スカイガールズwiki

エリーゼ・フォン・ディートリッヒ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターエリーゼ・フォン・ディートリッヒ

(CV:辻あゆみ

(Elise von Dietrich)

15歳。身長150cm。体重38kg。O型。
B:72 W:52 H:76
靴のサイズ:21.5cm

搭乗機はソニックダイバー バッハシュテルツェV-1
この年齢ながら西ヨーロッパ方面軍 西ヨーロッパ基地 第9特殊空挺団に所属していたドイツ空軍のエースパイロットであった。西ヨーロッパ基地へのワーム襲撃の際に一人、退避させられた。
以後日本のソニックダイバー隊に加わった。(第11話より)
6カ国語(ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語)に精通しており、意外と博識でもある。日本の隊員とも意思の疎通は全く問題がない。

支援要員として、ヨーロッパ方面軍から派遣された4人目のソニックダイバーパイロットとなる。ソニックダイバーの操縦技術は強引ではあるが、瑛花にも引けを取らない腕前を持つ。

外見が子供っぽいことを気にしているが、ぬいぐるみ集めとおしゃれが大好きで、ゴスロリ服から力士の着ぐるみまで服の趣味は幅広い。

グリーンと白を基調とし、露出の少ないタイプのモーションスリットを着用。
またターミナルデヴァイスも形状の異なる(ウサ耳型)ものを使用している。

両親がともに軍属だったため、両親亡き後も自分の家のよう基地で育ったが、ワームによって基地が壊滅。エリーゼは基地の唯一の生き残りになった。そのため、ワームに対して憎しみを露わにすることを隠さない。

根は素直だが、そのぶん行動が奔放にして直情的。言いたいことはそのまま口に出すためトラブルが絶えず、リーダーの瑛花としばしば衝突することもある。
その反面やんちゃなところが愛らしく、部隊の老人達には孫のように可愛がられている。

小説

ワームの再来により壊滅した西ヨーロッパ基地より特務艇プリムラジュリアンに乗り、攻龍と合流する予定だった4人目のスカイガールズである。
突然のワームのプリムラジュリアン襲撃からバッハシュテルツェV-1で直接攻龍に向かい合流した。
日本語はプリムラジュリアン艦長の白瀬凪沙に教えられたもので、ぶっきらぼうで堪能とはいえない。
また、攻龍では自分だけドイツ人ということで差別を受けていると感じているようだ。
祖国ドイツに誇りを持っている。

関連スレ


スカイガールズのエリーゼたんは無乳カワイイ
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1184321248/
スカイガールズのエリーゼたんは凸カワイイ2
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1194667887/
スカイガールズのエリーゼたんは凸カワイイ 3
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1212480842/
最終更新:2008年06月04日 02:33