フェリシア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ概要

高性能な小技やリーチの長い足払い、素早いジャンプと強い判定を持つJ攻撃、追い討ちが確定する上に距離も運べる高性能な地上・空中投げ、豊富な牽制・対空手段を兼ね揃えたオールラウンダーキャラ。コンボも特に難しい物がない。
そういった長所の反面、一発の火力は低くく、崩しも投げがメインのキャラなので、相手に体力リードを取られて逃げられた場合、体力差を取り返すのが大変でもある。そして起き上がりが非常に弱く、フェリシアの移動起きを見てから追いかけて起き攻めが出来るキャラも少なくない。そのため一度ダウンしてしまうと起き上がれないままK.O.されることも。
特にサスカッチが相手の場合は、1F空中判定の屈弱Kの存在により崩しの要である投げがほとんど通用しない、起き上がりの弱さからただでさえ強力なサスカッチの起き攻めがより熾烈なものになる、そもそも立ち回りがきついなどといった点から、非常に苦しい戦いを強いられる。
総合すると、尖ったキャラパワーといったものはないが、持っている豊富な技を活かしてどう相手を自分の思うように動かし、どうこちらの択を通していくかといった全体のゲームメイクが大切なキャラクターであるといえる。


通常技

近距離立ち攻撃

通常技 ガード方向 備考
弱P 立ち・屈 ガード・ヒット問わず当てて大幅有利なので座高の高い相手への固めに使う。
中P 立ち・屈 使わない。
強P 立ち・屈 使わない。
弱K 使わない。
中K 立ち・屈 使わない。
強K 立ち・屈 自動二択や引きずり下ろし後などの真上対空に。

遠距離立ち攻撃

通常技 ガード方向 備考
弱P 立ち・屈 ガード・ヒット問わず当てて大幅有利なので座高の高い相手への固めに使う。
中P 立ち・屈 使わない。
強P 立ち・屈 使わない。
弱K 立ち・屈 対空に使えなくもないがセイヴァーよりも判定が弱い。
中K 立ち・屈 入れっぱ止めなどに。
強K 立ち・屈 中距離の相手への差し込みや特殊な状況での割り込みなどに使う。

屈攻撃

通常技 ガード方向 備考
弱P 下段技。固めやコンボに。
中P 立ち・屈 ガードさせて有利だが2段技なのでGCの的。
強P 立ち・屈 セイヴァーよりはるかに弱いので封印安定。
弱K コンボ・固め・崩しなど様々な場面で活躍。連キャンも可能。
中K 立ち・屈 足の上の当てるようにして対空に用いる。
強K 足払い。コンボや中距離の下段択にも使える上、低姿勢になるので一部の技の回避にも使える。

空中攻撃

通常技 ガード方向 備考
弱P 立ち・空中 飛び込みや引きずり下ろしに。
中P 立ち・空中 2段技なので飛び込み時に相手のガードを揺さぶれる。若干めくり判定あり。
強P 立ち・空中 非常に判定が強いので前からの飛び込み時のメイン技。
弱K 立ち・空中 判定もそこそこ強く、ジャンプの上りでとりあえず出しておくことも。
中K 立ち・空中 先出し空対空や空中ガード後反撃に。
強K 立ち・空中 ダッシュから先端を当てたり空中ガード後反撃に。


通常投げ・特殊技

技名 コマンド ガード方向
パニックネイル 地上の相手の近くで[4or6]+[中Por強P] ×
備考
パンチ版通常投げ。使わない。技後大幅有利なので万が一入った場合、着地に択をかける。ちなみにレバーをどちらに入れても投げ方向は前方。
 
技名 コマンド ガード方向
タンブルキャット 地上の相手の近くで[4or6]+[中Kor強K] ×
備考
キック版通常投げ。大Kで出せば自動二択になる。技後追い討ちが確定する。
 
技名 コマンド ガード方向
フリップキャット 空中の相手の近くで8とN以外+[中Por強P] ×
備考
空中通常投げ。ガードをしながらJ強Pで飛び込むとこれになることも。技後追い討ち確定。
 
技名 コマンド ガード方向
三角飛び 画面端でレバー反対方向要素
備考
画面端を蹴って跳ね返る。セイヴァーと違って飛距離が短い。画面端の相手に追い討ち後の位置入れ変えなどに使う。


必殺技・EX必殺技

必殺技

技名 コマンド ガード方向 ES
ローリングバックラー 236+P(+P) 立ち・屈
備考
地面を転がる突進技。低姿勢になるので飛び道具系の回避や空中ガード不能の特性と組み合わせて相手の真下に潜る対空としても使える。また追加入力で追加技に派生。ヒット時のダメージアップに。追加技のほうが対空向けに見えるが、こちらは空中ガード可能。
 
技名 コマンド ガード方向 ES
ローリングスクラッチ 214+P(+P連打) 立ち・屈・空中
備考
弧を描くような軌跡の突進技。空中ガード可能ではあるが、発生が早く判定が強い弱版を対空に用いる。当て方によってはめくりなどのセットプレイにも使える。Pを連打することで追加技が出る。
 
技名 コマンド ガード方向 ES
サンドスプラッシュ 236+K 立ち・屈
備考
屈中Kのモーションで前方に砂を撒く。飛び道具判定でリーチも長く空中ガード不能なので、牽制・玉消し・中距離の対空など様々なポイントで使う。GC対応技。GCとして出す場合、入力自体はコマンドの性質上簡単だが、発生の遅さから隙の少ない技に対して出した場合は逆にGCに対して反撃されることもあるので注意。
 
技名 コマンド ガード方向 ES
デルタキック 421+K 立ち・屈
備考
垂直に蹴り上げてから斜め下に下降してくる技。出掛かりのみ空中ガード不能。ES版は長い無敵が付いているので切り返しや画面端からの離脱に用いる。
 
技名 コマンド ガード方向 ES
ヘルキャット 6321(4)+[中Kor強K] ×
備考
コマンド投げ。自動二択になる大K版を用いる。逆に中版とES版は使わない。間合いが遠いと発生が遅くなる。
 
技名 コマンド ガード方向 ES
ロンパーキャット 相手ダウン中に[7or8or9]+K
備考
ダウン追い討ち技。ES版がそこそこ高威力。技後セットプレイにも行きやすいので入れる機会があれば必ず狙う。


EX必殺技

技名 コマンド ガード方向
ダンシングフラッシュ 623+PP 立ち・屈
備考
発生も遅く、無敵も発生前に切れるのでめったに使わない。
 
技名 コマンド ガード方向
プリーズヘルプミー 4123(6)+KK 立ち・屈・空中
備考
画面外から突然仲間(ルーシー)が突進してくる技。発動してからフェリシアがダメージを受ける前に相手にヒットすると相手をロックして演出に入る。当たる前にフェリシアがダメージを受けた場合はヒットしても演出には入らないが、ヒット時ののけぞりが長く、発動の瞬間から発生保証があるので、相手の密着起き攻めにリバーサルで出せば相討ちからこちらがコンボに行けることも。


連続技

J○○はジャンプ攻撃、LD○○はロングダッシュ(普通のダッシュ)攻撃、SD○○はショートダッシュ(664入力)攻撃、BD○○はバックダッシュ攻撃、BSD○○はバックショートダッシュ(446入力)攻撃を指す。

<地上攻撃始動>

●屈弱K×1~3 >屈強K

基本コンボ。屈強Kから追い討ちが確定するキャラには追い討ちへ。

●屈弱K×1~2>屈中K>屈強K

上記のコンボより若干ダメージアップ。本当に若干なのでお好みで。

●屈中K>ESローリングバックラー>追加入力

密着~密着気味限定。飛び込みからや確定反撃時に。

<ジャンプ・ダッシュ攻撃始動>

●J強P>地上コンボ

飛び込みからの基本コンボ。

●J中P>地上コンボ

J中Pが二段技なので、モーションが似ているJ弱P>着地下段と混ぜればガード崩しにもなる。

●めくりJ中P(1)>地上コンボ

横幅の広い相手に対してJ中Pをめくりで当てると1ヒットのみ当たる。フォボス、サスカッチ、レイレイなどに。

●BD強P>地上コンボ

自分画面端背負い時限定。画面端の相手へのダウン追い討ちからのセットプレイなどに使う。

<その他コンボ>

●プリーズヘルプミー(相討ち)>地上コンボ

近距離でプリーズヘルプミーが相討ちになった場合、相手の技によってはこちらが先に動けてコンボに行ける。起き上がりや固められているときの割り込みで狙う。

<主なダウン追い討ちポイント>

<キャラ限>

●屈強K 後

フォボス、パイロン、レイレイ、オルバス、ビシャモン以外には確定。しかし移動起き上がりで躱されても出したほうがセットプレイに行きやすいときもある。

<全キャラ>

●対空弱ローリングバックラー>追加技 後


●対空弱ローリングスクラッチ(>追加技) 後

低め時は追加技も当てること。

●K投げ 後


●空中投げ 後






~~~以下編集前のページ(初期の攻略文)~~~

通常技解説
  • 屈弱K
 下段でリーチもそこそこ。2,3発刻んでヒット確認して屈強Kにチェーンさせるのが基本。
  • 屈中K
 上を蹴る足先の食らい判定がなく対空やダッシュ止めに使いやすい。
  • 屈強K
 リーチの長い下段で足先食らい判定がないため地上戦で強い。
 また姿勢が低くなるので多くの飛び道具を避けられる。

必殺技解説
  • サンドスプラッシュ


基本コンボ
  • 屈弱K2~3→屈強K(>追い討ち)
レイレイ、パイロン、フォボスの移動起きとオルバス、ビシャモンの後ろ移動起き以外に追い討ち確定。
最終更新:2014年06月07日 03:32
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。