[無頼ック自己ライザー]

【ブライックジコライザー】

ポップンミュージック peaceで登場したEXIT TUNES版権曲
担当キャラクターはビット(19-1P)。
VOCALOID曲としても同時投稿されたこの曲をkradnessが歌ったものである。
ジャケットデザインは△○□×が行っている。

無頼ック自己ライザー / kradness
BPM:150
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
5 25 32 41
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
5 5 5 5
 2015年8月3日に鏡音リン版と同時に「歌ってみた」として、歌い手・kradnessのバージョンも投稿された曲で、後にkradness 3rdアルバム「KRAD PARADOX」にも収録された。「ワンダフル☆オポチュニティ!」のじーざすPによる提供曲でもあり、曲名は音響機器のグラフィックイコライザーが由来だろう。「デスクトップミュージック」と「DON'T STOP MUSIC」といったような韻を合わせている歌詞が、kradness特有の癖のある声と合わさり、電子ドラッグ的な中毒性を生み出している。
 DDRと同じ収録時間の長さとなっている。ハイパーはリズムを左白もしくは左緑で取ることが多く、左右別フレーズが目立つ。中盤から「ミュージック」に合わせたLPが出てくるので、曲の流れに沿って拾えばあまり苦労はしないだろう。LP譜面に慣れるためのちょうどいい感じな構成にもなっている。EXは最初の方のLP+右手の変則リズム、裏打ちになっている序盤の隣接同時に気を付ければ、中盤以降はこれといった難所は見られず同時押しも見切りやすい。実質Lv39くらいでも十分対応できるレベルなのでフルコンボもさほど難しくはない。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
1
2
3
4
5

他のBEMANIシリーズへの収録

ジャケット
#ref error :画像URLまたは、画像ファイル名を指定してください。

REFLEC BEAT

  • VOLZZAにおいて稼働開始から収録。
    アーティスト名表記は「じーざす(ワンダフル☆オポチュニティ!)feat.kradness」。

Dance Dance Revolution

  • DDR Aにおいて、2018/07/26からの追加配信により、同じEXIT TUNES関連曲の[おねがいダーリン]と同時登場。
  • REFLEC BEATと比較すると収録時間が長くなっており、ポップンに収録されている音源はDDRと同様。
  • 2019/12/19 10:00~2020/03/29まで行われる期間限定イベント「DDR CHALLENGE Carnival」で、CHALLENGE譜面が登場した。


収録作品

AC版
ポップンミュージック peaceからの全作品

CS版

ロング版収録

KRAD PARADOX / kradness

関連リンク

版権曲
EXIT TUNES


楽曲一覧/ポップンミュージック peace