ジャケット

【ジャケット】

概要

「ジャケット」は本来は上着を意味する言葉だが、ここではレコード、CD、DVD、BDなどのディスクメディアの紙の外装、またはその表面のイラストを指す。
単にジャケット、CDジャケットなどと呼ぶことが多い。
視覚デザイン上、ブックデザインでの表紙にあたる要素で最も大切なものである。

BEMANIシリーズではMAMBO A GO GOが先駆けともいえるが、初めて本格的に導入したのがjubeatである。
実在するジャケットを見て、知っている曲があると選びやすいというのも一因だろう。
その後、従来バナー方式が採用されていたDance Dance RevolutionGuitarFreaksXGDrumManiaXGにも導入され、REFLEC BEATSOUND VOLTEXDance Evolution他でも導入されている。
特にSOUND VOLTEXBeatStreamでは譜面難易度によって一部の楽曲でデザインが変わるという方式を導入している*1

ポップンではハロー!ポップンミュージックで初めて導入されたが、この時の反応はイマイチだった模様。
その後ポップンミュージック Sunny Parkにおいて本家シリーズで初登場し、オリジナルのアーティストを起用している版権曲ハリアイ画面表示がジャケットに変更された。
このためか、デモ画面で版権曲のライセンス表示が入るようになった。

ただしポップン20のEASYモードでは、jubeatからの移植曲が加わった際、曲のバナーに当たるカードがジャケットを用いているものも存在する。

オリジナル曲では従来通りのハリアイ画面の表示だが、近年他のBEMANI機種との連動の影響もあってか、一部の楽曲ではキャラクター+ジャケットという形がハリアイのイラストとして描かれている。
公式HPやPDF形式のお知らせでも、連動イベントにおいて使われることが多くなっている。

ポップンミュージック eclaleでは選曲画面のみジャケット表示となり、ハリアイ画面やリザルト画面ではその担当キャラクターが表示されるようになった。



選曲画面(ハリアイ画面)にジャケットが用いられている楽曲一覧

※は前述でのデモ画面においてライセンス表示がされる楽曲。

版権曲(EXIT版権以外)

EXIT TUNES版権

上記以外

他機種への移植がなく、何らかの形でジャケットが存在するポップン初出曲一覧

リズミンに収録されている

リズミンに収録されていない

関連用語

ハリアイ画面
バナー

基本要素・システム