越前藩国 Wiki

E101・102 無線傍受

最終更新:

author

- view
だれでも歓迎! 編集

E101/102 越前ギーク分隊 無線傍受

作戦案

【基本方針】
ギークによるハッキングで敵部隊に情報戦をしかけ、友軍情報の隠蔽・改ざんを行い、友軍部隊の戦闘を援護する。


【作戦手順】:
  • 敵システムへの侵入:電子妖精を使用する。電子妖精からウィルスを仕掛け、自己増殖して他のコンピュータに感染、浸透して・以後の侵入経路を確保。また、密かに情報を改竄する。
  • 改ざん:自動人形のレーダーを麻痺させた後、ウィルスによる情報の改竄で本来存在しない友軍部隊を示し、敵の注意を引きつける。
  • 改ざん:奇襲をかける友軍部隊の存在を自動人形のセンサーから隠蔽する。


【システム侵入の詳細】:
  • 制御系など複数系統用用意されていて、ブロックが堅い所をさけ観測システム等後付の弱い部分に対してアクセスを行い制御を奪いデータの改ざん等を行う
  • ファイヤーウォールやアイスなどのハッキング対策が施されている可能性が高い為、こちらの機器への被害がでないようにモニタリングに注意する

【改ざんの詳細】
  • 敵軍の自動人形への指示を解読し、情報を取得する。
  • 敵自動人形部隊の支持に侵入して情報を取得することにより、友軍部隊を敵ルートからはずす。
  • 既に交戦中の友軍部隊に、さも増援が来るような情報を偽装する。
  • 別ルートから攻撃対象に迫る友軍部隊の存在を隠蔽する。
  • 友軍>敵自動人形へのロックオン警報を消し、敵を混乱させる。
  • 味方部隊の偽情報は複数種類作成する。
  • 敵の攻撃目標を誤認させ、経路をこちらの都合に合わせて誘導する。


【装備】
  • 電子妖精”優填”および、優填に含まれる各種ハッキングツール
  • 敵からの逆探知・カウンターハックを防ぐためのデコイ、およびハニーポット・サーバ。
  • ハッカーの知恵熱・オーバーヒートを防ぐ冷却材(冷えピタ)。

【部隊能力】
  • ハッカー部隊なのでコンピュータ、ハッキング、ネットワークに対する知識を習熟している。
  • 情報処理の機器に習熟しておき、的確に操作する
  • 視野狭窄に陥ることなく、視野を広くもち判断する。
  • 作業は高速かつ冷静に行う。 判断には"文殊"データベースによる戦略支援システムも援用する。
  • 報告・連絡・相談を確実に行う。
  • ハッキング、情報収集、解析等などグループごとにわかれ連携をとることで精度、効率を高める。


【敵ハッキングからの防御】

  • 自軍ネットワークにおいて本当の情報はプロテクトの堅いところにおいておき、偽情報を比較的プロテクトの薄いところ(ハニーポット・サーバ)においておく。これにより敵にこちらの情報をつかませない。
  • 自軍内のネットワークは事前にランダム暗号鍵を生成しておき、指定されたタイミングにより定期的に切り替えられるようにしておき、重要度の高い情報を隠蔽する。
  • 敵による侵入を防ぐためファイヤーウォール、ICEを使用する。
  • 通信路を遮断された場合は、サイボーグのナショナルネットを予備回線として使用する。




SS・イラスト


―――存在しないメモリ領域からのアクセスを確認
―――pass?
―――****
―――貴方の名前は?

U
nited 
T
respasser of 
E
chizen's 
N
etrace

越前統合侵入電子妖精“優填”




深夜の執務室。いつも通り越前にその名を響かせる電脳摂政・黒崎は頭に冷却用の濡れタオルをかぶせて今日も深夜まで執務に励んでいた。目の前には電脳摂政に似つかわしくない書類の束が山積されていて、それを前に黒埼は眉をしかめていた。

と、モニターの明かりだけだった部屋がぱっと明るくなった。

「まったく、いつも暗い部屋で。明かりくらい使って下さい」
「ん…朱居さんか」
「それと根詰めすぎないように。みんな心配してます。あとたまには顔出して下さい。それからここにお茶置いてきますよ」
「ああ、すまないな」
苦笑を浮かべて黒埼は後ろを振り返った。
すると開いた扉から飛び出した何かが不意に黒埼の視界を塞いだ。

「く・ろ・さん♪なにして遊んでるの~?」

それは最初、大きな蝶のように見えた。しかし蝶がしゃべるはずもない。青白く光る髪をなびかせ透き通った羽をもつ小さな人型の少女。妖精と言う呼び方がしっくりくるこの少女こそ、

越前が開発した越前統合侵入電子妖精<United Trespasser of Echizen's Netrace>“優填”であった。

しかし越前情報技術の粋を集めた電子妖精を前にして、産みの親である黒埼は渋面を浮かべた。

「……その呼び方はやめろといつも言っているだろう」

まるで虫でも追っ払うように黒埼が手を振ると、電子妖精・優填は黒埼の使っている端末のモニターにふわりと腰かけた。口を尖らせて言い募る。

「いいじゃーん!パパ♡、って呼ぶともっと嫌がるくせにー」
「当たり前だ!!」
「じゃあ、黒さんで。それとも黒様とか呼ばれたいの?」
「ぐぐ……こほん。まあいい、好きに呼びたまえ」
「はーい♪じゃあパパでもいいってことね」
「それは却下だ!」

(電子妖精にやり込められる我らが電脳摂政の図・絵:朱居まりあ<再利用>)

電子妖精相手にムキになる自分に半ば自嘲しつつ、黒埼はため息をついた。まったくそんな言葉どこで覚えてくるんだ、とぼやきつつも、しかし黒埼はこの電子妖精という存在に可能性を感じていた。最初はたんなるデータ収集やハッキングを仕掛ける際の便利なツールという意識しかなかった黒埼だったが、自律型のプログラムである優填は勝手に言語などのデータを集積しはじめ、今ではこうして会話することすら可能なのだ。 

やり取りを見ていた朱居は毎度のやり取りに苦笑を浮かべて何も言わずに退室した。

その間に優填の興味は黒埼の見ている分厚い紙束に移っていた。原始的な情報集積手段に対する知的好奇心とでも言おうか。

「これはなーに?」
「ん……なに、お前に遊び場をやろうとおもってな」

/*/

翌日、謁見室に現われたのは目元に大きなクマを作った黒埼だった。珍しく携帯端末でなくぶ厚い紙束を持っている。

「なんだ…?」

差し出されたそのぶ厚い文書の束を見て、セントラル越前は訝しげな表情でそう言った。

その書類には『文殊第2データセンター』の設立、というタイトルと共に、ガラス張りの高層建築に集積されたネットワークとサーバ群のイメージ映像が添付されていた。

「こんなものを今更作ってどうしようと言うんだ?」
その問いに、黒埼はわが意を得たりとばかりに詳細を話し始めた。

「これは、偽装です」
本命はデータセンターに偽装された『電子妖精のための演習場』。それが狙いだと黒埼は語った。

「なんでここまでのものが必要なんだ」
「電子妖精を動かすためだけで、膨大なマシンパワーを必要とします。それが狙うべき対象もまた、同じだけのスペックが必要です。でなければ演習とはいえない」
「なぜそこまでの演習が必要だ。十分なスペックは期待できるのだろう?」
「経験が足りない。次の敵が強大になることははっきりしています。できる限りの訓練経験を積ませるべきです。
―――優填にも、我々にも。」

しかしなおも藩王越前は渋面のままだった。

「ここまで大きくやれば、偽装もなにもなく、他国が嗅ぎつけそうなもんだが」
「それでもいい。敵に伝わらなければいい話です。それに―――」

「それに?」

「仮に情報が漏れていたとしても――――この演習が終わったあとのあいつを止められるな障害なんて、ありゃしませんよ」

そう言った黒埼の顔には、普段の苦笑ではない、我が子を誇るような笑みが浮かんでいた。


/*/

演習は滞りなく進んでいた。

『調子はどうだ?』
「んー。なんとなく動きが重い感じがする」
『ふむ。調整してみよう…よし、次の目標を出す』

ナショナルネット内にいる優填の疑似視界に、輪っかを組み合わせたような物体が浮かんできた。これでもワームの一種なのだが、浮かんでいるだけで特に動きは見えなかった。

『あれを撃破してくれ』
「やっつけちゃうの?」
『ああ』
「りょーかい♪」

優填は羽を一度振るわせると稲妻のような速度で輪っかに迫った。
はせ違う瞬間に手から魔法のように光の剣を出現させると、輪っかを一刀両断にする。

「ちょろいちょろい~♪」
『よし、続いていくぞ』

言葉とともに今度は一気に100体ほどの輪っかが現れる。

「ちょ、ちょっといきなり増え過ぎ~」
『新しいプログラムがあるだろう?それを試してみてくれ』

「あ、そっか、心赤ちゃんがいたっけ。よっし心赤ちゃん、いっけー!」


そう言うと優填は羽を振るわせて飛翔した。その拍子に優填の羽から零れおちた小さな光がみるみる小さな少女の形を取り始める。


/*/

「これが例の…」
「はい、優填の攻撃サポート用電子妖精・心赤<KOAKA>です。優填を空母とすれば、それに搭載される艦載機のような役割を果たす攻撃に特化した電子妖精の亜種です」
黒埼がコンソールを操作して心赤の詳細を呼びだす。優填が妹と呼ぶのも無理はない。その姿は優填と同じく翼持つ少女を模していた。

500.jpg
(心赤スペック画面・絵:朱居まりあ 再利用)

「たしかに姿もなんとなく戦闘型っぽいな…この造形は誰が?」
「最終的な視覚デザイン回りは朱居女史が組んでます。優填までの機能はありませんが、彼女の機構を元に戦闘用に特化したプログラムを組み込んであります。敵セキュリティとの交戦を任せて優填を侵入に専念させる、そういう使い方もできます」
「なるほどな…。腰の左右に付けてる道具は何だ?」
「あれはツールボックスです。ICEブレイク用のデヴァイスや攻撃用デヴァイス、鎧型デヴァイスなどを収納してあります」
「なるほど…」
モニターの向こうでは心赤が無数のワームを光の剣で薙ぎ払い大立ち回りを演じていた。視覚にはそう見えるが、その実凄まじい勢いでネットワーク上のワームを除去していた。

「戦闘能力だけなら優填以上だな…」
「ええ、戦闘特化型の電子妖精ですから」
「優填本体の攻撃型への改良はどのくらいかかる?」

マスク越しにわかるほど不意に鋭くなった藩王越前の視線に黒埼は目を細める。

「本来ならあいつには情報の海を自由に泳いでいて欲しい所ですが。この状況ではいたしかたない、か。……すでにバージョンアップに必要な改良データは揃ってます。心赤<コアカ>の方も、すでに実戦仕様型のリリース準備は整ってます」

セントラル越前はそれらをじっと聞いていたが、不意に天を仰いだ。

「…また宇宙へ上がる時期は近い……その時が電脳国家越前の、そして優填の底力を見せる時だ―――」

モニターの中では最後のワームプログラムが撃破され、ピースをする優填とその近くで戦闘態勢を崩さず待機する心赤の姿が映し出されていた。

/*/ 

『友軍全艦隊、及びI=D配置完了。降下作戦発動予定時刻まで10800秒を切りました』
『敵艦隊接近中。接敵まであと……』
「―――宇宙か…ずいぶん久しぶりな気もするが…まだあれからそう経ってもいない、か」
「もっとも知らぬうちにずいぶんでかいのが居座ってるみたいですけどね」

オペレーターが戦闘開始を告げる中、黒埼とWishは眼前のモニターに映し出される巨大要塞を見据えてそう呟いた。

「あれにアタックすることになるな」
「相手にとって不足なし。腕が鳴りますよ。それにこちらには切り札もあります」

『あ、それってわたしのことー?』
不意にモニターの中から優填が会話に加わってくる。その姿は前の姿より幾分細身になっていて、青みがかっていた髪はエメラルドグリーンのような髪色にかわっている。 

「まあ、たまにこれが切り札かって思えるがな」
『あーひどいー』

軽口に、黒埼の表情がふっと緩み、そしてまた引きしまる。

「敵は絶望的にでかい。だが、でかいからこそ隙がある。そしてその隙間をすり抜けられるのは我々と優填、お前だけだ。……頼んだぞ」

『んー、前半よくわからないけど、まっかせといてー♪』

「全く…その緊張感のなさだけはやってられんが……だが、安心してお前を送りだせるのも、それ故かな…。よし、越前情報戦部隊、戦闘配置!優填の取得した情報及び突破したルートを狙って情報戦を仕掛ける」

『はいはーい、それじゃちょっと行ってきまーす♪』

「……無事で帰ってこいよ」


/*/


心赤を使用した陽動で、敵のプロテクトの第二階層まではすんなり潜りこむことに成功した。

しかしその先に進もうとした途端、先端が槍の穂先のようにとがった触手のようなものが何本も現れ行く手を塞いだ。防御用のワームである。一点めがけて一斉に突っ込んできたそれらに向かって、優顛はとっさに盾をつきだした。

攻性防壁プログラムでできた盾に触れた触手<ワーム>はその触れた先端から分解されたよう

に消失する。しかし半分くらいまで消失した所で触手は復元して再び優顛を狙ってその鎌首を

もたげた。アタックを受けた所から相手に攻撃をしかける攻性防壁の盾が、じりじりと削られていく。自己修復するワームの群れ。さすがに敵セキュリティが半端ではない。


――――このままじゃ、じり貧ね―――――

その瞬間。

焦れる優顛を嘲笑うかのように今まで一点に集中していた触手群が散開し突っ込んできた。その様は、さながらライブラリにあった槍ぶすまという戦術を彷彿とさせる。

有効なオプションを選択する余裕もなく、緊急時自動回避機動が発動し優顛は身を翻して飛翔した。的を外した槍の弾幕は空中で急速に向きを変えると、凄まじい速度で上方に飛んだ優顛に追従する。緊急回避のせいで優顛は一瞬動きを止めていた。

そこに豪雨のような槍の穂先が降り注ぐ―――。


/*/


「優填の反応は!?」
「第二障壁まで突破した模様。ただ、侵入速度が落ちています」

「敵の妨害か」
「さすがにあの要塞、とんでもないプロテクトがかかってますよ」
むしろ挑むような表情でガロウが呟く。楽しみでしょうがない、と言う風に。
「デコイの数をもっと増やせ、こちらの防壁を厚くして、できるだけこっちに食いつかせるんだ!」
「すでにやってます!」
悲鳴のような声がWishの席から上がる。すでに処理能力的には限界一杯であった。

「くそう……優填、無事でいろよ…」


/*/


優填はとっさにプログラムを切り離し、即席のデコイを組上げて敵のアタックを回避していた。しかしそのせいで機能低下はいなめなかった。

速度が落ちたまま敵の槍をかわし続ける優填。プログラムを切り離して対処しているが、当然それにも限界がある。すでに優填は外見のデータ修復がきかないほどボロボロの状態にされていた。

対策がないままに敵は今度は優填を囲むように槍状のワームを展開させると、四方から攻撃を仕掛けてくる。

「っく!」

とっさに光剣状のブレイクデバイスを抜いて槍の一部を斬り飛ばす。だが四方を囲む槍はなおも優填を狙うことをやめない。

504.jpg
(電子妖精戦闘イラスト・絵:朱居まりあ 再利用)

斬り飛ばした先から再生するワームがついに優填を捕らえる時がきた。すでにデコイの使用も不可能な状態。

優填はきつく目を閉じた――――。

/*/

「黒埼さん!優填が!」
「……だが、ここからでは何もできん!」

その時だった。

オペレーターの一人が叫びをあげる

「識別不能のアクセスを確認。……これは!?」
「どうした!?」
「存在しないメモリ領域からアクセスが……」
「なんだと、敵に防壁を突破されたのか!?」
「いえ、そういうわけではないようですが…」
「これは…声?文殊がどこかとアクセスしています。……すごいデータ量だ!」

その時、何かが黒埼の思考に触れた。

「そのデータ、優填のいるサーバーに回せ!大至急だ!」
「し、しかし」
「そのくらいできるだろう、早くしろ!」

/*/

それは突然だった。優填が侵入している敵サーバ―内に突然大容量のデータが流入したのだ。

大容量データは図らずもDoS攻撃となって、敵サーバーを過負荷状態に追い込んでいた。そのおかげであれだけ優填を追い詰めたワーム群も動きが鈍り、優填はボロボロになりつつその包囲から脱することができた。

優填はおぼつかない飛翔でそのデータが流入している所に向かった。何かはわからない、ただそこに行かなくてはならないと何かが命令していた。
光があふれ出すようにありえない領域からデータがあふれ出していた。

優填の能力は、その未知のデータを読み取っていた。音声オブジェクトとなったデータを再生する。

それは――――――NWからの声。

(応援を入れて下さい)



音声データが優填にとりこまれていく。非常識というのは続くものなのだな、と優填はふと場違いな感想を抱く。

―――――体が、軽い

気がつけば、ボロボロだった姿が変わっていた。


―――――今なら、なんでもできそうな

敵が復帰してくる。しかし、優填はなぜかなんの危機感も抱いていなかった。

―――――これなら、行ける

優填は光そのものになったかのように敵を駆け抜ける。

―――――誰も追いつけない

505.jpg
(電子妖精戦闘用完全版 絵・朱居マリア 再利用)



「それは音もなく現れ

音もなく消えていく

目を閉じた時には入りこみ

目を開けた時には消えている

さながら妖精のごとく」




(文責:刀岐乃・再利用)



越前藩国の摂政、黒埼紘の開発した(というかなんというか)電子妖精『優填-UTEN』は戦闘に向けて張り切っていた。
まぁ、電子妖精の立場に言わせれば、いつも内政のお手伝いばっかりしているから、たまにはお外で遊ぼうという、そんな張り切り方でしかないのかもしれないが。
『あ、あの人。面白い髪型ー』
「ちょ、ちょっと。優填!どこ行くの!あなたの相手は自動人形でしょ!」
今回彼女を操る大役(っていうかぶっちゃけ監視役)を仰せつかったのは越前藩国でも古参の犬士、「菜輪 奈衣」さんである。
『だってー』
「だってじゃないって!ほら、人形、人形!あれも面白そうだよー?」
『え~?わ~おにんぎょー』
優填は奈衣さんの誘導にあっさり引っかかってくれた。

仮にも電子技術の粋を集めたハッキング用プログラムとしてどうかと思われるお脳の小っちゃそうな反応。これが『優填-UTEN』の持ち味だ!
…本当にそれで良いのか?という発言はスルーの方向で。

場面は変わって前線、その敵陣の一角。
自動兵器を制御する人工意識体は自らを呼ぶ『声』を感知した。
『こーんにーちわー』
感知した瞬間に、鉄壁のはずのファイアウォールを光剣状の解析ツールでこじ開けてその『声』の主は現れた。もう無茶苦茶である。
そう、われらが電子妖精『優填-UTEN』である。
<What?>
『突然ですが、あなたは電子妖精『優填-UTEN』に感染しましたー』
<Pi!?Gggkkedfasuigyfiohsbgkjl?>
『はーい、あなたの制御系を変更しマース』
にししと笑いながら言う
<………Now Running Update Process…………>
『というわけで、今時点からあなたは『優填-UTEN』No348618517653でーす。よろしくねー(はぁと)』
<…変更終了しましたー。はーい!がんばるですよー!>

(電子妖精イラスト・絵:朱居まりあ 再利用)


戦場のあちこちでこのある意味悪夢のような会話が繰り広げられていた。

こうして越前藩国の仕掛けた情報戦により、敵はかく乱されていった…。



なお、この日、戦場に舞い降りた妖精さんは、監視役が目を離したすきに遊びに出かけてしまい、それから三日の間に各国の情報分野に様々な伝説を残すことになるのだが、それはまた別の話……

(文責・不破陽太 再利用)

応援