三崎あくあ

三崎あくあは、南山戦国時代の武将。

概要

1581年、南山地方池尻に生まれる。中野遥と同じ出生地なおかつ同年に誕生、幼馴染でもある。
1602年、高塚城を作る。
1619年、井手の戦い相良典章に勝つ。
1625年、宇野の戦い栗坊雑穀に勝つ。
1627年、中野遥と結婚する。
1631年、三奈の戦い新夏希奥村裕紀連合軍に勝つ。
1638年、日野の戦い男持桟に勝つ。
1645年、塩木の乱中野遥と共に焼死。

家臣の田辺弘が書いていた日記には、楽しそうな夫婦で私も早く結婚したいと思ったという記述がある。それほど中野遥とはうまくいっていたのだろう。
子孫の1人、中野三咲は尾野原高校の11代校長である。
最終更新:2020年10月11日 21:48