【種別】
あおり文

【解説】
文庫のオビ等に書かれている宣伝文句のことである。担当さんが考えていたようだ。

(灼眼のシャナ
I巻 赤い髪と眼をもつ少女。彼女が護る『モノ』とは・・・・・・!? (おまえは、もう“存在”していないのよ。)
II巻 悠二、おまえはあたしが護るから。 (悠二、この気持ちはなに?)
III巻 悠二は、絶対わたさない。
IV巻 悠二、おまえは私の――なに?
V巻 悠二、これが私よ。
VI巻 私、悠二が好き。
VII巻 悠二、もっと私をみて。
VIII巻 悠二、私と誓って。
IX巻 悠二、もう泣かないで。
0巻 これが、悠二の知らない、私。
X巻 昔の、話であります──。(ローマ帝国を舞台に描かれる、もうひとりの “炎髪灼眼の討ち手” の物語。)
XI巻 悠二、“好き”ってなに──?(“好き” の本当の意味を知ったシャナに何が起きたのか――。)
XII巻 悠二、あなたは誰にもわたさない──。
S巻 本編を補完する必読のストーリー集!
XIII巻 悠二、ずっと、ここにいて。or 悠二、私が行くまで、そこにいて――! (学園祭が戦場に! シャナは悠二を守れるのか?)
XIV巻 悠二、私の許に来て――! (悠二、私を選んで――!)
XV巻 悠二、来て。お願いだから……。
XVI巻 私の大切なミステスが、今日、消えた。
SII巻 これは、二人がまだ通じ合っていた頃の物語。
XVII巻 どうして――私に手を伸ばすの、悠二?
XVIII巻 炎髪灼眼奪還のため独断専行するヴィルヘルミナだが----。or 囚われのシャナを救うべく独断専行するヴィルヘルミナだが……。(私は、悠二が企てる『大命』を止める……!)
XIX巻 私は、この最強の自在法で挑んで、悠二を倒す。
XX巻 今のままじゃ、悠二に届かない! (悠二――いえ、“祭礼の蛇”、お前を討滅する。or『久遠の陥穽』から帰還した坂井悠二。そして、フレイムヘイズ殲滅戦が始まった。)
XXI巻 フレイムヘイズと“”の行く末は──。御崎市にて、シャナと悠二の物語は決着する。
XXII巻 炎髪灼眼(シャナ)とミステス(悠二)の物語、ついに完結──!

(A/B)
1巻 幸い、我々は正義の味方ではない。
2巻 笑え、仮面。
3巻 哀悼の鐘を、トリガーで鳴らそう 

【コメント】
☆詳しくは本スレPART44の449-464を参照のこと。
シャナ0巻以降はアニメ公式サイトでの表記に準拠。但し、アニメ化の宣伝やその他のため帯そのものに採用されてはいない。
☆次巻のあおり文を予想するのは876スレの恒例行事。裏表紙も担当が考えていたのかな。
☆ちなみに小説以外
 劇場版 悠二、映画の私も観て。
 コミックス2巻予約 悠二、書店に予約に走りなさい!!
他 色々があるようです…。
☆上記I、II巻括弧の中はアニメ公式サイトで表記されたものである。
☆(S巻で)劇場版 悠二、今度は映画よ。 
最終更新:2015年12月28日 01:06