灼光拳バグ


おそらくリメイク版デスティニーのバグ技の中で1,2を争うほど有名な技。

通常ならスタンの手の届く範囲にしか(しかもガードされなかった場合のみ)掴む事が出来ない灼光拳だが
実はどこまでもリーチを伸ばせる、というもの。

晶術や蒼破刃などの飛び道具を放ち、その攻撃判定が入った直後に灼光拳を繰り出すと敵を吸い寄せて
自分の手元で爆砕する、というなかなか極悪な技。
フレイムシュートなどの晶術はどこまでも敵を追尾して飛んでいくため事実上どこでも掴めるのである。

DC版では当然改善された。