※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デッキ

プレイヤーごとに、下記ルールに従ってカードの組み合わせを作ります。
このカードの組み合わせを「デッキ」と呼びます。

デッキを作る際のルール
  • カードは40枚ちょうどで作ります。39枚以下や、41枚以上ではいけません。
  • 1つの作品のカードしか入れられません。
  • 同じカード(作品とカードナンバーが同じもの)は、それぞれ3枚までしか入れられません。

キャラを選択
まずは、自分の使用したいキャラを選択します。
次に、使用したいキャラを有利にするテキストを持っているキャラやイベントを選択します。
枚数の配分は、下記を参考にしてください。

デッキのカード配分
最初は、以下の枚数を目安にしてデッキを作ってみましょう。
●キャラクター(合計):34枚~36枚
0コスト:9枚~12枚
1~2コスト:9枚~12枚
3~4コスト:3枚~6枚
5~6コスト:3枚~6枚
●イベント&シーン:4枚~6枚

デッキを作ったら
あとは、何度も対戦を繰り返して、自分のデッキを強化していきましょう。
実際にゲームをすることで新たな発見があるかもしれません。

プリズムコネクト・オフィシャルルールブック より

概要

対戦する際にプレイヤーの次に必要な物。
勝負を始める前には、必ずデッキが40枚であることを確かめ、相手にも示す必要がある。

デッキ構築に関して

デッキ構築の基本
デッキの枚数が少ない場合、特定のカードを引く確率が僅かながら上昇する。
逆に多い場合、下降するが多くの種類のカードをいれることができるようになる。
デッキを構築する際は、きちんと40枚であることを確かめて作ると良い。

プリズムコネクトは所謂シングルレギュレーションしか存在しないため、デッキのカードは全て同じ作品でなければならない。
ただし、ルールブックにてふたりはプリキュアMax Heartふたりはプリキュアに含めると記載されている。

当たり前のことではあるが、3枚入れれば対戦中にそのカードを引く確率は上がる。
逆に2枚、1枚と減らせばその分確率は下がる。

  • デッキのカード配分
オフィシャルルールブックに記載されている比率では若干厳しい面がある。
実際にはコスト0のキャラクターは多くても6枚程度でよく、その空いたスペースはコスト3以上にまわすと良い。
特に、コスト3,4は重要なポジションとなるため、厚くしたい。

多ければ多い程良いが、採用するコネクトアタックを持ったキャラクターテキストには注意。
基本的にはコネクトアタックによってテキストを使用できるキャラクターを優先したい。

デッキの構築
1.中心として使用するキャラの選択
まずは中心として使用するキャラを選択する。
強力なテキストを持つキャラクターを選んでも、単純に好きなキャラクターを選んでも良い。

2.コスト0の選択
中心として使用するキャラが決まったのならば、それに対応するコスト0キャラクターを採用する。
ここでいう対応するキャラというのはCP+1000サポートを持ったキャラのことである。
コスト0CP3000のキャラは採用しなくて構わない。
採用枚数は、マリガンを含めた初手に1枚あることを目安とする。
因にコスト0を3枚投入した場合の初手存在の確率(1枚以上存在)を考えると以下の様になる。
マリガン数 確率(%)
0 39.43
1 44.78
2 49.80
3 54.50
4 58.91
5 63.02
6 66.84
つまり、3枚では確実に来ると言える訳ではない。
そこで、逆に投入枚数を増やしてみると以下の様になる。
縦をマリガン数、横をコスト0の枚数としている。

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 39.43 49.25 57.71 64.96 71.14 76.39 80.82 89.08 87.62 90.18
1 44.78 55.22 63.93 71.14 77.09 81.95 85.90 89.08 91.63 93.65
2 49.80 60.65 69.40 76.39 81.95 86.32 89.74 92.39 94.42 95.96
3 54.50 65.57 74.18 80.82 85.90 89.74 92.63 94.77 96.34 97.47
4 58.91 70.01 78.34 84.53 89.08 92.39 94.77 96.46 97.64 98.45
5 63.02 74.01 81.95 87.62 91.63 94.42 96.34 97.64 98.50 99.07
6 66.84 77.60 85.06 90.18 93.65 95.96 97.47 98.45 99.07 99.46

オフィシャルルールブックで推奨されている9枚以上は、マリガンせずに初手存在確率80%以上になる枚数であるとわかる。
しかしこれは、初手に1枚以上存在する確率であり、2枚以上存在する確率も含まれる。
コスト0があまり多く存在するのも好ましい手札とは言えない。
結果的に、2枚程度マリガンすれば初手存在確率80%以上を目指せる5,6枚がベストな投入枚数であると言える。

3.コスト1,2の選択
次に、同じく対応するコスト1,2キャラクターを選択する。
主にサーチテキストを持ったキャラや、サポートを持ったキャラを採用すると良い。
他にはコスト1に多いスピードアタッカーや、コスト2に存在するコネクトアタック持ちなどを採用しても良い。
またバニラサポートと合わせてCP5000にとどくため一考の余地がある。
なおコスト1,2キャラクターの採用枚数は比較的自由が利く。
コスト3以上を多く投入するために5,6枚に抑えても、事故率軽減のために9枚程度いれるのも良い。

4.コスト3,4の選択
コスト3には、選んだキャラクターバニラを採用すると良いだろう。
コスト4にはサポートコネクトを持つキャラクターを採用する。
他にはコネクトアタックを持つキャラクターを追加しても良い。

5.コスト5以上の選択
コスト5以上では、比較的攻撃的なカードを採用したい。
例えば緋弾のアリアであれば、《強襲科 アリア》などの様なカードが好ましい。
また、コネクトアタック時のテキストが強力なカードも魅力的である。
そして重要となって来るのはCP6000を持つキャラクターである。
3枚程度はスペースを開けてでも採用しておくと良い。
もちろんキャラクターとの兼ね合い等で採用しないという選択も存在する。

6.イベントカードシーンカードの選択
パンプカードを優先に、キャラクターに合う様に選択する。
シーンカードは種類が少ないため、好みで選択すると良い。

構築が終わったら
対戦を繰り返して不要なカードや必要なカードを見つけて行く。
対戦を行う事で、テキストを読むだけではわからないことが多く見えて来るため重要である。

関連項目

最終更新:2013年01月11日 22:39