※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁忌という名の希望

ヒビキVS敵

ヒビキ「ジェニオン…。お前が何者だろうと知った事じゃない。俺にはお前が必要だ」
ヒビキ「だから、試させてもらうぞ!その力を!」

ヒビキVS敵(2回目)

ヒビキ「戦うんだ…!何が相手だろうと!」
ヒビキ「父さん、姉さん…!俺は…!」

宗介VS敵

宗介「この連中が、少佐の言っていた千鳥かなめを狙っている厄介な敵か…?」
宗介「…余計な詮索は不要だな。俺は任務を遂行するだけだ」

マオVS敵

マオ「ECSの調子も良好…!おかげで奇襲が仕掛けられる!」
マオ「しかし、犬も歩けば何とやら…。任務の最中にこんな想定外のトラブルが発生するとはね」
マオ「まさか、こいつ等も『天使』がお目当てだって言うのかい…!」

クルツVS敵

クルツ「アンノウンだろうと何だろうと俺にとって的である事は変わりねえ…!」
クルツ「お前等には、たまったフラストレーションの解消役をやってもらうぜ!」

正太郎VS敵

正太郎「新しい地球連邦も出来て、世界は平和になったと思ったのに…!」
正太郎「お前達が平和を乱すならば、僕と鉄人が相手になってやるぞ!」

来たるニュー・プロブレム・ボーイ

ヒビキVS敵

ヒビキ(あのサガラという男…DEMとは無関係だとしたら、いったい何者だ…)
ヒビキ(俺をターゲットとしているという事は『奴』と関係しているのか…)

宗介VS敵

宗介(あの千鳥かなめの隣の席の男…確か、ヒビキ・カミシロといったか…)
宗介(あの男の身のこなしは訓練を受けた人間のものだった…。いったい何者なんだ、奴は…?)

正太郎VS敵

正太郎「ブランチメンバーめ!もうブランチはいないのに、まだ悪事を働く気か!」
正太郎「だったら、僕と鉄人とオックスが相手になってやる!悪い奴には容赦はしないぞ!」

アルトVS敵

アルト「世界が平和になったってのにまだ戦いをやりたい連中がいるのかよ!」
アルト「くそっ…!平和の価値が分からない連中なんかに街をやらせるかよ!」

ミシェルVS敵

ミシェル「さて…ミスリルのスナイパーに負けてはいられないな…」
ミシェル「ご挨拶代わりにスカル小隊の名スナイパーの腕をご披露するとしますか…!」

ルカVS敵

ルカ「僕の機体には新たに修理装置を搭載しました!ダメージを受けた方は知らせてください!」

ヒビキVSFB隊員

ヒビキ「この黒い機体のパイロット…圧倒的に強い!」
   「今の俺では、勝てないのか…!」

預けられた背中

ヒビキorクルツVS敵

クルツ「ジェニオンに振り回されてっぞ、ヒビキ! ちょろちょろ動かれると邪魔だ!」
ヒビキ「しかし…!」
クルツ(気合だけが空回りしてやがる。こいつには、側で手綱を握るお目付け役が必要かもな…)

マオorルカVS敵

マオ「本来なら電子戦担当が2機でチームを組んだら、もったいないんだけどね」
ルカ「今回は訓練という事ですので、ミスリルのやり方を身近で学ばせてもらいます」
マオ「ふふ…ルカはいい子だね。どっかのスケベとムッツリに爪のアカを煎じて飲ませてやりたくなる」
ルカ「え…その…」
マオ「それじゃ、マオ姐さんとお坊ちゃまのコンビネーションで仕掛けるよ!」

アルトor宗介VS敵

アルト「何だって、俺がこいつと組むことに…」
宗介「戦闘中に無駄口を叩くな。死ぬぞ」
アルト「訓練程度で死ぬかよ!」
宗介「訓練で全力を出せない奴が、戦場で全力を出せるはずはない」
アルト「お前の言うとおりだよ! だったら、俺の全力を見せてやる!」

ミシェルorクランVS敵

ミシェル「俺とクランじゃ、今更訓練するまでもなく息はピッタリだけどな」
クラン「うん! うん!」
ミシェル「しかし、どうせならマオ姐さんと組みたかったぜ…」
クラン「お前という奴は性懲りもなく!」
ミシェル「おっと! 訓練といえど、真面目にやらないと隊長のカミナリが落ちるか…」
    「それじゃ行くぜ、クラン!」
クラン「おう! 私とミシェルのコンビネーションをみんなに見せてやるぞ!」

オズマorカナリアVS敵

カナリア「この訓練でアルトが気づくと思うか?」
オズマ「それが出来んようなら、まだまだ半人前という事だ」
カナリア「フ…何だかんだ言って、アルトを買っているのだな」
オズマ「さてな…!」

ヒビキorクルツVS敵(増援後)

ヒビキ「クルツさん、フォローをお願いします!」
クルツ「あいよ! そういうのはスナイパーのお手の物だ!」
   (ソースケとアルトのおかげで、こいつもちっとは誰かを頼る気になったようだな)
   (さすがは鬼のオズマ・リーの作戦だ。こいつはキャシー中尉にちょっかい出すのはやめた方がいいかもな)

アルトor宗介VS敵(増援後)

宗介「………」
アルト「何も言わなくてもわかるぜ、お前の考えていることが」
宗介「そうか…」
アルト「行くぞ、宗介…! 奴らを片付ける!」

正太郎VS敵

正太郎「みんな、二人一緒の戦い方をマスターしたんだな」
   「よし、オックス! 鉄人とのコンビネーションで敵をやっつけるぞ!」
ブラックオックス「!!」

学園都市防衛隊

甲児VS敵

甲児「くっ!」
さやか「甲児君!」
甲児「大丈夫だ、さやか。人質になったみんなは、俺なんかよりもっと苦しい思いをしてるんだ…!」
  「それに比べたら、奴らの攻撃を耐えるくらい何でもないことだ!」

甲児VS敵(援軍後)

甲児「覚悟しろよ、機械獣軍団! 今まで我慢していた分を一気に吐き出す!」
  「ビッグバンパンチは使えなくてもマジンガーは戦える!」
  「人質にされたみんなの怒りは、俺とマジンガーが爆発させてやる!」

ワッ太VS敵

ワッ太「竹尾ゼネラルカンパニー新規事業の一発目だ! みんな、気合入れていくぞ!」
柿小路「わかっております、社長!」
厚井「我々もシャトルでトライダーをサポートします!」
郁絵「もちろん、無事に仕事を終えたらおいしいオヤツも用意しておきます!」
木下「そういうわけなんでパーッといきましょう、パーッと!」
ワッ太「よぉし! 竹尾ゼネラルカンパニー、攻撃開始だ!」

ヒビキVS敵

スズネ「カミシロ君…!?」
ヒビキ「しっかり掴まっていてください!」
スズネ「でも…そんなことをいわれても…!」
ヒビキ「死にたくないのなら、俺のいう事を聞いてください!」
スズネ「わ、わかったわ…」
ヒビキ「その代わり、俺は絶対に先生を守ります…絶対に!」

ワッ太VSブロッケン

ブロッケン「小僧め! お前にも恨み言は腐るほどあるぞ!」
ワッ太「それを言うなら、こっちだっていくらでも出てくる!」
   「特に今日のやり方は絶対許さない! 俺の怒りを見せてやるぞ!」

アルトVSブロッケン

ブロッケン「ぬう! 相変わらずちょこまかと飛び回りおって!」
アルト「ノロマが俺に追いつけるかよ!」
ブロッケン「我が輩のグールを侮辱する気か!」
アルト「何が侮辱だ! こっちは新しいクラスメートと先生を人質にされて頭にきてるんだ!」
   「覚悟しろ! そのノロマ爆撃機を叩き落してやる!!」

宗介VSブロッケン

宗介「攻撃目標、敵航空母艦」
ブロッケン「ASごときが、我輩のグールの相手になると思っているのか!」
宗介「戦場で大口を開ける奴は長生きできない、これは古来から絶対の法則だ」

正太郎VSブロッケン

正太郎「悪者め! 人質を取るなんて卑怯なまねをよくも!」
ブロッケン「黙れ小僧! 戦いは勝てばいいのだ!」
正太郎「だけど、お前達は負ける! 卑怯な行いをした奴には必ず報いが来るんだ!」
   「やれ、鉄人! 絶対にあいつを逃がすな!」

ボスVSブロッケン

ブロッケン「このポンコツめ! よくも我輩の作戦の邪魔をしてくれたな!」
ボス「笑わせてくれるぜ! お前が俺の存在を忘れてたことが悪いんだよ!」
ヌケ「ボス…」
ムチャ「言ってて悲しくなりません?」
ボス「うるせえ! こうなりゃ、この怒りをブロッケンにぶつけてやる!」
ブロッケン「な、何だと、八つ当たりか!?」
ボス「お前に言われる筋合いはねえんだよ、この逆恨み野郎がッ!!」

甲児VSブロッケン

ブロッケン「兜甲児! 忌々しい奴め!」
甲児「ブロッケン伯爵! お前が何度よみがえろうと、俺とマジンガーがいる限り、好きにはさせない!」
  「お前にはもう一度、マジンガーの恐ろしさを骨の髄まで叩き込んでやる!」

さやかVSブロッケン

さやか「ブロッケン伯爵! 卑怯な手を使ったことを後悔させてあげるわよ!」
ブロッケン「我が輩が後悔することがあるとするなら、無抵抗の間にお前にイタズラしておけばよかった事くらいだ!」
     「お前もお前のロボットもなかなかのプロポーションだからな」
さやか「こ、このスケベ伯爵!」
   「女の敵! 絶対に許さないんだから!」

ヒビキVSブロッケン

ブロッケン「データにない機体だ! こやつ、兜甲児の新たな仲間か!」
ヒビキ「黙れ」
ブロッケン「何!? 貴様、このブロッケン伯爵に何と言う無礼な……」
ヒビキ「黙れと言ったんだ、この首無しの能無し!!」
ブロッケン「な…」
ヒビキ「お前のように人の命を軽く考えるような奴はこの世界から消えてなくなれ!」

新たなる暗雲

正太郎VSブランチメンバー

正太郎「ブランチはいなくなったっていうのに、お前たちはまだ懲りないのか!」
   「やれ、鉄人! 絶対にあいつらを逃がすな!」

カミーユVS敵

カミーユ「ネオ・ジオンの動きをつかむことは出来なかった……」
    「俺は何を焦っている…? やはり、あの人がネオ・ジオンにいることを恐れているのか…)

正太郎VS敵

正太郎「どういう理由で鉄人を狙ったか知らないが、地球を襲うのなら容赦はしないぞ!」
   「やれ、鉄人! ロボットマフィアと謎の敵をやっつけるんだ!」

ワッ太VS敵

ワッ太「どうして、宇宙から来る奴ってのは悪い奴が多いんだよ!」
   「覚悟しろよ、コノヤロー! そっちがケンカを売ってきたから、俺たちは戦うんだからな!

アルトVS敵

アルト「異星人の相手は前の再世戦争で慣れている!」
   「来るなら来てみろ! 片っ端から叩き落してやるぞ!」

甲児VS敵

甲児「また悪の宇宙人がやってきたって言うのかよ!」
  「だが、残念だったな! 俺とマジンガーがいる限り、お前達が地球で好き勝手できると思うなよ!」

宗介VS敵

宗介「相手が地球人だろうと、それ以外だろうと、任務遂行の障害であるなら排除するまでだ」
  「地球に骨を埋める気になった奴から来い!」

ヒビキVS敵

ヒビキ「こいつらも違う…」
スズネ「え…?」
ヒビキ「だが、お前達も俺の敵で在ることは変わらない…ここを通れると思うなよ!」

仕掛けられた罠

ヒビキVS敵

ヒビキ(俺は……強くならなければいけない……そして、その時が来たなら俺は……)
ヒビキ(全てを捨てる……!)

戦うボーイ・ミーツ・ガール

キリコVS敵

キリコ(フィアナ……)
キリコ(俺は、この世界でお前と共に生きるために戦う)

ヒビキVS敵

ヒビキ(不思議な感じだ…)
ヒビキ(今、俺の胸の中には大事な人達が危険にさらされた怒りが満ちている…!)
ヒビキ(その怒り、受けてもらうぞ!)

アルトVS敵

アルト(たった一ヶ月だけの付き合いなのに…それも自分からは、ほとんど話しかけるようなことはしなかったのに、こんな気持ちになるとはな…)
アルト「やるぞ…! クラスのみんなのためにも、お前達は許さない!」

ミシェルVS敵

ミシェル「クラスの女の子達や神楽坂先生はきっと怖い思いをしただろうな…」
ミシェル「お前達には、そのツケをその身で払ってもらおうか!」

甲児VS敵

甲児「よくもクラスのみんなを危険な目にあわせてくれたな!」
甲児「許さないぞ、お前等! 俺が2年4組を代表して、みんなの怒りを晴らしてやる!」

さやかVS敵

さやか(待っていてね、かなめ、詩織、恭子…)
さやか(転校してきたばかりの私に優しくしてくれたみんな…それを怖がらせた奴らは、私が退治するから!)

ボスVS敵

ヌケ「やりましょう、ボス!」
ムチャ「みんなを危ない目に合わせた奴らにかける情けはありませんよ!」
ボス「おう! 2年4組の番を張ってる、このボス様だ! クラスのみんなの借りは、まとめて返すぜ!」

ワッ太VSガウルン

ガウルン「これはこれは、小学生社長サマではないですか!」
ワッ太「もしかして、俺って有名人!?」
ガウルン「社長のオモチャもご立派ですが、俺のASにも面白いものが積んでありましてね」
ワッ太「父ちゃんから受け継いだ俺のトライダーをオモチャ扱いするな!」
ワッ太「丁寧なしゃべり方に騙されるところだったけど、お前はとんでもない悪党だな!」
ガウルン「おや、バレましたか?」
ワッ太「悪党だったら容赦なしだ! お前がオモチャ扱いしたトライダーでやっつけてやるぞ!」

正太郎VSガウルン

ガウルン「ICPO名物の少年捜査官クンか。仕事熱心もいいが、あんまり大人の事情に首を突っ込むと怪我じゃすまないぜ」
正太郎「お前のことは知っているぞ、ガウルン! 世界中に指名手配されている恐ろしい男だってことを!」
ガウルン「その俺に向かって来るとは…いやはや、子供の無知というものは怖いものだ」
正太郎「その余裕もここまでだ、悪党! 鉄人で必ずお前を倒してやる!」

カミーユVSガウルン

カミーユ「あの男…強い!」
ガウルン「ほう…俺の動きについてこられるとはニュータイプって奴かもな」
カミーユ「こいつは! 遊び気分で戦っているのか!」
ガウルン「それの何が悪い? 人生ってのは遊びみたいなもんだろ?」
カミーユ「そういう男の危険性は知っている! ここで奴を止めなくては!」

リディVSガウルン

ガウルン「おいおい! 新兵がこんなところに出てきて、何をしようってんだい!」
リディ「確かに自分は未熟だが、ロンド・ベルの一員として、果たすべき義務がある!」
ガウルン「気に入ったよ、グリーンボーイ! お前さんにはとびっきり残酷な戦場の真実を教えてやるとするか!」
リディ「お断りだ! 自分とて、まだ死ぬつもりはない!」

アルトVSガウルン

ガウルン「やれやれ…頭上を煩いハエが飛んでいるか…」
アルト「あのAS…! 遊んでいるようで隙がない…!」
ガウルン「ほう…ちょっとは出来るようだな、兄さん。褒めてやるよ」
アルト「ふざけるな! いつまでも遊び気分でやれると思うなよ!」
ガウルン「だったら、兄さんよ…出来るもんなら、俺を本気にさせてみな!」

オズマVSガウルン

ガウルン「あんたが、この部隊の隊長さんのようだな?」
オズマ「こいつは…危険すぎる!」
ガウルン「さすがは隊長さんだ! 強者は強者を知るって奴か!」
オズマ「だとしても退くわけにはいかん! 俺がこいつを止めるしかない!」

葵VSガウルン

くらら「葵! あの男…!」
葵「わかっている…! あたし達と同じ刺激を求める獣だ!」
ガウルン「ご同輩ってのはわかるもんだね。仲良くしようぜ、お嬢さん方」
エイーダ「黙りなさい! 私たちはあなたのように欲望を撒き散らす戦争屋とは違います!」
ガウルン「細かい違いはいいんだよ! とっとと楽しもうぜ、殺し合いをよ!」
葵「うるさいよ、戦争屋! あんたみたいな男に付き合うつもりはないよ!」

甲児VSガウルン

ガウルン「知ってるぜ、マジンガーZ! 映画で見たより随分と小さいんだな!」
甲児「何っ!?」
ガウルン「ハハッ、冗談だよ冗談! お詫びに遊んでやろうか、スーパーロボット!」
甲児「こいつ…! 遊び半分で俺とマジンガーに向かってきたのを後悔させてやるぜ!」

ヒビキVSガウルン

ヒビキ「今の俺では、あの男には勝てない…」
スズネ「ヒビキ君…!」
ガウルン「潔いな、少年…だけど、抵抗してくれなきゃこっちとしてはつまらないんだよ!」
ヒビキ「勘違いするな、山犬。勝てないからといって、お前のような奴に屈するつもりはない」
ガウルン「ほう…?」
ヒビキ「お前は俺の身近な人間を危険に晒した…」
ヒビキ「そのツケは払ってもらうぞ!」

キリコVSガウルン

ガウルン「まさか、こんなところで噂の『触れ得ざる者』に出会えるとはな。今日はとんだラッキーデーだ!」
キリコ「………」
ガウルン「どうやら、あんたは自分の噂に興味がないようだな…」
ガウルン「だが、覚悟しな! あんたの存在は必ず争いの火種になるぜ!」

宗介VSガウルン(ΛD起動前)

ガウルン「新型のASとはな! 随分と潰し甲斐のありそうな獲物になってくれたな、カシム!」
宗介「黙れ、ガウルン!」
ガウルン「そうつれなくするなよ! せっかくの再会なんだから楽しもうぜ、たっぷりと!」
宗介「俺はお前に用などない!」

宗介VSガウルン(ΛD起動後)

ガウルン「最高だぜ、カシム! 俺達は史上初のラムダ・ドライバ搭載機同士の戦いってのをやってるんだぜ!」
宗介「この装備がどんなものだか知らないが、お前を倒すためなら使いこなして見せる!」
ガウルン「いいね、いいね、カシム! その殺気…少しだが昔のお前を思い出したよ!」
ガウルン「あの頃の汚れない純粋な殺意の塊のお前をな!」
宗介「黙れ、ガウルン! そのよく動く口を今すぐ閉じてやる!」


後の祭のフェスティバル

赤木VS赤城

赤城「アカテン君! こうして君と戦うことを僕はずっと望んでいたよ!」
赤木「一体何のために!?」
赤城「飯塚教官が言っていたのだよ。戦技は僕の方が優れているかも知れないが、君は僕にないものを持っていると!」
赤木「何を言っているかわからないが、やると決めた以上は全力で相手をする!」
赤城「冗談ではない! 民間人が軍人に勝てると思わないことだな!」
赤木「平和を守るのに民間人も軍人も関係あるか! ただ操縦テクニックを磨くだけの奴に、平和を守るダイ・ガードが負けるものか!」
赤城「この気迫…これが若さか!」

宗介VS赤城

赤城「なかなかやるな、謎の闖入者君! このレッドドラゴンと互角に戦うとは!」
かなめ「行け、ソースケ! ナンパでテングの練馬大根をおろしにしてやれ!」
宗介「了解だ。俺のプロとしての腕を見せよう!」

宗介VS練馬RD

宗介「千鳥。気分が悪くなったり、怖くなったりしたら遠慮なく言ってくれ」
かなめ「大丈夫よ。模擬戦なんてサバゲーみたいなもんでしょ」
   「それより、大口を叩いたからにはちゃんとやってみせなさいよ!」
宗介「問題ない。俺はいつもどおりにやるだけだ」
かなめ(半分遊びだってわかってるのに、ちょっと怖い……)
   (ソースケ達は、いつもはもっと怖い思いをしながら戦ってるんだね……)

ボン太くんVS敵

ボン太くん「ふももふ、もふふ、ふもふも!」
     「もふ! ふもも、ふももふも!」
     「ふもっふーっ!!」
アルト「何を言ってるか、さっぱりわからん!」

キリコVSカン・ユー

カン・ユー「ア・コバでは世話になったな、キリコ! だが、今日の俺は今までとは一味違うぞ!」
キリコ「………」
カン・ユー「こいつめ! 何もしゃべらんつもりか!」
キリコ「下手に口を聞いて、異様な音が出るのはもう御免だからな」
カン・ユー「まさか、あのラーテルの中に乗っていたのは…」
キリコ「余計なことを言うな」

カレンVSカン・ユー

カン・ユー「久しぶりだな、カレン! 貴様にもたっぷり恨みがあるぞ!」
カレン「しつこいね、あんたも! まだクメンの事を根に持ってるの!」
カン・ユー「それだけではない! あの時も、あの時も、あの時も、お前は俺に刃向かってきた!」
     「その事を土下座して謝らないのならここで貴様を叩き潰す!」
カレン「昔のことを持ち出すなら、あたしもあんたに言いたいことがある」
   「よくもクメンではあたしをバニーガールで出撃させたね! どう考えてもあれはセクハラだよ!」
カン・ユー「あれは非常事態だったからで…」
カレン「黙れ! あんたのあのいやらしい目をあたしは今でも覚えているからね!」

シンジVS敵


アマタVS敵

ミサト「聞こえる、エレメントのみんな? 不動総司令からエレメントチェンジのタイミングはあなた達に一任されたから」
   「状況に応じて、エレメントチェンジを行って戦うのよ!」
アマタ「わかりました!」
   (まだこの世界のことはよくわからないけど、俺たちの力を必要とする人達がいるなら、アクエリオンで戦おう……!)


ブラックホールからの使者

ブラックオックスVS敵

ブラックオックス「!!」
正太郎(駄目なんだ、オックス…! そんな戦い方をしていては!)

ブラックオックスVS敵(援軍後)

ブラックオックス「!!」
シモン「気合が入ってるな、オックス。だが、それだけじゃ駄目だ」
ブラックオックス「?」
シモン「お前は一人で戦ってるんじゃない! それがわからない間は、どんなに強くなっても半人前だ!」
ブラックオックス「!!」

正太郎VSダンカン

ダンカン「こやつ…! 太陽を宿す者か!」
正太郎「鉄人の太陽エネルギー転換装置のことを言っているのか…!?」
ダンカン「太陽の存在は、宇宙魔王様の敵だ! この魔人将軍ダンカンが魔王の敵を排除する!」

タケルVSダンカン

ダンカン「噂は聞いているぞ、マーズ! あのズール皇帝を倒した力、見せてもらう!」
タケル「答えろ! 宇宙魔王とは何者だ!」
ダンカン「それを知ってどうする! 宇宙魔王様の偉大な力を知ったところで、絶望するだけだというのに!」
タケル「俺たちは絶望に屈しない! 宇宙魔王が何者であろうと、俺たちは必ず地球を守ってみせる!」

ヒビキVSダンカン

ダンカン「この機体…! まさか!?」
ヒビキ「あいつ…ジェニオンのことを知っているのか!?」
ダンカン「なるほど…宇宙魔王様が、あの星を欲しがる理由がわかってきたぞ」
    「ならば、この魔人将軍ダンカン…魔王の敵は全て排除する!」

宗介VS敵

宗介「第3世代型のASは、宙間戦闘も想定されている」
  「いつまでもASが陸戦だけだと思ったら、大間違いだぞ!」

アマタVS敵

アマタ「上下のない感覚は子供の頃から何度も経験している…!」
   「宇宙空間だって似たようなものだ! やってみせるぞ!」

シンジVS敵

ミサト「シンジ君、宇宙空間の姿勢制御については事前にレクチャーした通りよ」
シンジ「は、はい!」
   (やれるかわからないけど、やるんだ…! シミュレーションをずっと付き合ってくれた赤城さんやカレンさんや甲児さん達のためにも!)

シモンVS敵

シモン「久々の実戦だ! ぬかるなよ、ヴィラル!」
ヴィラル「誰に向かって口を聞いている?」
シモン「お前相手には余計な心配だったな」
ヴィラル「貴様こそ、机にへばりついていた間に腕がなまっていないだろうな?」
シモン「そいつは、俺の戦いを見てから言うんだな!」
ブータ「ブー!」
シモン「ブータもやる気十分のようだな」
   「行くぜ! 魔王だろうが何だろうが、俺たちの前に立った野郎は全てブチ抜く!」
   「この俺のドリルでなぁっ!!」

ギミーorダリーVS敵

ギミー「このガンマールは宇宙用に開発された機体だ! 思いっきり暴れてやるぜ!」
ダリー「もう、ギミー! ちゃんと考えて戦いなさいよ!」
ギミー「考えるのはダリーに任せる! 俺は突撃あるのみだ!」
ダリー「それじゃキタンさんと同じじゃない!」
ギミー「いいんだよ! それが大グレン団の戦い方だ!」


つながる絆

ワッ太vs使徒

ワッ太「行くぞ、テカテカ怪獣! シンジさんが頑張ってるんだから俺だって全力だ!」

正太郎vs使徒

正太郎「やるぞ、鉄人! チャージが完了するまで、絶対にシンジさんを守るんだ!」

アルトvs使徒

アルト「シンジ! 前線は俺たちに任せろ!」
   「お前の狙撃のために最高の舞台を用意してやるからな!」

竜馬vs使徒

竜馬「生物だったらぶっ殺す、機械だったらぶっ壊すのが俺の戦いだ!」
  「シンジが出張るまでもねぇ! 俺がお前を叩き潰してやるぜ!」

甲児vs使徒

甲児「シンジ! お前は一人で戦っているんじゃない!」
  「俺たちもお前と戦う! だから、こいつのトドメは頼むぞ!」

赤木vs使徒

赤木「負けるな、シンジ! 俺たちがついてる!」
  「こいつは俺たちで足止めするから、最後はお前に任せるぞ!」
  「信じているからな、シンジ!」

カレンvs使徒

カレン「絶対にシンジは守ってみせる! だから…!」
   「頼むよ、シンジ! あたし達はあんたに賭けたんだからね!」

宗介vs使徒

宗介「シンジ…お前のために俺たちは生命を懸ける」
  「だから、お前は俺たちの期待に応えて見せろ…!」

葵vs使徒

葵「シンジ…! 命がけなのは、あたし達も同じだよ!」
 「あたし達も死力を尽くす! だから、あんたも頑張れ!」

シモンvs使徒

シモン「顔無し野郎の相手はムガンで慣れてんだよ!」
   「お前がどれだけ凄いバリアを持っていようと、俺とグレンラガンのドリルを止められると思うなよ!」

アマタvs使徒

アマタ「シンジは恐怖を乗り越えて、EVAに乗ってるんだ!」
   「俺たちに出来ることは必死に戦って、あいつに勇気を贈ることだ!」

ヒビキvs使徒

ヒビキ「頼むぞ、シンジ! 今日の作戦はお前が鍵だ!」
   「恐怖を乗り越えろ! 俺を励ましたお前に出来ないとは言わせないぞ!」

シンジvsジン


アマタvsジン

ジン「さてと…この前のお返しをさせてもらうよ、機械天使」
アマタ「何だか、掴み所のない敵だな…」
ジン「フフフ…そっちのデータは、もう揃ってる。腕が伸びるパンチを使おうと、形態を変えようと、もう僕の敵じゃないんだよ」

ミコノvs敵

ミコノ(見ていてね、シンジ君…! あなたにもらった勇気で私も戦うから!)
   (そして、私も信じてる…! あなたが、きっとやってくれる事を!)

ユノハvs敵

アマタ「行こう、ユノハ! 君もエレメントの一員だ!」
ユノハ「は、はい!」
アマタ「あっ! す、少し透けてる!?」
ユノハ(恥ずかしい…でも、逃げちゃダメ、逃げちゃダメ…)
   (シンジ君も頑張ってる…! だから、私も頑張るって決めたんだから!)

疾るワン・ナイト・スタンド

赤木VS敵

赤木「このお台場は21世紀警備保障があるだけじゃなく、いろんな人の大切な街なんだ!」
  「それをぶっ壊そうとするなら、21世紀警備保障広報2課とダイ・ガードを倒してからにしろ!」

カレンVS敵

カレン「こんな無差別に街を焼くような戦いは黒の騎士団の戦いじゃない!」
   「目を覚ましなよ、A21! あんた達とあたし達はこんな未来を迎えるために命がけで戦ってきたんじゃないよ!」

赤木VSセイナ

赤木「あんたがグループの指揮官か! とっととこんな戦いはやめさせろ!」
セイナ「そうはいかないわ。走り始めた以上、私達は倒れるまで止まらない」
   「街を守りたいのなら力ずくでどうぞ、熱血サラリーマン」
赤木「そんなに力が有り余ってるなら、どうして他の事で戦わない!?」
  「世界はどこも大忙しで色んな所が人手不足だし、21世紀警備保障だって常時バイトの募集をしている!」
  「額に汗して一生懸命働くことだって、生きるって言う立派な戦いじゃないか!」
セイナ「…そうね。生きることは戦いだって…あの人も言っていた」
   「もしかしたら、私達はそれを忘れていたかもね。でも、全てはもう遅いのよ…」

カレンVSセイナ

セイナ「紅蓮…! 紅月カレンが来たか!」
カレン「その通りだよ! 黒の騎士団の紅月カレンがあんた達を止める!」
セイナ「その迷いのない強さ…それに私達は憧れてきた…」
カレン「ふざけんな! 迷いのない人間なんているもんか!」
   「迷って、悩んで、それでも考えて、そうやって今のあたしがいるんだ! 自由と平和を求めて戦った黒の騎士団の誇りとともに!」
セイナ「私達の最後の戦いの相手が、あなたでよかった…あなたのような人と共に戦ってきた日々は間違いでなかったって胸を晴れる」
カレン「勝手に終わったような口を聞くな! あんたには生きて、償いをしてもらう!」

ヒイロVS五飛

ヒイロ「自爆スイッチを押せ、五飛。自分の戦いに自分で幕を下ろせ」
五飛「俺の戦いは終わらない…! 世界が変わらない限り…!」
  「ゼロで未来を見ろ、ヒイロ! この世界の行き着く先は永遠の戦いだ!」
ヒイロ「その永遠に囚われたか、五飛…!」

宗介VS五飛

五飛「ミスリルの兵士か…! 貴様、己の戦いが己自身を破滅に導いていることに気づいていないようだな!」
宗介「俺が向かう先は勝利以外にない!」
五飛「その果てにあるものを知ったとき、お前は絶望する…!」
宗介「では貴様を倒し、そこにあるものとやらを確かめさせてもらう!」

カレンVS五飛

カレン「五飛!」
五飛「この光景を見ろ、カレン! これがゼロの望んだ世界の末路だ!」
  「奴が命を賭しても世界は変わらなかった! ならば、兵士は永遠に戦うしかないんだ!」
カレン「勝手な理屈を言うな! あたしの知ってる黒の騎士団のメンバーは、みんなそれぞれに新しい生き方を見つけている!」
   「扇さんは生まれてくる赤ちゃんのために先生に戻ったし、玉城は小さいながらも喫茶店のマスターだ! 南さんだって、杉山さんだって、藤堂さんたちだって!」
   「それが出来なかったからって、他人の幸せを壊すことが許されるものか!」
五飛「ならば、奴らを止めろ! ゼロに代わり、黒の騎士団の戦いをお前が終わらせて見せろ!」
カレン「あんたに言われるまでもない! あたしの魂は今も黒の騎士団と共にある!」

ヒイロVSタクマ

タクマ「紅蓮の炎の中の巨人ベヘモスに挑む純白の羽の天使…! とてもステキだね、姉さん!」
ヒイロ「俺は天使ではない。お前と同じ、ただの人間だ」
   「それに気づけない限り、お前達は永遠に戦争の環から抜け出すことは出来ない」

宗介VSタクマ

タクマ「相良宗介! さっきはよくもやってくれたな!」
宗介「どうした、三流? 弾を食らう前に、また口で言い負かされたいか?」
タクマ「お前のようなムッツリ男に口で負けるものか!」
宗介「挑発に乗ってたやすく激高する…それが貴様の三流の証だ」
  「ラムダ・ドライバ頼みの雑魚がプロの兵士に勝てると思うな! その腐った根性を叩きのめしてやる!」
タクマ「お前はぁぁぁぁっ!!」
宗介「どうやら、人の話を聞かないのは貴様の方だな…!」

カレンVSタクマ

タクマ「紅月隊長! いくらあなたでも、このベヘモスには敵わないよ!」
カレン「哀れだね、タクマ」
タクマ「この期に及んで負け惜しみかよ! 日本人の誇りはどこに行ったのさ!?」
カレン「誇りを失ったのは、あんた達だよ! 黒の騎士団の戦いは自由と平和のためだった!」
タクマ「その自由と平和の世界が僕達を…A21を締め出したんだ!」
カレン「違う! 社会に背を向けたのは、あんた達だ!」
   「新しい世界には新しい生き方がある! どうしてそれを見つけようとしなかった!」
   「戦うことしか出来ないのなら軍に入ってもいい! 21世紀警備保障のみんなのように自分なりの戦いを見つければいい!」
   「あんた達のやろうとしていることは逆恨みだよ!」
タクマ「黙れよ! この炎を姉さんは望んだんだ! だから、僕は!」
カレン「それじゃ駄目なんだよ、タクマ! 誰かに言われた戦いじゃなくて、自分の戦いを…生きる意味を見つけなきゃ駄目なんだ!」

永遠の円舞曲

ヒイロVS五飛

五飛「ヒイロ! ゼロシステムで未来を見ろ!」
  「このまま偽りの平和が続けば、きっとマリーメイアが引き起こす以上の戦いに世界は包まれる!」
ヒイロ「………」
五飛「なぜ黙っている、ヒイロ! お前はゼロを使いこなしたのではなかったのか!」
ヒイロ「俺はもうゼロに未来を問いはしない」
   「五飛…! 俺は今、お前を止めるために戦う!」

アムロVS敵

アムロ(見ているか、シャア…! これがお前の出した答えの結果だ!)
   (お前は現実が見えているのか…! 身勝手なインテリのやる革命が何を引き起こすか、わからないわけではあるまい!)

ヒイロVS敵

ヒイロ(五飛…きっと、この戦いでお前の探していた答えが見つかるはずだ…)

デュオVS敵

デュオ「この劣勢…久々にオペレーション・メテオの事を思い出したぜ」
   「見てるか、デキムのおっさん! 俺たちはあんたがやろうとしていた全面戦争を否定して、戦ってきたんだ!」
   「あんたのやり方には昔から反対なんだよ! そういうわけなんで、多少の不利は気にせず徹底的にいくぜ!」

カトルorトロワVS敵

カトル「トロワ…」
トロワ「分かっている。マリーメイアについた兵は、この世界で行き場を見失った者達だ」
カトル「はい…! ですから、極力コックピットを外して攻撃しましょう!」

ゼクスVS敵

ゼクス「デキム…! 貴様の野望は、ここで潰える!」
ノイン「ゼクス、無理は禁物です! 戦力差は埋められないレベルにあります!」
ゼクス「今、求められるのは勝利ではない。戦う意志だ」
   「それを我々が示すことが出来なければ、世界は第二のミリアルド・ピースクラフトを生み出すことになる!」

カミーユVSギュネイ

カミーユ「このモビルスーツ…! 前にも俺にからんで来た奴か!」
ギュネイ「悪く思うなよ、カミーユ・ビダン! 総帥のお気に入りのお前を落とせば、俺の力の証明になる!」
カミーユ「!」
ギュネイ「よっぽど総帥の宣戦布告がショックだったようだな! 怒りがこっちまで伝わってくるぞ!」
カミーユ「お前は…黙れッ!!」

バナージVSアンジェロ

アンジェロ「大佐は泳がせればいいと言っていたが、こいつには以前の戦いの借りもある!」
バナージ「あのシナンジュとか言うモビルスーツのお付きか…!」
アンジェロ「さあ戦え、角割れ! お前の真の力を私に見せてみろ!」

隻眼の転校生

アマタVSカグラ

カグラ「そこをどけ、無臭男! お前に構ってる暇はねえんだよ!」
アマタ「またミコノさんを狙ってきたのか!」
カグラ「当然だ! あのクソ女は俺のものだからな!」
アマタ「勝手に決めるな! ミコノさんは…ミコノさんは…!」
カグラ「おもしれえ、やる気になったか!?」
   「だったら、教えてやるぜ! お前が何も出来ない無力な存在だって事をな!」

ミコノVSカグラ

カグラ「見つけたぜ、クソ女! お前をこの手で殺すために俺は来たんだ!」
ミコノ「ごめんなさい…私…あなたに…」
アマタ「ミコノさん…」
カグラ「いいぜ、クソ女! お前の話は後でたっぷり聞かせてもらう!」
アマタ「戦うんだ、ミコノさん! あいつを拒絶するんだ!」
ミコノ「でも…」
アマタ「君はエレメントの一員なんだ! そして、あいつは俺たちの敵なんだよ!」
ミコノ「敵…」
カグラ「抵抗する気かよ、クソ女! だがよ、無駄だってのを俺が教えてやるぜ!」
ミコノ「わ、私だって…戦う…! アマタ君たちと一緒に…!」

アルトVSバジュラ

アルト(俺はいつかお前達と分かり合えることを信じている…だが、今は!)
   「今やるべきことは人々を守ることだ! だから、俺は戦う!」

シンジVS敵

シンジ(この街で暮らしている人…聖天使学園の人達は僕達の助けを待っている…!)
   (待っててね、ジン君…! 僕達が必ずみんなを守るから…!)

終末を呼ぶもの

甲児VSブロッケン

甲児「相変わらずの火事場泥棒だな、ブロッケン! おまけに今回は、俺たちのいない隙にシンジ達を狙うとはよ!」
ブロッケン「うるさい! 戦いは勝てばいいのだ!」
甲児「そうかよ! だったら俺たちに負けても文句を言うなよ!」
  「お前の捨て台詞も飽きてきたからな!」

テッサVSブロッケン

ブロッケン「たかが潜水艦が、この飛行要塞グールに勝てると思っているのか!」
マデューカス「何の根拠もない自信…指揮官にはもっとも向いていない人種のようですな」
テッサ「ならば、彼に教えて差し上げましょう。自らの認識が、いかに希望的観測に基づいた都合のいいものであるかを」
ブロッケン「うぬぬ、小娘が! 大体我輩は潜水艦乗りというものは根本的に無視が好かんのだ!」
テッサ「それは好都合。私もあなたに好かれたいとは思っていませんので」
   「そして、私のトゥアハー・デ・ダナンの戦力を過小評価したあなたには報いを与えます」
   「それがあなたが小娘と侮った私の…この艦の艦長の使命です」

シンジVS使徒

シンジ(ジン君…)
   (せっかく友達になれたと思ったのに…!)

レイVS使徒

レイ(使徒と戦うのは私の役目…私は碇君と一緒に戦う…)

アスカVS使徒

アスカ「ついてないわね、あんた…! もう少し早く現れてれば、私と戦わずに済んだのに!」 
   「でも、出てきたのが運の尽き! 私と2号機のかませ犬になってもらうわよ!」

アマタVS使徒

アマタ(何だろう…この使徒って奴と戦ってると、怖いような懐かしいような気持ちになる…)
   (でも、一つだけ確かなことはこいつを通しちゃ駄目だってことだ!)

アスカVS敵

アスカ「Z-BLUEは使徒以外の奴らとも戦うって聞いてたけど、まさか来日早々に出会うとはね…!」
   「だけど、私は負けない…! 私と2号機はどんな奴らが来たって、絶対に勝利するんだから!」

テッサVS敵

テッサ「マデューカスさん、皆さん。相手は世界征服を目論むテロリストと世界そのものを破滅させる存在です」
   「遠慮は不要です。我々の全力を以って対象を排除します」
マデューカス「イエス・マム!」
テッサ「トゥアハー・デ・ダナン、戦闘開始! この海の覇者が誰であるかを教えてやりなさい!!」

シャアの影

カミーユVSフロンタル

カミーユ「今ならば、はっきりわかる…お前はクワトロ大尉ではない!」
フロンタル「その言葉を聴く限り、少しは私と総帥を取り違えてくれたようだね。光栄だよ、カミーユ・ビダン君」
カミーユ「なぜ、俺の名前を…!?」
フロンタル「当然だよ。私は君のことも、良く知っているのだから」

アムロVSフロンタル

アムロ「シャアに似たプレッシャー…! いったい何者だ、お前は!?」
フロンタル「それは自ら感じてみるがいい、アムロ」
アムロ「ふざけた事を!」
フロンタル「いくらお前でも、そのような情けないモビルスーツでは私のシナンジュには勝てんよ!」

ヒイロVSフロンタル

フロンタル「市民たちの戦う心を呼び覚ました君の決死の行動…見事と言っておこう」
ヒイロ「妙な男だ…戦っていて何の熱も感じない…」
フロンタル「君の感想は妥当なものだ。だが、私にも果たすべき役割と言うものがある」
ヒイロ「この男…いったい何だ…」

ゼクスVSフロンタル

ゼクス「カツから、この男については聞いた…! 新たな仮面の男ということか!」
フロンタル「ゼクス・マーキス…いや、ミリアルド・ピースクラフト。君も元は私と同じではなかったのかな」
ゼクス「だからこそ、わかる…仮面の男の危険性というものがな!」
フロンタル「仮面を被る私と仮面を脱ぎ捨てた君…面白い取り合わせだな」

シンVSフロンタル

シン「あんた達は! 何故、戦争なんて起こす!?」
フロンタル「プラントの人間である君が愚問だな。我々は全てのスペースノイドの想いを背負って起ったのだよ」
シン「勝手に決め付けるな! 俺の知っている人達は戦争を回避しようと努力してきた!」
  「その人達の思いを踏みにじったお前達を俺は許さない!!」

バナージVSフロンタル

バナージ「この赤いモビルスーツ…やはり、他のやつとは格が違う!」
フロンタル「前に戦った時に比べて、動きの堅さが取れている」
     「惜しいな。このまま育てば、いいパイロットになりそうなのだが」

UCガンダム勢VSレズン

レズン「さて…行こうか。あんた達脳で、見させてもらうよ」
   「ロンド・ベルなら、鈴を鳴らしてりゃいいんだよ!」

バナージVSアンジェロ

アンジェロ「角割れのパイロット! 大人しく投降しろ!」
バナージ「あいつ…何を言っている?」
アンジェロ「警告を無視した以上、少し痛い目に遭ってもらう!」
     「お前達には、これまでの戦闘でも借りがあったからな!」

宗介VSガウルン

ガウルン「楽しいな、カシム! こうしてまたお前と戦う日が来て!」
宗介「こちらは貴様の遊びに付き合っているほど、暇ではない!」
ガウルン「つれないなぁ、カシム~! 正義の味方のご一行なんてお前には似合わないぜ!」
宗介「黙れ、ガウルン! 俺をカシムと呼ぶな!」

猛るユニコーン

カミーユorダグザVS敵

カミーユ「突破します、ダグザ中佐! ついて来てください!」
ダグサ「心配はいらん、カミーユ。お前の足を引っ張るつもりはない」
   「エコーズの作戦は時と場所を選ばん! 俺たちは、あらゆる任務を遂行するために集められたプロフェッショナルだからな!」
カミーユ(もう俺は迷わない…俺は俺のやるべきことをやる)
    (その結果、クワトロ大尉と戦うことになろうとも!)

シンジVS敵

シンジ(見ててよ、ジン君…僕達は敵を倒すために戦ってるんじゃないんだ)
   (可能な限り、戦いを広げない…これが僕たちの戦いなんだ)

アムロVS敵

アムロ(バナージとユニコーン…それに一体何の意味がある…)
   (ユニコーン捕獲もシャアの意志なのか…)

シンVS敵

シン「待ってろよ、バナージ! こいつらを蹴散らして、お前を迎えに行くからな!」
  「戦争をやる奴らにお前とユニコーンを利用させてなるものか!」

オットーVS敵

アルベルト「艦長! こんなデタラメな作戦があるか!! とっととハイパー・メガ粒子砲を撃て!!」
オットー「黙っていてください、アルベルトさん! 戦いは我々の仕事です!」
アルベルト「も、もし作戦が失敗したら、本社に報告して、問題にしてやる!」
オットー「今はあんたに構ってる時間はない! 目の前のジオンの相手で手一杯だからな!!」

カミーユVSギュネイ

ギュネイ「カミーユ・ビダン! ここでお前を叩く!」
カミーユ「この男…! 何故、ここまで俺を意識する!」
ギュネイ「お前はシャア・アズナブルが期待を寄せた男だからな! それを倒せば、俺の力の証明になるってもんだ!」
カミーユ「…俺とお前は似た者同士だったようだな」
ギュネイ「何!?」
カミーユ「だが、俺はもうあの人の影を追う気はない! 自分の意志で自分の戦いをするだけだ!」

シンVSギュネイ

シン「こいつ…カミーユにつきまとっていた奴か!」
ギュネイ「そういうお前はカミーユを守る騎士のつもりか!?」
シン「あいつは俺の友達だ! そしてあいつは今、助けを必要としている!」
  「カミーユを狙うのなら、俺が相手になってやる! あいつは俺が絶対に守って見せるぞ!」

カミーユVSクェス

カミーユ「あのモビルスーツ…乗っているのはクェスか!」
クェス「さすがだね、カミーユ! 私がわかるんだ?」
カミーユ「何をしているんだ! 君は自分が何をしてるのか、理解してるのか!」
クェス「そんな言い方しなくてもいいじゃないの! 大佐は私のことをわかってくれるのに!」
カミーユ「クェス! 君はあの人に…!」
クェス「そんなカミーユは嫌いだよ! 大佐に言いつけてやるんだから!」

アムロVSクェス

クェス「また会えたね、アムロ!」
アムロ「クェスなのか!?」
クェス「そうだよ! このモビルスーツは大佐がくれたんだ!」
アムロ「今すぐその機体から降りるんだ、クェス! 取り返しの付かないことになる前に!」
クェス「何言ってるのさ、アムロ?」
アムロ「わけもわかっていない子供に武器を与えることの危険さがなぜわからない、シャア!?」
クェス「わかってないのはアムロだよ! 大佐は私を一人前だって認めてくれたのに!」
   「やっぱり、アムロじゃ駄目だ! 私をわかってくれるのは大佐しかいないんだ!」

バナージVSマリーダ

バナージ「そのモビルスーツに乗っているのはマリーダさんなんですか!」
マリーダ「気づいたか、バナージ!」
バナージ「こんな戦いをしていたって世界は変わらない! どうしてそれをわかってくれないんです!」
マリーダ「言ったはずだ! それはお前の理屈だと!」
バナージ「それでもです!」
マリーダ「お前…」
バナージ「人と人が戦いを止められないなら、戦争だって終わらない! そんなのは嫌なんです!」
マリーダ「正しいことが人を救うとは限らない! それも言ったはずだぞ、バナージ!!」
バナージ「今は…戦うしかないのか!」

バナージVSギルボア

ギルボア「恨むなよ、バナージ…これは戦争なんだからな!」
バナージ「ギルボアさん…!」
ギルボア「お互いに恨みっこなしだ! お前も兵士なら戦え!」

バナージVSジンネマン

バナージ「あの艦…ジンネマンさんの艦か!」
ジンネマン「ユニコーン…! インダストリアル7からの因縁にケリをつけるぞ!」
バナージ「ジンネマンさん! あなたもジオンという光に頼っているのか!!」

ワッ太VSバナージ

ワッ太「バナージさんには理科の宿題を手伝ってもらったんだ!」
   「待っててくれよ、バナージさん! 俺たちが今すぐ助けてあげるからさ!」

正太郎VSバナージ

正太郎「やるぞ、鉄人! コックピットを外して攻撃するんだ!」
   「僕達の手でバナージさんを助け出すぞ!」

タケルVSバナージ

タケル「この戦いはバナージの意志じゃない…ならば、俺たちのやることは一つだ!」
   「行くぞ、バナージ! ユニコーンは俺たちが止める!」

キリコVSバナージ

キリコ(殺気が感じられない攻撃…マシーンによるものか)
   (ならば、それを止めるだけだ)

桂VSバナージ

モーム「桂様、バナージ様を絶対に助けましょう!」
桂「もちろん、そのつもりだ! 仲間の命を奪うのも、仲間に命を奪われるのも真っ平御免だからな!」
 「そういうことだ、バナージ! ちょっとばかし荒っぽい手でいくぞ!」

カミーユVSバナージ

カミーユ「バナージ…! 初めてお前に会ったときから感じていた可能性…それをこんなところで終わらせはしない!」
    「ユニコーンは必ず止めてみせる! バナージ、お前を助けるために!」

アムロVSバナージ

アムロ「人の意志を飲み込むマシーン…取り込まれたか、バナージ!」
   「眼を覚ませ、バナージ! お前にそのマシーンが託されたのなら、使いこなして見せろ!」

ヒイロVSバナージ

ヒイロ「今の奴はゼロに囚われた俺と同じだ」
   「心を強く持て…人間の意志はマシーンを超えられるはずだ!」

シンVSバナージ

シン「アナハイムのことなんて知るかよ! バナージを解放しないのなら、ユニコーンを破壊してでも止める!」
  「待っていろよ、バナージ! 今、俺たちが助けてやるからな!」

リディVSバナージ

リディ「くそっ! ガンダムは連邦の力のシンボルじゃないのか!」
   「我慢しろよ、バナージ! 今そいつを止めてやるからな!」

アルトVSバナージ

アルト「くそっ、VF-25でも振り切れないってのか! このままじゃ中のバナージがもたないぞ!」
   「許せよ、バナージ! 時間がない以上、こっちも手加減抜きでユニコーンを止める!」

竜馬VSバナージ

竜馬「ちっ…! こいつは血に飢えた野獣と言うより、冷酷な殺人マシーンだぜ…!」
  「許せよ、バナージ! 生半可なやり方じゃ、こいつは止められそうにないぜ!」

甲児VSバナージ

甲児「やめろ、バナージ! 俺たちの声が聞こえないのか!」
  「こうなったら仕方ない…我慢しろよ、バナージ!」
  「マジンガーの全力を使ってでもユニコーンを止めてやる!」

赤木VSバナージ

赤木「眼を覚ませ、バナージ! お前はいつだって戦わないで済む方法を探していたじゃないか!」
  「ユニコーンに負けるな、バナージ! お前はこんなことは望んでいないはずだろうが!」

宗介VSバナージ

宗介「相手はバナージではない…殺戮のためのマシーンだ!」
  「ならば、遠慮はしない…! 速やかにコックピットを外し、対象を無力化する!」

カレンVSバナージ

カレン「強い…全ての動作に全く無駄がない!」
   「だけど! あたしはこんな戦いは認めない!」
   「目を覚ましなよ、バナージ! あんた、マシーンに負けるような男なのか!!」

葵VSバナージ

葵「我慢してよね、バナージ! 手加減してたら、こっちがヤバそうだから…!」
 「その代わり、あなたは絶対に助ける! あたし達の誇りに懸けて!」

シモンVSバナージ

シモン「歯ぁ食いしばれよ、バナージ! 少し痛いかも知れないが、必ず助けてやるからな!」
   「行くぜ、ユニコーン! お前が暴走したんなら、俺がぶん殴って正しいことを教えてやる!」

シンジVSバナージ

シンジ「バナージさん…! ヤシマ作戦であなたは僕を助けてくれました…!」
   「だから、今度は僕があなたを助けます! Z-BLUEのみんなと一緒に!」

アマタVSバナージ

アマタ「目を覚ませ、バナージ! 俺たちの声が聞こえないのか!」
   「お前はユニコーンを大切にしてたじゃないか! それを殺戮のマシーンにするつもりなのか!」

ヒビキVSバナージ

スズネ「ヒビキ君! ユニコーンの戦闘力は通常時とは比べ物にならないわ!」
ヒビキ「だからと言って仲間を…バナージを見捨てることは出来ません!」
スズネ「その通りよ…! 私はデータを解析するから、ヒビキ君は戦闘に集中して!」
ヒビキ「待っていろ、バナージ! お前にこれまで助けられた恩を、ここで返す!!」

バナージVS敵

バナージ(ユニコーンの真の力…使いこなしてみせる…!)
    (ラプラスの箱が何だろうと、今俺に出来ることは、この力で戦争を止めるために戦うことだ…!)
    「世界を変えられるという可能性を示す…それが俺の戦いだ!!」


暗黒の王子

ワッ太VSグーラ

ワッ太「やめろ、グーラ! 正太郎も俺もお前と戦いたくないんだ!」
グーラ「甘いな、ワッ太! 宇宙魔王の息子であることを思い出した私がそんな言葉で止まると思っているのか!」
ワッ太「この石頭のコンコンチキめ! そんなにゲンコツが欲しいなら俺とトライダーが相手をしてやる!」
   「そして、絶対にお前を正太郎に謝らせてやるぞ!」

正太郎VSグーラ

グーラ「来るがいい、正太郎の下僕のロボットよ!」
正太郎「鉄人は僕の大事なパートナーだ! 馬鹿にすることは許さないぞ、グーラ!」
グーラ「ならば、私はその鉄人を破壊する! それがこのグーラ・キング・Jr.の戦いの始まりだ!」
正太郎「グーラ…! 君がどうしても戦うというのなら僕が相手になる!」
   「たとえ短い時間でも君と僕は友達だった! だから、僕の手で君を止めるぞ!」

タケルVSグーラ(1回目)

タケル「戦いをやめろ、グーラ王子! 正太郎の悲しみがわからないのか!」
グーラ「おせっかいな男だ。お前は正太郎の何だ?」
タケル「正太郎は俺の仲間だ! そして、お前は正太郎の友達だ!」
   「心の通じた二人が戦うことの悲劇は知っている! その悲劇が繰り返される前に何としてもお前を止めてやる!」

タケルVSグーラ(2回目)

タケル「どうしても戦いを止めないのか、グーラ!」
グーラ「くどい! もうお前と話すことはない!」
タケル「ならば、グーラ…! 俺も心を鬼にする!」
   「正太郎に悲しみを背負わせはしない! お前は俺が止める!」

堕ちた巨人

バサラVSカグラ

カグラ「いいぜ、お前! どんどん歌え! 俺の血を燃やせ!」
バサラ「お望みどおり、熱いナンバーを行くぜ! 戦うことなんて馬鹿らしくなるぐらいのな!」
   「戦いなんてくだらないぜ! 俺の歌を聞けぇぇぇぇっ!!」

アマタVSカグラ

アマタ「こいつ…! 前に会った時より段違いに強くなっている!」
カグラ「これが俺の本当の力だ! 思い知れ、無臭男!!」
アマタ「そうは行くか! 俺はミコノさんを絶対に守ってみせる!」
カグラ「あの女は俺のシルフィだ!」
ミコノ「シルフィ…?」
カグラ「聞こえるか、シルフィ!」
   「大っ嫌いだ! 初めて見た時から、お前が大嫌いだった! 俺のシルフィ!」
ミコノ「………」
カグラ「だから、憎んで! 殺して! そう、この俺の腕の中で永遠に…!」
ミコノ「い、いや…いやっ!」
アマタ「こいつ! ミコノさんを怖がらせるなぁぁぁっ!!!」

ジンVSカグラ

カグラ「ジン! お前とマジでやりあうことになるとはな!」
ジン「聞いてくれ、カグラ! 僕はこのヴェーガで僕だけのレア・イグラーを見つけた!」
  「それだけじゃない! 僕は友達と仲間も見つけた!」
ユノハ「ジン君…」
カグラ「そいつはよかったな! だが俺も見つけたんだよ、俺のシルフィを!」
   「それを手に入れるのを邪魔する奴は誰だろうと容赦はしない! たとえお前でもだ!」
ジン「やめろ、カグラ! そんなやり方をしても大切な人の心を傷つけるだけだ!」
カグラ「心…?」
ジン「ユノハやシンジが教えてくれた! 誰かと分かり合うこと、心を通わせることの暖かさ、楽しさ、大切さを!」
  「だから、カグラ! 僕はお前にも、それを知ってもらいたいんだ!」
カグラ「暖かさだ…? そんなものは生きていくのに必要ないんだよ!」
ジン「カグラ!」
カグラ「生きていくために最も大切なものは力だ! 俺はそれをアルテアで知った!」
   「だから、俺は戦う! この力で俺のシルフィを殺すために!」
ジン「この分からず屋が! だったら、僕がお前を止めてやる!」
  「お前も僕の友達なのだから!!」

バサラVSバジュラ


ガムリンVS敵

ガムリン「言っておくが、俺は軍人だ…! バサラが歌に命を懸けるように、俺も命がけで戦う!」
    「全ては人々を守るためだ! 覚悟が出来た奴から掛かって来い!!」

正太郎VS敵

正太郎(きっと、みんな…口には出さないけど僕のことを心配して、イベントを開いてくれたんだ…)
   (それに応えるためにも頑張らなくちゃ…平和のために、みんなのために!)


闇の詩

シンジVS敵

シンジ(ジン君…これからの僕に何が出来るか、わからないけど…)
   (僕はEVAに乗る…そこで君に教えてもらった命の意味を考えるよ)

アマタVS敵

アマタ「体が軽い…! 本当に生まれ変わったみたいだ!」
不動「そうだ、アマタ・ソラ! お前の翼は全てを…運命すらも飛び越える力を持っている!!」
アマタ「これならどこまでも飛んでいける! 俺の新しい翼で!」

ゼシカVS敵

ゼシカ「私は生きる…! 大切な人…大好きな人と共に!」
不動(恋が愛になり、哀になる…そして、その先に何が待つかな、ゼシカ・ウォン?)

カイエンVS敵

カイエン「もう俺は絶望に惑わされない…! 未来に何が待っていようと、それを乗り越えるために戦う!」
不動「そうだ、カイエン・スズシロ! 絶望の先を見通せ! それがお前の戦いだ!!」

ミコノVS敵

ミコノ「私の繋ぐ力…! みんなの心を、願いを、想いを一つにする!」
不動(変わらんな…1万2000年経とうと、2万4000年経とうと…)

シュレードVS敵

シュレード「暗い闇の中ではっきりしたよ。俺はまだ死ねないと」
     「究極のメロディ…! それを見つけるまでは尽きるなよ、俺の命!」
不動(そうだ、シュレード・エラン…お前の求めるものは絶望の先にある)

アンディVS敵

アンディ「もう俺は迷わない! 掘って掘って掘り続ける!」
不動「達人曰く、墓穴掘っても掘りぬけて、突き抜けたなら、俺の勝ち…」
  「極めよ、アンディ・W・ホール! お前の穴掘り道を!」

MIXVS敵

MIX(暗い穴でもアンディの掘った穴なら愛おしく思えた…)
不動「フ…乙女の胸の穴は埋まったかな、MIX?」
MIX「ふ、不動総司令! 勝手に人の心を覗かないでください!?」

サザンカVS敵

サザンカ「あたしだって腐ってもエレメント! いっくわよー!」
不動「その通りだ、サザンカ・ビアンカ…! 己の欲望を解き放て!」
サザンカ「それじゃ! 遠慮なくいっちゃいま~す!」

ユノハVS敵

ユノハ(ジン君…まだ哀しいけれど、私は前を向くよ…)
   (ジン君の教えてくれた生命の意味…それがこの胸にあるから!)
   「だから、もう泣かない! それがジン君を忘れないことだから!」

モロイVS敵

モロイ「俺は自分の脆い心と向き合った! そして、それを超えた!」
不動「そうだ、モロイ・ドレッツァ! 今こそお前の強い心を相手に見せてやれ!!」
モロイ「モロ~イ!!」

ヒビキVSアンナロッタ

ヒビキ「さっきはよくもスズネ先生を狙ってくれたな!」
アンナロッタ「あのような真似は本意ではない! だが、そうしなくてはいけない理由が我々にはあるのだ!」
ヒビキ「見苦しい言い訳だな。開き直るよりタチが悪い」
アンナロッタ「貴様…! これ以上、Gの誇りを汚すことは許さんぞ!」
ヒビキ「生身の人間を攻撃するような奴が誇りなんてものを口にすることがおかしんだよ! それを理解するんだな、腐れ外道がッ!!」

夏の始まり

竜馬VS敵

竜馬「おい、お前等! 学校の粗大ゴミの片付けは用務員のおじさんの仕事なんだよ!」
  「そういうわけだ! 陣代高校に手を出したバカ共は俺が片付けてやるぜ!」

宗介VS敵

宗介「千鳥との約束もある…さっさと片付けるぞ!」

アマタVS敵

アマタ「陣代高校は俺たちのもう一つの学校なんだ! 絶対に守って見せるぞ!」

アルトVS敵

アルト「考えてみれば、ボランティア部の活動のほとんどがゴミ掃除だったな…」
   「で、今回はテロリスト退治…またゴミ掃除ってわけか!」

ヒビキVS敵

ヒビキ「夏休みに入るタイミングで来るとは、空気の読めない連中だ!」
スズネ「その前の期末テストについてですけど、ヒビキ君には後で話があります」
ヒビキ「スズネ先生!? 今はそんな事を言ってる場合じゃ…」
スズネ「最初に言ったはずよ、ヒビキ君。私はみんなに学校生活と戦いを両立して欲しいって」
   「それが出来ないなら、私にも考えがあるって言ってるのよ!!」
ヒビキ「わ、わかりました…この戦いが終わったら、ちゃんと話を聞きます!」
スズネ「よろしい。では、さっさと敵を片付けて!」
ヒビキ(このいつにない迫力…何なんだ…)

カレンVS敵

カレン「せっかく平和でやってる日本…それもたくさんの学校がある、この町を襲うなんて…!」
   「お前らの汚いやり口は、絶対に許さない! このあたしが徹底的に叩き潰す!」

宗介VSガウルン

宗介「ガウルン! いい加減、決着をつけるぞ!」
ガウルン「望むところだぜ、カシム。もっとも、今のお前じゃ戦ってもあまり面白くないがな」
宗介「貴様の遊びに付き合っている暇はない!」
ガウルン「あのお嬢ちゃんとのデートで忙しいってか? 変わったもんだな、カシム」
宗介「黙れ!」
ガウルン「いいや、黙らないね。俺は昔のお前のほうが好きだぜ、カシム」
    「お願いだから、昔のお前に戻ってくれよ! 俺の愛しいカシム~!」
宗介「俺は黙れといったぞ、ガウルン!!」

揺れるイントゥ・ザ・ブルー

ヒイロorヒビキVS敵

ヒビキ「ヒイロ…なぜ、お前はそこまで宗介を気にかける?」
ヒイロ「答えるつもりはない」
ヒビキ「…いいさ。だが、お前の協力に感謝する」
ヒイロ「奴の友人としてか?」
ヒビキ「それもある」
   「だが、もっと切実な問題として、宗介と千鳥さんがケンカをすると俺にとばっちりが来る」
ヒイロ「あいつは恵まれた環境にいる男だな」
ヒビキ「同感だ。では、敵を片付けるぞ」
ヒイロ「了解だ」

宗介VSガウルン

ガウルン「待ってたぜ、カシム! この時をよ!」
宗介「それは俺も同じだ、ガウルン!」
ガウルン「だが、安心は出来んな、カシム! お前の中に迷いがある限り、いつまた駄目なお前に戻っちまうかわからないからな!」
宗介「貴様に俺の生き方をどうこう言われる筋合いはない!!」
ガウルン「つれないことを言うなよ、カシム! 俺とお前の仲じゃないか!」
宗介「黙れ! お前の言葉など、これ以上聞く気はない!!」
ガウルン「なぜだい、カ~シム~!!」
宗介「カシム、カシムと…!!」

テッサVS敵

テッサ「敵の狙いが、このダナンならば好都合です。いかに自分達が愚かで無謀な戦いを仕掛けてきたか、彼らに教えてあげましょう」
マデューカス「総員、聞いての通りだ。これまでたまった鬱憤を晴らす好機と考えよ」
テッサ(では行きます、カナメさん…!)
最終更新:2014年08月05日 17:01