ネタバレ

  • ストーリーの概要
+...
創造神グランゼニス、世界を創る。その際、1匹の竜と生命を創る。
竜の体は3つに分かれ、それぞれアギロゴス、バルボロス、グレイナルになる。
(アギロゴスは更に分かれてアギロと言う運転手とそれが運転する天の箱舟になる。)
バルボロス、グレイナル対峙する。バルボロス、グレイナルに敗れ、消滅する。
グレイナル、後にドミール火山と呼ばれるようになる場所を拠点に選ぶ。

フォロボス、フロボシータ、フォロボッソ、フォロボセ、フォロボサーン、誕生。
1体1体が世界を滅ぼす程の力を持った為、兄弟は神が別に作った宇宙に送られる。
(その際に別世界の門を使い道を考えてなかった天の箱舟の車両に設置する。)
しかし、破壊神となったフォロボスだけは人間界に残り、世界を滅ぼさんと企む。

いにしえの魔神、誕生。世界を我が物にせんと企む。


人間に悪い心を持つ者が多くなった為、創造神グランゼニスは世界を滅ぼすべくキマイラロードを創る。
しかし、グランゼニスの娘・女神セレシアはそれを地底に封印し天使界と天使を創り自分を木に変えてしまう。
その際、天使が人間の感謝の心の集まり「星のオーラ」を捧げない限り、自分は木から戻れないようにする。
(つまり、人間と天使が居ないと自分は元に戻れない。)
それを憐れんだグランゼニスは人間を滅ぼすのをやめ、天使に「星のオーラを世界樹に捧げ続けると、
女神の果実が実り、自分達は天の箱舟に乗って神の国へ行き、そこで天使としての使命を終える。」
と言う言い伝えを流す。(つまり天使は人間を守る為生まれた。)

破壊の女神となったフォロボシータ、別世界でフォロボッソ、フォロボセ、フォロボサーンを殺し、
別宇宙を支配する。


賢者の悟りを初めて開いた者が現れる。
そこで、大賢者は破壊の限りを尽くすフォロボスを自身と一緒に神の書に封印する。

いにしえの魔神、セントシュタインに出現。
ルディアノ、もしくはセントシュタインを滅ぼし、我が物としようとする。
魔神は当時のセントシュタイン国王にもちかけ、ルディアノを妖女イシュダルを使って滅ぼそうとするが、
イシュダルがルディアノの騎士レオコーンに恋心を抱き、自身とレオコーンを封印した為、
いにしえの魔神自らが、ルディアノを滅ぼす。

いにしえの魔神、ベクセリア地方のガナン王国に姿を現わし、ガナサダイがガンベクセンを暗殺するよう仕向ける。
ガナン王国の国王、ガンベクセンが摘子のガナサダイに暗殺され記憶を奪われる。
ガンベクセンの魂、ベクセリア西の洞に封印される。
ガナン王国、ガナン帝国へ姿を変え、拠点をベクセリア東の山に囲まれた未開拓地へ移す。
ガナサダイ、サンドネラ王妃と結婚する。
サンドネラはガナン領地に強制労働施設「カデスの牢獄」を作りそこで人々を強制労働させたり、
ガナンが悪の帝国となる要因の一つとなる。

カデスの牢獄の囚人が流刑にされ、流れ着いたオンゴリの崖で、石碑に恨み辛みを込めた文を刻む。

ガナン帝国兵がサンドネラを流刑にする。この事は皇帝に知られぬよう、完全に隠蔽される。

サンドネラ、流れ着いた雨の島で人間界の世界樹を燃やし、呪いの言葉を吐いて死ぬ。
グビアナ砂漠でグビアナ城の神父は代々、雨の島でサンドネラを供養する習慣が生まれる。

神の書、ガナン帝国に渡る。

守護天使エルギオス、一人の弟子イザヤールを残し天使界からナザムへ落ちる。
ナザム村の守護天使だったエルギオスはそこで少女ラテーナと暮らす。

ガナン帝国、悪逆の限りを尽くす。その際にナザム村を襲撃し、エルギオスを拉致する。
エルギオス、ラテーナに裏切られたと誤解し、人間に憎悪を抱き始める。
生き残ったラテーナは、この時からエルギオス探しの旅をする。
ついでにガナン帝国はドミール火山も襲った為、グレイナルや竜戦士と戦争になる。

エルギオスの天使パワーを使用した帝国、逆にパワーを使いこせず、大打撃を受ける。
この時、皇帝はおかしくなり、エルギオスの操り人形と化す。

ラテーナは旅の途中で立ち寄ったアルマの塔でキマイラロードの生き残り、アルマトラと出会い、友好関係を築く。
ラテーナ旅の途中で力尽き、死亡。しかし、魂は幽霊となり、300年エルギオスを探す事になる。
ラテーナの死を悲しんだアルマトラは魔力を込めた涙を流し、涙と共に魔力を失って深い眠りにつく。
この時、監禁されてたエルギオスはアルマトラの涙で魔力を300年蓄える。

グレイナルの活躍もあって、ガナン帝国が滅亡する。

神の書に封印された大賢者は帝国城跡地で賢者の悟りを開く者が現れるのを待つ。

200年後

病魔パンデルムが創られ、ベクセリア西の洞窟で名を奪われし王の封印をさらに強くする為、封印される。
その際、パンデルムの呪いによって、当事のベクセリア国民の殆どが死亡する。

100年後

主人公は天使界で働く守護天使の一人で、師匠のイザヤールと共に、
自分の守護するウォルロ村で、星のオーラを稼いでいた。
稼いだオーラを世界樹に捧げた所、女神の果実が生り天の箱舟が天使界に降り、
天使は使命を果たしたかに見えた。
だが、その時エルギオスが起床、手始めに天使界と神の国を襲いグランゼニスを殺し、
女神の果実は世界各地に落ちる。
その後、エルギオスの手によりガナン帝国復活。帝国は魔帝国となる。

ついでに主人公、自分の守護するウォルロ村へ落ち、天使の輪と羽を失う。

グランゼニスの体が地上に落ち、10つに砕ける。この時、エルギオスの攻撃で起こった大災害で、
グランゼニスの体は地中に埋まる。さらに、地中の体の部位一つ一つがモンスターとなる。

バラバラになったグランゼニスの体一覧
頭:ハヌマーン
目:邪眼皇帝アウルート
腕:魔剣神レパルド
血:ブラッドナイト
その他:スライムジェネラル、アトラス、Sキラーマシン、黒龍丸、イデアラゴン、怪力軍曹イボイノス

大災害によりイシュダルとレオコーンの封印は解け、パンデルムを封じ込めた壺が割れる。
レオコーンによってセントシュタインは襲撃され、ベクセリアは病魔に苦しむ事になる。

天使界の長老オムイ、イザヤール達に女神の果実収集を命じる。
しかし、その時人間界に降りた天使達は全てガナン帝国に捕まりパワーを吸収される。
その吸収したパワーによってバルボロスが復活。
イザヤールだけは寝返ったフリをして、ガナン魔帝国の下に付く。
主人公、ウォルロ地方のとある場所で天の箱舟の残骸を発見。しかし天の箱舟、動かず。
ウォルロで活躍し、セントシュタインに進んだ主人公は、
そこでイシュダルを封印し、国民から感謝される。

その時に国を埋め尽くしたと言う星のオーラ(主人公には見えない)を察知して来た、
天の箱舟の乗組員、サンディと会い行動を共にする。その際、天の箱舟に乗るが、動かず。
次に、主人公は元ガナン王国跡地のベクセリアでパンデルムを封印し町を星のオーラでいっぱいにする。
その際、またもや箱舟に乗る。(この時、ラテーナを目撃)すると、箱舟は起動。天使界へ行く。
しかし天使界はエルギオスの攻撃で壊滅状態。
こうなれば神(グランゼニス)から話を聞き、何が起こっているのか教えて貰おうという事になり、
女神の果実を集めてこいと命じられる。
主人公は、世界各地を転々として、果実を全て集める。
その際、カラコタ橋で、少女ラテーナに再度会う(この時、主人公とエルギオスを間違われる)。

ガナン帝国、女神の果実の力で世界征服を目論む。
だが主人公が先に女神の果実を集めていたため、イザヤールを使い、
女神の果実を持って天使界へ行く途中の主人公を襲撃。
女神の果実を全て奪う。
その際、ガナン帝国の三将軍の内の一人、ゲルニック将軍はバルボロスを使い主人公を攻撃、
天の箱舟から落ちた主人公は、かつてエルギオスが守護してたナザムに落ちる。
そこでラテーナに会い、エルギオスの悲劇を知った主人公はナザムでラテーナの頼みを聞入れる。
そこで、ドミールへの道を開いた主人公はドミールに移る。
そこで、年老いたグレイナルに会うと、ガナン帝国兵の紋章を貰う。
その時、バルボロスがまたもやドミール火山を襲う。
だが、グレイナルの方が実力は上・・・に見えたが、バルボロスは真の力を解き放ち、
グレイナルを殺し、主人公を拉致。
牢獄で労働する事になった主人公は、そこで屈強な男、アギロと出会う。
そこでアギロや他の囚人達と一緒に帝国三将の内の一人、
ゴレオン将軍を破り、地下の天使達を解放する。
その時、アギロは天の箱舟を呼び、主人公に自分が天の箱舟の運転手である事を告げる。
その後サンディと合流し、天使界に着くと、イザヤールが裏切った事を告げる。
するとイザヤールは実は裏切っていたわけではなく、女神の果実を全てオムイに渡した後、
ガナン帝国へ乗り込んで行った事を知る。
天の箱舟で神の国へ出発すると、そこで世界樹に宿るセレシアの言葉でガナン帝国を打倒する事になる。
主人公は箱舟で、ガナンへ向かう。そこでゲルニック将軍、ギュメイ将軍を破り、
ガナサダイ皇帝をも倒し、物語は終わった・・・
かに見えたが、そこに監禁されていた天使達を解放すると、
そのさらに奥にもう一匹の天使が居る事を知る。

奥に進みその天使を解放すると、その天使は名前を『堕天使』エルギオスと名乗り、
主人公をいきなり倒し、神の国へ行ってしまう。後を追って神の国へ行く主人公。
その際、セレシアは世界各地の主人公に助けられた人の感謝のエネルギーを集約させ、
女神の果実を1つ作り主人公に渡す。
天使の制約(自分より地位が上の者に攻撃できない)を断ち切るため、
果実のパワーで人間になるように促す。主人公は果実を食べ人間に堕ちると神の国へ行く。
しかし、エルギオスは神の国を絶望と憎悪の魔宮に変えてしまう。
主人公はその奥で復活したゴレオン、ゲルニック、ギュメイの三将軍をまとめて倒し、
最深部でエルギオス、バルボロスを倒し、激戦の末、完全な悪魔と化したエルギオスを倒す。
するとエルギオスは蓄えておいた力を全て使い、主人公もろとも世界を破滅させようとする。
だがそこに出現したラテーナによりエルギオスは元の天使の姿に戻り、
役目を果たした天使達は全て星になって天に昇っていった。
そして完全に人間になった主人公にはもう、サンディやアギロ、天の箱舟は見えなくなった・・・。

しかし、女神の果実を集めたツォの浜で9つ目の女神の果実を発見し、
それを食べた主人公はサンディ、アギロ達が見える様に
なり、アギロから天の箱舟の運転を任された。

グレイナル、死亡したバルボロスの魂により蘇り、宝の地図の最深部に身を潜める。

いにしえの魔神、封印を現セントシュタインの姫、フィオーネ姫によって解かれ世界を滅ぼそうとする。
が、主人公に阻止され、消滅する。

サンディが自分がネイルアーティストの試験に合格したことを女神セレシアに報告するために旅の扉を使い、神の国へ行こうとするが、その時フォロボシータの封印を解いてしまう。
サンディに頼まれ、フォロボシータを倒す主人公。
サンディ、主人公に自分が女神の妹である事を告げる。

アルマトラ、エルギオスが封印されていた間から主人公が持って来た自身の涙により目覚めるが、主人公を敵と認識し襲いかかる。
戦闘後、正気に戻り主人公が道中でみていたラテ-ナの幻がアルマトラがみていた
夢だったことを告げる。

主人公が旅の途中で会った天使、ラヴィエルが星となったエルギオスに言われて、
女神の祈りを手に入れて欲しい、と頼まれる。
主人公は魔剣神レパルドを倒し、祈りを手に入れるが、
セレシアから祈りは天使が使うと運命を変える力がある事を教えられ、
セレシアの力で過去に戻り、イザヤールに祈りを渡し、
イザヤールが生存できるように、運命を捻じ曲げた。
それを見たエルギオスは満足し、ラヴィエルにその事を伝える。
ラヴィエルとイザヤールは兄弟だった事を知る。

  • 最強状態(ネタバレ注意)

  • ラスボス、配信、魔王の地図ボス(ネタバレ注意)

  • すべての魔王を倒すと手に入る称号


  • カジノの存在?
リッカの没セリフ
リッカ「さっ! 今日も はたらくわよっ! [主人公]も お客さんを じゃんじゃか つれてきて!リッカ「あ そうだ。 大切なことを 忘れてたわ。」

リッカ「お客さんへの カンシャも込めて 長いこと眠らせてた地下室に カジノを作ったのよ。リッカ「お客さんも お店の人も みんなが いっしょに楽しめる場所に なったら サイコーじゃない?
リッカ「じゃ [主人公]! これからも よろしくねっ!

せんれきのこうもくに、カジノのコイン枚数が存在するらしい(没だが)

マーニャ「な~んだ カジノも いいオトコも いないなんて がっかりしちゃった。 ま 泊まれれば いっか
最終更新:2010年05月29日 16:02
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。