ウェポンストーリー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界設定に関わりそうなウェポンストーリーのみを記載。

ウェポンストーリーは誰が書いているのか?

「ゲーム開発スタッフの誰々が書いている」というようなメタ的な話ではなく。
DOD3では「アコールが書いている」という設定になっていた。
(「"第四の壁を超越している"アコールが書いている」というのも、ある種のメタではある)

推測:
オートマタでもアコールは武器商人としての活動をしている。DOD3に引き続き、ウェポンストーリーの記録は彼女によるものと考えていいのだろうか。
また、少なくともDOD3でのアコールは多元世界(分岐)の観測をしているアンドロイド。
オートマタにおいて、父ニーアと兄ニーアを記した物語が同時に存在するのも、北部12C防衛本部の壊滅を記した物語がグリューン戦の前に登場するのも、エミールヘッドに未来らしき日付が記されているのも、これが理由か?
(過去現在未来の無数の分岐を観測して記録しているため、ウェポンストーリーは時間の概念に囚われず、また「今この世界」の話であるとも限らない)


ニーアオートマタ

鉄パイプ

Lv 武器物語
1 もし、おにいちゃんがね、さむいさむいって言ってたらこのボウシをお兄ちゃんにあげるの。だっていちばん大事なおにいちゃんだから!
2 もし、おにいちゃんがね、オナカへったよーオナカへったよーって言ってたらこのクッキーあげるの。だっていちばん大好きなおにいちゃんだから!
3 もし、おにいちゃんがね、こわいよーこわいよーって夜に泣いてたらね。いっしょに毛布にはいってあげるの。だっていちばんなかよしなのは、おにいちゃんだから!
4 だからね、おにいちゃん。どこにもいかないでね?ヨナを、ひとりにしないでね……おねがいだよ?
推測:前作ニーアレプリカントのヨナを描いたウェポンストーリー。
  • 『クッキー』
    • はんぶんこ……。
  • 『ヨナを、ひとりにしないでね』
    • しかしヨナはおにいちゃんをひとりに……。

白の契約

Lv 武器物語
1 私はいつまで戦い続けるのだろう。
この血塗られた、戦場の渦の中。
2 私はいつまで守り続けるのだろう。
終わる事のない、無限の戦争の中で。
3 私はいつまで信じ続けるのだろう。
欺瞞と虚飾に満ちた、この世界を。
4 私はいつまで嘘をつき続けるのだろう。
その暗い未来に、絶望し続けながら。
推測:2Bの心情を描いたウェポンストーリー。内容自体は司令官の心情を描いたものだとしても自然か。

四〇式斬機刀

Lv 武器物語
1 開発日誌:0504 タカダ
凄い事を思いついた。このアイデアは誰も実現出来てない。
明日からさっそくテストしよう。
2 開発日誌:0704 タカダ
金属と魔素の合金を作るというアイデアは部長に却下された。部長は分かってない。これがどのくらいの金になるかを……
3 開発日誌:1201 タカダ
進捗状況が思わしくない。ストレスのせいか、最近髪がよく抜ける。早く開発を成功させなければ。
4 開発日誌:1215 フジタ
データを確認したが問題を発見できない。だが諦めない。タカダさん亡き今、受け継ぐのは自分しかいないのだから……
「魔素」というワードが出てくるが、タカダやフジタといった名前や金銭欲を思わせる記述からして、四〇式斬機刀そのものの開発日誌ではなさそう。
結局フジタも完成させられなかったが、長い時を経てヨルハ技術開発部の手により遂に完成した……ということだろうか。
ちなみに、「タカダ」も「フジタ」もニーアオートマタ開発スタッフ(プラチナゲームズ所属)に実在する名字。

四〇式戦術槍

Lv 武器物語
1 ハーイ!ヨルハ部隊のアイドル!北部12C防衛本部の広報担当42Sでーす!今日からガンガン戦況を報告しちゃうから、ヨルハ部隊のみんながんばってくださいね!
2 戦場の皆さん!いつも放送を聞いてくれてありがとう!戦況は決して楽観視は出来ないけれど、衛星軌道基地群からの増援も予定されているから絶対に諦めないでくださいね!人類に栄光あれ!
3 こちら北部12C防衛本部!!誰か!誰かこの放送を聞いていませんか!?僕は広報担当の42S!現在、私達の本部施設が多数の機械生命体に囲まれて……
4 【このチャンネルは現在放送されておりません】
  • 『北部12C防衛本部』
    • グリューン戦で登場した猟兵部隊の所属と同名。
  • このウェポンストーリーの時系列
    • 武器物語の記録は「グリューン戦の前に」行なわれている。しかし、ゲーム本編中の北部12C防衛本部は壊滅していない。
      • この謎(バグ)にはアコールが関わっている。(出典:超ネタバレ!「NieR:Automata」ディナートークショウ@STORIA)
    • 関連:ウェポンストーリーは誰が書いているのか?

白の矜持

Lv 武器物語
1 その白く美しい槍を作らせたのはある国の暴君だった。美しい妻への贈り物として装飾された武器。妻は暴君と共に寝所に赴き、親の仇である暴君の腹を三十回槍で突き刺した。
2 二番目の持ち主は勇猛なる女戦士だった。彼女は何人もの野党を斬り殺し、英雄となり、街の長となり、年月を経て老婆となり、月の夜に若い野盗に囲まれ、全てを奪われ、殺された。
3 三番目の持ち主は商売人の女だった。彼女は強欲で、人から金を奪うように生きていたが、やがて誰も近づかなくなり首を吊る事になる。飾られていた槍は一度も使われる事はなかった。
4 四番目の持ち主は素直な少年だった。少年には病の妹がおり、彼女の為なら何でもするつもりだった。やがて少年は妹の為に全てを捧げた。彼の存在、そしてこの世界の全てを。
四番目の持ち主は少年ニーア(PS版)だろうか。

黒の倨傲

Lv 武器物語
1 その黒く醜い槍を作ったのは、美しい女刀鍛冶だった。その刃先を誰もが褒め称えたが、嫉妬した若い弟子によって女は殺された。槍の行方は誰にも判らなくなったと言う。
2 二番目の持ち主は人形を操る傀儡師だった。彼の最高傑作は美しく何でも出来る少女のからくり人形。傀儡師が人形に槍を持たせると、見事な槍さばきで傀儡師を切り刻んだ。
3 三番目の持ち主は生まれたばかりの王子。後継者の証として槍を与えた女城主は、その後すぐに亡くなってしまう。葬儀の夜、王子の部屋から槍は消え、赤子の遺体だけが残っていた。
4 四番目の持ち主は愚直な父親だった。父親には病の娘がおり、彼女の為なら何でもする覚悟があった。やがて父親は、その決意のままに全てを捧げた。彼の存在と、この世界の全てを。
前項「白の矜持」同様に、四番目の持ち主は父ニーア(XBOX版)だろうか。

機械生命体の槍

Lv 武器物語
1 僕ノ名前はプラトン1728.僕ア、出来損ナイの機械ダ。戦ウ為ニ作られたノニ怖クテ武器を使エナイんだ。ミンナには馬鹿にサレルし生イキテテもイイ事はナイ。
2 僕ア、ノロマな機械ダ。戦場で迷ッテシマイ何かの工場ニ迷い込ンダ。ソコには廃棄サレタ小さな人形が沢山イタ。コノ世界に居場所ガナイ物同士ダトオモッタ。
3 僕ア、間抜けナ機械だ。ソノ日の戦場は例ノ工場ダッタ。そこに横タワル人形はドレもコレも壊レテイタ。仲間達と敵ハ、人形を踏ミナガラ戦争、戦争、戦争をシテイル。
4 僕ア、武器を起動サセテその場にいる仲間と敵ニ砲撃ヲ開始シタ。何故かは良くワカラナイ。ダケド、戦うッテ決メタンダ。ダッテ僕ア、愚カデ壊れた機械ダカラ。

四〇式拳鍔

Lv 武器物語
1 > System YoRHa
> Unit Data uploading.......
> Checkout H.C.
2 > Close I.O.
> Duplicate Core
> Find YoRHa Unit
3 > Updating Data.......
> Check All Data
> Remove Conversation Log
4 > Remove Unit Data
> Remove System Data
> Exit
推測:転送装置のログ

なお、武器物語ではなく武器詳細だが、そこに「西暦11940年に制式採用された」と書かれている。

エミールヘッド

Lv 武器物語
1 [12422 09 02] 異星人の繰り出した機械生命体がネットワーク機能を再構築している事を確認。また、重力系の操作を可能にしている個体も再発している。
2 [12422 10 15] 一週間前に増殖したのでそれ以前の記憶がハッキリしない。数千年前から行方不明のオリジナルは、今何をしているのだろうか?
3 [12422 12 14] 自分より25番後ろに生まれた仲間の生命活動が止まった事を確認。確かに僕「達」は増殖する事で永遠の命を手に入れた。だが、個々の死は変わらず存在する。
4 [12423 01 19] 複製された僕達の記憶は曖昧だ。今日会った黒い服のアンドロイド……どこかで見たことがある気がする。彼女は何か複雑な顔をしていたが、僕は何も思い出せなかった。
  • 『機械生命体がネットワーク機能を再構築』
    • どうやって?
  • 『重力系の操作を可能にしている個体の再発』
    • オートマタ本編ではそのような個体は登場しなかった(はず)が、真珠湾降下作戦(舞台ヨルハ)の時点では重力操作は機械生命体の能力とされていた。
      • そのような個体が一時的に消え、そしてまた再発した理由は不明?
  • 『数千年前から行方不明のオリジナル』
    • どこへ?
      • どこにいるかはさておき、生きてはいる。(出典:超ネタバレ!「NieR:Automata」ディナートークショウ@STORIA)
    • そもそもオリジナルかどうかの判別はつくのか?
      • 不明。
      • ショップエミールはオリジナルではない。(出典:超ネタバレ!「NieR:Automata」ディナートークショウ@STORIA)
      • オリジナルの自称に依存するのか、複製エミールが見ればハッキリ認識できるのか?
        • 自称に依存する場合、本人が「自分がオリジナルであること」を忘れている可能性も。
  • 『黒い服のアンドロイド』
    • 「彼女」と言っているということは、2BかA2かのどちらかだろうか。本編中での衣装を基準に考えるなら「黒い服」は2Bだが……。
  • このウェポンストーリーの時系列