カスター

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

クルーディア帝国壕候将軍。フェリサスの才能を早い段階で見抜き、虎の威を借りるために近づいてくる。
本人も決して無能ではなく、それなりの武勲をたてた為、フェリサスの腹心的地位にいる。

クルーディア帝国と共和国サムルトンが連合軍を組み、リアムス自治国家に遠征を開始、ランドヴァルク作戦が実施され、ルーニアの戦いドゥカースの戦いと連戦するが、突如として「皇帝崩御」の急報が入ると、真偽を確かめるためフェリサスは極秘裏に帝都へ帰還、その際総指揮を託され、グラウスの戦いでは、個人的に確執のあったグラスシード達をあえて危険地帯に配備、それが逆にこの戦いを勝利へと導くこととなる。
サムルトンが突然の裏切りを起こした時は、右往左往して自らの脱出のみに執着し、帝国軍の崩壊を招いたが、裏切りによる敗北だったことから、彼個人への責任は問われなかった。

その後、帝都には不穏な噂と活動が絶えず、治安維持の失敗によって政務長官は降格、後任にカスターの血縁にあたる帝国貴族のリスタ公となった。しかし、彼はカスターの操り人形に過ぎず、カスターは自身と対立する者を次々と処罰した。

6894年、サムルトン遠征に参戦、論功によって新領土を貰い、フェリサス部隊から独立、カスター部隊を結成することとなる。
フェリサスが帝位を簒奪する際には、カスターも暗躍、特に帝都の治安維持の責任者が彼の身内であり、実質上の操り人形であった為、皇帝ファルスの悪い噂を絶えず流させた。帝都の治安を守る筈の彼らが噂を流した張本人という自作自演劇により皇帝ファルスの支持は地に落ち、フェリサスの帝位継承を潤滑に行わせた。

しかし、カオスクラウンの戦いにおいてグラスシードの前に大敗、フェリサスに「決戦に不用な人材」とまで言われ、怒り狂ったカスターは、帝都に迫るグラスシード軍の前に立ちふさがるが、力及ばず戦死した。

人物


関連項目


最終更新:2013年04月16日 00:36