ガロン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

強いキャラと言われているガロンだが、大会での実績はいまいち少ない。
関西のたかはし、関東のBuzzが共にキャリアも長く有名なプレイヤー。闘劇(2004年)以降では、イベント運営を行っているKENガロン(関東)の知名度が高い。他タイトルのイベントで活躍しているアールは、現在ではセイヴァーの大会などには参加していない。


東北

ハネマン

カラー:PP
地域:山形、カレッジスクエア
頻度:
山形のガロン使い。
ダメージソースは投げとESビーストが中心でガロンらしい戦い方と言える。
技の当て感があり、歩きに対してのESビーストの刺し込みや歩きで間合いを詰めての投げなど、相手の心理を読んだ行動が上手い。
近距離ESビーストの強さを心得ており、この間合いになると危険度が一気に増す。
オフェンス力だけではなくディフェンス力もあり、AGやガードでしっかり捌いてくる印象である。
山形勢第二のブレーン的存在でもある。

これまで大内以外は表舞台に出る事が少なかった山形勢だったが、
DCC4予選及び本選を通して全国レベルの実力である事を示した。

関東

Buzz

カラー:中K
地域:関東、高田馬場ミカド、あちこち
頻度:週2~3
関東を代表するガロン使い。ガロンとの相性はバツグンでシンクロ率は400%を超える。
モアや巣鴨で対戦にあけくれ、2013年現在もあちこちに顔を出して対戦している。
口癖は「今日は来ないつもりだった」
またプレイ中の動きが凄まじく(本人の)、初見の者は圧倒されるだろう。
一度ナカニシ氏との対戦中に「台揺らさんといてもらえます?」とキレられたことはあまりにも有名である。

闘劇では当日予選を勝ち抜き本戦でも暴れまりハイタニを圧倒するほどであった。(1ダウン目まで)
一瞬の隙をついて決めてくる「Buzzコンボ(めくりショートダッシュ小K→小中モーメント)」が代名詞。
多くのプレーヤーがBuzzコンボに悶絶して倒れている。
人見知りで寂しがり屋というめんどくさい性格だが、いじられキャラとして愛されている。
弟子であるKENとの同キャラ対戦は常人には理解しがたいハチャメチャな展開でミカドの風物詩となっている。
お茶が大好きで100g2万円のウーロン茶を愛飲している。

必殺技
   ・Buzzコンボ (めくりショートダッシュ小K>小中モーメント)
   ・モーメント素振り
   ・真空モーメント
   ・4連クイックムーブ
   ・グワー(しゃがみ大P)

KEN

カラー:大P
地域:関東、高田馬場ミカド、立川ゲームセンターWILL、南浦和ビッグワンセカンド
頻度:週0~1回
闘劇04後セイヴァーをやり始めた。
馴染みの友人達と家庭用で始め、関東の立川オスロー2に通うようになる。立川でたけぽんARKなど多くのプレイヤーと知り合い交流範囲が広がった模様。

それまで格ゲーには大して触れておらず、ほとんどの事を一から学び身に付けた。
そのためか、新規者やスキルが足りない人に共感できる部分が多くよくアドバイスしている所を目にする。

ミカドに行く様になって知り合ったBuzzガロンの影響を強く受けている。
といっても、考え方やテクニック、知識の面であり、プレイスタイルそのものは違った方向に進化している。
攻め/守り/逃げ/暴れにおいてガロンの特性を上手く使ったオールラウンダー的なスタイルに加えてDFを使用した独創的な一面もある。
細かい技の使い方が上手く、噂でしかなかったミラージュボディガード不能を解明し実戦投入した第一人者である。
2012年4月にはミリオンフリッカー永久コンボ、同年11月にはミリオンフリッカーフリーズを開発した。

とにかくセイヴァーとガロンが大好きで、彼のセイヴァー話は尽きることがない。
Buzzとのガロン談義では通常技名を使って話すため、ほとんどの人は何を言っているか理解できない。
日々の談義は「安定志向(http://blog.livedoor.jp/kengallon/)」にまとめられている。
ガロンの情報が満載なのでガロンについて知りたければ覗いてみよう。

高田馬場ミカドで毎月開催されている月例大会の主催/運営のひとりであり、ニコニコ動画に大会動画をアップしている(現在はYOUTUBEのみになっている)。

ミカド新人大会の発起人であり元主催者。
自身の経験を踏まえ、新しく始める人達にそぐう場を作ろうと、大会、野試合、mixi、twitterとあらゆる場面で活動している。
二児のパパになりゲーセンに来る頻度はガクッと下がったが「それにしては行き過ぎでは?」とえごから心配されたり羨ましがられたりしている。

AGはコスり。

動画アカウント(主にニコニコにアップ)
  ・Youtube:http://www.youtube.com/user/KENGALLON
  ・ニコニコ:http://blog.livedoor.jp/kengallon/archives/6532398.html

必殺技
   ・KENコンボ (DF中屈小P>屈中K>ビーストキャノン)
   ・ミラージュ不能
   ・暗黒流れ星(逆ガードESクライム)
   ・KENGALLON's Setup(DFコマ投げ)

【主な大会戦績】
  • AOW5(5on5) 優勝

MAB

カラー:大K
地域:関東、津田沼エース
頻度:1〜2
実は結構セイヴァー歴は長いらしい?
昔は秋葉原でプレイしていたようだが、津田沼エースにセイヴァーが復活してからは、せっせと津田沼エースに通っている。
動画等で研究して一通りの動きは出来るが精度に不安がある。
シューティングの腕前はかなりもの。
名前の読み方は「まぶ」。
海外勢には生ビールで知られているらしい?

津田沼勢ペロリ部・部長(MAB飲み)

好きなもの
   ・生ビール(特大)

ぎゅんこ

カラー:小P
地域:高田馬場ミカド
頻度:月1~2
GGPOはgunko。
思い切りのいい前ジャンプが持ち味のガロン使い。
ESビーストを落とす度にKENに突っ込まれている。

新人大会開始まで少しブランクがあったみたいだが、第2期第3回新人大会にふらりと現れて颯爽と優勝をかっさらっていった。
優勝コメントで「このゲームたまにやると面白いですね」と言ってのけ、新人勢に格の違いを見せつけた。

JMD2ではこめまるザベルを倒すという快挙を成し遂げる。

あらげ

カラー:?
地域:関東、立川オスロー1
頻度:?
2010年後半に始めた立川オスロー1のメンバ。オスロー1の店員。

ケルベロス

カラー:KK
地域:関東、伊勢原ゲームナポレオン
頻度:?
シンクレイドルと地元が一緒であり、
2人揃ってミカド新人大会へ遠征したのを期に都内に出てくるようになる。
毎週都内で対戦してるだけあり、成長が期待される。
レゲー大好きで地元の店に自分の基盤を何枚か置いてもらってるらしい。

のっしー

カラー:KK
地域:関東、津田沼エース
頻度:月2〜4、リザレクはほぼ毎日
リザレクションからはじめたガロン使い。
ESビースト等は装備済み。とにかく前のめりで攻めていくのが好き。
イベントごとにも積極的に参加するので津田沼勢にはいい刺激に。
カラー決めの同時押しをミスると折れてしまう。

勝手にたかはしガロンを師匠と思っている。
津田沼ペロリ部員。通称、津田沼エースのマスコット「ふのっしー」

背骨

カラー:PP
地域:関東、高田馬場ミカド
頻度:?
2011年ごろから大会参加するようになった新規プレイヤー。不能Q-Beeとは古い付き合い。
以前はESビーストを落とすことに定評があったが2012年になってそれを克服、ミカド新人大会では猛威を振るっている。
名前の由来は不明。「背骨ちゃん」という名でlivetube.ccにてセイヴァーの配信を行っている。
http://h.livetube.cc/%E8%83%8C%E9%AA%A8%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

大会に参加し始めて1年の区切りとなった第2期新人大会第4回にて見事優勝を果たした。
しかし当の本人は前回の新人大会から一ヶ月間、多忙により全くゲーセンに行ってなかったとか。
AOW7でKEN、さかもとの呼び掛けに答え復活。
大会終了後のAOW運営陣の使用キャラクターを模したイラストの出来栄えが素晴らしく、KENガロンは家にA1サイズのポスターを貼ったほど。

銀晶

カラー:PP
地域:関東 大山ニュートン、相模大野クラブセガ、高田馬場ミカド、リザレクション
頻度:かなり
ヴァンパイアリザレクションをきっかけに始め、当初はフェリシアを使用していた。
関東在住だが積極的に遠征しているので、各地のプレイヤーに顔が広い。
遠征しては色々な人からアドバイスを受け日々鍛錬中である。

ミカドの新人大会にはほぼ毎回参加し、遂に第7期6回で初の女性プレイヤー優勝者という快挙を成し遂げる。

しんご

カラー:大K
地域:関東
頻度:?

【主な大会戦績】
高田馬場ミカド 第10期 第4回新人大会 優勝

日野

カラー:ダークKK
地域:新潟、長岡テクノポリス
頻度:-
09年年末大会に突如現れた新潟のダークガロン使い。
稼働当初からプレイしている古参プレーヤーであり、某メスト杯では一回戦で関西のたかはしガロンと当たり惜しくも敗れたという経歴を持つ。
個性的なコマ投げの使い方をするのが特徴。遠征した際にKENと師弟の契りを結んだ。
新潟のセイヴァー振興に並々ならぬ意欲を見せており今後の活躍が期待される。関東遠征も定期的に行う予定らしい。
2012年関西に引っ越した。 2012年現在はアクアパッツァを中心にプレイしている模様。
2013年には関東に活動の場を移している。

実況

カラー:PP
地域:関東、相模大野セガ、立川オスロー5
頻度:?
山梨県甲府の甲宝アベニューでプレイしていた若手プレイヤー。
2012年後半に同店で大会も主催する程のやる気。
2013年に念願叶って西東京近辺に活動の場を移した。

とある事件をきっかけに、近年では「自供」を名乗っている場合もある。

最近ではESビーストだけでなくモーメントコンボも装備
これにより後半でのスタミナ切れを起こさなくなってきてかなり油断できなくなった

GOS

カラー:小K
地域:関東、高田馬場ミカド、立川オスロー5、津田沼エース
頻度:-
土属性のガロン。ESビーストなどは完備済み。

ショウヤ

カラー:SPP
地域:立川オスロー5、高田馬場ミカド
頻度:週1
元は「ねぎとろ」だったが、関西の某人と被っていることに気づいて「まぐろ」に改名した。
だが「まぐろ」がハンターにいることが判明、本人がハンターもやっているため2017年8月現在ショウヤというネームでプレイしている。

ビーストの拾いが上手く、どんな当たり方でもほとんど完走する。
最近プレイスタイルがBuzzに近づいており、油断しているとラッシュで殺される。

東海

ヴェルチ

カラー:KK
地域:名古屋、塩釜シャトル
頻度:-
名古屋の古参ガロン使い。
立ち回り重視のスタイルで、間合いの取り方が上手い。
上だけではなく、ダッシュを使っての横からの攻めも巧みであり、的を絞らせない。

【主な大会戦績】
  • 名古屋物語第四節(2on2) 優勝

マコ

カラー:KK
地域:名古屋、塩釜シャトル
頻度:只今盛り中
シャトルが生んだ待望の新規プレイヤーと思いきや、実は以前からシャトルのX界でサガット君とあだ名されていた人物。
始めてまだ間もないのだが、今年始めに行われたachoのカプコンオリンピックでは同行したシャトル勢を差し置きベスト8に残る快挙を成し遂げる。
クイックムーブが大好物で一試合にそれしかやらなくて負けたという話もあったりなかったり。
オリジナルの起き攻めである密着クイックムーブからの裏周りチェーンモーメントスライス 
通称『淡麗辛口』は喰らったらDIOに会ったポルナレフの気持ちがわかるほど衝撃的だ!!

関西

たかはし

カラー:大K
地域:関西 茨木VIP
頻度:?
最強ガロンとも言われ一時代を築いた関西古参の一人で、俺こんフェリシアにセイヴァーを教えた師匠でもある。
闘劇04壇上での『ブッ殺します。』は闘劇05のOPにも使われた名言。

ビーストの当て感と状況判断に優れ、どこからでも5ヒット繋げてくる。
格ゲー歴も長く、カプコンゲーの他にも幅広くプレイしている。
その経験からか、通常技の選択やダメージの取り方など地上戦も巧み。
時には強引な攻めで相手を圧倒する事から「狂犬」「ヒットマン」「ホストガロン」などの異名を持つ。

大会ではやたらだらデミトリと当たり、このカードは関西で「プロレス」のスラングで呼ばれるほど日常茶飯事な光景である。
DCC4前夜祭(AOW2)では、ほぼプレイしていない状態にも関わらず謎に仕上がっており(同T2ya)、MVPとも言える活躍を見せた。
中でも、決勝のvs灰色戦は大会中最も盛り上がった瞬間と言えるだろう。
ガロン話も好きで、ヴェルチガロンと二人で一晩中語り合った事もあるほど。

【主な大会戦績】
  • 闘劇04(シングル) ベスト8
  • a-choカプコンオリンピック10(シングル) 準優勝
  • DCC4 前夜祭 - AOW2(5on5) 準優勝
  • DCC6 前夜祭 - AOW4(5on5) 準優勝
  • DCC6(2on2) 3位
  • Mix Up Night#23(シングル) 準優勝

ブログ たかはし塾
   ・http://takahashigallon.blog.fc2.com/

バス犬

カラー:小P
地域:洋上
頻度:-
ビーストや中足、投げなどガロンの強い行動を押し付けるスタイル。
自分のペースに持ち込んだ際の強さはあるが、やりこみ不足から来る全体的なキャラ対策不足な感もある。
セイヴァーの他に北斗、スト4などやり込んでおり、スト4では地元三宮サンクスの無差別級大会で優勝するほどの実力を持つ。

セイヴァー歴は浅いものの、若さゆえの歯に衣着せぬ言動が物議を醸すこともある。
得意の煽り文句は「はらいてええええええええ」
ただ最近は、とりあえず「はらいてええええええええ」を言っている節があり、
一部プレイヤーからはボキャブラリーの無さを指摘されているとかいないとか。
船乗りになって本拠地を海に移した。

うすしお

カラー:KK
地域:関西
頻度:-
関西の中堅プレイヤー 
セイヴァーをはじめたのは2012年初旬で比較的新規プレイヤー
主な練習場所は相棒のスーパーモチモチ宅のモチモチゲーセン。

相当な頭脳派で知識面に関しては上位陣をもしのぐほどの知識を持っている。
システム面でわからないことがあれば的確な返事をもらえる。
しかし、プレイ時には意外と感覚派な様子。

堅実な立ち回りをモットーとしてローリスクミドルリターン型プレイヤーだったが
近年攻撃力がかなり上がっており爆発力があるプレイヤーに変貌しつつある。

社員

カラー:大K
地域:関西、淡路島、梅田ミスト2、千日前ヒルズ、ゲームセンターアポロ沖州
頻度:月1?
だんじりガロン
たかはしガロンをリスペクトしているらしい。また、セイヴァー画伯七英雄の一人でもある。
高田馬場ミカド新人大会 チャンピオンカーニバル7(2015/7/12開催)に、関西ニュージェネレーションカップ招待枠として出場。同じく招待枠として参加した仙台F1Rのペペザベルを決勝で破り優勝。2本先取で行われたCC7で無敗優勝し淡路島に凱旋。ちなみにCC7は指名制トーナメントであったが、社員からの指名は全て拒否された。

バー「洋酒処 浜(https://twitter.com/sakedokoro_hama)」の店主。

【主な大会戦績】
  • 高田馬場ミカド新人大会チャンピオンカーニバル7(CC7)優勝

イツキ

カラー:KK
地域:関西、三重、梅田ミスト2
頻度:-

四国

ねじゅみ

カラー:中K
地域:四国、徳島、アポロゲームセンター沖州
頻度:
ESビースト完備なガロン

山陽、山陰

あじさま

カラー:PP
地域:岡山、新倉敷ファンタジスタ、アミパラテクノランド
頻度:週1~2
元々はセイヴァー稼働初期のプレイヤーでヴァンパイアリザレクション発売前後からの復帰勢。
ズラしからダメージを取る事に長けているプレイヤーでガロンの強い部分をしっかり把握している。
岡山勢の中でも屈指の実力者でありヴァンパイアリザレクションで行われた大会でも他地域の現役勢を押しのけての優勝経験を持つ。
今後、防御スキルを更に磨けば全国プレイヤーの仲間入りをしてもおかしくはない。
なお大会エントリーは「あじ」名義であることからあじさまの「さま」は実は敬称のようだが、それでも皆から「あじさま」と呼ばれる徳の高い漢である。

いずみ

カラー:中P
地域:岡山、新倉敷ファンタジスタ
頻度:月1~2
2013年7月頃よりファンタジスタで行われている対戦会をきっかけに以前より興味があったセイヴァーを始めた新規勢。
その正体はストⅢ3rdで闘劇常連だったチュンリー使いである。
セイヴァーの持つ独特のハイスピードの攻防にも高い順応力を見せている。
クレバーな受け答えをするプレイヤーであり、同じガロン使いのあじさまと質の高いガロン会議をしているようだ。

ファンタジスタ店長(きょちょ)

カラー:小P
地域:岡山、新倉敷ファンタジスタ
頻度:常駐
説明不要、その名の通りファンタジスタの店長その人である。
業務時間外(なのか?)であれば寂しく一人用をしているプレイヤーに乱入してくれる。
ホスピタリティの鏡であり日本のお・も・て・な・し精神を体現する立ち回りは驚愕の一言である。

バーチャでは闘劇04の青切符をもつ程の腕前である。
セイヴァーはファンタジスタ開店当時に触っていたようだ。
2013年にセイヴァー対戦会が賑わいを見せると機を逃さず自らも対戦に参加。
イベントを積極的に仕掛けることによってセイヴァーの腕を磨いている。

余談であるがファンタジスタにはプレハブのイベントルームが設けられており、店長との家庭用ウイイレ3先ガチに勝ち越すと宿泊を許されるらしい。
あくまで噂なので、セイヴァープレイヤー諸兄にはぜひファンタジスタに足を運んでその真偽を確かめに行って貰いたい。

HP ファンタジスタ情報ページ
http://yaplog.jp/am-fantasista/
ユーストリーム動画配信
ジスタ配信 http://t.co/eoszeZleBe
ジスタ配信2ch http://ustre.am/12JoD


けーじ

カラー:臨機応変
地域:広島
頻度:-
リザレクでKENガロンとプレマをやっていたプレーヤー。
岡山ファンタジスタやJMD、JMD時のミカド等でプレーしている事がある。

九州

ミウラ

カラー:小K
地域:熊本、福岡ジーカム和白
頻度:-
ESはビースト完備
LD、SDやDFからの攻めに磨きをかけているガロン使い
リザレクションでミウラ塾を主催し、新規勢の獲得・拡大や指導に当たっている

非現役

影ガロン

カラー:ダークKK
地域:関東
頻度:-
関東を代表する古参ガロン使い。名前通りダークガロンを使用。
代名詞である影サマー(ESクライム)は長年の経験に裏付けされた読みと反応を昇華させた必殺技であり、
常人が真似してもそれは単なるぶっぱである。3連続リバーサル影サマー(命中率100%)も体得している。
メイン戦法はK投げの自動二択を使ったループであり、闘劇04の前夜祭で猛威を奮った。何故かESビーストが出来ない。

Judgement Day 2013では特に運営メンバーではなかったのだが、いつのまにかハンター決勝の仕切りや、表彰式まで取り仕切った。
運営メンバーとは一切関係ないはずだがどうみても重要人物な立ち回りをしていた。ちなみに飲み会の幹事もすばらしい腕前。

必殺技
   ・影サマー

アール

カラー:ダークPP
地域:関東
頻度:-
貴重なパパ勢であり、最近は子育てが忙しくてなかなかゲームが出来ないらしい。
同名の人が既に居た為、仕方なく「ナイスガイ龍太郎」の名前で出場した西スポランバトがスカパーで放送され、動画にも残っている。
過去にはオボロビクトルに幾度となく挑戦を挑んだりしていた。
現在はスパ4等の実況解説で大活躍中。

琉くん

カラー:大P
地域:関東、津田沼エース、新宿セガ
頻度:?、ムラがある
闘劇にも出ているキャリバー勢。
リザレクションから本格的にやるように。
ESビースト、自動二択もキッチリ。

ガロンとヌンチャクが好き。

ごぶザベルとプライベートで仲がよい、10年のつきあい。

土門イワヲ

カラー:
地域:関西
頻度:-
三国志勢。

ヤム飯

カラー:
地域:関東
頻度:-

将軍

カラー:KK
地域:仙台
頻度:-
闘劇04出場
最終更新:2020年01月14日 11:12
添付ファイル