※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

切り拓かれる明日

シンVSテロリスト


キラVSテロリスト


シンorキラVS敵

シン「行きますよ、キラさん!」
キラ「よろしく頼むね、シン。ルナマリアの代わりだけど」
シン「こっちもアスランの代わりですけどね」
キラ「…やめよう。自分で言い出したけれど、今此処にいるのは君と僕なんだから」
シン「そうですね。ルナとアスランが羨むくらいのコンビを俺たちでやってやりましょう!」

ヒビキorアドヴェントVS敵

アドヴェント「勢いに任せるな…冷静に戦局を読むんだ!」
ヒビキ「は、はい!」
スズネ「何なんですか、あなたは…!? いきなり現れて、ヒビキ君を振り回して…!」
ヒビキ「いいんです、スズネ先生」
スズネ「でも…」
アドヴェント「彼は本能的にわかっているようだね。強くなるために何が必要であるかを」
      「喜ばしいことだ。君のような人間に出会えたのは」
ヒビキ(不思議だ…この人の言葉は胸に素直に入ってくる…何だろう…俺は…この人のことを知っているんだろうか…)

刹那VS敵

刹那(この変わりゆく世界でも、俺たちの果たすべき役割は変わらない…戦争を根絶する…! そのために俺たちは…ソレスタルビーイングは戦う!)

ロックオンVS敵

ロックオン「さてと…! おなじみの県中に俺の新しい戦闘スタイルとサバーニャをご披露するか!行くぜ! ロックオン・ストラトス、サバーニャ、乱れ撃つ!」

スメラギVS敵

ミレイナ「ノリエガさん! 敵、正面です!」
フェルト「距離2000! トレミーの戦闘レンジです!」
ラッセ「いつでもいけるぜ! 指示をくれ!」
スメラギ「…残念だけど、まだ世界に平和は訪れていない…だから、私達の手でそれを掴みます! トレミー、攻撃開始!」

ヒビキVSアンナロッタ

アンナロッタ「貴様には感謝するぞ! こうして名を名乗る機会をくれたことをな!」
ヒビキ「勝手にやっていろ! 俺はお前達の存在など興味はない!卑怯者のクズが目障りだから、片付けるだけのことだ!」
アンナロッタ「前言を撤回する! 所詮、貴様はイミテーションだ!このアンナロッタ・ストールスがジェミニスの誇りを汚した貴様を処刑する!!」

忘却の霧の中

桂VS敵

桂「くっ…」
モーム「どうしました、桂様!?」
桂「大丈夫だ、戦える…」
 (とは言ったものの、この頭痛…こっちの世界に飛ばされてきたとき以来だぜ)

葵VS敵

葵(何だろう…あたしの中の何かが、目を覚まそうとしている…押さえつければ、押さえつけるほど溢れてくる…この感じ…何だか懐かしい…!)

アマタVS敵

アマタ(何だろう…この、心が澄み切っていく感覚…まるでアクエリオンと自分が一つになっていくようだ…この感覚…ミコノさんも感じているのか…)

シモンVS敵

シモン「俺のドリルは…! 風を呼び、いつか天まで届く!!」
ヴィラル「どうした、シモン? 何を熱くなっている」
シモン「理由なんて知るか…! ただ、俺は俺の心のままにドリルを回し、進んでいくだけだ!」

ヒビキVS敵

スズネ「行くわよ、ヒビキ君! 準備は出来てる!?」
ヒビキ「………」
スズネ「どうしたの!? 敵は目の前にいるのよ!」
ヒビキ「わかっています!」
   (あの時に見たスズネ先生…いったい何だったんだ…!?)

Roger The Negotiator

ロジャーVSベック

ベック「この日を待っていたぜ、ロジャー・スミス! どうにもケツの座りが悪い日々だと思ったら、お前さんとの決着を忘れていたとはな!」
ロジャー「なるほどな。お前も私と同様にパラダイムシティにメモリーを奪われていたか」
ベック「今となっちゃ、どうでもいい事だぜ!俺のメモリーを戻してくれた奴には感謝するけどな!」
ロジャー「外れていた歯車がはまれば、停止していた流れも正常に動き出す…それが、この街の中の私ということか」
ベック「わけのわかんねえことをくっちゃべってんじゃねえよ!さっさと決着をつけるぜ!」
ロジャー「大事な事が思い出せていないようだな、べック。私の本業は、この弁舌であることを」
    「もっとも、お前のような低俗なチンピラが私の言葉に耳を傾けるとは思っていないがな!」
ベック「要するにいつも通り力ずくってことかよ!この暴力ネゴシエイターが!」
ロジャー「そろそろ黙ってもらうぞ、ベック!そして、私の仕事を侮辱した事を後悔させてやる!!」
ベック「そういうやり方が問題だろうがよ!」

ロジャーVSシュバルツ

シュバルツ「ロジャー・スミス…!まずはメモリーの一部を取り戻したことを歓迎しよう!どうやら彼女は、君にとって重要な鍵であるようだな」
ロジャー「相手に意志を伝えるという配慮に欠けた抽象的な妄想…許しがたいものだな」
    「元新聞記者であるのなら、少しは相手に物事を伝えようという努力をしたまえ」
シュバルツ「真実を伝えるのにペンを使う必要はない。事実を突きつければ、それでいい」
ロジャー「その結果がこの騒動だとしたら、見下げたものだな!」
シュバルツ「まだ真実が認められないか?」
ロジャー「私は私の中の恐怖と向き合った。お前の言う真実が何であろうと恐れることはない!そして、たどり着いてみせるさ!お前の言う炎に包まれた世界の向こう側へ!」

ロジャーVSザ・ビッグ

ロジャー「ドミュナスを持たない哀れなメガデウスよ。せめてもの情けだ」
    「同じ名を冠する、このビッグオーがお前達を休ませてやろう!」

葵VS敵

葵「そうよ…!これよ、あたし達が忘れていたのは!」
くらら「破界事変と再世戦争…その中で私達が手に入れたもの!」
朔哉「心の底から熱くなれるもの…!」
ジョニー「仲間との絆…!」
エイーダ「大切な人への想い…!」
葵「それが一つになって今!あたし達は燃えている!行くよみんな!やってやろうじゃん!!」

アムロVS敵

アムロ(先日戦ったモビルスーツもこのメガデウスと同じ目的で動いていたとしたら、その理由は何だ?何故、パラダイムシティにあのモビルスーツがあったんだ…?)

ヒビキVS敵

ヒビキ(この街のどこかにあの男がいる…待っていろ、ガドライト・メオンサム…お前を必ず追い詰める!)

輪廻の宇宙

竜馬VS敵

竜馬(何だ、この胸騒ぎは…インベーダーのせいか…いや、違う…!俺の運命を変える何かが、もうすぐ起こる…!それが俺の身体を熱くさせている!!)

竜馬VS敵(真ゲッター乗り換え後)

竜馬「真ゲッター!お前が俺を呼んでいたのなら、俺の闘志に応えろ!やるぜ!俺達の敵は全て叩き潰す!」

隼人VS敵

隼人「性懲りもなく地球に来るとは、頭脳の方は進化に取り残されてるようだな」
  「その代償は、お前達の生命で支払ってもらう!」

弁慶VS敵

弁慶「来い、インベーダー!俺たちがいる限り、ここから先へ進めると思うなよ!あの青い星はお前等みたいな奴らには絶対に渡せないんだ!」

ヒビキVS敵

ヒビキ「行きますよ、スズネ先生!」
スズネ「グロな連中を相手にするのは趣味じゃないがな」
ヒビキ「え…?」
スズネ「どうしたの、ヒビキ君!敵は目の前にいるのよ!」
ヒビキ「は、はい!」

シモンVS敵

シモン「宇宙用のガンメンも続々と完成しているようだな」
ヴィラル「さすがはロシウとリーロンだ。あいつらに任せて間違いはなかったな」
シモン「当然だ。俺が信じたあいつらだからな」
ヴィラル「ならば、シモン!俺達の成すべき事はわかってるな!」
シモン「ああ!地球に手を出す奴は、俺達の手でぶっ潰すぞ!」

キタンorヨーコVS敵

キタン「久々の実戦の相手がインベーダーとはよ!キビしいじゃねえか!」
ヨーコ「そう言いながら、嬉しそうじゃない」
キタン「まあな。やっぱり俺は、机の前に座ってるより、こっちの方が向いてるみたいだぜ!そういうヨーコはどうなんだよ?」
ヨーコ「本当なら、もう二度とライフルを使うことはないと思ったけど…でも、戦わなきゃならない理由がある!あたし達のことを信じている子供たちの未来を守らなきゃならない!」
キタン「よっしゃ!頑張ろうぜ、ヨマコ先生!」
ヨーコ「行くわよ、インベーダー!あたし達が来た以上、もうあんた達は終わりよ!」

ギミーorダリーVS敵

ギミー「やるぞ、ダリー!キタンさんとヨーコさんに俺たちの成長を見せてやるんだ!」
ダリー「ギミーの場合、ミスして隼人さんに怒られるのが怖いんじゃない?」
ギミー「そ、そんな事あるかよ…!」
ダリー「ふふ…子供のころからの習慣ってなかなか抜けないみたいね」
ギミー「それも今日までだ!竜馬さんに一人前宣言をした以上、やって見せるぞ!」
ダリー「了解!私も続くわ!」


災厄の襲来

ヒビキVSアンナロッタ

ヒビキ「やれる…!このジェニオン・ガイの力があれば、誰が相手でも戦える!」
アンナロッタ「その思い上がり…許しがたいな!」
ヒビキ「卑怯者に許しをもらうつもりはない!お前を倒し、お前達の隊長を追い詰めるだけだ!」
アンナロッタ「隊長が貴様らごときを相手にすると思うな!ましてやイミテーションなどな!」

ゼロorスザクVS敵

スザク「ついにこの日が来たんだね」
ゼロ「ああ…」
スザク「どんな形でもいい。僕らもこの世界のために戦っていこう」
ゼロ「そうだ。それが俺達二人の生命に課せられた使命だ」
スザク「わかっている、ゼロ」
ゼロ「行くぞ、スザク!俺とお前の二人が揃えば、不可能な事などない!」

ロジャーVSガドライト

ロジャー「パラダイムシティでは世話になったな」
ガドライト「まったくだ。あんたの飲み代にどれだけの金を使ったことやら」
ロジャー「それについては礼を言おう」
ガドライト「これはどうも。さすがはミスター・ネゴシエイター…礼儀をわきまえていらっしゃる」
ロジャー「これでお前と私の間に貸し借りはなしだ。存分にやらせてもらう」
ガドライト「OKだ。俺も飲み友達を殺すのはちょっとばかり気が引けてたんで、助かったよ」

アルトVSガドライト

アルト「こいつの強さ…!確かに異次元だ!」
ガドライト「まあね…こう見えても、それなりの代償ってのを払っているのさ」
     「ま、君のように空を飛び回ってるだけで満足してるお子様とは、背負ってるものが違うのよ」
アルト「この男…どこまで俺を怒らせれば気が済む!」
ガドライト「若いね。敵の挑発にのってカッカするようじゃ長生きできないよ、少年」

甲児VSガドライト

ガドライト「光の神の後継者にしちゃ、随分と貧相だな」
甲児「何っ!?」
ガドライト「おまけに乗っている少年は熱血といえば聞こえはいいが、ただの単細胞と紙一重のようだ」
甲児「そんな挑発に乗ると思っているのか!」
ガドライト「もう十分にノリノリと見たけど?」
甲児「これは俺の元からの怒りだ!俺達の世界を滅茶苦茶にしたお前達へのな!そして、見せてやる!お前が馬鹿にした俺とマジンガーの力をな!」
ガドライト「残念。決め台詞を言えば勝てるほど、世の中は甘くないんだよ」


バサラVSガドライト

ガドライト「いいねぇ、あんたの刻むビート!俺とジェミニアのハートにもビンビン来るよ!」
バサラ「だろ!?戦争なんてくだらないことは止めて、俺の歌を聞きやがれ!」
ガドライト「戦争なんてくだらない、か。……まったくもってその通りだよ」
     「ま、そのくだらないことをやるしかないのが今の俺なんだけどね」

桂VSガドライト

ガドライト「初めましてかね、元祖特異点。あんたに会えて嬉しく思うよ」
桂「それは俺も同じだ。あんたを叩いて、とっとと時の牢獄を破壊してもらわなきゃならないからな!」
ガドライト「そう言うなよ。こいつは中々の力作なんだから」
     「もっとも、あんたというスペシャルを呼び込むために随分と無理をしたみたいだけどね」
桂「他人事のように言ってくれる!やっぱり、あんたとは仲良く出来そうにないな!」


アマタVSガドライト

ガドライト「どうだい、少年。そのアクエリオンに乗っているとおかしな気持ちにならないかい?」
アマタ「お前の言葉なんかに耳を貸すものか!お前のおかげで俺たちの世界はこちらに飛ばされて来たんだからな!」
ガドライト「ま、いいさ。そう思われてもしょうがない」
     「でも、君はここで潰しておくよ。水の交わりが目覚める前にね!」


ゼロVSガドライト

ガドライト「ちゃんちゃらおかしいね、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア。仮面を被って贖罪のつもりかい」
ゼロ「俺の素性も知っていたか」
ガドライト「そっちもこちらの身辺を探っていたんだからお互い様さ」
ゼロ「では、ガドライト・メオンサム…お前に教えて置こう。俺が戦うのは贖罪のため…己の過去のためだけではない」
  「俺の大切な人達の生きるこの世界の未来を守るためだ!」
ガドライト「そいつはご立派な事だ。この世界の未来に何が待っているか、薄々知っているくせにな!」


ヒイロVSガドライト

ヒイロ「………」
ガドライト「怖いね。君の視線がコックピットを貫いてくるようだよ」
ヒイロ「余計な言葉は無用だ。ガドライト・メオンサム…お前を排除する」
ガドライト「やれやれ、その上から目線…まだ立場がわかってないようだね」
     「この世界から排除されるのは君たち、地球人の方なんだよ」


葵VSガドライト

ガドライト「獣の血が、こんなに早く目覚めるとはね。こいつは想定外だったよ」
葵「人の身体のことをどうこう言うとはデリカシーのない男のようね」
ガドライト「こいつは失敬。レディへの礼を欠いていたようだ」
葵「謝るついでに、あんた達の計画の全てをここで話してもらおうか!」
ガドライト「そいつは御免こうむる。このゲーム、割と気に入ってるんでね」
葵「そういう遊び半分であたし達の相手をしてると、火傷じゃすまないよ!」

シンVSガドライト

ガドライト「君のオーブでの活躍には驚いたよ。まさか、怒りで封印を解くなんてね」
シン「………」
ガドライト「SEED…その力、見せてもらったよ」
シン「言いたいことはそれだけか」
ガドライト「?」
シン「お前達がオーブを焼こうとしたのを俺は忘れていない!戦争を起こし、それを広げようとする者を俺は絶対に許さない!」

カミーユVSガドライト

ガドライト「いかんね、これは。せっかく封じていた能力が、また目覚めかけてるよ」
カミーユ「ニュータイプのことを言っているのか!」
ガドライト「ご名答。ああいうのが目覚めると厄介な事になるんでね」
カミーユ「どういうことだ!」
カドライト「そいつは話すわけには行かないな。でも、誰よりもそれをわかっているのが俺達、ジェミニスだよ」
    「そういうわけなんで、君の力が完全に目覚める前にとっとと片付けさせてもらうよ!」

アムロVSガドライト

ガドライト「アムロ・レイ!万全を期するためにも、あんたはここで確実に仕留める!」
アムロ「プレッシャーが変わった…!殺気を前に出してきたか!」
ガドライト「その鋭敏な感覚…それが危険なんだよね。あんたの存在は二重の意味で厄介ってわけだ」
     「悪いが、あんた相手にはちょっとばかり本気を出させてもらうよ!」
アムロ「この男…スフィアや機体の力だけではない…!パイロットとしても超一流か!」

バナージVSガドライト

ガドライト「全く、次から次へと覚醒者が出てくる!やっぱり、この星は危険だよ!」
バナージ「何を言ってるんだ、あなたは!?」
ガドライト「ウブだね。まだ自分の力とか、可能性とかに気づいてないみたいだ」
     「だけど、君には消えてもらうよ。可能性の獣なんてものは必要ないからね」
バナージ「そうはいかない!俺はまだ何もやっちゃいないんだ!」
ガドライト「だからだよ。良くない芽は今のうちに摘んどかなきゃね」

刹那VSガドライト

ガドライト「その金色の目で見つめられるのは、たまらないね。君は未来が見えるかい?」
刹那「この男…イノベイターのことを知っているのか!?」
ガドライト「そりゃね。だけど、こっちがせっかく封印しておいたのに、君ときたらそれを破ってくれちゃって」
刹那「貴様たちは何のためにイノベイターを封じようとした!?」
ガドライト「そりゃ君たちのためを思ってだよ。人生の先達としてのおせっかいってやつさ」
刹那「ふざけた事を!これ以上、世界を好きに出来ると思うな!」
ガドライト「それが出来るんだよ。このジェミニアがある限りね」


正太郎VSガドライト

ガドライト「こいつは豪勢なオモチャだ。子供が使っていいもんじゃないな」
正太郎「こいつ! 鉄人を玩具扱いするつもりか!」
ガドライト「まあまあ、そう怒りんさんな。気を悪くしたんなら、おじさんも謝るからさ」
     「オモチャなのは君のロボットだけじゃないもんな。おじさんのジェミニアに比べれば、み~んな、オモチャか泥人形みたいなもんだ」
正太郎「ふざけるな! 遊び半分で戦っているような奴に鉄人28号が負けるものか!」

シモンVSガドライト

ガドライト「風の向くまま、気の向くまま…お前さんのドリルはどっち向きだい?」
シモン「決まっている!お前の方を向いている!覚悟しやがれ、ジェミニス!お前をぶち抜いて、ついでに時の牢獄もぶち抜いてやる!」
ガドライト「そう都合よくはいかないもんだよ。この戦いも地球の未来も、お前さんとあの子もな」

ワッ太VSガドライト

ガドライト「ボク、小学生社長なんだってね。小さいのに頑張るなぁ」
ワッ太「俺のことを子ども扱いするな!トライダーに乗っているときの俺は地球を守るZ-BLUEの一員なんだ!」
ガドライト「こいつは失礼。おじさん、無職なもんで前途有望なボクのことが羨ましくってね」
ワッ太「もう怒ったぞ! こういう奴は少し痛い目を見せてやるしかない!」
ガドライト「そいつは楽しみだ! おじさん、刺激に飢えてるんだよね!」

キリコVSガドライト

ガドライト「こいつは驚いた!もしかして君、異能生存体ってやつ?」
キリコ「………」
ガドライト「じゃあ、君もわかってるよね? 俺と戦うべきじゃないって」
キリコ「お前の軽口に付き合っている暇はない」
ガドライト「そうかい? だけど、俺の話が終わる時は君の不死の神話が終わる時でもあるんだよ」

宗介VSガドライト

宗介「この男…! 指揮官としても、兵士としても超一流か!」
ガドライト「腐っても何とやらってやつさ。ま、この程度はね」
     「要するに俺にとっては、前線に出るのも退屈しのぎって事さ」
宗介「訂正する。戦場で敵を侮るような奴は兵士として二流だ!」
ガドライト「それでいいぜ。もう一つ二つランクを落としても、まだまだ俺のほうが強いしな」

赤木VSガドライト

赤木「ジェミニス! お前達のやって来たことを俺は絶対に許さない!ここでお前達を止めて、世界を救って見せるぞ!」
ガドライト「出来るかな、一介のサラリーマンに」
赤木「やってみせる! サラリーマンだって平和を守れるんだ!」
ガドライト「出たよ、決め台詞。だけど、あんたは負けるんだよ」
     「無職でロクデナシのこの俺にな」


タケルVSガドライト

ガドライト「見せておくれよ、マーズ。君ご自慢の超能力をさ」
タケル「何!?」
ガドライト「興味があったんだよね。黒の英知の継承者の一人を倒した君の力に」
タケル「ズールのことを言っているのか!」
ガドライト「そうそう。さあ見せておくれよ、君の愛の力を」
     「そんなものは圧倒的な力の前には何の意味もないってことを俺が教えてあげるからさ!」

竜馬VSガドライト

竜馬「そこまで自分の力に自信があるってんなら俺が試してやるぜ!」
ガドライト「おいおい…人を勝手に鼻持ちならない天狗野郎みたいに言うなよ。これでも自分の無力ってのはわかってるんだぜ」
     「それでも、あんたら全員を合わせたより強いんだけどね」
竜馬「言ってくれるじゃねえかよ!」
  「エタニティ・フラットの件は後回しだ!まずはその鼻っ柱を俺とゲッターがへし折ってやるぜ!」

シンジVSガドライト

ガドライト「君も大変だね。そんなものに乗せられて、ご大層な運命を背負わされるなんて」
シンジ「この人…EVAのことを知っているのか?」
ガドライト「少なくとも君よりはね。だから、教えてあげるよ」
     「不幸になりたくないのなら、さっさとそれから降りることだね」
シンジ「僕は…EVAに乗って色々な怖いこと、嫌な事があったけど、良かったことも見つけたんだ…!だから、戦う!みんなと一緒に僕の出来ることをやるんだ!」
ガドライト「いかんね。オトナのいう事を聞かない少年にはお仕置きをしなきゃならない」


ヒビキVSガドライト

ガドライト「どうした、少年?力が抜けて、カタチを維持できなかったようだな」
ヒビキ「ジェニオン・ガイにならなくても…!」
ガドライト「心意気は買うけど、無理だっての。イミテーション以下の力でオリジナルに敵うわけがないさ」
ヒビキ「それでもだ!」
ガドライト「やれやれ。若者の無謀さをいさめるには圧倒的な力を見せるしかないようだよ」
     「現実はかくも厳しい。それを身をもって知るんだな」

ノリコVS敵

ノリコ(お姉様…きっとここは、あたし達のことを誰も覚えてないような遠い未来なんですよね…お姉様とはぐれて、あたしは今…一人ぼっちです…でも、コーチとお姉様が教えてくれたものが今も、あたしの胸の中で燃えています…!)
   「だから、戦います! ガンバスターで地球を守るために!!」

戦場外の憂鬱

ノリコVS敵

ノリコ(久しぶりの地球…あたし達の故郷…お姉様…たとえここが別の世界の地球でも、ノリコは力いっぱい戦います!)

正太郎VS宇宙魔王の軍団

正太郎(宇宙魔王は本格的に地球侵略を開始している…グーラ…君とも戦うことになるのか…)

赤木VSブロッケン

赤木「せっかくの夏休みを楽しんでる人達は俺達が絶対に守るぞ!」
ブロッケン「ハッハッハ! そういうお節介はお前の身を滅ぼすぞ!」
赤木「お節介でも大きなお世話でも、どうでもいい! ダイ・ガードは平和を守るスーパーロボットだ!行くぞ、首無し伯爵! パワーアップしたダイ・ガードの力を見せてやる!」

ワッ太VSブロッケン

ブロッケン「来たか、小学生社長! 夏休みの宿題はもう終わったのか!」
ワッ太「そ、それを言われると…」
郁絵「頑張ってください、社長!」
厚井「スズネ先生とかなめ君と我々が社長にはついています!」
木下「トライダーが撃墜されたら、我が社は大損害ですぞ!」
柿小路「気を確かに、社長! 宿題も勝負もこれからです!」
ワッ太「わかったよ、みんな! ブロッケンにもバアルにも宿題にも俺は負けない!ついでだ! 赤字にも不景気にも負けるものかぁっ!」

さやかVSブロッケン

ブロッケン「ヌフフ、弓さやかよ! お前とも会えることを楽しみにしていたぞ!」
さやか「何なの、この妙なテンションは!」
ブロッケン「ヌホホホホ! お前とお前のロボットにたっぷりイタズラしてやるぞ!」
さやか「やっぱりそう来たわね、スケベ伯爵!女の敵、ブロッケン伯爵! 私とビューナスが退治してやるから!」

甲児VSブロッケン

甲児「ブロッケン! とっとと帰って、あしゅらに伝えろ! いくらやっても無駄だとな!」
ブロッケン「黙れ、兜甲児! はいそうですかと帰るほど、我輩も甘くはないぞ!」
甲児「そうかよ! だったら、お前は今から強制送還だ!」

ノリコVSブロッケン

ブロッケン「ぬおっ!? なんと巨大なロボットだ!」
ノリコ「驚いたようね。これがあたしのガンバスターよ!」
ブロッケン「ヌフフ…迫力のボディの下にはどんな迫力ボディの少女が乗っているのかな?」
ノリコ「え…」
ブロッケン「ヌホホホ! 今すぐ装甲を引っぺがして、お前にイタズラしてやるぞ!」
ノリコ「エ、エッチィィィッ!!絶対に許さない!! こんなハレンチな敵はガンバスターで踏み潰してやる!!」

竜馬VSブロッケン

竜馬「よう、ブロッケン。俺もお前に会いたかったぜ」
隼人「俺たちも三人が揃ったからな」
弁慶「お前の頭でキャッチボールでもするか」
ブロッケン「お、鬼! 悪魔!」
竜馬「外道の相手をするとなれば、こっちも地獄の鬼になるぜそういうわけだ! 覚悟しやがれよ!!」

ヒビキVSブロッケン

ヒビキ「相変わらずやる事が汚いな、ブロッケン伯爵!」
ブロッケン「何とでも言うがいい! 我輩は何度でも地獄の底から蘇り、この世界を恐怖に叩き込む!」
ヒビキ「何度も何度も死にたいとは、よほどのマゾヒストのようだな?」
ブロッケン「え、そういうわけでは…」
ヒビキ「そのリクエストに応えてやる! 今回は串刺しだ!!」
ブロッケン「ま、待ちたまえ、君! さっきのは言葉の弾みのようなものだ!」

グーラの願い

正太郎VS敵

正太郎「博士の言うとおりだ! 鉄人とオックスのパワーがあがっている!」
ブラックオックス「!!」
正太郎「行くぞ、鉄人! オックス! 力を合わせて東京を守るんだ!」
鉄人「!!」

正太郎VSグーラ

グーラ「来い、正太郎! 自慢の鉄人の力を見せてみろ!」
正太郎「グーラ! どうしても戦うというのか!」

正太郎VSグーラ(イベント後)

グーラ「私とお前の間に言葉は不要! あるのは戦いだけだ!」
正太郎「本当にそうなのか、グーラ! 僕には君が迷ってるように見える!」
グーラ「!」
正太郎「君が戦うのをやめないのなら、僕は君から戦う力を奪うぞ!」

ワッ太VSグーラ

ワッ太「いい加減にしろ、グーラ! 世の中には楽しいことがたくさんあるのにどうして戦いをしたがるんだよ!」
グーラ「それが私に課せられた使命だからだ!」
ワッ太「そんなのやめちまえ! 戦いがなくなれば、俺達は友達になれるんだ!」
グーラ「たわ言を! 正太郎より先にお前を片付けてやる!」

タケルVSグーラ

タケル「やめろ、グーラ! このまま戦い続けていれば、正太郎だけじゃなくお前も不幸になるぞ!」
グーラ「お前の超能力による予知か」
タケル「そうじゃない! 迷いを抱えたまま戦うことが危険だと言っているんだ!」
グーラ「人の心に踏み込む無礼者め! このグーラ・キング・Jr.をそうまでして怒らせたいか!」
タケル「グーラ! どうしても戦うというのなら、正太郎の代わりに俺が相手になる!」
   「これ以上、宇宙に悲しみを広げさせはしない!」

ノリコVSグーラ

ノリコ「どうして友達の言葉を聞かないの!? 君、友達がいないの!?」
グーラ「友達? そんなものは私には必要がない」
ノリコ「…かわいそう…」
グーラ「何?」
ノリコ「友達の意味もわからないなんて…」
   「そんな子を戦わせるわけにはいかない! 君はあたしが止めてみせる!」

竜馬VSグーラ

竜馬「ガキが! 親父の命令を聞くだけだってんならこっちも容赦はしないぜ!」
グーラ「私の使命を愚弄することは父である宇宙魔王を愚弄することと同じだぞ!」
竜馬「それがどうしたってんだ!! 親父の下で威張り散らしているガキは親子まとめて叩き潰してやるぜ!!」

甲児VSグーラ

甲児「どうだ! 俺の作ったルストハリケーンコロッケの味は!」
グーラ「そんなものは口にしていない!」
甲児「お前が戦いを止めない理由が分かったぜ! 俺のコロッケを食べれば、戦うことなんて馬鹿らしくなるからな!」
グーラ「おめでたい奴だな。そんな理由で戦いが止まると思っているのか!」
甲児「黙れ、グーラ! コロッケはともかく、正太郎の気持ちを踏みにじるなら俺はお前を許さないぞ!」

赤木VSグーラ

赤木「やめろ、グーラ! 東京にはたくさんの人達が暮らしているんだぞ!」
グーラ「それが何だ? いずれ地球は私のものになるのだ。そこに住む人間の命は全て私のものと言っていい」
赤木「お前、本気でそんなことを言ってるのか! やっていい事と悪い事がわからないのか!!」
  「やっぱり、お前は戦っちゃ駄目だ! 取り返しのつかないことになる前にお前を止めるぞ!」

葵VSグーラ

葵「あたしの美貌に興味を示さないなんて随分と堅物ね、グーラ王子」
グーラ「私の使命の前ではそんなものは無意味だ」
葵「言ってくれるじゃないのさ! 頭の堅いボーヤには少しお仕置きが必要みたいね!」

シモンVSグーラ

シモン「来やがれ! お前が戦いをやめないのなら俺が相手になってやる!」
グーラ「望むところだ! 正太郎の前にお前を片付けてやろう!」
シモン「舐めるなよ! 親父の言いなりで威張ってるだけのお前が俺に勝てると思うな!」
   「歯ぁ食いしばれ! 正太郎の優しさを踏みにじったお前は少しばかり痛い目にあってもらうぞ!」

シンジVSグーラ

シンジ「君はどうして戦うの?」
グーラ「愚問だな。それが父上から与えられた使命だからだ」
シンジ「親に言われたことならどんな事でも聞くなんておかしいよ! 君は君なのに!そんなのはおかしいよ!」
グーラ「何だ、こいつは…!?」

ヒビキVSグーラ

ヒビキ「機体を降りろ、グーラ!」
グーラ「お前に命令する権利はない!」
ヒビキ「いいから降りろ! 降りて、正太郎と向き合えそれでもお前が戦いを続けるというなら、その時は俺がお前の相手をしてやる!」
グーラ「フ…余計な世話を焼くのはボランティアのつもりか」
ヒビキ「そうじゃない、グーラ! 友達の価値のわからないお前を哀れんでいるからだ!グーラ! 俺のいう事が聞けないのなら力ずくでコクピットから引きずり出すぞ!」

正太郎VSダンカン

ダンカン「金田正太郎! グーラ殿下を惑わせた罪、その身で償ってもらう!」
正太郎「お前達がグーラを戦わせているんだな!許さないぞ! お前を倒して、グーラに戦いをやめさせてやる!」

温かな声

シンジVS敵

シンジ(父さんがいなくたって戦うんだ……! 僕だってZ-BLUEの…この世界の一員なんだ!)

アドヴェントVS敵

アドヴェント「人類の進化を見守る者として、その使命を果たす!行くぞ、ジェミニス! 真のクロノの名を継ぐ者の怒りを思い知るがいい!」

ヒビキVS敵

アドヴェント「以前より腕を上げたようだな、ヒビキ」
ヒビキ「え…」
アドヴェント「君ならば、あのガドライトを超えることも出来る! さあ行くんだ!」

ノリコVSアンナロッタ

アンナロッタ「哀れなものだな、お前も。バアルに勝利したと思ったのもつかの間でより劣悪な世界に飛ばされるとは」
ノリコ「あたしのいた世界もこの世界もみんな、一生懸命に生きている!ガンバスターはみんなの希望よ! だから、あたしは戦い続ける!」

竜馬VSアンナロッタ

アンナロッタ「やはりな…この星でもゲッター線の照射量が増大しているか」
隼人「この女…ゲッター線を知っているのか?」
竜馬「耳を貸すな、隼人! どうせ、こいつはとっ捕まえて洗いざらい吐かせるつもりだからよ!」
アンナロッタ「己の無知を恥じる知恵さえないか。貴様たちに相応しいのは、やはり滅びだ!」

シモンVSアンナロッタ

アンナロッタ「螺旋の男! その風の行き先も知らぬようだな!」
シモン「お前が何を言ってるかわからないが、そんな脅しに怯むような俺じゃない!今日こそはお前達を叩き、この時の牢獄をぶち抜いてやる!」

シンジVSアンナロッタ

アンナロッタ「哀れだな。その人造人間の意味も知らずに戦わされているとは」
シンジ「え…」
アンナロッタ「せめてもの情けだ。サードインパクトとやらは我々の手で起こしてやろう!」

レイVSアンナロッタ

アンナロッタ「何なんだ、こいつは……? まるで殺気というものが感じられない……!」
レイ(何だろう…胸の奥に今までにない感じがある…これって…碇君のせい…?)

ヒビキorアドヴェントVSアンナロッタ

アンナロッタ「イミテーションと我々の邪魔者が手を組んだか!」
アドヴェント「彼をイミテーションと呼ぶことは許されない。彼こそはガドライト・メオンサムを超える可能性を秘めた男なのだからな」
ヒビキ「アドヴェントさん…」
アドヴェント「行こう、ヒビキ! 彼女を倒すことが、我々からガドライトへの宣戦布告だ!」
ヒビキ「はい!」

灯火を集めて

ヨーコVS敵

ヨーコ「あいつの名前が付けられた街で無様なまねは出来ないわね…!行くよ! カミナシティは絶対に守ってみせる!」

ギミーorダリーVS敵

ダリー「やるわよ、ギミー! 絶対にあいつらの好きにはさせないんだから!」
ギミー「燃えてるじゃないか、ダリー!」
ダリー「当然じゃない! カミナシティは私達の街なんだから!」
ギミー「OKだ、ダリー! 見せてやろうぜ、グレン団の魂を!」

キタンVS敵

キタン「上等だぜ、お前等! 俺の目の前でカミナシティをやれると思うなよ!見てろよ、アンネ! 悪い奴らは、おじさんがまとめて丸めてふん縛ってケチョンケチョンにしてやるからな!」

シモンVS敵

シモン(ニア…)
ヴィラル「余計な事を考えているな、シモン! 目の前の敵に集中しろ!」
シモン「お、おう!」
ヴィラル(駄目だな、これは…)

シモンVS敵(イベント後)

シモン「やるぞ、ヴィラル! ニアもカミナシティも世界も、俺が守る!」
ヴィラル「ふん…世話の焼ける奴だ」

正太郎VS敵

正太郎「グーラも一緒なんだ! この戦い、絶対に負けられない!行くぞ、鉄人! 僕達の底力を見せてやるんだ!」

グーラVS敵

グーラ(父上…僕は自分の力だけで、必ず鉄人とZ-BLUEを倒して見せます)
   (だから、僕の力を信じてください! 僕は父上の息子なんです!)

竜馬VS敵

竜馬(見てるか、カミナ。お前の魂を継ぐ男が、またひとつ成長したぜ)
  (ついでだ! さらに強くなった俺の力も見て行きな!)

F.S.VS敵

WILL「F.S.…人類に賭けた君の思い、今、私も心から理解した」
F.S.「君の中の野性も目覚めたか」
田中司令「世界はまだ終わりませんよ。この熱い想いが死なない限り」
F.S.「さあ、行くぞ! 我々の熱い叫びを、この世界に轟かせるために!!」

封印されし闇

ワッ太VSブロッケン

ブロッケン「零細企業の貧乏ロボットめ! お前の存在は目障りなのだ!」
ワッ太「うちはボロは着てても心は錦なんだ! お前たちみたいに悪さばっかりしてる奴の言葉なんか聞いてたまるかよ!行くぞ、ブロッケン伯爵! 今日は逃げようったって、そうは行かないからな!」

ノリコVSブロッケン

ブロッケン「ええい! どんな巨大な相手だろうと必ず隙はある! そこを狙えば!」
ノリコ「そんなものが、このガンバスターにあると思ったら大間違いよ、女の子!」
ブロッケン「何だと!?」
ノリコ「行くわよ、ブロッケン伯爵! あなた達の野望、正面から叩き潰してあげるから!」

竜馬VSブロッケン

竜馬「覚悟を決めたようだな、ブロッケン! その潔さは認めてやるぜ!」
ブロッケン「フン! 敵の褒め言葉なぞ聞く気はないわ我が輩が聞きたいのは貴様の許しを請う声と断末魔の叫びだけだ!」
竜馬「今日はマジッてことかよ! 上等だぜ!そんな野郎が相手ならこっちも全力全開でやるぜ!」

甲児VSブロッケン

ブロッケン「兜甲児! 我輩はこの日を待ちわびていたぞ!」
甲児「ブロッケン!」
ブロッケン「Dr.ヘルを失ったあの日から我輩は、お前達に復讐するために生きてきた! その本懐を今、果たす!」
甲児「黙れ、ブロッケン! お前のその自分勝手な願いのためにどれだけの人が迷惑をかけられたと思っている!あしゅら! お前も聞け!」
あしゅら「………」
甲児「誰かの幸せや平和を奪う奴を俺は絶対に許さない!お前達が何度蘇ろうと、どれだけ強大な力を持っていようと、俺とマジンガーがお前達の野望を絶対に打ち砕く!」

さやかVSブロッケン

ブロッケン「遊びは終わりだ、弓さやか! 今日は本気で相手をしてやるぞ!」
さやか「望むところよ、ブロッケン伯爵! あなたのやって来たことを許すつもりはないから!見てなさいよ! 女の意地と怒りをぶつけてやるから!」

赤木VSブロッケン

赤木「ここなら街の被害を気にしないで思い切り戦えるぞ!」
ブロッケン「笑わせるな、サラリーマン! お前の本気など、たかが知れているわ!」
赤木「その俺たちに何度も負けてきたお前の言う台詞かよ!行くぞ、ブロッケン伯爵! サラリーマンの気合と根性が何を生むか、今日こそたっぷりと教えてやる!」

ヒビキVSブロッケン

ヒビキ「ブロッケン伯爵! お前との因縁も随分と長くなったな!」
ブロッケン「何っ!?」
スズネ「忘れたとは言わせませんよ! 陣代高校を襲い、私達を人質にしたことを!」
ブロッケン「まだあの時のことを根に持っていたのか!?」
ヒビキ「仇討ちを仕掛けてきているお前が言う台詞かよ! ついでに言っておくが、お前のほうは逆恨みなんだよ!」
ブロッケン「こいつ、減らず口を!」
ヒビキ「お前達に平和な暮らしを奪われた人達の怒り、俺が代わりにぶつけてやる!」

ボスVSブロッケン

ボス「決着をつけてやるぜ、ボロッケン伯爵!」
ブロッケン「貴様のようなボロロボットに言われたくないわ!」
ボス「お互い、ここまでは笑いに走ったが、今日はマジで行くぜ!」
ブロッケン「来るがいい! こちらも今日は一切遊ぶつもりはない!」
ボス「そんじゃ遠慮無しで行くぜ! 今日はとことんまでやってやる!!」

葵VSブロッケン

葵「考えてみれば、あなたとも長い付き合いだったわね」
ブロッケン「我輩との別れを惜しむか。可愛い所もあるではないか」
     「だが、お前が惜しむべきはこの世界との別れだ!」
葵「最後まで笑わせてくれるよ! あんたの決死の覚悟とやらであたし達の野性を止められると思ったら大間違いだよバイバイ、ブロッケン伯爵! あの世でも元気でね!」

シモンVSブロッケン

シモン「いい度胸だ、ブロッケン伯爵! 望みどおり、正面から相手をしてやるぜ!」
ブロッケン「ならば、その自慢のドリル! 我輩が砕いてくれるわ!」
シモン「やれるもんなら、やってみやがれ!」
ブロッケン「な、何だこいつは!? 今まで以上に気合が入っている!」
シモン「俺は待っていてくれる人がいるんだ! お前ごときが俺とニアの絆を砕けると思うなよ!」

シンジVSブロッケン

ブロッケン「ハッハッハ、弱腰小僧か! 飛んで火に入る夏の虫にしてくれるわ!」
シンジ「そんな言葉に負けてたまるか!」
ブロッケン「な、何!? これまでと雰囲気が違うぞ!」
シンジ「そっちが決着をつけるつもりなら、こっちだって逃げるつもりはない!僕だってやるんだ! この世界を…みんなを守るために!」

二つの赤い彗星

シャアVS敵

シャア(ララァ…私は…人類は前に進めるのだろうか…)

ハマーンVS敵

ハマーン(シャア…何を一人で抱え込んでいる…お前はネオ・ジオンを…世界をどこへ導くつもりだ…返答次第では、私はお前を討たねばならない…)

アムロVS敵

アムロ(妙なものだな。宿敵のはずなのに、こうして共に戦えば息が合う…変わりつつあるのか…奴も俺も…)

マリーダVS敵

マリーダ(ミネバ様の感じているZ-BLUEの空気…何があの方を、そこまで引き付ける…それはジオンの光さえも超えるものなのか…)

ギュネイorクェスVS敵

ギュネイ「クェス! 俺の側を離れるなよ!」
クェス「もう私だって一人前なんだから! 保護者気取りはいらないよ、ギュネイ!」
ギュネイ「俺は別にそういうわけではないんだが…」
クェス「あ、わかった! 保護者気取りじゃないならカレシ気取りだ!」
ギュネイ「悪いかよ?」
クェス「大佐より強くなったら考えたげるよ」
ギュネイ「その言葉、忘れるなよ!」

カミーユVS敵

カミーユ(あの人がいる…それだけでこうも安心感があるなんて…結局、俺はまだあの人に頼っているのかもな…)

ハサウェイVS敵

ハサウェイ「クェスが見ているんだ! やってみせなきゃ!強くなれば、クェスはシャアじゃなく僕を選んでくれる!」

バナージVS敵

バナージ(マリーダさんの言葉…忘れてはならない…今は戦おう…未来を…可能性を守るために!)

宗介VS敵(アーバレスト搭乗時)

宗介「久々の宙間戦だ。各部の調整は任せるぞ、アル」
アル「では撤退を選択します。宇宙空間のASの機動は、まだ開発中です」
宗介「お前の冗談は笑えんな」
アル「冗談が言えるだけ軍曹よりはマシでしょう」
宗介「遊びはここまでだ。仕掛けるぞ、相棒!」
アル「ラジャ」

甲児VSインベーダー

甲児(なぜ、ミケーネの遺跡の地下にインベーダーがいたんだ…ミケーネとインベーダーは何か関係があるのか? まだあしゅらの戦いは終わってないのか…)

神と悪魔と人

甲児VS機械獣

甲児(ガラダK7とダブラスM2…俺が最初に戦った機械獣…最後に戦う機械獣が、この2体になるとはな…!)

竜馬VS機械獣

竜馬「行くぜ、最後の機械獣! お前達を倒して、完全に機械獣軍団を終わりにしてやるぜ!」

タケルVS神

タケル「ズール…宇宙魔王…このミケーネの神々は、奴等に匹敵する力だ!人類は勝てるのか…この最凶の敵に…」

キリコVS神

キリコ(この感覚…奴等…ワイズマンと同じなのか…)

竜馬VS神

竜馬「ちいっ! 神を自称するだけあって、並の相手じゃないようだぜ!だがな! 一度始めたケンカを途中で投げ出すほど、この流竜馬は落ちぶれちゃいないぜ!」

甲児VS神

甲児「たとえ、相手が神を名乗る者だろうと平和を脅かす存在ならば、俺とマジンガーは戦う行くぞ、ミケーネ! お前達が惰弱と言った人間の力を見せてやる!」

ロジャーVS神

ロジャー(私のメモリーの奥底に眠る超越者の存在…このミケーネの神々を見ると認めざるを得ない…あれは神と呼ばれる存在であると!)

ボン太くんVS神


シモンVS神

シモン「この感覚…覚えている!」
ヴィラル「ああ!」
シモン「こいつらはあのアンチスパイラルと同じだ! 全力で行くぞ、ヴィラル!」

シンジVS神

シンジ「こ、こいつら…今までの敵とは強さが違う!」
レイ(碇君のEVA…怯えている…!?)

ゼロVS神

ゼロ(奴等も神…高位の段階まで進んだものか!こいつがあの男の…シャルル・ジ・ブリタニアの目指した存在の成れの果てなのか!)

アマタVS神

アマタ(神…神って、いったい何だよ!どうして、あいつらを見てると頭の奥がジンジンするんだよ…!?)

ヒビキVS神

ヒビキ「くっ!」
スズネ「どうしたの、ヒビキ君!?」
ヒビキ「こいつら…同じです…! ガドライトと…俺の追っていた天使と!」
スズネ「え…」
ヒビキ「こいつらは人間の生命なんてゴミと同じだと考えている! こんな奴等の好きにさせてたまるものかよ!」

暗黒の神ミケーネ

甲児VS敵

甲児(たとえ、この生命がここで尽きようとも俺は戦う!人の命を虫けら同然と考えるミケーネの神! 俺は死んでも、お前達に屈しないぞ!)

竜馬VS敵

竜馬(俺の命も、ここで年貢の納め時かも知れない…)
  「だがなぁ! 俺は死ぬ時だろうと前のめりだ! 俺を倒せると思うなよ、ミケーネ!!」

ゼロVS敵

ゼロ(神の名の下に人の尊厳を踏みにじる者め!お前達のような者が人間の上位存在であるものか! 俺達がそれを証明してやる!)

赤木VS敵

赤木「くそおっ! 熱海は景色が綺麗で、飯が美味くて温泉が気持ちいい街だったのに!!わかっているのか、お前等! ここには人が住んでいたんだぞ!!?そんな奴等が神様なんて名乗ってるな!!!」

甲児VSハーデス

甲児「ハーデス! お前にやられた借りを返すぞ!」
ハーデス「ゼウスに手を貸した愚か者め、まだ生きていたか!?ならばお前を八つ裂きにし、その骸をゼウスの鼻面に突きつけてやる!」
甲児「やれるものならやってみろ! 俺だってただでやられるつもりはないからな!」

ワッ太VSガラダブラ

ワッ太「やいやい、三つ首ガイコツ! 勇者だか何だか知らないが、こっちだって無敵の看板を背負ってるんだ!」
ガラダブラ「笑わせてくれるな、小童! 小便を漏らす前にとっとと帰るがいい!」
ワッ太「いつまでも偉そうな口を利けると思うなよ! こっちは捨て身でやってるんだ!見てろ、神様! 男ワッ太の意地を見せてやるぞ!!」

正太郎VSガラダブラ

ガラダブラ「人形遊びの時間は終わりだ! 人間自慢のガラクタは、この勇者ガラダブラが叩き潰してくれる!」
正太郎「そうはさせるか! 鉄人は太陽の使者、僕達の希望だ!」
ガラダブラ「太陽の使者だと!?なるほどな! お前達は、滅びとシンカの入り口に立っているということなのか!」

ノリコVSガラダブラ

ガラダブラ「わかるぞ! お前は頂点にまで達した火の文明の生き残りか!!」
ノリコ「何を言っているかわからないけど、あたしはただの火じゃないから!あたしの心の中には、いつだってお姉様という火がともっている!それとあたし自身の火を合わせてガンバスターは炎になるんだから!」

竜馬VSガラダブラ

竜馬「神だ、勇者だって肩書きなんざ知るか!! 敵はすべて倒すのが俺の生き方だ!!」
ガラダブラ「無謀にも我に向かってくるか!」
竜馬「そんなハッタリが効くかよ! 俺を黙らせたければ、お前の力を見せてみろ!俺はそれを正面から叩き潰す!」

號VSガラダブラ


甲児VSガラダブラ

ガラダブラ「我が肉体が覚えている! お前に刻まれた傷の痛みをそして、我が魂が覚えている! 神話の時代、ゼウスに与したお前がこの勇者ガラダブラと戦ったことを!」
甲児「過去のことなんか知ったことか! 今、俺にとって大事なのは目の前のお前を倒すことだ!やるぞ、マジンガー! 命がけの戦いだ!」

赤木VSガラダブラ

赤木「いぶきさん、青山! こいつは絶対にここで止めるぞ!」
ガラダブラ「この勇者ガラダブラを恐れぬとはな! 褒めてやるぞ、人間!」
赤木「そっちが勇者ならこっちはサラリーマンだ! 誇りだったら負けないぞ!」
ガラブダラ「サラリーマン? 人間の勇者の称号か!?」
赤木「その通りだ! 自分の仕事に誇りを持って戦ってる人達のパワー、お前に見せてやる!」

葵VSガラダブラ

ガラダブラ「感じる…感じるぞ、お前達から獣の血を!」
葵「あたし達の野性を感じているってわけね!感じるだけじゃ終わらないよ! あたし達の篤く燃える魂をその身で味わっていきな!!」
ガラダブラ「やはりな! どうやら、ハーデス様はここを神話の果てと見定めたようだ!」

シモンVSガラダブラ

ガラダブラ「人間め! 風の行き先も知らずに戦っているか!」
シモン「黙れ、ガイコツ! 俺の行き先は俺が決める! お前らに口出しさせねえ!」
ガラダブラ「滅びの意味も知らんとは! ならば、この勇者ガラダブラが引導を渡してくれよう!!」
ヴィラル「笑わせるな! 一度は死んだお前に勇者の名は相応しくない!」
シモン「来やがれ! お前にもう一度、敗北の味を教えてやるぜ!」

シンジVSガラダブラ

シンジ「強い! 勇者って言われるだけはある!」
ガラダブラ「それがわかったのなら、とっとと失せろ、小僧がッ!」
シンジ「…も…僕……から・・・」
ガラダブラ「聞こえんぞ、小僧! 命乞いなら最初から聞く気はないが!」
シンジ「でも、僕だってZ-BLUEなんだ!」
ガラダブラ「!!」
シンジ「戦うんだ! みんな、命がけでやってるんだ! 僕だって…僕だってぇぇぇッ!!」

アマタVSガラダブラ

ガラダブラ「水の交わり!? 奴等め、全ての時代を集め、ここを静止した楽園にするつもりか…!!」
アマタ「何を言ってるんだ!?」
ガラブダラ「人類がその意味を知る必要はない! お前達はシンカの途上で朽ちるのが宿命なのだ!」
アマタ「そんな理屈で殺されるなんて御免だ!俺たちは生きているんだ! 誰にもこの生命を渡してなるものか!」

ヒビキVSガラダブラ

ガラダブラ「オリジン・ロー! 太陽の時代を進む者がここにもいたか!?」
ヒビキ「悪いが、ご神託を聞く余裕はこっちにはないんだよ!たとえお前達が神だろうと、俺はここで立ち止まるわけにはいかない!お前達を倒し、俺は奴と決着をつけるんだ!」
ガラダブラ「ええいッ! こいつだけは放置しておくのは危険だ!!」

再来する絶望

レイVS敵

レイ(碇君…お別れなの…?)

アスカVS敵

アスカ「この一大事にミサトもバカシンジもどこで何をやってんのよ!?さっさと出てきなさいよ、バカシンジ! あんたの使命もEVAで戦うことなんだからね!」

ヒビキVSガドライト(ジェニオン搭乗時)

ガドライト「イミテーションのサナギで、俺に向かって来るとは…ガキってのは怖いもの知らずだねぇ」
ヒビキ「黙れ、ガドライト! 今まで遊び半分で多くの人間の生命を奪ってきたツケを払ってもらうぞ!!そして、父さんと姉さんの生命を奪ったことを地獄で後悔させてやる!」

ヒビキVSガドライト(ジェニオン・ガイ搭乗時)

ガドライト「ようやく出やがったな、イミテーション!! 本家の力を思い知らせてやるぜ!!」
ヒビキ「本物も偽物も関係あるか! 俺はこのジェニオン・ガイでお前を倒すだけだ!!」
ガドライト「それが身の程知らずだっつってんだよ、クソガキが!! 本物の『いがみ合う双子』の力を思い知らせてやるぜ!!」

アドヴェントVSガドライト

ガドライト「ちょろちょろと俺達の邪魔ばかりしやがって!!」
アドヴェント「人類の進化を見守る、それが本来のクロノの教義…それを歪ませる存在を私は認めない!行くぞ、ジェミニス! スフィアの力を使いこなせるのが自分だけだと思わないことだな!」

シモンVSムガン

シモン(待ってろよ、ニア! 必ずお前を迎えに行くからな!)
   「来るなら来やがれ、アンチスパイラル! 地球とニアに手出しできなくなるまでとことんやってやるぞ!」

キタンVSムガン

キタン「顔無しめ! 二度とてめえらの面を見る事ぁないと思ったが懲りねえ野郎だぜ!だったら、骨の髄まで教えてやるぜ! 地球にはグレン団とZ-BLUE、そしてこのキタン様がいるって事をな!」

ヨーコVSムガン

ヨーコ「許せない…頑張って生きている人達を一方的に殲滅する何ていうその神経が!何より、シモンとの結婚を控えて幸せの絶頂にいたニアを、また巻き込んだことが!!」

ギミーorダリーVSムガン

ギミー「やるぞ、ダリー! アンチスパイラルの思い通りにさせてたまるものか!」
ダリー「わかってる! シモンさんのためにも、絶対にニアさんは取り戻さなきゃ!」

シンジVS敵

シンジ「父さんのためじゃない…僕は僕自身と僕の大切な人たちのためにEVAに乗るんだ!僕は父さんの人形じゃない! Z-BLUEの碇シンジなんだ!!」

開かれる扉

アルトVS敵

アルト(YF-29…俺の新たな翼…俺が空を飛ぶ理由…戦う理由…それはあいつらを守るためだ!守ってみせる! この世界も、シェリルも、ランカも!)

アマタVSカグラ

カグラ「決着をつけてやるぜ、弱虫アマタ!」
アマタ「望むところだ、カグラ!」
カグラ「お前じゃ絶対に俺には勝てないんだよ! あの日、諦めちまったお前じゃあな!」
アマタ「今の俺はあの時とは違う! もう絶対に大切な人を誰かの手に渡しはしないっ!」
ミコノ(どうして…どうして、二人が戦わなきゃならないの…)

アマタVSイズモ

アマタ「アルテアの最高司令官のあいつを倒せば、戦いは終わるんだ!」
イズモ(やはり、この少年は私の…だが、今は私情は捨てる! 私はアルテア最高司令官としての努めを果たす!許せ、アリシア…)

アンディVS???(MIXY)

???「機械天使め! 我らの邪魔をするなら、この僕が相手になってやる!」
アンディ「お前ごときがアクエリオンの相手になると思うなよ!」
???「そちらこそ、この僕の相手が務まるか試してやる!」
アンディ「ああ言えば、こう言う! なんて生意気な野郎だ!?」

ヒビキVSガドライト

ヒビキ「ガドライト! 今日こそはお前を倒す!」
ガドライト「しつこいな、少年。どれだけ俺に恨みを持ってるか知らないが、復讐なんて面倒なだけだと思わないか?どうせ、仇を討ったって何も戻ってこないんだ。だったら、もっと前向きに生きようと思わないかい?」
ヒビキ「………」
スズネ「ヒビキ君…!」
ヒビキ「…お前に言われるまでもなく、何度もそんな風に考えたさ」
   「だがな! それじゃ俺は前に進めないんだ! あの日の父さんと姉さんの顔が消えないんだよ!!だから俺はお前を倒す! 先のことは、それから考える!」
ガドライト(なるほどな。アンナロッタの言っていたこいつと俺が似てるっての…やっと意味がわかってきたぜ)

ヒビキVSアンナロッタ

アンナロッタ「ヒビキ・カミシロ! 隊長の手を煩わせるまでもない! 貴様は私が倒す!」
ヒビキ「そこをどけ、アンナロッタ! 俺のターゲットはガドライトだ!」
アンナロッタ「やらせない! あの人を守るのが私の最後の任務だ!」
スズネ(この人…)

ボン太くんVSガドライト

ボン太くん「ふも、ふも、ふもも!」
ガドライト「こいつは驚いた! イカしてるな、おい!?お前さんみたいな連中ばかりだったら、世の中、楽しくて仕方ないだろうな」
ボン太くん「ふもーっ!」
ガドライト「ハハハ、お前さんもハニーと同じだ! 怒った顔がまたキュートだな!」

刹那VS敵(ダブルオークアンタ乗り換え後)

刹那「クアンタ…お前の本来の役目は戦い以外にある…だが、今は戦う…この世界の戦いを止めるために!」

ephemera

シュレードVS敵

シュレード(もうすぐ俺の命は尽きる…だが、その前に見つけて見せる…究極のメロディを!)

シュレードVS敵(イベント後)

シュレード(俺はどこかで自分の命を諦めていた…だが今は違う!俺の中に満ちる命の力…死の恐怖を乗り越えた喜びが、俺に力を与えてくれる!この生命の鼓動こそ、究極のメロディ! 友と、仲間とともに歩む未来を俺は創り出す!)

アマタVSカグラ

アマタ「お前は育った世界が滅ぼうとしていても何も感じないのか!」
カグラ「知ったことか! 星の未来なんざ関係ない! 俺にはクソ女だけがいればいい!」
ミコノ「!」
カグラ「世界を全部敵に回しても、俺はクソ女だけがいればいい!」
アマタ「黙れ、カグラ! 俺はお前を認めない!俺はミコノさんとミコノさんの愛する世界を守ってみせる!」

アマタVSMIXY

アマタ「もうやめろ、MIX! 俺たちの…アンディの声を聞くんだ!」
MIXY「お前達の事など知るか! 僕はMIXYだ!お前達は僕の敵! このアイアンシーに土足で踏み込んだお前達は僕が排除する!」
アマタ「くっ! 今は戦う力を奪うしかない!」

アムロVSイズモ

アムロ「一つの星の最強の機体とパイロット…油断は出来ない!」
イズモ「ヴェーガ最強の戦士の一人と見た…相手にとって不足はない!」
アムロ「お前は俺の知る男と同じだ! 一人で全てを背負い込み、自分だけが世界を救えると思っている!」
イズモ「何!?」
アムロ「それはエゴでしかない! お前もこの世界で生きる一人の人間に過ぎない!」

バナージVSイズモ

イズモ「青いな。素質を持っていても、活かす為の経験が足りない」
バナージ「そういう風に全てをわかったような口を利くのが大人なんですか!可能性を試してもみず、自分の中の理屈を振り回して戦いを仕掛けるのが大人だって言うんですか!」
イズモ「自らの行いに責任を取るのが一人前の男の務めだ! だから、私は勝たねばならんのだ!」
バナージ「そんなものは誤魔化しでしかないでしょうがッ!!」

宗介VSイズモ


ボン太くんVSイズモ


アルトVSイズモ


竜馬VSイズモ

竜馬「アルテア最強の男か! こいつは血が騒ぐぜ!」
イズモ「この男、戦いを楽しんでいるのか!」
竜馬「勘違いすんなよ! 俺にも世界を背負って戦ってる覚悟はある!だから、お前のような悪党をぶっ飛ばして世界を守るんだよ!」

赤木VSイズモ


シモンVSイズモ

シモン「俺も一度は人の上に立った男だ。あんたの苦労も少しは分かる」
イズモ「ならば大人しく道を空けろ! 私はアルテアを救わねばならんのだ!」
シモン「お断りだ!無理で道理を蹴飛ばそうったってそうはいかねえ! だったらこっちも一歩も退く気はねえ!お互い譲れないものがあるんなら後はぶつかるだけだ! 俺たちは絶対に負けねえぞ!」

ゼロVSイズモ

ゼロ「なるほど。確かにあなたは力を持った指導者のようだが、裏を返せば独裁に過ぎない」
イズモ「今、アルテアに求められているのは力だ! 例えお前達に悪といわれようと、私は星のために戦う!」
ゼロ「自らの行為を悪と知りながら仕方ないという。無能な独裁者の典型だな」
イズモ「く…」
ゼロ「私が教えてやろう! 力に頼った統治の迎える結末というものを!それはより大きな力への敗北だ!」

ヒビキVSイズモ

ヒビキ「言っておくぞ、独裁者。どれだけ理屈を並べても、戦いを仕掛けてきたあんたを俺は認めない」
イズモ「誰かに認めてもらおうとして私は戦っているわけではない」
ヒビキ「哀れだな、あんたは! 世界を守るって言うのは、そこに住んでる人達を守るってことだろ!あんたに守りたい人はいないのか!? 未来を一緒に歩もうって人はいないのか!? そんな世界に何の意味があるんだ!!」
イズモ「それでもやらねばならんのだ! あの日、私のために命を投げ出したアリシアのためにも!」

アマタVSイズモ

アマタ「お前が何者だろうと、どんな理由があろうと、俺たちの世界に戦いを仕掛けたことは許せない!」
イズモ「翼の少年よ、許しを請うつもりはない」
   「君に許しを請うなら、それはもっと別のことだ」
アマタ「え…?」
イズモ「だが、今は戦おう。我が母星アルテアのため、全てを捨てて!」
アマタ「負けてたまるか! 俺達だって覚悟を決めてここに来たんだ!」

決戦!ブラックホール!

ワッ太VSグーラ


タケルVSグーラ


正太郎VSグーラ


ワッ太VSグーラ(2回目)


タケルVSグーラ(2回目)


正太郎VSグーラ(2回目)


アルトVSグーラ


甲児VSグーラ


赤木VSグーラ


宗介VSグーラ


シンジVSグーラ


カレンVSグーラ


アマタVSグーラ


ヒビキVSグーラ


永遠と言う幻想

ヒビキVS敵

ヒビキ(ガドライト・メオンサム…今日の屈辱を俺は忘れない…必ず俺達は特異点を見つけ出し、お前の目論見を打ち砕く)
   (ガドライト・メオンサム! お前を必ず後悔させてやるぞ!!)

アムロVS敵

アムロ(黒歴史…俺たちはそれを回避したはずだ)
   (だが、シュバルツはシャアが核の冬を起こしたといった…何だ、この悪寒は…一体世界に何が起きたというんだ!?)

ロジャーVSシュバルツ


ロジャーVSエンジェル


アマタVSミカゲ


アルトVSミカゲ

光の闘神Z

竜馬VSガラダブラ

ガラダブラ「ゲッター線を使う者! 人間にその力を御することは出来ん!」
竜馬「悪いな、ガイコツ! 俺はゲッター線のことなんざ知ったこっちゃねえ!ゲッターロボは敵をぶっ倒す力だ! お前の勇者の看板、貰っていくぜ!」

甲児VSガラダブラ

ガラダブラ「お前がゼウスの魂を受け継ぐというならその力を見せろ!」
甲児「くっ! やっぱり勇者の名は伊達じゃないか!だが、お前を倒せなきゃ、ハーデスに勝てるはずはないんだ!通してもらうぞ、ガラダブラ! 俺たちはハーデスを倒し、この世界を守るんだ!」

ワッ太VSハーデス

ハーデス「小僧!この冥府の王に向かってくる勇気は褒めてやるわ!」
ワッ太「そんな言葉が欲しくて戦ってんじゃない!俺はお前を倒すために戦ってるんだ!」
ハーデス「笑わせるな!子供の戯言に付き合っていられるか!」
ワッ太「野郎ー!その子供に負けたら、神様なんて名乗るなよ! そうやって偉そうにふんぞり返ってる奴は俺は大嫌いなんだよ!」

正太郎VSハーデス

ハーデス「なるほど! 太陽をその身に宿すこの人形は、確かに宇宙魔王と正対する存在か!」
正太郎「太陽エネルギー転換装置のことを言っているのか!」
ハーデス「その力はワシにとっても厄介だ! 太陽の輝きを宿す者はワシの手で始末する!」
正太郎「そうはいくか! 鉄人は、お父さんが僕に遺してくれた平和を守る正義の力だ!行くぞ、鉄人! お前の太陽の力でハーデスの闇を払うんだ!」

タケルVSハーデス

ハーデス「お前が皇帝ズールを倒したマーズか!」
タケル「何故お前がズールを知っている!?」
ハーデス「暗黒の力は一つに集まる! 奴もワシも、その源は一つよ!」
タケル「闇の炎…この力は危険だ!」
ハーデス「マーズよ! お前と兄の生まれてきた意味を知る前に死ぬがいい!」
タケル「俺と兄さんの生まれた意味…?」
ハーデス「死ね、マーズ! 兄と共に暗黒の世界に消えろ!」
タケル「そうは行くか、ハーデス! 俺は宇宙の平和と未来のために戦うと兄さんと約束したんだ!俺の超能力の全てを出し切る! 暗黒の世界に帰れ、ハーデス!」

桂VSハーデス

ハーデス「見つけたぞ、真の特異点! お前の力はワシが利用させてもらう!」
桂「せっかくのアプローチだが、相手が強面のオッサンじゃノーサンキューだ!」
ハーデス「オ、オッサンだと!!」
桂「あんた達みたいな上から目線じゃ、例え美女でもお断りだがなこの桂木桂様は美女と自由を愛する男だ! お前達みたいな力ずくの連中は一番頭に来るんだよ!」

キリコVSハーデス

ハーデス「この男!?」
キリコ「……」
ハーデス「なるほどな!お前もこの世界に集められたか!だが、因果を超える存在も神の前には無力!それを教えてやろう!」
キリコ「ならば、俺も一つ教えてやる」
   「俺は誰の支配も受けない。例え、神であっても」

カミーユVSハーデス

ハーデス「この者もその身に太陽の萌芽を宿すか!」
カミーユ「何を言っている!?」
ハーデス「一つだけ教えてやる!お前達はここで討たれるのが幸福なのだ!生き延びれば必ず後悔するぞ!」
カミーユ「他人に決められた生き方に何の意味がある!冥府の王ハーデス!人類を思い通りに出来ると思うな!」

アムロVSハーデス

ハーデス「この男が先駆者か!」
アムロ「何!?」
ハーデス「人類にシンカは許されない! それは神の審判だ!」
アムロ「お前のような存在に人類のあり方を決められてたまるものか!俺たちは人類の未来を信じる! その進む先を邪魔する者がいれば、俺はその存在と戦う!」

ヒイロVSハーデス

ハーデス「人類に未来などない!それは神の意志だ!」
ヒイロ「……」
ハーデス「恐怖で声も出ないか、ならば死ね!!」
ヒイロ「お前に俺達の未来を決める権利はない」
   「人類の敵、ミケーネ。その存在を排除する!」

シンVSハーデス


キラVSハーデス


刹那VSハーデス

刹那「他者を拒絶し、力で欲望を貫く者!」
ハーデス「それこそが宇宙の真理!戦いこそ宇宙の摂理!背く者には滅びあるのみ!」
刹那「そんなものを俺は認めない! 永遠に戦いが続く世界など存在してはならないんだ!」

バナージVSハーデス

ハーデス「神を恐れよ、人間!自らの無力を悔いろ!」
バナージ「お前達は…神なんかじゃない…!」
ハーデス「世迷言を!恐怖で精神が崩壊したか!」
バナージ「人間だけが神を持つ…可能性という名の神を!可能性とは無限の未来だ!それを奪う者が神であるものか!」

ノリコVSハーデス

ハーデス「この者、火の文明の生き残りか!」
ノリコ「甘く見ないでよね! あたし一人でも、ガンバスターには炎が宿っているのよあたし自身の火、そしてお姉様に託された火! それがガンバスターの炎となって燃えるのよ!」
ハーデス「よかろう! バアルと戦ってきた貴様の力を、見せてみろ!」
ノリコ「地球の未来を闇に包もうとする邪神! あたしは絶対に諦めない!このガンバスターであなたたちの邪悪な野望は必ず打ち砕く!」

バサラVSハーデス

バサラ「神だか何だか知らないが、俺の歌を聴けぇぇぇぇぇ!!」
ハーデス「こやつ…! まさか、伝説のアニマスピリチアか!」
バサラ「ゲペルニッチみたいな事、言ってんじゃねえよ! そんな事より、俺のサウンドに魂を重ねろ!!」
ハーデス「ぬううっ!このような男まで集められるとは、この星ではいったい何が起きているんだ!

アルトVSハーデス

ハーデス「目障りな羽虫め!その翼を引きちぎってやる!」
アルト「やれるもんならやってみろ!俺の希望をお前のような奴に奪われてたまるか!」
ハーデス「こやつ…冥府の王であるこのハーデスを前に、まるで臆していないとは!」
アルト「地獄だろうが冥府だろうが俺は飛ぶ! 守るべきもののために!」

竜馬VSハーデス

ハーデス「ぬううっ!? 何故、貴様がここにいる!?」
竜馬「人違いかよ、オッサン! それともまだ寝ぼけているのか!」
ハーデス「まだ自らの使命に目覚めていなかったか! ならば、勝機はある!」
竜馬「随分と殊勝じゃねえか! 自称神にしちゃ奥ゆかしいもんだ!だが、もう遅いぜ! こっちはとうにやる気になってんだ!お前達は人類と俺に喧嘩を売ったんだ! 半端で済むと思うなよ!」

號VSハーデス

ハーデス「ゲッター線の申し子よ!貴様はこの星で何をする気だ!」
號「俺はただ、人類の行き先を見守るだけだ。その先は、一人一人の人間が決める」
ハーデス「綺麗事を!本性を表す前に消滅させてくれる!」
號「言っておくぞ、オリュンポスの神よ!人類の可能性を詰む者は俺の敵だ!やるぞ、ゲッター! 地球の未来を守るんだ!」

赤木VSハーデス

赤木「サラリーマンと神様の戦いだ!全力で行くぞ!」
ハーデス「哀れなものだな!なけなしの勇気を振り絞って向かってくるか!」
赤木「それの何が悪い!お前が虫けらという人間の一人一人が全力で生きているんだ! それを守るためなら、相手が神様だろうと悪魔だろうと全力で戦う! それが俺達とダイ・ガードの戦いだ!」

ロジャーVSハーデス

ハーデス「何だ、貴様は?」
ロジャー「それが、人にものを尋ねる態度かね? 神というものは礼儀を知らないようだ」
ハーデス「人間如きに礼を尽くすなどありえん!」
ロジャー「その思い上がりがある限り、我々は友人になれそうにないな」
ハーデス「笑わせるな!人間如きが神と対等だと思うなよ!」
ロジャー「ゼウスと甲児の絆を見てもそう言えるとはな。失望させてくれる、ハーデス」
    「やはり、お前達に神の名は値しない。少なくともこのビッグオーに刻まれた神とは全く別だ!」
ハーデス「やはりそうか!貴様の乗るそれは!」
ロジャー「既に対話の時間は終わった。ここからはお前達の流儀に合わせてやろう! 思い知るがいい!神の名に於いて造られたビッグオーの力を!」

宗介VSハーデス

ハーデス「来るがいい、人間よ! 貴様の無力さを思い報せてくれる!」
宗介「……」
ハーデス「恐怖で声も出ないか!」
宗介「確かにお前は神かも知れない」
  「だが、兵士としては二流だ」
ハーデス「何だと!」
宗介「戦場で虚勢を張るものは早死にする! それを身を以って知るがいい!」
ハーデス「この不死の神に向かって…」
宗介「まだ無駄口を叩くか!」

ボン太くんVSハーデス

ボン太くん「ふもも、ふも! ふもふも!」
ハーデス「ば、馬鹿な! お前が相手にしているのは、冥府の王ハーデスなのだぞ!」
ボン太くん「ふもふ、ふもふ! ふもも、ふっふも!」
ハーデス「し、信じられん! これが人間がたどり着いたシンカの形か!ならば、我が力の全てで相手をする! 神が人に…いや動物に負けるなどあってはならないのだ!」
ボン太くん「ふーも! ふもっふ!!」

葵VSハーデス

ハーデス「獣の血はここで絶つ! 死ぬがいい、小娘!」
葵「あたし達の燃え滾る血はそんな脅し文句じゃ収まらないよ!」
ハーデス「この闘争心! やはり、こやつらは!」
葵「今更やめるって言っても遅いよ! あたし達の闘志はとっくにレッドゾーンなんだ!行くよ、ハーデス! やってやろうじゃん!」

シモンVSハーデス

ハーデス「螺旋の男! 風の行き先は滅亡であることを知れ!」
シモン「滅亡だ、殲滅だって言えば俺達が黙ると思うな!頭を抑えられりゃ、そいつをぶち抜く! 前に壁があればそいつもぶち抜く! それがドリルだ!」
ハーデス「反螺旋族が動くのも当然だ! こやつの螺旋は既に天元に向かっている!」
シモン「後悔しても遅いんだよ、ハーデス! 俺を敵に回した以上、半端で済むと思うなよ!」

シンジVSハーデス

ハーデス「人間め! こやつを器にして神への道を歩もうとするか!」
シンジ「何を言ってるんだ、あいつ!?」
ハーデス「時が満ちる前に叩き潰す! 人間が神になるなど許されん!」
シンジ「何を言ってるかよくわからないけど、僕だってZ-BLUEの一員なんだ! 相手が神でも、みんなと一緒に戦う!」

ゼロVSハーデス

ゼロ「お前たちは神の力を履き違えている」
ハーデス「人間ごときが知ったような口を!」
ゼロ「この俺が、神の存在の継承者であってもか?」
ハーデス「何だと!? この世界に、神の秘術が遺されていたのか!?」
ゼロ「あんなものは人類には不要だ! 俺は神を否定する!俺たちは未来を認める! 永遠の名の元に未来を失った神になど屈しはしない!」

アマタVSハーデス

ハーデス「天翅…!? いや、これは翅犬か!」
アマタ「!」
ハーデス「所詮、翅犬は翅犬! そのひ弱な翼で神に挑もうと無駄だ!」
アマタ「俺は翅犬ポロンじゃない! 人間アマタ・ソラだ!そして俺の翼は、敵を、悲しみを、運命を跳び越える翼だ!冥府の王ハーデス! お前の闇も俺の翼は超えてみせる!」

ヒビキVSハーデス

ハーデス「太極の欠片の持ち主か!? いや、違う…」
ヒビキ「何を言っている!?」
ハーデス「だが、確かに奴らの力の一端を感じる…いったい何者だ、こやつは…!?」
ヒビキ「そっくりそのまま返すぞ、ハーデス。お前は一体なんだ?」
ハーデス「何!」
ヒビキ「俺の知ってる神様ってのはお前のような欲望丸出しの醜いブタじゃない」
ハーデス「貴様はッ!」
ヒビキ「安い挑発に乗るようじゃ高が知れるな!いい機会だ! 天使と決着をつける前に自称神を叩き潰してやる!」

ゼウスVSハーデス

ゼウス「戦いをやめろ、ハーデス! 我々の使命は、後に続く弟達を見守ることだ!」
ハーデス「違うぞ、ゼウス! 神とは全てを統べ、それが許される存在だ!現に奴等はそう振舞っている! 神の使いの名のもとに!」
ゼウス「お前もそれに従うのか!」
ハーデス「寝言を言うな、ゼウス! 我々の目的は神々の戦いに勝利すること!そのためにもオリジン・ローの満ちるこの星は我々の戦力に必要なのだ!」
ゼウス「そのためにお前は人間の命を奪うというのか!ならば、私は神としてお前を討つ! 強き心を持つ鋼の勇者たちと共に!!」

甲児VSハーデス

ハーデス「ゼウスを継ぐ者よ! 神話の時代の借りを返すぞ!」
甲児「いつまでも過去に拘るとは小さいな、ハーデス!」
ハーデス「貴様! 神を愚弄するか!」
甲児「黙れ! 生命を踏みにじるお前達が神なんかであるものかお前に教えてやる! お前が虫ケラだという人間の力を、希望を信じる俺の力を!そして、光を宿したマジンガーの力を!」
ハーデス「こ、こやつ! 人を超え、魔神となるか!」
甲児「ハーデス! 冥府の闇に帰れぇぇっ!!!」

ワッ太VSミカゲ

ミカゲ「翅無し…ましてや子供では、私の愛も憎しみも理解できまい」
ワッ太「そんなもん、わからなくてケッコー毛だらけコケコッコーだ!」
ミカゲ「この小僧!」
ワッ太「八つ当たりで世界を滅ぼそうとする奴なんかに負けてたまるかよ!」
ワッ太「行くぞ、ふられ天翅! 俺にやられても八つ当たりするんじゃないぞ!」

正太郎VSミカゲ


タケルVSミカゲ

タケル「世界を滅ぼすような感情が愛であるはずがない!」
ミカゲ「翅無しが私の愛を否定するか!」
タケル「誰かの幸せを奪うようなお前に愛という言葉を口にする資格はない! 誰かを愛するなら、その人と生きる世界の全てを愛するんだ!」
ミカゲ「光と闇に分かれた双子の片割れが、知ったような口を! お前も闇に落ちろ!」

桂VSミカゲ

ミカゲ「貴様…!」
桂「誰かを愛する気持ちは俺にもわかる! だがな、ふられたからって逆恨みや八つ当たりはかっこ悪すぎるんだよ!」
ミカゲ「黙れ! 私は…!」
桂「口を開けばさらに株が下がるぜ! 大人しくこの世界から退場しな、ふられ天翅!」

キリコVSミカゲ

キリコ「哀れだな、お前は」
ミカゲ「因果律を越えた異能の者よ。お前ごときに哀れまれる私ではない!」
キリコ「俺が眠らせてやる。お前が愛に苦しむのなら」
ミカゲ「お前は…私と同じなのか…」
キリコ「………」

カミーユVSミカゲ

カミーユ「この男の悲しみ…暗く深い!」
ミカゲ「翅無しごときが私の心に触れるな!」
カミーユ「愛し、憎む心を持ったお前は俺達と変わりがない!」
ミカゲ「笑わせるな! 翅無しが天翅と同じだと!?」
カミーユ「だから、俺がお前を止める! お前の憎しみが世界に破滅を齎す前に!」

アムロVSミカゲ

ミカゲ「不幸な男だな、お前は」
アムロ「何!?」
ミカゲ「お前がこのまま生き続ければ、いずれ我々と…天翅と同じ孤独を味わうことになる」
   「それは1億と2000万年の孤独だ」
アムロ「1万と2000年ではないのか?」
ミカゲ「それこそは天翅に刻まれた忌まわしい記憶! 翅無しよ、そこに至る前にお前達を滅ぼしてやるのは私の慈悲と知れ!」
アムロ「この男の勝手な理屈にはついていけんな…!」

ヒイロVSミカゲ

ヒイロ「お前の愛も憎しみも知ったことではない」
ミカゲ「翅無しが私の想いを理解できないのも無理はない」
ヒイロ「俺に必要なのはお前が世界の敵だという事実だ」
ミカゲ「この男の心…何よりも熱い!」
ヒイロ「お前の存在がなんだろうと、敵ならば速やかに排除する」

シンVSミカゲ


キラVSミカゲ


刹那VSミカゲ

刹那「!」
ミカゲ「私の哀しみに触れたか。ならば、その深さと暗さに恐れ戦いただろう」
刹那「だが、それが世界を滅ぼす理由にはならない!」
ミカゲ「どうやら、お前は他の翅無しより少しだけ前に進んでいるようだ。そして、その力はお前を孤独にする。その時、お前は私を否定できるかな」
刹那「先のことはわからない。だが、世界を滅ぼそうとするお前を見逃すわけには行かない! この世界の未来を守るため、俺はお前と戦う!」

バナージVSミカゲ

バナージ「未来を…可能性をつむ者! お前は世界の敵だ!」
ミカゲ「どの道翅無しに未来はない。ここで滅ぼされた方が幸せだよ」
バナージ「そんな理屈に付き合ってられるか!」
ミカゲ「確かにお前は危険な存在かも知れない。放って置くわけにはいかないかもね」
バナージ「思い通りにさせてたまるか! 俺も、この世界も!」

ノリコVSミカゲ

ノリコ「あたしは戦う!世界の未来を守るために!」
ミカゲ「健気なことだ。お前のいた世界は果て無き破壊の化身に滅ぼされたというのに」
ノリコ「そんな言葉は信じない!あたしとお姉さまとみんなの戦いは未来を守った! この世界でも同じよ!あなたのような存在と戦うために、あたしとガンバスターはここにいる!」

バサラVSミカゲ

バサラ「ダウンな気分は俺の歌を聞けば吹き飛ぶぜ!」
ミカゲ「!」
バサラ「行くぜ、天翅! 俺の歌を聴けッ!」
ミカゲ(ああ、生命の歌……私の中の2万4000年の闇が癒されていく……だが、私は許してはならない……アポロニアスと、アポロニアスが愛した世界を……)

アルトVSミカゲ

ミカゲ「二人の乙女の愛を弄ぶ罪な男…」
アルト「何!」
ミカゲ「お前のような罪深き者に私を断罪する資格はない」
アルト「……」
ミカゲ「やはり自覚はあったか。ならば、お前も私と共に闇に堕ちろ!」
アルト「断る!」
ミカゲ「ほう?」
アルト「心の痛みに負け、誰かを憎むようなお前の言葉を聴く気はない!俺が今やるべきことはシェリルとランカを守り、世界を守ることだ!」
ミカゲ「そうして問題を先送りにするのか」
アルト「いいや、俺の心は決まっている! だが、それはお前に関係ないことだ!!」

竜馬VSミカゲ

竜馬「神だか天翅だか知らねえが、俺の敵ならぶっ潰すだけだ!」
ミカゲ「ゲッター線に選ばれし永遠の戦士!ここにもいたか!」
竜馬「どうやら、お前もゲッター線について何か知ってるようだな」
ミカゲ「答えを知りたいか、翅無し」
竜馬「そんなものに興味はねえ!」
ミカゲ「自らシンカを拒むというのか!?」
竜馬「前に進みたければ、自分の足で歩くまでだ! お前のような邪魔者をぶっ壊してな!」

赤木VSミカゲ

ミカゲ「何の力も持たない翅無しが私に向かってくるか」
赤木「確かに俺はただのサラリーマンだが、お前にない立派なものがある!」
ミカゲ「何だ、それは?」
赤木「気合と根性だ!これがあるから、俺はお前みたいに誰かにフラれたからって八つ当たりなんかしないぞ!八つ当たりや逆恨みで世界を滅ぼすなんてどれだけみっともないか、いい加減に理解しろよ!」

ロジャーVSミカゲ

ミカゲ「黒いメガデウスよ、お前のことも覚えている」
ロジャー「1万2000年前の記憶か」
ミカゲ「いいや、それよりもっと過去…1億2000万年前の記憶だよ」
ロジャー「何だと?」
ミカゲ「…その様子では記憶は封じられたままか…だが、お前達はいずれ知る。お前達の神が遺したシステム、その意味をね」
ロジャー「妄言を吐く男には辟易している…そういった輩は私の前から消えてもらおう!」

宗介VSミカゲ

ミカゲ「愛を知らない翅無しが一人…」
宗介「確かにお前の言う通りかも知れん。だが、愛に溺れて妄言を吐き散らすお前よりはマシなつもりだ」
ミカゲ「哀れな。愛こそ至上…この世界全てよりも」
宗介「ならばお前を倒し、それをゆっくり探させてもらおう!」

ボン太くんVSミカゲ

ボン太くん「ふももーっ!」
ミカゲ「や、やめろ! その濡れたつぶらな瞳で私を見るな!」
ボン太くん「ふも?」
ミカゲ「ああ…! 私の中の怒りが、憎しみが…! 2万4000年の闇が溶けていく…!ならば、愛しきケダモノよ! 私の愛を君に注ごう!」
ボン太くん「ふ、ふもっふーっ!!」

葵VSミカゲ

ミカゲ「獣の血を持つ者よ。お前達は、なぜ自分達がこの世界にいるのか考えたことがあるか?」
葵「そういう哲学的問答に付き合う気はないよ。ついでにあんたのムカつく恋バナにもね!」
ミカゲ「死にたいようだな、翅無し!!」
葵「フラれた腹いせに世界を滅ぼそうとするような奴に負けるほど、チームDはヤワじゃないよ! そんなに滅びが好きならどこか人目のつかないところで勝手に自爆してな!」

シモンVSミカゲ

ミカゲ「風の行き先は天元に…そして、その先に待つのは絶望…」
シモン「その絶望を俺のドリルはブチ抜く!」
ミカゲ「身の程知らずの翅無しよ。その絶望の先に何があるのか知っているのかい?」
シモン「何が待っていようと、敵ならばブチ抜くまでだ! 俺のドリルは未来に進むための力だ!お前のような絶望に沈む奴に俺は止められないぞ!」

シンジVSミカゲ

ミカゲ「新たな世界の扉…神の降りる器。だが、お前は自らの存在の意味を知らない」
シンジ「何を言ってるんだ…?」
ミカゲ「フフ…彼には悪いけれど、私に向かってきた以上は罰を与える」
シンジ「そうやって、自分だけが分かったような口を利いて人を勝手に動かそうとする人は嫌いだ…! そんな人に、みんなの住んでる世界を好きにさせるものか!」

ゼロVSミカゲ

ミカゲ「神の遺産の継承者よ。何故、お前はその力で翅無しを導かない」
ゼロ「永遠など、人類には不要なのだよ」
ミカゲ「自ら神への階段を放棄するとは愚かな」
ゼロ「逆恨みに世界を巻き込むほどではない」
ミカゲ「貴様は…」
ゼロ「この世界に必要なのは時の止まった永遠ではなく、可能性あふれる未来だ! それを閉ざす闇は、俺と仲間達が払う!」

ヒビキVSミカゲ

ヒビキ「俺の追っている天使にお前は似ている…」
ミカゲ「なるほど。そう思うのも無理はないだろうね」
   「だけど君は、大きな考え違いをしているよ」
ヒビキ「その人を人とも思わぬような物言い、気に入らないな!」
ミカゲ「お前は身の程と言うものを知った方がいい…」
ヒビキ「知っているさ。俺はテンシを狩る者だ!世界を滅ぼすお前は俺の獲物だ!」

甲児VSミカゲ

ミカゲ「光の神の力を受け継ぐ者よ! 翅無しが、その力を使いこなせるものか!」
甲児「黙れ、フラれ天翅!俺は自分の力で未来を築くとゼウスと約束したんだ! 世界を滅ぼそうとするお前の闇は、俺とマジンガーの光の力が打ち払ってやる!」
ミカゲ「身の程知らずが!私の心の闇に堕ち、暗黒の中で絶望するがいい!」

アマタVSミカゲ

ミカゲ「翅犬の分際で、この私に刃向かうか!」
アマタ「俺はアポロでもポロンでもない! アマタ・ソラだ!俺はお前のように過去に囚われない! 今と、そして未来のために戦う!」
ミカゲ「お前たちに未来はない! アポロニアスの愛した全てを私が滅ぼす!」
アマタ「お前の憎しみに屈するものか! 俺達には、それに負けない愛がある友達を、仲間を、家族を、世界を、そしてミコノさんを愛してる! この愛がある限り、お前になんか負けるものか!ミカゲ! ミコノさんと、この世界の未来をお前から取り戻す!」

カグラorゼシカVSミカゲ

カグラ「ミカゲ!」
ゼシカ「私達を利用してきたあんたは絶対に許さない!」
ミカゲ「私はお前達の中にある欲望に手を貸しただけ。責任を押し付けるのはやめてもらおう」
ゼシカ「それは認める! だけど、私達は変わった!」
カグラ「俺たちはお前のように、いつまでも昔のことをグチグチ言うような真似はしないのさ!俺達が生きるこれからの世界のために、お前には消えてもらうぜ、ミカゲ!」

アンディorMIXVS敵

アンディ「MIX!」
MIX「アンディ!」
アンディ「俺が穴を掘り!」
MIX「私が埋める!」
アンディ「俺達は最高のコンビだ!」
MIX「何も怖くない! アンディと一緒なら!」

ゼシカorカグラVS敵

カグラ「行くぜ、ドン底女!」
ゼシカ「OK! このクソ男!」
カグラ「へ…悪くないぜ、この感覚!」
ゼシカ「私って猛獣使いの才能があるかも…?」
カグラ「さっきまでのジメジメが嘘みたいだぜ!」
ゼシカ「そうだね。やっぱり、私にはこういうのが合ってる!」

飛べ、宇宙へ

ロジャーVSベック

ロジャー「ビッグオー!アクションッ!!」
ベック「ちょっと待て!お前、ネゴシエイターなのにいきなり力ずくか!?」
ロジャー「我々は急いでいるのだ。私の言葉を理解する知性のない輩と話をしても時間の無駄というものだ」
    「それとも、ベック…。君は私の話を聞く気があるのか?」
ベック「欠片もない!」
ロジャー「これで双方の利益は合致した!では、遠慮無く行かせてもらおう!」
ベック「な、何か納得できねえぞ、オイ!」

キリコVSカン・ユー

カン・ユー「キリコ!今日こそ決着をつけてやる!」
キリコ「その言葉…何度目だ?」
カン・ユー「え…あ…う…」
キリコ「話が終わったなら、行くぞ」
カン・ユー「ま、待て!」
キリコ「お前に構っている暇はない」

宗介VSゲイツ

ゲイツ「見ぃつけたぜ、白いの!お前と出会ってから、どうにも私の人生、ケチがつき始めた!」
宗介「貴様の人生など知った事か!」
ゲイツ「ハッハッハ!さっきの嘘だぜ、白いの!私は内心ではお前に感謝している!お前にやられたおかげでアマルガムをやめたが、そうしたら世界が無限に広がったからな!」
アル「軍曹…私には彼の言っている事が理解できません」
宗介「心配するな、アル。俺もだ」
アル「では…」
宗介「俺達のやる事は一つ…!敵は速やかに殲滅する!」
ゲイツ「あ、ちょっと待て!ここから私の感じた新たな感覚をお前に教えてやるのに!」
宗介「そんな異常な世界に興味はない!」

宗介VSガウルン

ガウルン「誰も知らないちっぽけな島でお前と最後の戦いとはな!最高すぎるぜ、カシム!」
宗介「そこをどけ、ガウルン!俺達は行かなければならないんだ!」
ガウルン「知っているさ!その足止めに俺達は来てんだよ!ハハ、笑えるぜ!裏稼業じゃ、ちょっとは名の知れたこの俺の最後が捨て駒とはな!」
宗介「ガウルン…」
ガウルン「おっと…誤解するなよ、カシム!俺は戦いの大きさや任務の重大さなんてのは興味がないのさ!要は俺がどれだけ楽しめるか!それだけなんだよ!」
宗介「貴様という男は、まるで変わらんな!」
ガウルン「そういうお前は変わったよ、カシム!」
宗介「それが何だ!俺はいつだって俺だ!もうお前ごときの言葉に惑わされんぞ!」
ガウルン「いいぜ、いいぜ、カシム!ちょっと方向性は変わったが、俺の大好きなカシムが戻ってきたじゃないか!これで心置きなく地獄への連れションが出来るってもんだぜ!」
宗介「黙れ、ガウルン!そんな所へは、お前一人で行け!」
ガウルン「連れないなぁ、カ~シム~!」
宗介「俺は黙れと言ったぞ、ガウルン!!」

テッサVS敵

マデューカス「艦長…」
テッサ「わかっています。敵の狙いは、こちらの足止めでしょう」
   「ですから、我々は可能な限り早く、この海域を突破しなくてはなりません」
マデューカス「アイ・マム。本艦乗組員の全力を挙げて」
テッサ(ですが、もしもの時の準備もしなければなりません…)

アムロVS敵

アムロ(一刻も早く宇宙に上がらなければならない…俺の予想が正しければ、奴は…)

ヒビキVS敵

ヒビキ(千鳥さん…君は特異点なのか…)

シャア・アズナブルの真実


BEYOND THE TIME

バナージVSアンジェロ

アンジェロ「バナージ・リンクス!大佐に無礼を働いたお前はここで仕留める!」
バナージ「こんな時でも自分のプライドが大事なのか!」
アンジェロ「貴様にはわかるまい!大佐の偉大さが!大佐こそが新たな世界の指導者に相応しいのだ!」
バナージ「上手く言えないけど、あの人は危険だ…! あの人を止める…そのためにもこいつを突破しなければ!」

バナージVSジンネマン


シモンVSASI

シモン「待ってろよ、アンチスパイラル!これが片付いたら、すぐにお前のところに乗り込んでやる!そして、必ず取り返す!ニアと、地球の平和を!」

シャアVSハマーン

ハマーン「シャア!ネオ・ジオン全てを騙して来た報いを受けてもらう!」
シャア「目を覚ませ、ハマーン!連邦の地球至上主義者を、クロノを倒せば、地球とコロニーには和解の道がある!」
ハマーン「スペースノイドの怨嗟の声はどうなる!」
シャア「それを晴らせば、待っているのは終わりなき憎しみの争いだ!それが人類のためになるのか!そんな事では人類は、永遠に次のステージへ進むことは出来ない!」
ハマーン「…理性で感情を抑えることは出来ない。それが人の性なのかも知れない…」
シャア「ハマーン!」
ハマーン「だがそれでも、貴様には報いを与える!ネオ・ジオン総帥として、一人の男として、責任を果たさなかった罪を購え!」
シャア「駄目なのか、ハマーン…!」

カミーユVSハマーン

ハマーン「そこをどけ!私はシャアと決着をつけねばならないのだ!」
カミーユ「あの人には自分のやって来たことの責任を取ってもらう!だが、世界の未来を守ってからだ!ハマーン!お前にあの人を討たせはしない!」

アムロVSフロンタル

フロンタル「決着をつけるぞ、アムロ!」
アムロ「お前がシャアとどういう関係かは知らないが、そんな言葉を聴くつもりはない」
   「俺のやるべきことは、どんな手を使おうともお前を押さえ、時空を修復することだ!」
フロンタル「その力が愚民に利用されていることを知りながらか」
アムロ「お前の言う愚民などどこにもいない!地球に住む命を平然と斬り捨てるお前はここで止める!お前は赤い彗星ではない!その皮を被った人間以外の何かだ!」

カミーユVSフロンタル


キラVSフロンタル

キラ「あなたはプラントもこの戦争に巻き込もうとしているんですか?」
フロンタル「それは彼らの意志だよ。別の見方をすれば、地球に対する潜在的な不満が顔を出しているに過ぎない」
キラ「あなたはそれを誘導しているんですか?」
フロンタル「私とてそこまで万能ではない。プラントのことはプラントに任せているさ」
     「今私のすべきことは、この世界を正しい方向に導くことだ」
キラ「未来のない世界が正しいはずがない! あなたは僕が止めます!」

ヒイロVSフロンタル

フロンタル「君もコロニーのために戦ってきたならば、今の世界の歪みが理解できるはずだ」
ヒイロ「だが、それは変わりつつある」
フロンタル「スペースノイドはそれを待てないのだ。だから赤い彗星が必要となる」
ヒイロ「戦いによる変革の時代は終わった」
   「フル・フロンタル……お前の描く世界に未来はない」

刹那VSフロンタル

フロンタル「イノベイターとして覚醒した君ならば、人類はより良き方向に進まねばならないことがわかるだろう」
刹那「それは誰かが強要することではない!」
フロンタル「それでは人類がもたないのだよ。私が見た未来では」
刹那「それを変えるためにすべきことは戦争ではないはずだ!未来を放棄したお前にこの世界の行方を好きにはさせない!」

シンVSフロンタル

シン「戦争なんてしなくったって世界は変わるはずだ!なぜその道を選べない!」
フロンタル「それでは世界がもたないのだ。ジェミニスやバアルの襲来がその証だ」
シン「ならば尚更だ!人類同士が戦っている場合じゃないのに!」
フロンタル「その通りだ。だから、人類には指導者が必要なのだよ」
シン「そんな理屈があるか!平和のために戦争を起こすような奴に世界を任せられるか!」

ノリコVSフロンタル

フロンタル「この世界に漂着した君に私を止める権利はないな」
ノリコ「あたしだってこの世界で生きているんです!一つの命として、あなたに言いたいことがあります!失った命は二度と戻らないんです!それがわからないような人はあたしが相手になります!」
フロンタル「その巨体では、私のシナンジュの動きにはついて来れまい?」
ノリコ「あたしの怒りがガンバスターの炎となる!相手が誰だろうと絶対に止められない!」

シンジVSフロンタル

フロンタル「無理をすることはない」
シンジ「え…」
フロンタル「君は恐怖に耐えながら戦っている。そんな人間が無理に戦場にいる必要はないのだ」
シンジ「そうやって優しいだけの言葉を投げかける人を、僕は信用できません」
   「僕を助けてくれる人はみんな、痛みや苦しみを越えて戦っている!だから僕も戦えるんです!」
フロンタル「残念だよ。私は後退を薦めたのだが」
シンジ「僕だって戦います!僕にだって守りたいものがあるんだ!」

宗介VSフロンタル

フロンタル「ASではこのシナンジュを止めることは出来んよ」
宗介「……」
フロンタル「余計な言葉はなしか。どうやら優秀な兵士のようだ」
宗介「少なくともマシンのスペックに頼り、戦場で余計な言葉を発する兵士よりマシなつもりだ」
フロンタル「何?」
宗介「赤い彗星の伝説にこだわり、前線に出てきた時点でお前の敗北は決まった」
  「俺の学校がある地球にあんな岩の塊を落とさせてたまるか!」

ボン太くんVSフロンタル

ボン太くん「ふももふ!ふもふも!」
フロンタル「仮面の私と着ぐるみの君…まさか、こんな形で巡り会うとはな」
ボン太くん「ふも!ふもふふ、ふももふも!」
フロンタル「なるほど。いわゆる中の人…つまり、意思がある自分は私と違うと言いたいか」
ボン太くん「ふも!」
フロンタル「だが君は、誰かに望まれたから、そんなもので出撃している。つまり、スペースノイドの願いを集めた私と同じだよ」
ボン太くん「ふもも、ふも ふもっふ!」
フロンタル「いいだろう!私を否定するのなら、君の意志というものを見せてもらおう!」

シャアVSフロンタル

シャア「結局はこうなるか」
フロンタル「並行世界の同一人物は基本的に同じ世界に二人存在しないそうですよ」
シャア「だから、私とお前は赤い彗星の座をかけて戦うというのか」
フロンタル「似たもの同士は反発しあうということですよ」
シャア「不快だな。お前のような男と同じにされるのは」
   「お前の出自の目星はついている。だが、それとこの戦いは無関係だレーズもゼロも手段はそれぞれだったが、どちらも世界の未来を案じての戦いだった!」
フロンタル「それは私も変わりませんよ」
シャア「違うな、フル・フロンタル。お前は未来など望んでいない!」
フロンタル「だから?」
シャア「ようやく生の感情を見せたな」
フロンタル「そうまでして私を怒らせたいか!シャア・アズナブル!!」
シャア「フロンタル!人間を導くのは人間でなければならない!お前のような男に世界は渡せない!私と共に時空修復の人柱となってもらうぞ!」

バナージVSフロンタル

バナージ「あなたという人は!」
フロンタル「君も現実を直視せず、都合のいい夢を見ているようだね、バナージ君」
バナージ「今を越えて未来を夢見ることの何が悪いんです!可能性を否定する事の方が、俺には理解できませんよ!」
フロンタル「そういう選択が出来る人間がこれからの世界を管理すべきだ。それが私の答えだよ」
バナージ「それでも…!それでも俺は!!抗って見せます!!」

いがみ合う双子

ヒビキVSアンナロッタ

アンナロッタ「ヒビキ! お前を隊長に近づけるわけにはいかない!」
ヒビキ「どけ、アンナロッタ! お前の相手は奴を倒してからだ!」
アンナロッタ「あの人がいない世界など意味はない! 私の命に代えても、あの人だけは!」
スズネ「あなたは…」
ヒビキ「…アンナロッタ…もしかしたら、お前は悪い人間ではないのかもしれない…」
アンナロッタ「ヒビキ…」
ヒビキ「だがな! どんな事情があろうとも、俺はお前を、お前達を許さない!!」
   「何が私の生命に代えてもだ!? お前達の起こした戦いのおかげで、その生命を無意味に奪われていった人がいるんだぞ!!」
アンナロッタ「………」
ヒビキ「お前達にも事情があったのかも知れない……。だが、そんなものを聞く気はない! 絶対に聞いてたまるものか!」
   「お前達のやって来たことは戦争ですらない!! そんな連中を許すものかよ!!」
   「お前達はもう後戻りの出来ないところまで来ているんだ! それを思い知れ、アンナロッタ!」
アンナロッタ「…それでいい、ヒビキ! 貴様の死力を尽くして、私と戦え!」

ロジャーVSガドライト

ガドライト「つれないな、ロジャーよォ! お前には何度もオゴったってのによぉ!?」
ロジャー「それについての感謝は既にした。既に我々の関係はイーブンだ」
ガドライト「思い上がるなよ、口先野郎! 俺がお前ごときと対等だと!?」
ロジャー「強がりはやめるのだな、ガドライト。君が虚勢を張れば張るほど、私には君が哀れに思えるよ」
    「それと私に対する評価を訂正するなら、今のうちだ。さもないと君は後悔する事になる」
ガドライト「後悔なんて感情はとっくに残ってねえさ! でなけりゃ、こんな馬鹿はやってねえよ!!」
ロジャー「なるほどな。どうやら君は罰を求めているようだ」
ガドライト「黙りやがれ、ペテン師が!」
ロジャー「君に奢ってもらった酒の礼だ! 私とビッグオーが、その役をやってやろう!」
    「ガドライト・メオンサム! 汝、罪ありだ!!」

アルトVSガドライト

アルト「ガドライト! ここでお前を倒し、ジェミニスの野望を打ち砕く!」
ガドライト「威勢がいいな。まるで恐れを知らないヤングライオンだぜ!」
     「だがなァ! 勢いだけでやれるほど、俺は落ちちゃいないぜ!」
アルト「諦めに溺れ、八つ当たりで地球を滅ぼそうとした奴の言葉なんか聞く気はない!」
ガドライト「言ってくれる! だが、こんな俺にもまだ残ってるものがある! そのためにも負けられねえんだよ!」
     (アンナロッタ…この戦いに勝って、お前だけは守る!)
アルト「負けられないのは俺も同じだ! 行くぞ、ガドライト!」
   (シェリル、ランカ! お前達の未来、俺が守って見せるぞ!)

甲児VSガドライト

甲児「逃がすかよ、ガドライト! 今日こそ決着をつけてやるぜ!」
ガドライト「逃げるだァ? 笑わせるなよ、地球人!」
     「まだ力の差がわかってねえようだな!? お前ごときじゃ、逆立ちしたって俺には勝てねえんだよ!!」
甲児「そういって俺達を甘く見た悪党どもの成れの果てはお前も知っての通りだ!」
  「ブラックホールだろうと、堕天翅族だろうと、ミケーネの神だろうと、スフィア・リアクターだろうと俺達の怒りは止められない!!」
ガドライト「だったら、俺がお前達を絶望に叩き落してやるぜ!!」
甲児「負けるかよ!! お前みたいな奴に俺達と地球の未来を渡すものか!!」

バサラVSガドライト

バサラ「俺の歌を聴けっ!」
ガドライト「俺はお前みたいに能天気には生きられねえんだよ!」
ミレーヌ「どんな事情があろうと、あんたのやって来たことは許されることじゃない!」
ガドライト「そうは言うがな、お前達が俺と同じ境遇になってもそんな事が言えるか!?」
バサラ「!」
ガドライト「だから、試してやるぜ! お前達から全てを奪ってな!」
バサラ「どんなことになろうとも俺から歌は奪えねえ! 例えノドを潰されても、舌を抜かれても俺のソウルは歌い続ける!」
   「お前にはハートを燃やせるようなものがもう残ってねえのかよ!」
ガドライト「それは・・・」
     (アンナロッタ…)
バサラ「心を空っぽにして俺の歌を聴けっ! お前のハートをもう一度燃やせよ!」
ガドライト「黙れ…黙れよぉぉぉぉッ!!」

桂VSガドライト

ガドライト「真の特異点! お前の存在は許せねえんだよ!」
桂「そんなに俺が大時空震動を起こしたことが気に食わないのか!」
ガドライト「そうじゃねえ! 特異点というだけで守られる、お前と言う存在自体が認められねえんだよ!」
桂「守られている? 俺が?」
ガドライト「だから、お前はこの世界に引っ張り込まれたんだよ! 奴らからお前と相棒とあいつを隠すためにな!!」
桂「あいつ…?」
ガドライト「それを知る必要はねえんだよ! お前はここで俺が潰す!」
桂「そういう風に訳の分からない理屈で絡まれるのはあの日から慣れっこだが、そんなものに屈する気もサラサラないね!」
 「俺には帰る場所があるんだ! 次元の檻が壊れた以上、とっとと平和を取り戻してミムジィのところに帰る手段を考えるさ!」

アマタVSガドライト

ガドライト「愛する女がいるんなら、とっとと地球から逃げ出しな! それが俺の最後の優しさだ!」
アマタ「そんなことが出来るもんか! 俺は俺達の星を守ると誓ったんだ!」
   「父さんと母さんと…そして、愛するミコノさんと!」
ミコノ「アマタ君…!」
アマタ「俺はいつだって未来を信じている! 運命だって超えて見せる!」
カグラ「そうだ、アマタ! お前にはそのための翼がある!」
ガドライト「愛する女といい仲間に囲まれて幸せな奴だよ、お前は!」
     「だがな! そういうのを見てると虫唾が走るんだよっ!!」
アマタ「それはこっちの台詞だ、ガドライト! 他人をねたみ、人の命を虫けらのように扱うお前は俺達の手で倒す!」
   「行くぞ! お前を倒して、俺達は未来を守る!」

ゼロVSガドライト

ガドライト「知ってるぜ、ゼロ。お前がこうして生きてんのには理由があるんだよな」
ゼロ「……」
ガドライト「お前も遺産の継承者になったんなら、少しはわかるだろ! 何のために次元の檻が造られたのか!」
ゼロ「未来を奪うような行為が、慈悲などであるものか! 俺は過去よりも、今よりも、未来を選ぶ!」
  「そしてそれは、世界の全ての人が望んだ答えだ!」
ガドライト「ああ、そうかい! だったら、地獄で自分の選択を悔やむんだな!」
ゼロ「言っておくぞ、ガドライト! 俺は地獄にも……そして時獄にも行くつもりはない!」
  「俺はゼロ! 勝利のために奇跡を呼ぶ男だ! それをお前にも思い知らせてやる!」

ヒイロVSガドライト

ヒイロ「お前達のやって来たことも全ては無駄だ。後はリリーナたちが戦争の後始末をしてくれる」
ガドライト「そうは行くかよ! まだまだ戦争は続くのさ!」
     「次元の檻がぶっ壊された今、もうまどろっこしい手はなしだ!」
     「同士討ちを待つつもりはない! 俺の手であの星を滅茶苦茶にしてやるぜ!」
ヒイロ「直接的な手で来るなら、好都合だ。お前さえ消せば、戦いは終わる」
   「ターゲット確認。攻撃目標、ガドライト・メオンサム!」

葵VSガドライト

葵「やっとあんたに借りを返す日が来たよ!」
くらら「あなたが私たちから奪ったもの!」
朔哉「せっかく手に入れた平和!」
ジョニー「大切な記憶!」
エイーダ「そして、続いていく未来!」
ガドライト「鬱陶しい連中だぜ! 奪われた物を言っていいんなら、こっちはお前らの比じゃねえんだよ!!」
葵「量の問題じゃないんだよ! あんたのやって来たことをあたし達は許さない!」
ガドライト「無駄なんだよ! いくら怒ったって世の中には絶対に敵わない相手ってのがいるんだよ!」
葵「諦めに支配されたあんたと一緒にするな!! 見せてやるわ、あんたがあたし達から奪ったものの力を!」
 「あたし達の血の滾りは止められない! 怒りとともに真っ赤に燃え滾る!!」
ガドライト「獣の血か!」
葵「覚悟しな、ガドライト! やってやろうじゃんっ!!」

シンVSガドライト

シン「ガドライト・メオンサム! 戦いを起こしたお前を俺は絶対に許さない!」
ガドライト「勘違いをするなよ! 俺がやったことは、戦争をやりたがってる奴らの背をちょっと押してやっただけだ!」
     「怒りをぶつけるんだったら、そいつらにもだろ? まさか、騙された被害者だからセーフって都合のいい理論を持ち出すのかよ!?」
シン「そんな事はお前に言われるまでもない!」
ガドライト「何!?」
シン「ネオ・ジオンは叩いた! 後はお前を倒し、クロノを追い詰めるだけだ!
ガドライト「大した自信だなァ、少年!? だが、その遠大な野望は俺のところでストップだ!」
シン「お前ごときに負けてたまるものか! 俺は全ての戦争を終わらせるまで止まらないぞ!」

シャアVSガドライト

ガドライト「シャア・アズナブル! よくも余計なことをしてくれたな!!」
シャア「お前達の影を捉えた日から、私はこの日のためにシャア・アズナブルとして戦ってきた!」
   「後はお前達を倒せば、人類は自らの足で再び進み始める!」
ガドライト「もう自分が用済みってのは理解しているようだな! だったら、俺が引導を渡してやるぜ!!」
シャア「だからと言って、お前のような男の感情の捌け口になるつもりはない!!」
   「私とて赤い彗星と呼ばれた男だ! 感情に溺れた器の小さい男に遅れを取るつもりはない!!」

カミーユVSガドライト

ガドライト「来やがったなニュータイプ! お前の力を見せてみな!」
カミーユ「ニュータイプは戦争のための力じゃない! 俺は兵器じゃないんだ!」
ガドライト「そういう綺麗事には反吐が出るんだよ! 事実、お前はその力で戦ってきたんだろうが!!」
カミーユ「……」
ガドライト「だが、心配すんな。その戦闘力があれば、お前は生かしてもらえるかも知れないぜ!」
     「この俺やジェミニスのようになァ!!」
カミーユ「俺の命は俺のものだ! 誰かの許可を貰って生きるつもりはない!!」
    「そして、俺の力でお前を倒すことが出来るなら、俺は戦うことをためらわない! 終わらせるぞ、ガドライト・メオンサム!!」

アムロVSガドライト

ガドライト「こんな事になるんなら、とっととフロンタルにお前をやらせりゃ良かったぜ!」
アムロ「何っ!?」
ガドライト「お前がいたから、シャア・アズナブルは自分が特異点であることに気づき、世界のためなんて綺麗事を始めやがった!」
     「本来なら、あいつはお前への対抗意識だけで突っ走って、アクシズを地球に落としたはずだったのによ! どうして、こうなっちまったんだよ!?」
アムロ「それは奴が自ら運命を切り開くことを学んだからだ!」
   「もし、俺が途中で倒れたとしても、今のシャアならばこの世界を救ったに違いない!」
ガドライト「くそがっ! もう勝ったつもりでいるなよ!!」
     「こうなったら監視役はやめだ! お前達を叩いて、地球を滅茶苦茶にしてやるぜ!」
アムロ「やらせるか! 人類の可能性を摘もうとしたお前の相手は俺がする!」
   「シャアが世界を導くのなら、俺はその世界を守る役をやるまでだ!」

バナージVSガドライト

バナージ「あなたは! 自分が何をしようとしたのか、わかってるのか!?」
ガドライト「次元の檻でバアルの侵攻を防いでやろうとしたのさ。感謝してくれよな、地球人」
バナージ「違う! お前のやろうとしたことは、未来を…可能性を殺すことだ!」
    「生も死もない世界なんかに意味はない! 全ての人達は未来を選択した!」
ガドライト「うざってぇなぁっ! だったら、バアルが来る前に俺が地球を滅ぼしといてやるよ!」
     「そして教えてやる! お前達は、せっかくのお恵みを拒否した大馬鹿野郎だってなぁ!!」
バナージ「そんなことはさせない! 未来は俺達が守ってみせる!」
    「そのための力を俺達は手にしたんだ!」

刹那VSガドライト

刹那「何故、こんな事をする!?」
ガドライト「イノベイターとやらのお前さんでも俺の怒りと諦めはわからんようだな!」
刹那「それは感じている! 俺が理解できないのは、なぜお前達はそこから地球を滅ぼそうと考えたのかだ!」
  「自分達の受けた悲しみを広げることに何の意味がある!」
ガドライト「ハ! そんなものをわざわざ説明させるのかよ! 随分と残酷だな、お前さんはよ!」
     「惨めに泣きながら、悔しかった、羨ましかったといえば納得するのかよ、あァッ!?」
刹那「……お前は他人の痛みをわかろうとしなかった。いや、それを知りながらあえて無視した! 自分の心を守るために!」
ガドライト「!」
刹那「そんな男に俺達の世界を渡すわけにはいかない! お前の戦争は俺達が根絶する!」

正太郎VSガドライト

ガドライト「ガラクタが! まとわりつくのなら、スクラップにしてやる!」
正太郎「鉄人は太陽の使者…僕達の希望だ! お前のように諦めに負けた奴なんかに鉄人が負けるもんか!」
ガドライト「言ってくれるぜ、ガキがッ!! ご自慢のオモチャをぶっ壊して、泣きっ面を拝ませてもらう!」
正太郎「そんな風に遊び気分で戦う奴なんかに僕達の地球を好きにさせるものか!」
   「やるぞ、鉄人! 時の牢獄を破壊した次は全ての元凶ジェミニスを倒すんだ!」
鉄人「!!!」

シモンVSガドライト

ガドライト「螺旋の男! お前がどれだけ力を得ようと、その先に待っているのは絶望だ!」
シモン「ガドライトォォッ!!」
ガドライト「こいつ…俺の話を聞いてないのかよ!?」
ヴィラル「無駄だ、ガドライト・メオンサム。既にシモンの意識はアンチスパイラルとの決戦に向いている」
    「お前のように諦めに沈み、怒りを忘れようとしている奴の言葉など、シモンの耳には届かん」
ガドライト「ナメた真似をしてくれる! だったら教えてやろうじゃねえか!! 風の行き先……螺旋の向かう先は絶望だってよ!!」
シモン「どけ、ガドライト! お前に構っている暇はねえんだ!」
   「俺のドリルの向かう先は、ニアのいる場所だ! その邪魔をする奴は全てブチ抜く!」
   「俺のドリルは絶望をブチ抜き、希望への道を造るドリルだァァァァッ!!!」

ワッ太VSガドライト

ガドライト「来いよ、ガキが! 大人が現実ってのを教えてやる!」
ワッ太「あんた達の星のことはは、かわいそうだと思うよ! だけど、それとこれとは話は別だ!」
   「そんな風に八つ当たりで人の星を襲うような奴が偉そうに大人ぶるな!」
ガドライト「黙れよ! だったら、力ずくで大人の怖さと俺の怒りをお前に教えてやる!」
ワッ太「そんな脅しに負けるかよ! ここまで来たら大人も子供も関係あるか!」
   「俺は絶対に守ってみせるぞ! 地球の平和も、我が社の金庫も!」

キリコVSガドライト

ガドライト「異能生存体め! お前に250億分の1の確率があろうと運命は覆せねえんだよ!」
キリコ「…………」
ガドライト「愛する女を救えなかったお前に負けるか! 俺は…」
キリコ「黙れ」
ガドライト「いいや、言ってやるさ! お前は愛する女を救えなかった間抜野郎だ!」
     「だが、安心しろ! 俺がお前を女の所に送ってやるぜ!」
キリコ「そんな事をフィアナは望んではいない」
   「そして、俺もだ」

宗介VSガドライト

ガドライト「俺の味わった絶望の何分の一かでもお前達に味わわせてやるぜ!」
宗介「下らんな」
ガドライト「何!?」
宗介「俺はお前の背景や心情には何の興味もない。戦場に立っている以上、お前は俺の敵以外の何者でもない」
  「俺にとって、敵とは排除するだけの存在だ。話がしたいのなら、酒でも飲んで、その辺の酔っ払いに相手をしてもらえ」
ガドライト「言ってくれるじゃねえか! お前に俺の…」
宗介「無駄口を叩いている暇があるのか、このドシロウトが!!」
ガドライト「野郎ッ!! ジェミニスのトップエースであるこの俺の戦技をそうまでして味わいたいか!」
宗介「そういう虚勢を張る兵士にロクな奴がいないのはどこの世界でも共通だ」
  「ガドライト・メオンサム! 最低の兵士にして最悪の指揮官! お前は俺が叩く!」

赤木VSガドライト

ガドライト「サラリーマンが、のこのことこんなところに来たのが運の尽きだな!」
赤木「黙れ、卑怯者! サラリーマンだって平和を守れるんだ!」
いぶき「最初に決め台詞を持ってきた!」
青山「相当テンション高いな、赤木の奴…」
赤木「当然だ! 今日こそこいつをぶん殴って、みんなに平和を取り戻すんだからな!」
ガドライト「冗談はよせっての! もうこの星に平和なんてものは二度と来ないんだよ! たとえ俺を倒したとしてもな!」
赤木「お前の後にバアルやアンチスパイラルが来るのならそいつも倒す!」
  「覚えておけ、ガドライト! これが、お前が諦めることで忘れちまった希望や未来を信じる心って奴だぁっ!!」

タケルVSガドライト

ガドライト「来いよ、マーズ! お前の言う愛の力ってやつで俺達ジェミナイドを救ってみろよ!」
タケル「お前の最大の罪は、自らの悲しみに負けて他人まで不幸に巻き込もうとしたことだ!」
ガドライト「ご高説はたくさんだ! だったら俺に何が出来た!?」
     「酒を飲んで憂さを晴らし、この星の人間が殺しあうのを眺めるくらいしかやることはないだろうが!」
タケル「哀れな男だな、お前は」
ガドライト「何だと!?」
タケル「お前の中には怒りの感情もあるはずだ! 諦めの中で溺れる以外のことだって出来たはずだ!」
ガドライト「知ったような口を利くな! 俺の中の怒りの何がお前に分かる!」
タケル「ならば、お前に俺達の怒りを見せてやる! 地球の未来を奪おうとしたお前を俺は絶対に許さないぞ!」

竜馬VSガドライト

竜馬「笑わせてくれるぜ、ガドライト! お前の腕は認めてやるが、性根の方は腐りきってやがるな!」
ガドライト「黙れよ、地球人! お前に俺の…ジェミナイドの何が分かる!」
弁慶「出たぜ! 悪党の定番の言い訳が!」
隼人「お前達が卑劣な手を使った以上、弁明など聞く気はない」
ガドライト「そうかよ! だったら、力ずくでお前達にもくれてやるぜ! 俺達の辿った運命と同じものをな!」
竜馬「やれるもんならやってみやがれ! 元々お前と話し合いで済むとは思っちゃいないぜ!」
  「来やがれ! お前のスフィアは、俺とゲッターが砕いてやる!」

ノリコVSガドライト

ガドライト「お前さんも災難だったな。もしもの時の保険ってことで、この世界に無理やり飛ばされてよ!」
ノリコ「あなたのいう事なんて聞くつもりはありません!」
   「だけど、一つだけ言っておきます! あたしは、この世界に来てよかったと思っています!」
ガドライト「冗談言うな! こんな戦争ばっかりの星のどこがいいんだよ!!」
ノリコ「確かに戦争は嫌いです! でも、この世界の人達は、みんな一生懸命に生きてます!」
   「あたしのいた地球と同じでみんな、未来に向かって生きています!」
ガドライト「その未来が真っ暗闇だと知らずにな…!」
ノリコ「では、あたしがその暗闇を照らします! ガンバスターの炎で!」
   「そして、あなたを倒します! みんなの未来を守るために!」

シンジVSガドライト

ガドライト「残念だったな、少年! 今までは『扉』になるって事で、お前さんの機体はあえて見逃してきたんだがな!」
シンジ「初号機のことを言ってるのか?」
ガドライト「だが、もうやめだ! 世界改変なんて面倒なことを待ってるつもりもなけりゃ、お前の親父さんのスケジュールも待っちゃいられねえ!」
シンジ「どうして、そこで父さんが出てくるんだ!?」
ガドライト「世の中には知らない方がいいこともあるんだよ! 何にも知らないままあの世へ送ってやる!!」
シンジ「…嫌だ」
ガドライト「何だと!!」
シンジ「何にも知らないまま死ぬのも嫌なら、誰かに殺されるのも嫌だ! 僕にだって、やりたいことがあるんだ!」
   「きっと僕以外のみんなもそうなんだ! だから、時空修復を選んだんだ!」
   「その人達のために僕だって戦う! 僕はZ-BLUEの一員なんだ!」

ヒビキVSガドライト

ガドライト「ここまで来りゃ、お前のそのイミテーションが何なのかなんて事はどうでもいい!」
ヒビキ「ガドライト!」
ガドライト「不思議なもんだぜ……。酒場で会った時には、お前のことは嫌いじゃなかった。いや、むしろ好ましくさえ思えたのにな」
スズネ「似たもの同士は惹かれ合う…だが、お前はヒビキの中に、自分とは決定的に違うものを見つけた」
   「その瞬間、好意は憎しみへと変わる。そう、まるでいがみ合う双子のように」
ガドライト「人の心を覗き込むんじゃねえ!」
ヒビキ「人の心だ? お前に、そんなものが残されていたのか?」
ガドライト「何だとッ!?」
ヒビキ「諦めに飲まれ、怒りを忘れ、そして他人に不幸を撒き散らす…そんな男の乗るマシンが、誰かの希望や誇りであるものかよ!!」
ガドライト「てめえ! ジェミニアを…!」
ヒビキ「俺はお前を軽蔑する! 嫌うでも、憎むでもなくだ!」
   「お前のような男にだけはならない! だから、俺はお前を倒す!」
ガドライト「クソがァァァァッ!!!」
ヒビキ「父さんと姉さんの仇、地球の敵、人類の敵! そして、俺自身の敵! 勝負だ、ガドライト・メオンサム!!」

ボン太くんVSガドライト

ボン太くん「ふもっふ!」
ガドライト「来るな! 来るんじゃねぇよ、クマネズミ!」
ボン太くん「ふもっふ!」
ガドライト「ブタネコ! お前が来ると俺の中のバランスが崩れるんだよ!」
ボン太くん「ふもっふ!」
ガドライト「まさか、お前もスフィア・リアクターで俺の戦う心を萎えさせているのかよ!」
ボン太くん「ふもっふ!」
ガドライト「くそっ! くそぉぉぉっ!! 降参だ、認めてやる!」
     「可愛いじゃねえかよ、この野郎っ!!」

決戦の銀河

シモンVS敵

シモン「待ってろよ、ニア! 今、お前を迎えに行くからな!」
   「そこをどきやがれ! バアルだろうと、アンチスパイラルだろうと、俺を止められると思うなよ!」

シンVS敵

シン「俺達は平和に生きたいのに、なぜだ!?」
  「死んでたまるかよ! 俺達は全力で生きてやる!」

キラVS敵

キラ「僕達は生きるために戦う…そして、みんなの命を守ってみせる!」
  「誰が相手だろうと僕は戦う! それが僕の覚悟だ!」

バナージVS敵

バナージ「こんな…!理不尽な暴力が許されるものか!」
    「負けられない!俺達は運命を自分達の手で切り拓いてみせる!!」

アムロVS敵

アムロ「何故だ…なぜアンチスパイラルはこれほどまでに、俺達の進化にこだわる!?」
   「奴はいったい何を知っている!? 俺達の進む先には何が待っているというんだ!?」

シャアVS敵

シャア「私も一人の男として戦うと決めた以上、最善を尽くすだけだ!」
   「これが戦争と言う手段を使った男の贖罪だ! 未来は守ってみせる!」

キリコVS敵

キリコ「終わらせるつもりはない。あの星を」

宗介VS敵

宗介「彼我戦力の差は圧倒的…だが、こちらに退路はない…」
  「ならば、前へ進むだけだ! 退路がなければ、進路を切り開く!」

シンジVS敵

シンジ「僕にだって…出来ることがある! みんなのために、地球のために!」
   「戦うんだ! 他人に言われたからじゃなく、自分の意志で! 誰かを守るために!」

アマタVS敵

アマタ「守って見せる…! 地球を、アルテアを…愛する人を!」
   「戦うんだ! 大切にしているものを守るために!」

葵VS敵

葵「…あたし、ピンチになればなるほど、燃えるのよね」
 「どっからでもかかって来なさい! 片っ端から撃ち落としてやるから!」

ヒイロVS敵

ヒイロ「リリーナ…」
   「必ず勝つ…!」

竜馬VS敵

竜馬「どっからでもかかってきやがれ! バアルもアンチスパイラルもまとめて面倒見てやるぜ!」
  「死ぬ気になって戦う人間の強さってのをこの俺が嫌って程教えてやる!」

ノリコVS敵

ノリコ「敵の数…下手すれば、宇宙怪獣との決戦のときよりも多いかも知れない…!」
   「だからって、ひるんでいられない! お姉様! あたしとガンバスターは今、炎となります!」

カミーユVS敵

カミーユ「負けられないんだ、俺達は!」
    「守ってみせる! 俺達の地球の…人類の未来を!!」

赤木VS敵

赤木「負けられるかよ! 俺達が負けたら、誰が地球を守るんだよ!」
  「命がけでやるぞ! 地球の全ての人のために!」

タケルVS敵

タケル「押し寄せる敵意…! これがバアルとアンチスパイラルか!」
   「だが、負けない! 負けてはならないんだ! 俺達の勝利を信じる人達のためにも!」

正太郎VS敵

正太郎「気をつけろ、鉄人! 敵はあらゆる方向から向かってくるぞ!」
   「絶対に負けるな! 僕達は地球の人達の希望を背負っているんだ!」

ゼロVS敵

ゼロ「ここまで来たら戦略も計算もない! 死力を尽くすだけだ!」
  「だが、必ず勝ってみせる! それが俺達に課せられた使命だ!!」

アルトVS敵

アルト「どっちを向いても敵しかいないんだ! 狙いをつける必要もないぜ!」
   「やるぞ! 俺の翼がこの程度で折れると思うなよ!!」

ロジャーVS敵

ロジャー「宇宙を埋め尽くす化け物の群れ…! まさに終末の光景だな!」
    「だが、その向こうに未来はある! 我々はそこに向かって進むのみだ!」


ヒビキVS敵

スズネ「ヒビキ君! 敵の数は圧倒的よ!」
ヒビキ「やって見せますよ! 俺は決して、諦めや絶望に負けはしません!」
   「そのための力が、このジェニオンにはある! この力…俺の意志で使いこなして見せる!!」

天の光はすべて星

ヒイロVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「システムの力で未来を見たお前も、待っているのは絶望であることを知っているはずだ!」
ヒイロ「それに何の意味がある?」
アンチスパイラル「何だと!?」
ヒイロ「望まない未来があるのなら、自分の力で変えるだけだ」
   「俺の知っている女は、そうやって世界を変えようとしてきた」
アンチスパイラル「無駄だ! そんなことは、不可能なのだ!」
ヒイロ「お前には出来ない。だが、俺達はやってみせる」
   「だから、世界を終わらせない!」
アンチスパイラル「お前は…!?」
ヒイロ「ターゲット確認。攻撃目標、アンチスパイラル!」

葵VSアンチスパイラル

アンチスパイラル「獣の血を持つ者よ! お前達の存在もスパイラルネメシスへの兆候だ!」
葵「だから、あたし達を潰すっていうの!」
アンチスパイラル「お前達だけではない! あの星の人類全てだ!」
くらら「それで問題を解決できると思ったら、大間違いよ!」
朔哉「お前のやろうとしていることは、臭い物にフタをしているだけだ!」
ジョニー「そんなものは根本的解決ではありません。場当たり的な逃げに過ぎませんよ」
エイーダ「そんなあなたのやり方を私たちは認めません!」
アンチスパイラル「お前達の許可など取るつもりはない! 私こそが宇宙を守る存在だ!」
葵「そういう態度を取ってくれた方が、こっちとしても遠慮なくぶん殴ることが出来るよ!」
 「行くよ、みんな! これが最後の戦いなら、あたし達の全てをぶつける!」
 「やっっってやろうじゃんっ!!!」

ゼロVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「お前も継承者の一人として、この宇宙に絶望が到来することを感づいているはずだ」
ゼロ「それから目を背けるだけのお前と話す舌はない」
アンチスパイラル「私のやり方を否定する気か! ならば他の方法を示せ!」
        「システムの力を使い、別の形になって生きるつもりか!?」
ゼロ「時を止めるか……俺はそれを否定してきた!」
  「俺が望むのは過去でも、今でもない! 未来だ!」
C.C.(フ…それでこそだよ、ルルーシュ)
スザク(そんな君だから、僕達は信じた)
カレン(だから、あたし達はあんたとともに戦う!)
ゼロ「聞け、アンチスパイラル! 俺はゼロ! 奇跡を起こす男だ!」
  「お前を倒し、未来を世界にもたらす! そして、その先に何が待っていようとも、俺は世界とともに進む!」

ノリコVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「スパイラルネメシスが! 根源的な災厄がやって来る前にお前達は滅びなければならない!」
ノリコ「人類は負けない…! どんな困難がやってきても、英知を結集して、それに立ち向かっていく!」
   「ガンバスターは、その勇気の証! そして、それに乗るあたしも絶対に諦めない!!」
アンチスパイラル「無駄だ! バアルの発生など瑣末なことに過ぎない! もっと大きな災厄がいずれ来る!」
ノリコ「あなたの言う災厄が来るのなら、あたし達はそれとも戦う!」
   「あたし達は未来を勝ち取るために戦う! このガンバスターは、そのための力なんだから!!」

竜馬VSアンチスパイラル

竜馬「ここまで来りゃ、もう理屈は要らねえ! 勝負と行こうぜ、アンチスパイラル!」
アンチスパイラル「ゲッター線に選ばれし戦士め! お前は私のやり方を否定するのか!」
        「お前のように果てしない戦いを続けることを私は理解できない!」
隼人「言って置くがな、お前のように身勝手な理屈で他の星どころか自分達までも滅ぼすような奴は俺も理解できんな」
弁慶「ついでに教えてやる。竜馬にどうして戦うのかなんてことを聞くのは無意味だぜ」
竜馬「そこに敵がいるのなら戦って倒す! それが俺の生命だ!」
アンチスパイラル「それが果てしなく続く戦いだとしてもか!」
竜馬「上等だぜ! 生きるってのは戦うってことなんだよ!」
  「行くぜ、アンチスパイラル! 銀河を舞台にした俺達とお前の戦い…!」
  「勝つのは俺達だぁぁぁっ!!!」

アマタVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「何故、お前達は理解しない! この宇宙の危機を!」
ミコノ「あなたは…かわいそうな人だわ」
アンチスパイラル「私を哀れむのか!」
アマタ「そうだ! 自分の星の人間の時を止め、そして使命感だけで他の星を滅ぼす!」
   「そんな生き方をするしかなかったお前を俺は止めたい!」
アンチスパイラル「否、否、否、否、否、否!! 私を哀れむな!!」
ミコノ「もうやめて! きっとみんなで力を合わせれば、宇宙の危機にだって立ち向かえるはずだわ!」
アンチスパイラル「黙れ! 天翅の力を宿す者よ! お前は過去の怒りと憎しみを忘れたのか!!」
アマタ「戦うしかないのか…」
ミコノ「アマタ君…」
アマタ「戦うしかないのなら、俺はためらわない! 力の限りに戦う!」
   「愛する人とともに、この世界の生命を守るために! 俺は戦うんだ!」

シンジVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「地球の人間の中にも根源的災厄から身を守ろうとする者がいるようだな!」
        「そして、その要となるものにお前は乗っているのか!」
シンジ「あなたの言葉なんて聞く気はありません!」
アンチスパイラル「絶望という現実から目を逸らすか!」
シンジ「現実から目を逸らしているのはあなたの方じゃないですか!」
アンチスパイラル「何?」
シンジ「そのスパイラルネメシスというのを起こさないために誰かの生命を奪うなんてのは逃げてるだけです!」
   「逃げちゃダメなんだ! 立ち向かわなきゃダメなんだ!」
   「だから、僕はEVAに乗るんです! 自分の力で何かを変えるために! そして、あなたを倒して世界を守ってみせます!」

赤木VSアンチスパイラル

赤木「宇宙の終わりがどうのと言われても、俺は絶対にあんたのやることを止めてみせる!」
アンチスパイラル「目先の小事に囚われた愚か者が、この私を否定しようと言うのか!」
赤木「目先の小事なんかじゃない! 俺達が守ろうとする生命は未来へと繋がるんだ!」
  「その生命がお前の言うスパイラルネメシスってのを乗り越えるかもしれない! そもそも、そんなことを起こさないようにするかもしれない!」
  「お前のやろうとしている事は、そういう可能性の一切合財を根こそぎ奪うことだ!」
いぶき「赤木君にしては筋の通った理屈を言うじゃない」
青山「スパイラルネメシスの可能性を恐れるなら、それを乗り越える可能性を信じるのも同じだ。だったら、俺は後者に賭けたいね」
アンチスパイラル「そんな希望的な観測が通じるものか!」
赤木「じゃあ、お前も絶望的な観測をするな! お前の頭でっかちな理屈は俺達が止めてやる!」
  「行くぞ! サラリーマンだって宇宙の平和を守れるんだ!」

アルトVSアンチスパイラル

アルト「お前は何をやっている! 宇宙を守りたいからって誰かの生命を奪うようなやり方が正しいはずがあるものか!」
アンチスパイラル「まだ理解できないのか! 方法はそれしかないのだ!」
アルト「そんなものは言い訳だ! 誰かを愛する心を忘れて、効率だけを求めるような奴に俺達の地球を好きにはさせない!」
アンチスパイラル「愛…!? 愛だと! そんな感情に何の意味がある!!」
アルト「それがわからないような奴に負けてたまるかよ!!」
   「この両翼に懸けて、お前を倒す! 大切な人達を守り抜くことが俺の戦いだ!」

ロジャーVSアンチスパイラル

ロジャー「ネゴシエイターとして己の職務に誇りを持っている私でも、もう君と対話をするつもりはない」
アンチスパイラル「そうやって己の理屈を無知と盲信の下で押し通すか!」
ロジャー「そうではない、アンチスパイラル。君の決意も悲しみも、私は理解したつもりだ」
アンチスパイラル「ならば…」
ロジャー「だが、君に同意する事は出来ない。私はペシミスティックに生きる事と、それに他人を巻き込む事を良しとしない主義だ」
ドロシー「自由なのね、ロジャー」
ロジャー「その通りだ。そして、私は自由に生きる事を楽しむ!」
アンチスパイラル「それが宇宙の終わりになるとしてもか!」
ロジャー「自由とは常に責任が伴う! 私は仲間と共に、それにも立ち向かうつもりだ! そのためにも、まず君という壁を越えよう!」
    「それが私…ロジャー・スミスの務めだ! ビッグオー、アァァクション!!」

キリコVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「異能生存体め。お前でも乗り越える事の出来ない死が、消滅が、絶望が、この先に待っているのだぞ!」
キリコ「……」
アンチスパイラル「理解しろ! それを回避するためにも、お前達はここで消滅しなければならないのだ!」
キリコ「たとえお前が神だとしても…そして、相手が運命だとしても…」
   「俺は従わない」

正太郎VSアンチスパイラル

アンチスパイラル「太陽の力を宿す者よ! その存在が悲劇を呼ぶ事を理解しろ!」
正太郎「あなたが言うような絶望が来るのだとしたら、その時は力を合わせて、全力で戦います! この鉄人の力で!」
アンチスパイラル「まだわからないのか! 真の絶望とは、そんなもので乗り越えられるようなものではないのだぞ!」
正太郎「それを乗り越えるために力を集めます! だから、僕達はここで負けるわけにはいかないんです!」
   「やるぞ、鉄人! 僕達は未来に進むために戦うんだ!!」

バサラVSアンチスパイラル

バサラ「絶望だぁ!? 破滅だぁ!? そんな暗い未来は俺の歌が吹き飛ばしてやる!」
アンチスパイラル「歌…。我々が遥か過去に捨て去った生命の力…」
ミレーヌ「思い出しなよ、アンチスパイラル! あなただって昔は歌を感じる心を持っていたんでしょ!」
ガムリン「バサラの歌を聴けば、簡単なことだ! 砕けたハートをもう一度、よみがえらせろ!」
アンチスパイラル「否! 否、否、否! 断じて否! 私のやってきた事は間違いではないはずだ!」
        「この生命の力の爆発が、いずれ根源的な災厄を生命体に呼ぶのだ!」
バサラ「歌を聞くのにゴチャゴチャと頭で考えてんじゃねぇ! お前のハートで感じろ!」
   「うおおおおお!! 星よ! 銀河よ! 俺の歌を聴けぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!」

甲児VSアンチスパイラル

アンチスパイラル「光の神の力を受け継ぐ者! その力でも勝てぬ相手がいることを…運命というものの残酷さを知るがいい!」
甲児「お前のように物事を諦めた奴に俺とマジンガーが負けるかよ!」
アンチスパイラル「その無知こそが罪! 無謀こそが悪! 宇宙の真理に触れたばかりのお前達にこれ以上の説明は無駄か!」
甲児「口で俺を屈服させるのを諦めたようだな!」
アンチスパイラル「何!?」
甲児「今度は力ずくで俺達を押さえつけようとしたことを諦めさせてやる!」
  「俺達は絶対に諦めない! それが未来を照らす光…希望になるんだ!」
  「勝負だ、アンチスパイラル! お前という暗黒を俺とマジンガーが破ってみせる!」

桂VSアンチスパイラル

アンチスパイラル「真の特異点よ! お前の存在は、ここで抹消する! それは宇宙を守るためでもある!」
モーム「桂様…! あの人、何か言ってますよ!」
桂「俺の生命を宇宙より重いなんて言う気はないが、そういう理不尽な理屈に従う気もないんだよね!」
アンチスパイラル「やはりそうか! お前は自らの使命を理解していない!」
桂「俺の使命は誰かを愛し、そいつを守って戦い、そして生命の限りに生きることだ!」
 「それの邪魔をする奴は相手が誰であろうと全力で抵抗する!」
 「ついでだ! 悲観主義に凝り固まった石頭をぶん殴って目を覚まさせてやる!」

宗介VSアンチスパイラル

アンチスパイラル「愚かな兵士よ。命令に従うだけで自らの判断を放棄したお前では私の言葉が理解できないか」
宗介「俺は利口な男ではないかも知れないが、愚かな兵士と言われては黙っていられん」
  「俺はプロフェッショナルだ。そして、プロはどんな時でも任務を遂行し、生還することに全力を傾ける」
アンチスパイラル「そうやって目先のことしか考えられないゆえにお前達は…」
宗介「敵を目の前にして説教とは、もう勝ったつもりか?」
アンチスパイラル「何…」
宗介「獲物を前に舌なめずりをする三流に愚かな兵士呼ばわりされる筋合いはない!!」
  「アンチスパイラル! お前は預言者かも知れないが、俺から見れば三流の兵士だ!」
  「それを俺が今から証明してやろう!」

ボン太くんVSアンチスパイラル

ボン太くん「ふもふ、ふも!」
アンチスパイラル「!」
       (馬鹿な…! この感覚…とうに捨て去ったはずのものが私の中からわきあがってくる!)
       (何故だ!? 同胞も、母星も、未来も捨ててきた私に! 何故だ!?)
ボン太くん「ふももももーっ!!」
アンチスパイラル(認めるしかないのか! これが人間の可能性だと!)
ボン太くん「ふもっふ!」
アンチスパイラル「この愛らしさが宇宙を救うのか!」

ヒビキVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「呪われし12の欠片を手に入れたか!」
スズネ「呪われし12の欠片…!?
ヒビキ「スフィアのことか!」
アンチスパイラル「自ら災厄を招き入れるとはな! お前達の未来に待っているのは絶望だけだ!」
ヒビキ「お前は…ガドライトと同じだな」
アンチスパイラル「何!?」
ヒビキ「お前は怒りと諦めの狭間で揺れている。だから、絶望に立ち向かおうとする俺達が許せないんだ」
アンチスパイラル「黙れ! 私は自らに課した使命に一片の疑問も持っていない!」
ヒビキ「宇宙の守護者を気取る奴に激高は似合わないな!」
   「誰かが俺達を滅ぼそうとするなら、俺達は全力で抵抗する!お前の言う絶望などに屈しはしない!」
   「俺達はお前を突き抜けて前へ進む! その先にどんな未来が待っていようとも、そこが俺達の生きる世界だ!!」

アムロVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「お前という男の出現こそが、お前達の星を…ひいては宇宙全体を危機に導く!」
アムロ「ニュータイプの目覚めを言っているのか!」
アンチスパイラル「そうだ! 太陽の時代など宇宙には不要なのだ!」
アムロ「お前が生命そのものを否定するのなら俺はお前と戦う!」
   「人類は前に進む! その先に待っているのが絶望であるのなら、人の英知はそれを乗り越えてみせる!」
アンチスパイラル「愚か者め! それが出来るのならば、とっくに私がやっている!」
アムロ「ならば、お前を倒す! お前に出来ないことを俺達がやってみせることを証明するために!」
   「人はいつか時間さえも支配できるはずだ! 俺はその時が来るのを、この目で見る!」

シモンVSアンチスパイラル

アンチスパイラル「螺旋の男!」
シモン「言葉は尽くした! 後は俺達とお前の魂のぶつかり合いだ!」
アンチスパイラル「いいだろう! そこで自らの無力さを知るがいい!」
シモン「そんなものはとっくに知ってるさ!」
アンチスパイラル「何だと!?」
シモン「だがな! それでも俺は前へ進んできた! 胸のドリルを回して、少しずつでも!」
   「そんな俺を信じて、力を貸してくれる仲間がいる! 愛する女がいる!」
アンチスパイラル「そんなものは無意味だ! スパイラルネメシスの前に全ては失われる!」
シモン「それを守るために俺は戦う! 絶望にも、お前にも、自分にも負けねえ!」
   「それが俺だ! 穴掘りシモンって男の生き方だ!」
   「行くぜ、アンチスパイラル! 俺のドリルがお前をぶち抜き、未来への風穴を開けてやる!」


動き出す刻、そして…

味方VS尸空

尸空「静止した生命…時の牢獄…確かにつまらん世界だろうな」
  「だが、それは楽園と言ってもいい。そこから脱することを選んだのを後悔するんだな」

ヒビキVS尸空

尸空「お前の中の絶望と希望…それがいがみ合う双子のスフィアの力を引き出しているか」
ヒビキ「!」
尸空「だが、まだまだだ。俺達に迎えるには、まだ足りない」
ヒビキ「そうやって、いつまでも余裕ぶっていられると思うなよ!」
尸空「……性分だ」
ヒビキ「やるぞ…! お前を倒して、血塗られた目の真実を解き明かしてやる!」
尸空「後悔するぞ…」
最終更新:2015年04月18日 22:28