更新日:2020/10/03 Sat 23:16:33





基準年前後に活躍したゼラフィオスの男性。
フリーの剣士であり、特に所属する組織はないものの、
その実力から何度もザイオランテ協会やディガスに勧誘されているようだが
その都度「束縛される環境は自分の肌には合わない」と固辞し続けているという。
とはいえ若年期には放浪剣士として名を馳せた為かそのコネクションは非常に広いようで
同じような属性を持つパゴラ・カーンを戦友とする他、トゥルトゥスの剣士アイデン・クフーガーとは
かつて手合わせをしたことがあり、以来彼とも好敵手にして盟友というに等しい関係を築いている。
外見はアークス換算して20代半ばほどにしか見えない若々しい見た目であるが
実は種族としては既に40代半ば相当と中年に相当する脂ののったベテランである。
妻にメヴィーヤ・マフラターナ、息子にアルサーン・マフラターナを持つ。

一般的に硬派で笑わない監視者とされるゼラフィオスの中でも例外で
蕭々とした性格であり、武勇伝を問われても知らぬ存ぜぬな振りをして適当に流してしまう。

また無類の女好きとしても知られており、監視者の個体なので
露骨なセクハラ行為こそ働かないものの気に入った女性は
例え敵であろうとも口説く癖があるため、弟子たちには呆れられている模様。
妻であるメヴィーヤも元々はある人物によって暗殺の為に仕向けられた刺客だったらしいが
ゼントゥラグーンはあろうことか自身の命を頂戴に来た彼女へ惚れてしまい、
戦いの度に説得という名の求愛を続け、遂に戦闘不能に追いやると
自宅兼道場まで持ち帰るという手段に出ている。
実はメヴィーヤはかつて弟子たちを襲撃し再起不能寸前にしたことがあり、
当然ながらゼントゥラグーンのこの行いに弟子は猛反対、目を覚ましたメヴィーヤも
向かっていこうとするが彼の男気に触れるとすぐに敵意を鎮め意気投合、
息子であるアルサーンを儲けたというわけだ。

一方で指導者として弟子は宝であり我が子であるという考えであり、
女弟子にも手を出しているのではないかという噂が流れたり敵に
そのことを追及されたときには抗議したり静かに怒りを見せたことも。

ローブ状の服を着ているので普段は目立たないが全身もまるで鋼のような筋肉に覆われており、
遠目に見ると寧ろセリュエジアスのようだと言われるほど。
また羽織っている半透明なマントもセリュエジアス用であり、
相当な重量があるのだがその装備の重さを感じさせぬほど身のこなしが軽く、
それでいて本気になった時にはこれを脱ぎ捨てるという。

元々はケミズカト王家に仕えた近衛の一族の末裔に当たり、
その中で一族に伝わる武術を免許皆伝した者だけがその名を受け継ぐ伝統があったようで
エルシエン・ゼントゥラグーンという名も本名ではないことが示唆されている。

現在はあまり前線には出ずに指導者として後進の育成に尽力しており、
ルシケーア・ネルテュースやスザキア・タテュエリナスも幼少期に彼の手ほどきを受けた弟子である。
特にスザキアには一度ギサルナクに拒絶された件の後に模擬戦を通して
神剣に認められる為のヒントを与えており、ラカジル・オルギロンと並んで恩師の一人となっているようだ。
台詞
「うちの馬鹿弟子が世話になったな。」
「師匠にとって弟子とは!家族であり兄弟…否!我が子も同然!それに手を出す馬鹿が何処にいる!」

感想
モチーフはなんと、るろうに剣心のチートキャラを代表し、
剣心の師匠の比古清十郎と牙狼 炎の刻印の主人公の父親であるヘルマン・ルイスである。
前者は作者も認める公式チートで自分の力を弁えている為滅多に戦わず、
主人公の剣心の師匠であることからこちらも多くの剣士を育てた指導者というポジションに置き、
自分の力を弁えている為に現在は自ら前線に出る事はあまりないという設定となっている。
後者は女好きながらも実力者で息子の師匠でもあるという設定のイメージ元だが
流石に全裸になって人前に出たりはしない(汗
最終更新:2020年10月03日 23:16