スカイガールズwiki

攻龍

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メカニック艦船攻龍

日本海軍の航空巡洋艦、特務艦113号。第十八特殊空挺師団ソニックダイバー隊)が乗艦し運用する。艦長は門脇曹一郎中将。

最新鋭のステルスタイプのイージス巡洋艦である。海軍はかなりの人員不足のため、本艦は少人数で運航できるように設計されている。元々統合人類軍、六カ国による共同開発で作られた最新鋭汎用フリゲート艦があり(演習艦もその一つである)、攻龍はソニックダイバーの対ワーム殲滅戦運用に特化した改造が施されている。
ソニックダイバー専用の格納庫があり、ソニックダイバーの出撃時は前部のリニアカタパルトを使用し、亜音速で射出する。
ソニックダイバーの最大運用台数は5台で、攻龍最大の兵器はソニックダイバーであるともいえる。
主機関はソニックダイバーと同じく、核融合エンジンである。
排水量:5200トン、全長:141メートル

TVシリーズでは第12話で登場。基地で建造。資材搬入を行っている。
ワームが人類の持つ軍事施設を特に狙うことから、囮としての効果を技術開発本部 周王紀理子は語っているが、何か別の目的もあるようだ。
第13話にて出港、技術開発部の思惑通り早々にワームと遭遇、撃滅した。

囮として日本近海に発生するワームを撃滅していたが、第15話にてワームの本拠地「ネスト」の探索任務を受け、東太平洋への遠征任務へと移行した。

武装

  • 主砲
艦首の左右に1基ずつ、計2基装備された実弾速射砲。62口径76ミリ全自動砲である。格納庫とリニアカタパルトを守るように配置されている。(TVシリーズ設定)
艦首の左右に1基ずつ、計2基装備されたビーム砲。通常は砲身が砲塔の中に収納されているが、戦闘時は砲身が出るようになっている。また、砲身を引き込むことで広角拡散モードになる。格納庫とリニアカタパルトを守るように配置されている。(OVA設定)

  • CIWS(シウス)
格納庫の上部、前後に計2基装備された近接対空防御兵器(20ミリバルカンファランクス)。高い連射性を持ち、レーダー、オプチカルと連動して自動で敵を追尾する。

  • テトラPOD(テトラポッド)
弾頭を合わせ計四つの突起のある小型対潜爆雷。艦首の左右から発射し、水面下のワームに有効とされる。(TVシリーズ設定)
艦首の左右から発射されるミサイル。目標を追尾してガトリング砲(ナノマシン弾)を撃ちながら接近、旋回し、目標に命中、自爆してダメージを与える。(OVA設定)

  • 魚雷
UG83魚雷の発射管を左右三基持つ。ソニックダイバーによる大漁大作戦!でも使用された。
門脇艦長は魚雷状に攻めてくるワームをこの魚雷で迎撃させている。(TVシリーズ小説

  • 後部多目的ランチャー
後部格納庫上にある8列×2段の各種弾種に対応したランチャー


艦内(※は設定)

  • 電探類機械室 ※
  • メインブリッジ
  • CIC ※
  • 電算室 ※
  • 士官室
  • 作戦会議室
  • 士官居住施設 ※
  • 格納庫
  • SD隊控室
  • スプレッドブース
  • SDハンガー(上部、下部)
  • 主砲機械室 ※
  • SD台車移動通路 ※
  • ソニックダイバー射出準備室
  • リニアカタパルト
  • テトラPODランチャー
  • SD射出管制、及び前方警戒レーダー室 ※
  • 各種ソナー室 ※
  • 魚雷室 ※
  • バウスラスター ※
  • 弾薬庫 ※
  • 乗組員室
(食堂、SD隊寝室、ロッカー、シャワー、浴場、通信室も含む?)
  • 発電室 ※
  • 主砲用ジェネレーター ※
  • 艦船用核融合炉 ※
  • 超電導水流ジェット機関(主推進機関) ※
  • 機関制御室 ※
  • SD台車待機室 ※
  • 資材倉庫
  • 後部機械室(操舵、後方ソナー等) ※
最終更新:2008年03月08日 21:42