フュージョン系

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フュージョン系

平面の軸先+中央だけ尖っている
というのが基本構造。
この構造により、スタジアムの面と垂直に接する場合は低速度、面に対して縁で接する場合は高速、というような使い分けができる。
総数は少ないが独立した系統としてこのページで比較を行う。
また、ゼータドライバーの持久モードもフュージョンと同じ形状のため、ここに記載する。ただしフュージョンと性能は同じ。

評価は同系統のドライバー内での比較です。
詳細は各ドライバーのページへ。
アルファベット 名称 外径の太さ 持久力 機動力 その他
F フュージョン 無し
U ユナイト 外周がラバー
Mr マージ ラバー面積が大きく動きやすい
Xt エクステンド 高さ可変
Zt ゼータ モードチェンジ
最終更新:2018年05月07日 00:58