磯部 弘(いそべ ひろし)

担当キャラ


ネタ

  • 本業はナレーター。
  • 小刀付き火縄銃を武器とする雑賀衆頭領で、別の戦国ゲームの3作目から登場するヒルダとは性別からして別人。
    • 性格は無類の女好きだが、必ず玉砕する(初代作ではビンタを受けるほど)。ウィチルからは「不埒」のターゲットにされている。
      • しかし、下記のリフィル等、口説く対象にしていない女性に対しては慕われている。
    • 前田スパーダや豊臣シャルティエらとはダチ関係。2の一部から3以降は伊達ヴェイグの配下となっている。
    • 初代作から一族を滅ぼしたアレクセイを恨んでいる。2では一度成就するが、その後リオン軍の兵士に撃たれて重症になるも、ヴェイグによって救われる。
    • 魔王・ディムロスの異世界ではヴェイグ相手に策を披露し、戦闘後にチャットらに褒められる活躍もみせた。
      • 2作目では他作品からのコラボキャラ・リフィルを逃がし、デュークにやられてしまうが、原因である味方をリフィル、シャルティエ、プロネーマによって救い、過去を書き換えた。
  • エレボニア帝国機甲師団所属の中尉。こちらは大剣を得物とする。
    • 皇子ジェイドの幼馴染で、お目付け役兼護衛、且つツッコミ役。FCでは駐在武官としてリベール王国にいた。
    • ジェイドが調子に乗ったら容赦のないツッコミ、仕置きをする。
      • レイス「貴様のようなお調子者が晩餐会に参加したら、帝国の恥だ。来い!!」ジェイド「あああ~~ボクの晩餐会がぁぁぁ~~(泣)」
    • ちなみに参戦するのはPC版では3rdのみ。PSP版ではSCの終盤と、3rdである。
    • 3rdでは鉄血宰相ヴァンの動向を危惧していた。
  • C型肝炎を患いながらも東京マラソンに参加し、完走した。
  • 現代の沖縄辺りが舞台なのにキャラクターのほとんどが刀剣と槍と薙刀で戦う某武士道ゲーでは、鳴鏡館と言う勢力の若き剣士。味方であり師匠でもあるマクスウェル(TOX)から円月殺法を教えられ、続編の2では使えるようになっている。仲間にはウッドロウがいて、敵対者にはアデコールがいる。
    • 実は、アデコールが所属している敵対勢力である「捨陰党」の総帥の息子。ウッドロウのEDなどでそれを彼らに明かし、襲い掛かるも返り討ちにされる。レイスEDでは父である総帥自身の口から語られる。
  • ノーマ、パティ、ロンドリーネが白い淫獣に吸血鬼にされたアニメに流れたCMのナレーション。「謎の白い液体の正体とは!?」