OSK日本歌劇団歴代トップスター

令和2年(2020年)以前は、「トップ娘役」の定義が不明瞭のため、トップスターが出演する松竹座・南座・新橋演舞場・近鉄劇場クラスの公演またはたけふ菊人形公演・あやめ池公演でヒロイン格を務めた方を、主な相手役として記載。


令和3年(2021年)以降は、「男役トップスター」「娘役トップスター」の地位が明確化。

※加筆予定
期間 芸名 主な相手役
※1 アーサー 美鈴
※1,2,3 秋月 恵美子
※1,2,3 芦原 千津子
※3 勝浦 千浪
牧 香織
~昭和61 嵯峨 みさ緒 麻里 美由起、水穂 ゆう紀、雅 都貴
昭和61~平成8 東雲 あきら 友美 愛、千爽 貴世
平成8~12 煌 みちる 湖上 芽映
平成12~14 洋 あおい、那月 峻 千爽 貴世、若木 志帆
平成14~15 那月 峻 千爽 貴世、若木 志帆、沙月 梨乃
平成15~19 大貴 誠 若木 志帆、北原 沙織、朝香 櫻子
平成19~26 桜花 昇ぼる 朝香 櫻子、牧名 ことり
平成26~30 高世 麻央 牧名 ことり、折原 有佐
平成30~令和2 桐生 麻耶 舞美 りら、城月 れい

期間 芸名
令和3~ 男役:楊 琳
令和3~ 娘役:舞美 りら
令和3~ 娘役:千咲 えみ


※1
特定の劇団員をクローズアップする「トップスター」の概念は無いものの、ポスターやプログラムにメインのスターとして掲載されていた。

※2
秋月(主に男役)と芦原(女役)は、1930年代から約40年に渡って第一線で活躍。

※3
秋月、芦原、勝浦は、松竹時代の劇団員序列最上位の「幹部」から、さらに別格の「特別出演」の位置づけとなった。
最終更新:2021年03月27日 18:52