「配信初心者がN Airで絶対に覚えておくべき10のポイント」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

配信初心者がN Airで絶対に覚えておくべき10のポイント」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #settitle(配信初心者がN Airで絶対に覚えておくべき10のポイント - VIPで初心者がゲーム実況するには)
 [[トップ>https://www18.atwiki.jp/live2ch/]] > [[ライブ配信カテゴリ概要]] > [[配信ソフトの使い方]] > &font(#0080FF){配信初心者がN Airで絶対に覚えておくべき10のポイント} / &lastmod()
 
 ----
 #center(){{{
 &size(20px){これをマスターすればN Airは怖くない}
 }}}
 
 
 -初めて&font(#0080FF){N Air}を使うと、「使い方が難しすぎてわからない」ということがあるかもしれません。とくに、[[NLE>Nicnico Live Encoder]]からN Airに乗り換えた人だと、最初は操作方法にとまどうはずです。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air54.jpg)
 
 -そこで、今回はN Airを初めて使う人に向けてポイントを10個ご紹介します。たった&font(#0080FF){10個のポイントをマスターするだけで}、N Airを簡単に使えるようになります。
 
 -なお、N Airの詳しい使い方については、下記ページに書いておきました。参考にしてください。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[N Airの使い方>N Airの使い方(1)]]を参照する
 
 >目次
 
 #contents()
 
 *画面が見切れているときは右クリックする
 
 -N Air上で&font(#0080FF){画面が見切れている}という場合は、簡単な設定ですぐに直せます。実際にやってみましょう。
 
 -まずは&font(#0080FF){見切れている画面をクリックして選択}します。選択すると、その画面が赤い境界線で囲われます。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air37.jpg)
 
 -つぎは、&font(#0080FF){赤い境界線で囲まれている画面上で右クリック}してください。そして、「回転・サイズ変更・配置変更」から「&font(#0080FF){プレビュー画面にフィットさせる}」を選択します。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air38.jpg)
 
 -するとどうでしょう。見切れていた画面がピッタリと収まります。これが「プレビュー画面にフィットさせる」の効果です。頻繁に使うので、覚えておいてください。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air39.jpg)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *画面の重なり順はドラッグで変える
 
 -複数の画面をN Airに映すと、&font(#0080FF){片方の画面がもう片方の画面に隠れて見えなくなる}ことがあります。このようなときは、&font(#0080FF){ソースの重なり順}を変えましょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air40.jpg)
 
 -具体的には、&font(#0080FF){「ソース」の部分でソースを上下にドラッグ}します。&font(#0080FF){上にあるソースほど手前に表示}されます。したがって、いちばん手前に表示したいソースをいちばん上にしてください。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air41.jpg)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *画面キャプチャーで混乱しないように
 
 **画面キャプチャーのやり方
 
 -NLEからN Airに乗り換えた人が混乱するのが&font(#0080FF){画面キャプチャー}のやり方です。NLEとは操作方法が異なるので、覚えておきましょう。
 
 -まず最初に「ソース」の「+」をクリックし、「画面キャプチャ」を選択します。そして、画面を順に進めていきます。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air42.png)
 
 -問題はここからです。N Airの画面のなかにデスクトップ画面が表示され、その画面のなかにさらにデスクトップ画面が表示されます。まるで&font(#0080FF){合わせ鏡のような状態}になります。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air43.png)
 
 **指定した範囲だけを視聴者に見せる方法
 
 -何重にも同じ画面が表示されて驚くかもしれません。ただ、これは不具合ではなくN Airの仕様です。&font(#0080FF){全画面を取り込んで表示し、それを再度取り込んで表示}しているので合わせ鏡のようになっているだけです。では、どうすれば&font(#0080FF){指定した範囲だけを}取り込めるのでしょうか。
 
 -やり方はこうです。
 
 +N Airを最大化しているのであれば、&font(#0080FF){もとのサイズに戻す}。
 +「ソース」の&font(#0080FF){「画面キャプチャ」上で右クリック}する。
 +「&font(#0080FF){領域を指定してキャプチャ}」を選択する。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air44.png)
 
--すると、画面が白い半透明の状態になります。&font(#0080FF){視聴者に見せたい範囲}をドラッグしましょう。赤い境界線が表示された部分だけが取り込まれ、視聴者に見せることができます。
+-すると、画面が白色の半透明状態になります。&font(#0080FF){視聴者に見せたい範囲}をドラッグしましょう。赤い境界線が表示された部分だけが取り込まれ、視聴者に見せることができます。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air45.png)
 
 -NLE経験者がとまどうのは、&font(#0080FF){いったん全画面を取り込まないといけない}という点です。ほかのソフトと連携させれば一発で任意の範囲を取り込めますが、N Air単体ではどうしようもありません。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air46.png)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *Alt + ドラッグで画面を切り取れる
 
 -画面によけいな部分が映っている場合は、&font(#0080FF){トリミング}(クロップ)しましょう。
 
 -どうやるかというと、&font(#0080FF){「Alt」キーを押しながらソースの辺・角にある白い四角をドラッグ}します。すると、画面端がどんどん削られて見えなくなっていきます。&font(#0080FF){「Alt」キー}を押しながらというところがポイントです。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air10a.jpg)
 
 -もしトリミングをやり直したいのであれば、そのソースを選択してから右クリックし、「回転・サイズ変更・配置変更」から「&font(#0080FF){回転・サイズ変更・配置変更のリセット}」を選択してください。これでもとに戻ります。
 
 -なお、&font(#0080FF){「Shift」キー}を押しながら画面をドラッグした場合は、アスペクト比(縦横比)を無視して画面を引き伸ばしてしまいます。&font(#0080FF){「Alt」キーと「Shift」キーを押しまちがえないように}しましょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air47.jpg)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *マイクのノイズは、フィルターで抑制できる
 
 -マイクにノイズが入る、音質が悪いというときは、&font(#0080FF){ノイズ抑制}という機能を使います。根本的な解決にはなりませんが、手助けにはなるはずです。
 
 -まず、「ミキサー」にある「マイク」の歯車アイコンをクリックして「&font(#0080FF){フィルター}」を選択します((「マイク」がない場合は、画面左上の歯車アイコンから「音声」タブを開き、使用するマイクを「マイク 1」で選択してください。))。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air48.jpg)
 
 -つぎに「+」アイコンをクリックし、「フィルターの種類」で「ノイズ抑制」を選択して「完了」をクリックしましょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air49.png)
 
 -スライダーを左に動かすほど効果が強くなりますが、基本的にいじる必要はありません。スライダーをあまり右に動かすと音質が悪くなります。最後に「完了」をクリックします。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air50.png)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *PCが重いときは、ハードウェアエンコーダーを使う
 
 -ライブ配信というのは、PCに大きな負荷がかかります。そうすると&font(#0080FF){PCの動作が重くなり、画面がカクカクする、カクつく}という症状が発生することがあるかもしれません。
 
 -いくつか対処法があるのですが、手軽にできるのが&font(#0080FF){ハードウェアエンコーダー}というものを使う方法です。以下のように設定します。
 
 +画面左上の歯車アイコンをクリックする。
 +「出力」タブを開く。
 +「エンコーダ」で、「&font(#0080FF){NVENC}」など「ソフトウェア (x264)」以外を選ぶ。
 +「完了」をクリックする。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air51.jpg)
 
 -もしPCの動作が軽くならない場合は、以下のページをご覧ください。記事のタイトルが「OBS Studio」となっていますが、これはN Airと基本的な使い方が同じ配信ソフトです。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[OBS Studioで、PCの動作が重くてカクカクするときの対処法]]を参照する
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *アマレコTVについて
 
 -[[アマレコTV4]]使用者で、N Airに画面を映したいのに映らないという人がいるかもしれません。
 
 **アマレコTVがなくても画面は映せる
 
 -まず基本的なことですが、&font(#0080FF){アマレコTVがなくてもキャプチャーボードが入力した映像はN Airに映せます}。なぜなら、「ソース」の「+」から「&font(#0080FF){映像キャプチャデバイス」でキャプチャーボードを直接選択}すればよいからです。「AmaRec Video Capture」を選ぶ必要はありません。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air31a.jpg)
 
 -ポイントは、「映像キャプチャ」デバイスを追加するときは&font(#0080FF){アマレコTVを閉じておく}という点です。設定方法については、以下のページをご覧ください。記事のタイトルが「OBS Studio」となっていますが、これはN Airと基本的な使い方が同じ配信ソフトです。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[OBS Studioの映像キャプチャーデバイスの設定方法]]を参照する
 
 **どうしてもアマレコTVを使いたい場合
 
 -それでもアマレコTVを使いたいのであれば、「&blanklink(アマレコTV4 ライブ機能 64bit ベータ版){http://amalabo.blog35.fc2.com/blog-entry-331.html}」を導入しましょう。64bit版というところが重要です。N Airは64bit版のソフトなので、アマレコTVのライブ機能も64bit版でなくてはいけません。
 
 -導入できたら、N Airの「映像キャプチャデバイス」で「&font(#0080FF){AmaRec Video Capture}」を選択します。これでアマレコTVの画面を見ながら配信できます。
 
 -もし「ライブ機能や映像キャプチャデバイスはよくわからない、アマレコTVは使いたい」ということであれば、アマレコTVの画面をN Airの「ウィンドウキャプチャ」で取り込む方法もあります。
 
 +アマレコTVの設定画面を開く。
 +「高度な設定1」タブを開く(アマレコTV3は「高度な設定」タブ)。
 +「&font(#0080FF){EVRを使う}」を選択する(アマレコTV3は「&font(#0080FF){EVR優先}」)。
 +「OK」をクリックする。
 +N Airの「ソース」の「+」から「ウィンドウキャプチャ」を選択し、「ウィンドウ」で「&font(#0080FF){[AmaRec TV4.exe]: AmaRec TV4}」を選択する。
 +「完了」をクリックする。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air30.png)
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *コメジェネについて
 
 -N Airは、&font(#0080FF){Flashコメントジェネレーター}と連携できません。しかし、代わりに&blanklink(HTML5コメントジェネーレーター){https://www.kilinbox.net/2016/01/HCG.html}があります。これを使いましょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air52.jpg)
 
 -必要なものは、(1)&font(#0080FF){HTML5コメントジェネーレーター}(以下コメジェネ)と、(2)&font(#0080FF){コメントビューア}です。
 
 -たとえば、コメントビューアが[[NCV>ニコ生コメントビューア]]の場合は以下のようにします。
 
 +コメジェネをダウンロードし、解凍する。
 +「CommentGenerator0.0.8a」フォルダ内にある「&font(#0080FF){hcg_setting.exe}」を起動し、「参照」から「&font(#0080FF){CommentGenerator0.0.8a}」フォルダを指定する。
 +「OK」をクリックする。
 +「CommentGenerator0.0.8a」フォルダ内にある「&font(#0080FF){hcg_NCV.dll}」を、「NCV」フォルダ内にある「plugins」にコピーする。
 +N Airの「ソース」の「+」をクリックし、「&font(#0080FF){Webページ}」→「ソースの追加」→「新しいソースを追加する」の順にクリックする。
 +「&font(#0080FF){ローカルファイル}」にチェックを入れ、「参照」から「CommentGenerator0.0.8a」フォルダ内の「&font(#0080FF){CommentGenerator.html}」を選択する。
 +「幅」を550、「高さ」を150にする。
 +「完了」をクリックする。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *YouTubeなどでも配信できる
 
 -N Airは、ニコ生以外の配信サイトでも使うことができます。たとえば、YouTube、Twitch、ニコキャス、OPENRECなどでもN Airで配信可能です。詳細は、以下のページをご覧ください。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[N Airの使い方>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/585.html#id_e8f45297]]を参照する
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *トラブルが起きたときの対処法
 
 -今後N Airを使っていれば、トラブルが起きることもあるはずです。もし対処法を調べるなら、N Airの記事だけではなく、&font(#0080FF){OBS Studio}や&font(#0080FF){Streamlabs OBS}といった配信ソフトの記事も参考にするとよいでしょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/n-air/n-air53.jpg)&br()&size(small){▲OBS Studio(左)とStreamlabs OBS(右)}
 
 -なぜなら、&font(#0080FF){N AriのベースになっているのはStreamlabs OBS}であり、さらにその&font(#0080FF){Streamlabs OBSのベースになっているのがOBS Studio}だからです。これら3つの配信ソフトは基本的な使い方が共通しており、なにか&font(#0080FF){問題が起きたときの対処法もほぼ同じ}です。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[N Airの使い方>N Airの使い方(1)]]を参照する
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)[[OBS Studioの設定方法]]を参照する
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)&blanklink(Streamlabs OBSの詳しい使い方・設定方法){https://vip-jikkyo.net/how-to-use-slobs}を参照する
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *関連ページ
 
 -[[各ライブ配信サイトで棒読みちゃんを使う方法]]
 --ゆっくりボイスでコメントを読ませよう!各ライブ配信サイトでの棒読みちゃんの使い方
 
 -[[複数の配信サイトで同時配信する方法]]
 --2つのサイトで同時生放送したい!そのやり方とは
 
 -[[おすすめライブ配信サイトの比較まとめ]]
 --ゲーム配信用に、全6個の配信サイトを徹底比較
 
 -[[リバーブ(エコー)をライブ配信でかける方法]]
 --生放送で声を響かせたい!じつは簡単にできる最新の方法
 
 -[[実況用PCマイク/こんなときは]]
 --マイク使用時によくあるトラブルまとめ
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 ----
 
 #comment(size=60,vsize=5,disableurl,below)