地砕衝(ちさいしょう)

+目次

概要

地砕衝とは、ジャンプして剣を地面に叩きつけ、衝撃波を発生させる剣技のこと。
初出はHのシング・メテオライト。
英語版表記は「Impact Event」:和訳「衝突現象」

登場作品

ハーツ

強烈なジャンプ斬りから
衝撃波を起こす技。
分類 特技 属性 斬、打
HIT数 2 消費エネルギー EG:7→5 CG:11→8
攻撃力 170→220 詠唱時間 -
習得条件 チュートリアルで習得(ランク1、アステリア・地念石×1)
空中発動可能
シングが最初に習得することになる特技。属性は斬撃、打撃。
軽く飛び上がり、唐竹割りを繰り出す。
最初に修得する技ながら燃費も良く、出も早いため使いやすい。
空中発動も可能で空中で出すと敵を地面にたたき落とす。
ジャンプする関係上空中にいる敵にも当たるため浮いてる敵を地上から叩き落とすことにも使えたり
わずかに敵を浮かせるためにさほど重くない敵ならこの技だけでコンボが成立するなどかなり万能な技。
また、発売前の公式ブログでは使いやすいことがやたらと宣伝されていた。

台詞
食らえッ!(二回目以降)

ハーツR

強烈なジャンプ斬りから
衝撃波を起こす技
分類 特技 属性 -
HIT数 2 消費TP 6→2
威力 170(70+100) 詠唱時間 -
習得条件 根性Lv3
ダウン、引き起こし効果・空中発動可能
スキル「アタッチブレイク」併用でブレイク攻撃化
軽く飛び上がり、唐竹割りを繰り出す。斬撃、打撃属性がなくなったので無属性になった。
オリジナル版同様、使いやすい技で、新システムのチェイスリンクとの相性も良く、序盤から終盤まで安定して使っていける。
だが3Dの影響か、他キャラとの接触によって落下地点がずれてしまうこともしばしば。
代わりに重い敵とのチェイスリンク時には、取りこぼした際の救済策として利用が効く。ブレイク攻撃化すれば、さらに効率が良くなる。
「地」砕衝とあるが地属性ではなく、さらに原作で使用可能だった地属性の岩斬滅砕陣が削除されシングは地属性が使えなくなってしまった。

ちなみにハーツRでの初期習得技は海連刃
使い勝手を考えると、やはりこの技を初期習得するのはスタッフもまずいと思ったのかもしれない。

台詞(偶数回)
これでッ!

TOHRインフィニットエボルブ

こちらは原作通り初期習得。消費TPは5。
TP消費の割に扱いやすく、複数の敵も巻き込めるので扱いやすさは失われていないが、今作に関して言えばサポートキャラに頼る方が強力だろう。

TOWなりきりダンジョンX

習得者:メル
メルが甲騎士で習得することになる特技。属性は名前通りの地属性になった。
原作同様、使いやすい技。空中発動可能。

TOWレディアントマイソロジー3

シングが最初に習得することになる特技。属性は無属性。
原作同様、使いやすい技。空中発動はできなくなった。
レディアント・ドライヴ状態でこの技を連発すると原作再現できる。

バーサス

分類 特技 属性 -
HIT数 2* 消費TP 10
威力 詠唱時間 -
習得条件 初期習得
空中発動可能、ダウン追撃可
*空中では 4HITS に変化
シングが最初に習得することになる特技。属性は無属性。
原作同様、使いやすい技。空中発動可能。
ただし空中では、当たり所によっては敵をダウンさせられないことも。

関連リンク

派生技

関連技

ネタ