塩屋浩三(しおや こうぞう)

担当キャラ


ネタ

  • 基本デブや大型のキャラクターを多く演じている。
  • 何でも願い事をかなえる珠のバトル作品に度々出てくる。
    • セルゲイ特戦隊(リマスター版ではロイド特戦隊)の一員で超能力が使えるが戦闘力が低いため軽視されている。
      • ナメック星でのドラゴンボール収集作戦中にサイヤ人の王子ミクトランに隙をつかれて首を手刀で切断された挙句にエネルギー波で消し飛ばされた。
    • 色々と規格外な魔人。デブ型と痩せ型の2タイプがいる。
      • デブはトーマと友達になり、後に味方になる。
      • 後に痩せ型の生まれ変わりであるくちなわと融合する。
  • 「愛」を広める為に、自身が作ったロボットや炎属性のトンファー型バズーカ(ネタ武器は拡声器)を武器に日ノ本各地で布教活動をする異国人と、公家かぶれのバカ殿な戦国婆娑羅武将を演じている。
    • 「愛」の方は、初代作では一揆衆のナナリーとは神や愛に対する価値観の違いから、専用ムービーが用意されている。
      • 2作目ではラムダに「サンデー」、ジイジ(アニメ版TOZ)に「チェスト」の洗礼名を与え、信者としてて入信させた。
      • 3作目以降は国外追放されたらしく、本国へ帰ってしまって登場しない。
    • 公家かぶれのバカ殿の方は、初代作では史実同様の奇襲に動揺したり、2作目では影武者を沢山出して攪乱させたりとネタに溢れている。
      • その影武者は、体形が本物と全然違う為見分けるのは容易なはずだが、熱血馬鹿のキールから「見分けが付かない」と言われた。
      • 2作目英雄外伝でプレイヤーに昇格し、NPC時代の炎属性から光属性に変更した大型扇子(ネタ武器は花札)を武器に、七色の光を放ちながら、ジュリアナ東京の如く踊って攻撃する固有技を持つ。
    • 尚、アニメ版では二人共バルバトスに呆気なくやられるというかませ役(後者は多少出番はあったが)。
  • ガリア中部方面総司令官の大将。
  • 自由惑星同盟の軍人。クンツァイト(が後任を務める提督)を狙う地球教徒の道を阻むが前線虚しく命を落とす。
  • 勇者シリーズに色々な役で出演している。
    • 宇宙警察ウッドロウがグレバムたち宇宙海賊一味を逮捕すべく呼んだ援軍の一人で、バリーと同じチームのメンバー。勇者シリーズの元祖ドリルロボである。
    • ガイやブラムバルド達と一緒にやってきた勇者の一人だったりもする。本体ではなく合体時の右手がシリーズのドリルロボ2号になる。普段はシゼルのじいちゃんのいる研究所に待機しており、地球での名前はシゼルのじいちゃんにつけられた。
    • 勇者王ヴェイクの仲間である少年の養父。
  • ミトスやロニたちとは知り合いの海賊。会うと必ずと言っていいほどトラブルが生じるので、ロニには煙たがられている。
    • 海賊という肩書だが、どちらかというと漁師といったほうがいいような?ちなみに泳げない。
  • デジモンジェネラル・ミトスやクレスと敵対するアレクセイ配下のデスジェネラルの一人。ミトスの仲間であるクレス(デジモンの方)の創造主でもある。
    • 同格のリオンやディストとは違って仲間の存在を重視し、ミトス達から仲間のデジモンを奪い自分の配下として向かわせた。配下を倒されて怒ったこともあって、ミトスからは「敵でなく仲間として出会いたかった」と言われた。
      • その後アレクセイによって他のデスジェネラル同様に復活させられるが、アレクセイが自分達を捨て駒にしか見ていないことや、リオンやディスト達の諍いに嫌気がさして一時ではあったがミトスの仲間になった。
  • 邪命体ダイクを追ってパラレルワールドからやってきたメカ恐竜「爆竜」のうちの一体。仲間のサブノックやアガーテらとはぐれ、南米に流れ着いたことで口調がラテン風になった。