神話

イザナギの項参照

合体素材


これらの合体素材の頭文字を縦読みすると「イザナギノオオカミツクレ」になる。

非公式


主人公の後期ペルソナ。アルカナは唯一の「世界」。イザナミとの戦いに敗北しそうになった主人公に届いた『絆の力』によってイザナギが転生した姿。
イザナミの「幾千の呪言」を「幾万の真言」で打ち払い、事件を完全に終わらせた。

ペルソナ3のユニバースと同系統の力だが、このペルソナは「一切代償を必要とせずに奇跡を起こせる」という点がある。
ただし、戦った相手の規模や起こした奇跡の種類も異なり、単純にこちらが優れているという訳ではない。

その姿は、主人公が「番長」と呼ばれる所以の一つであるペルソナ・イザナギの白色バージョン。
一部では「総長」「究極番長」「特攻隊長」と称される。

また、真EDを見た後の周回以降で合体が解禁される。
なんとダブルヒランヤスプレッド(12身合体)で作成する。
一種のオマケのような扱いのペルソナである。

光闇以外の属性に耐性を持ち、初期パラメーターが非常に高い大神様ではあるが、12体ものペルソナを使う(つまりLv91超えで全てのペルソナを消滅させる必要がある)割には「合体素材に出来ない」「ペルソナ全書にも登録されない」「スキル継承が出来ない」「そもそも覚えるスキルが微妙」などの事が災いして「ガッカリ大神」等の不名誉な呼ばれ方まで誕生してしまった。
おかげで現在は前作P3における主人公の最終ペルソナ・メサイア以上の不遇な立ち位置に置かれている。
オルフェウス・改?残念ながら比べ物になりません。
どちらかというと格好良さに惹かれて特殊合体法則を乗り越えて作ってみた結果、スキルがムドフェスティバルだった某棺桶背負った死神ペルソナに近いかも。でもあれは通常ペルソナ…。
とにかく、オマケのような扱いのペルソナなので、作成するも良し、しないも良し。大神様と共に戦いたいという人はぜひ作成してみよう。

P4Gは合体時に継承するスキルが選べるため、幾分か上記の欠点が解消された。
加えて入手できるスキルカードが「勝利の雄たけび」ということもあるので、ガッカリ大神の汚名は返上してもよいかもしれない。
また、作成するとトロフィーも手に入るのでコンプリートを目指すなら遅かれ早かれ1度は作成することになる。

前作P3Pにて強力な専用スキル「魔法スキル強化」が追加され、徐々に強化されているメサイアに比べて、全書登録出来ない点やイベント時に使用したスキル「幾万の真言」に相当する強力な専用スキルも習得しない事等、まだまだ物足りなさが多い。

P4Uでは、一撃必殺技幾万の真言を当てることで登場する。

  • ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
あるイベントを経て変化する、P4主人公のメインペルソナ。アルカナは「世界」。
光以外の全ての攻撃に耐性が付き、また専用スキルとして「ヒートライザ」を習得する。

能力

初期LV91

メギドラオン(初期)勝利の雄たけび(初期)大天使の加護(初期)コンセントレイト(初期)

アギダイン(92)ブフダイン(93)ジオダイン(94)ガルダイン(95)

火炎ハイブースタ(96)氷結ハイブースタ(97)電撃ハイブースタ(98)疾風ハイブースタ(99) 

光闇以外耐性

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2015年07月18日 21:57