッラーに迷うに任せられた者には,誰も導き手はいない。 かれらに対しては,現世の生活でも罰が科せられる。だが来世の懲罰は更に厳しい。かれらはアッラー(の御怒り)に対し,守護者もないのである。主を畏れる者に約束される楽園に就いて言えば,川が下を流れ,常に果実が実り,日陰に覆れている。これが,かれら主を畏れる者の結末である。だが不信者の結末は火獄である。」(アッ・ラアド章33-35)
[Atlas of Creation Vol.2 pp.6-68]
Harun Yahyaは中間形態がないという、創造論の使い古された主張を堂々と使っている。これについての反論も山積み...