REFLEC BEAT

【リフレクビート】

2010年11月4日より登場したBEMANIシリーズの作品。
「新感覚対戦型リズムアクションゲーム」と銘打たれたBEMANIシリーズの新作。
画面をタッチするタッチパネル方式を採用しており、画面上のオブジェクトを、判定ライン上でタッチして消したり相手へ弾き返したりする、エアホッケーの要素が入っているのが特徴。
タイミングよく触れると得点が増え、ミスした場合は得点が減少する方式でスコアが高い方が勝者となる。
さらに得点率(70%以上)がクリアの条件に関わっているため、他のBEMANI機種と比べると「対戦」を前面に出した作品といえる。

流れてくるオブジェクトを判定ライン上で直接オブジェクトに触れるというのが、このゲームの基本となる。
タイミングよくオブジェに触れるとゲージが溜まっていき、一定の条件を満たすことで金色の淵のオブジェクトをタイミングよくタッチしてスライドすれば、「JUST REFLEC」を出すことができる。
「JUST REFLEC」を出したオブジェクトは通常よりも速い速度で流れてくる。
ミスした際の得点の減少が大きいため、「どこで打てるか」「打てる回数」を考えるという戦略的な要素が含まれる。
ポップンのネット対戦で言う、オジャマバトルにおけるオジャマゲージに近い感じで、ゲージの管理が案外重要。
リザルト画面で出るJUST REFLECの数はその曲の譜面で、最大で可能な回数が表示されるので、高スコアを出すに当たって必須といえる。

初代(Ver1.5)では難易度がMEDIUM以上だと、通常の判定ラインとは別に2箇所のタッチポイントを設けた「2TOP」オブジェクトも出てくる。
こちらは緑色のオブジェクトになっているため、区別することができる。
「limelight」からBASIC難易度でも登場し、さらにHARD難易度に限り、前作の2TOP部分の中心にタッチポイントを1箇所追加で設けて「3TOP」になった上に、TOPオブジェクトにもロングオブジェが登場して、より難易度にバリエーションが出るようになった。
判定ラインとTOPの判定部分の両方に意識しなければならないため、多方向への視認性が求められる。

第2作となるlimelightはKAC決勝が行われた翌日の24日から本格稼動開始して、クリアゲージが採用されている。
と、いってもこのゲージは得点率のゲージであるため、70%以上の得点を獲得する事でクリアになることは変わっていない。
第3作のcolleteでは、4つの季節に合わせて筐体の外観デザインが変わるというテーマ性を採用している。
稼動から1年が経過したこの作品は、「All Seasons」というバージョンに変わり、これまで登場した季節ごとのバージョンの隠し曲が出しやすくなっている。

limelightでは言葉を組み合わせてメッセージを送ることができるようになっており、colleteではTwitterとの連動が可能になっている。
その後groovinでは、新規譜面として「SPECIAL」が登場し、オブジェクトでは「バーティカルオブジェクト」という、他のBEMANIシリーズのように垂直に落下してくるオブジェが登場している。
VOLZZAではさらなる新要素に「スライドオブジェクト」という、画面の上をなぞる形で操作する要素として登場した。
またグルーブゲージ方式も導入され、操作関連を除けば全体的にbeatmaniaIIDXに似た要素が増えている。

「悠久のリフレシア」よりゲームのシステムや譜面の仕様を一新しており、大きな転換期を迎えている。
これまで収録された楽曲は稼働当初は一部しか収録されておらず、稼働からある程度経過して順次追加される形となっており、ユーザーからも大量削除を受けたという印象が否めない。

CS版ではjubeatと同じく、iPadやスマートフォンをハードとした「REFLEC BEAT plus」と呼ばれるタイトルで登場している。
ハードの性質を利用した、AC版では不可能なダブルプレイができるのが醍醐味ともいえる。
AC版で登場した楽曲がCS版でもプレイできたり、特に版権曲の取り込みが多くAC版には入っていない楽曲も目立つ。

シリーズ一覧

作品名およびバージョン 初出
REFLEC BEAT 2010/11/04
Ver 1.5版は2011/07
Ver 1.5 2011/07
REFLEC BEAT limelight 2011/11/24
REFLEC BEAT collete Winter 2012/11
Spring 2013/03
Summer 2013/06
Autumn 2013/09
All Seasons 2013/12
REFLEC BEAT groovin!! 2014/06/04
Upper 2014/11/20
REFLEC BEAT VOLZZA 2015/10/28
2 2016/03/24
REFLEC BEAT 悠久のリフレシア 2016/12/01

※AC版のみ記載。
CS版では「REFLEC BEAT plus」というタイトルでiPad向けに登場しており、4曲を1パックとした様々なパックが定期的に配信されている。

楽曲関連

楽曲のプロデュースはDJ YOSHITAKAが行っており、beatnationのメンバーが大きく関わっている。
高難易度の譜面にDJ YOSHITAKA関連の曲が多い。
jubeatと同様に版権曲が豊富に取り入れられているので、jubeatに慣れたプレイヤーにもオススメかも。
現在ではjubeatよりも収録楽曲数で逆転しているという現状のようだ。

jubeatと同様にプレイを重ねることでオリジナル楽曲が次々に登場していく。
またFINAL STAGEのみに出現する楽曲や、特定の条件を満たすだけで出現する曲もある。
移植曲は初代で収録された楽曲がDDRでの移植曲と同じく、一部の曲は短縮化されていたが、以降の作品では基本的に短縮されずに収録されている。

初代は7月中旬にIIDXと他機種との連動企画「Lincle LINK」が開始されたと同時にVer1.5にバージョンアップした。
第1弾はこの機種とIIDX18 Resort Anthemとの連動であり、IIDXにはREFLEC BEATからの移植曲が数曲+Lincle収録曲から先行で1曲追加された。
逆に、IIDXから移植曲が条件付きでプレイできるようになり、REFLECのオリジナル曲も数曲追加されている。
「Lincle LINK」第5弾でも同様の内容で楽曲追加がされている。

plusでは版権曲の取り込みが多くAC版には入っていない楽曲も目立つ。

難易度表記の比較

jubeatと同じく、難易度が最も低い表記は「BASIC」と共通で、レベルは1から10の10段階となっており、高難易度の譜面はコナミオリジナル曲に多い。
limelightより、Lv10の中でも特に難しい譜面は「Lv10+」という形で区別されるようになったが、VOLZZAではそれらが細分化し、11・12が(KACにおいてさらに13が)設けられた。
groovinではSPECIALと呼ばれる、既存曲の新規譜面として登場しており、隠し要素になっているものもある。
VOLZZAではスライドオブジェの登場により、「RENEWAL」という既存楽曲の新譜面を収録したものが隠し要素として登場。

悠久のリフレシアでは、第4難度が「WHITE HARD」という形で、HARD譜面とは方向性が異なる(ギミックなど)譜面が一部の楽曲に設けられている。

REFLEC BEAT BASIC MEDIUM HARD SPECIAL
pop'n music NORMAL HYPER EXTRA -

ポップンミュージックとの関連

ポップン19のタウンモードでは、建設することができる施設として登場している。
そのためREFLEC BEATからの移植曲を期待されたが、残念ながらポップン19では実現には至らなかった。 次回作のポップン20ではそれゆけ!ポップンクエストで2曲登場し、後にSunnyParkロケテスト記念イベントとして、ロケテストに収録されたTwinkle WonderlandFLOWERの2曲がポップン20に収録された。

キャラクターではlimelightで登場したパステルくんは、さなえちゃん(13)のハリアイイラストに描かれており、SunnyParkでも氷海のアクションの一部で登場しているが、ポップンミュージック うさぎと猫と少年の夢で遂にプレイヤーキャラとして使えるようになった。

移植関連

  • 灰色の背景はAC版ポップンでは削除曲
    詳細は各楽曲ページを参照。
  • ee'MALLの配信曲で登場した楽曲は全てポップン14で、ee'MALL 2nd avenueの配信曲で登場した楽曲は全てポップン15でそれぞれ常時解禁した。
  • 同時収録曲に関しては「ポップンからREFLEC BEATに移植された曲」に記載する。

ポップンからREFLEC BEATに移植された曲など

ポップンでの楽曲 移植されたバージョン 備考
同時収録曲
スカーレット collete つぎドカ!
コスモドライブ collete つぎドカ!
スノーウィーコア collete つぎドカ!
華恋ロック collete つぎドカ!
REFLEC BEAT Plusのみに移植された曲

REFLEC BEATからポップンに移植された曲など

ポップンでのジャンル名 REFLEC BEATシリーズでの初出 ポップンに登場した作品
トゥインクルポップ limelight 20
トランスコア 1st 20
リフレクティブトランス 1st 20
J-ハードダンス 1st 20
キャンディレイヴ(smooooch・∀・) 1st SunnyPark
ハッピー limelight SunnyPark

関連用語

版権曲の取り込みが多い機種
jubeat

ポップンとの関連イベント
APPEND FESTIVAL
APPEND TRAVEL
つぎドカ!
クプロ・ミミニャミ・パステルくんのみんなで宇宙戦争!!

DJ YOSHITAKA
Qrispy Joybox?
beatnation Records

【パステルくんと深海の旅へ】

BEMANIカテゴリ
BEMANIフォルダ
BEMANI