惑星カード

惑星カード

全160枚

このページでは基本的に惑星カードの効果のみを記載します。
惑星カードの使用方法等に関しては基本ルールを参照してください。
補足が必要と思われる場合は折りたたみ表示にて補足を行います。


待ち伏せ (A、B、C、D)/各1枚

 待ち伏せの担当プレイヤーは未使用のキャラクターシートからランダムに1枚引き、
 そのキャラクターシートを確認する。その後、そのキャラクターを使用して戦闘を発生させることができる。
 戦闘を発生させなかった場合、引いたキャラクターシートを破棄しマスの効果は終了する。
 待ち伏せによって登場したキャラクターの行動は全て担当プレイヤーが決定できる。
 戦闘終了時、待ち伏せに使用したキャラクターシートは破棄される。
 待ち伏せによって登場したキャラクターが死亡した場合、このカードは破棄され、
 秘密基地編開始時に担当プレイヤーがめくる惑星カードが1枚減少する。
+補足説明
 A、B、C、Dの4つの記号は待ち伏せの担当プレイヤーを表しています。

白紙/80枚

 能力カードを1枚得る。その後、このカードは破棄される。

情報入手/10枚

 この惑星カードを表にしたキャラクターはこのカードを得る。
 自分が死亡した時、または自分が秘密基地内部に移動した時、このカードは破棄される。
+補足説明
 「情報入手」を所持している場合、様々な影響を受けます。
 受ける影響については「4.3 惑星編」と「4.4 秘密基地編」を参照してください。

極秘情報入手/1枚

 この惑星カードを表にしたキャラクターはこのカードを得る。
 この惑星カードは惑星カード「情報入手」2枚分として扱われる。
 自分が死亡した時、または自分が秘密基地内部に移動した時、このカードは破棄される。

ニセ情報/1枚

 この惑星カードを表にしたキャラクターはこのカードを得る。
 このカードを得た時1D6を振り、以下の数だけ情報入手の枚数に修正を受ける。
出目 1~3
情報入手の数 -1 -2 -3
 自分が死亡した時、または自分が秘密基地内部に移動した時、このカードは破棄される。
+補足説明
 「情報入手」の枚数がマイナスになった場合、
 秘密基地への侵入判定の目標値にその枚数分の修正を受けます。

他人の正体判明/8枚

 自分以外のプレイヤーが使用しているキャラクターシートを自分のみ確認する。
 その後、このカードは破棄される。

自分の正体露見 (A、B、C、D)/各1枚

 自分のキャラクターシートを待ち伏せの担当プレイヤーに確認させる。
+補足説明
 A、B、C、Dの4つの記号は待ち伏せの担当プレイヤーを表しています。

宇宙港/6枚

 通常の惑星の宇宙港と同様に移動を行える。

宇宙港・ランダムテレポート/1枚

 マップ左端の宇宙港及び惑星ラフノールを除くどこかのマスへ移動する。
 また、Cカードを全て回収する。
+補足説明
 移動先はD66で決めるのが一般的です。
 パーティーが組まれていた場合、そのパーティーは解散します。

戦闘発生/9枚

 2D6を振り、ランダム戦闘チャートに従う。
 ランダム戦闘チャートによるNPCが全て死亡した場合、このカードは破棄される。

戦闘発生-2/1枚

 2D6を振り、ランダム戦闘チャートに従う。
 ただし、このランダム戦闘チャートの2D6は出目が-2される。
 ランダム戦闘チャートによるNPCが全て死亡した場合、このカードは破棄される。

戦闘発生×2/1枚

 2D6を振り、ランダム戦闘チャートに従う。
 ただし、このランダム戦闘チャートによって登場するNPCの数は2倍になる。
 ランダム戦闘チャートによるNPCが全て死亡した場合、このカードは破棄される。
 エスパーが2体以上登場した場合、エスパーは常に同調を求めるものとして扱われる。
 また、行動順の遅いエスパーはもう一方のエスパーに同調が可能な限り同調を行う。
 武器チェックチャートに移行した場合、ビームキャノン搭載装甲車なら2台現れる。
 ただし、G弾やD弾は1発のみとなる。トラップチャートに移行した場合、この効果は失われる。

戦闘発生(使用していないキャラクター)/1枚

 未使用のキャラクターシートからランダムに1枚引き、そのキャラクターとの戦闘が発生する。
 キャラクターを操作するプレイヤーはEvilシルエットのプレイヤーから話し合って決定すること。
 キャラクターの取る行動は基本的にはNPCのエスパーと同様だが、以下の点が異なる。
 ・最も強力と思われる攻撃を優先して行う。
 ・テレポートを特殊Cカードとして使用しない。
 ・幻覚の抵抗チェックを行う場合、抵抗チェックの値を1で宣言する。
 ・自分への攻撃に対して逃避が行える場合、必ず逃避を行う。
 ・自分への攻撃に対して逃避が行えず、防御が行える場合、必ず防御を行う。
  使用する防御Cカードや防御の維持等はキャラクターを操作するプレイヤーが任意に決めることができる。
 この惑星カードにより出現したキャラクターに止めを刺したキャラクターは
 未使用の惑星カードを1枚めくる。白紙か逮捕ならその効果を受ける。それ以外なら何もなし。
 戦闘終了時、この戦闘で使用したキャラクターシートは破棄される。
 このカードの効果によって登場したキャラクターが死亡した場合、このカードは破棄される。

トラップ/3枚

 2D6を振り、トラップチャートに従う。

トラップ+2/1枚

 2D6を振り、トラップチャートに従う。
 ただし、このトラップチャートの2D6は出目が+2される。

逮捕/6枚

 逮捕される。
 逮捕されたキャラクターは自分の通常ターンにおける主要行動は必ず「脱出チェック」となり、
 2D6を振らなければならない。このチェックは脱出成功となるまで毎回行う。
 武器チェックチャートによってトラップチャートに移行した場合、逮捕からは脱出する。

逮捕+4/1枚

 逮捕と同様の効果だが、このマスの効果によって逮捕されたキャラクターが振った刑務所チャートの出目が
 6以上だった場合、その出目を+4して刑務所チャートの効果を適用する。

開拓地/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

工業地域/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

砂漠/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

住宅地/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

森林/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

雪原/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

農村/2枚(効果なし/1枚、効果あり/1枚)

+補足説明
 開拓地・工業地域・砂漠・住宅地・森林・雪原・農村は「何もなし」の惑星カードと
 何らかの効果を持つ惑星カードが1枚ずつ存在します。
 「何もなし」については書くことがないので省略し、何らかの効果を持つ方のみを記載します。

開拓地

 何かと遭遇する。1D6を振り、以下の効果を受ける。
出目 効果
ムカデ  耐久力に1ダメージを受ける。
オロール 耐久力に2ダメージを受ける。
砂竜   耐久力に3ダメージを受ける。
4~5 何もなし
死体に能力カードが?
惑星カードを1枚引くことができる。引いた場合、その惑星カードの効果を受ける。

工業地域

 所持している特殊能力や能力カードの[スーツ:X]と[代理:X]の耐久力が全回復する。
+補足説明
 既に破壊されている[スーツ:X]や[代理:X]は破壊されたままです。

砂漠

 砂嵐に遭う。耐久力に1ダメージを受ける。

住宅地

 1D6を振り、以下の効果を受ける。
出目 効果
1~3 左に1マス移動する。
4~6 右に1マス移動する。

森林

 1D6を振り、以下の効果を受ける。
出目 効果
1~2 左に1マス移動する。
3~4 1ターンの拘束効果を受ける。
5~6 右に1マス移動する。

雪原

 湯治場を発見した。耐久力が全回復する。

農村

 小麦畑で小麦の刈り入れを行う。1ターンの拘束効果を受ける。
+補足説明
 小麦畑に移動する効果ではありません。

歓楽街/1枚

 酒を飲んでつぶれる。1ターンの拘束効果を受ける。

歓楽街・カジノ/1枚

 能力カードを賭けて勝負を行える。勝負を行う場合、能力カードを任意の枚数賭け、1D6を振る。
 その出目により以下の効果を受ける。
出目 効果
1~2 賭けに勝った。賭けた能力カードの枚数分だけ惑星カードをめくる。
めくった惑星カードに含まれる惑星カード「白紙」の数だけ能力カードを得る。
賭けた能力カードは戻ってくる。
3~5 賭けに負けた。賭けた能力カードは全て破棄される。
イカサマがバレたので逮捕される。賭けた能力カードは全て破棄される。

スラム街/1枚

 スリに遭う。所持している能力カードからランダムに1枚破棄する。

スラム街「今日は特別でね、もう1人来てるんだ。」/1枚

 惑星カード「待ち伏せ」と同様に扱う。待ち伏せの担当プレイヤーは話し合って決定する。

大学/1枚

 拘束効果を受ける。
 この拘束効果を受けているキャラクターは実はそこにいたチェックを行うことができない。
 この拘束効果を受けているキャラクターは自分のチェックフェイズ毎に精神力チェックを行う。
 成功した場合、拘束効果から解除され、ターンを終了する。
 この効果による精神力チェックに失敗する度、精神力を+1して宣言できる。

P-96/1枚

 この惑星カードが表になると、同じ惑星の全てのマス(宇宙港含む)がP-96に汚染される。
 汚染されているマスでCカードの使用またはテレポート移動を行う場合、
 その使用者は使用するCカードのLVの値かテレポート移動で宣言したESP能力レベルの値だけ
 耐久力にダメージを受ける。この時、耐久力が0以下になるような行動を行うことはできない。
 汚染された場所にいるキャラクターは「第3波動チェック」として
 自分のチェックフェイズに1D6を振ることができる。
 3が出た場合、P-96への耐性ができ、このゲーム中P-96の効果を受けなくなる。

惑星ラフノール発見/1枚

 このマスに移動したキャラクターは、即座に惑星ラフノールに移動する。
 惑星ラフノールではテレポート移動を行えず、移動する場合、移動方向は右方向に限定される。
 また、惑星ラフノールでは全ての逃避は回避として扱われ、戦闘から離脱することができない。
 4マス目より右のマスに移動した場合、元の「ラフノール発見」のマスへ戻る。
 惑星ラフノール内に宇宙港が存在する場合は自由に行き来が可能となる。

銀河コンピューター/1枚

 1D6を振り、以下の効果を受ける。
 銀河コンピューターによって戦闘が発生した場合、
 その戦闘では逃避行動による戦闘から離脱する効果は全て無効化される。
出目 効果
基地カード「幻覚の部屋LV:6」の効果を受ける。
2~5 サイコパペットとの戦闘が発生する。
サイコパペット 耐久力:5 [格闘(白兵):2] 攻撃手段:格闘攻撃
サイコパペットに[E]の攻撃が行われた時、
その攻撃によってサイコパペットが破壊されなかった場合、同LV同火力の攻撃を攻撃者に行う。
サイコパペットは幻覚の効果を受けない。
銀河コンピューターとの戦闘が発生する。
銀河コンピューター 耐久力:3 ESPジャマーLV:5所持
武器:ビームキャノン(LV:4 火力:チェック [M])
銀河コンピューターは幻覚の効果を受けない。
銀河コンピューターの耐久力が減少した時、
銀河コンピューターが所持しているESPジャマーは破壊され、その戦闘中使用できなくなる。
銀河コンピューターが破壊された場合、この惑星カードは破棄される。

意見・コメント

  • 開拓地~農村が2枚ずつなのは何かの間違いだと思うんだよなあ……個人的には同じ名前なのに効果が違うのは納得いかないから1枚ずつにしたかったけど他の人に反対されたので2枚ずつということで決定したけど -- waka (2019-04-17 13:33:21)
  • 百歩譲ってCカードは同名で火力が違うということがあるから「同名で違う効果」という現象は納得できるけど正直「何もなし」の惑星カード自体がつまらないから抜いた方が面白いと思った。 -- waka (2019-04-17 13:53:37)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。