越前藩国 Wiki

EAIシステム(改修後)

最終更新:

author

- view
だれでも歓迎! 編集

EAIシステム





L:EAIシステム={
 t:名称 = EAIシステム(技術)
 t:要点 = デスクワーク、電子妖精、様々な業務
 t:周辺環境 = サーバー
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *EAIシステムの使用条件1 = EAIシステムはナショナルネット等の通信回線が存在しない場所では使用することができない。
  *EAIシステムの使用条件2 = 物理的な戦闘に関する行為には用いることはできない。
    #白兵、詠唱、対空などの攻撃判定、装甲などの防御判定。
  *EAIシステムの特殊1 = 使用条件1、2を満たす限り物理的に距離の離れた場所であっても同調判定を行う事が出来、この時評価に+8される。
  *EAIシステムの特殊2 = EAIシステムを用いて同調判定に成功した場合、直後に複数部隊が協力して行う一つの作業について、評価に+8される。
 }
 t:→次のアイドレス = 藩国規模コンピュータネットワーク(施設),ネットワークエンジニア(職業),セキュアデータリンク(技術),業務特化型EAIシステムの開発(イベント)

E A I = Enterprise Application Integration

EAIとは「Enterprise Application Integration」の略である。
「企業内で行われるいくつもの業務とそれぞれの専用システムを有機的に連携させてデータやプロセスの効率化を図る」
という原意であり、例えば「経理の会計管理システム」と「営業の実績管理システム」と「工場の生産管理システム」を、
繋ぎ手となる通信ソフトで結んで一つの巨大なシステムとして作り上げて効率を高めるのが目的であった。

とはいえ、これはほんの一例に過ぎない。
EAIによって用いられるツールやアプリケーション、プログラムはその組み合わせによって様々な分野でも利用が
可能である。


例えば、病院では患者の個人情報とカルテ、往診歴などから患者のこれまでの病歴、処方された薬、その中でもアレルギー
反応を示す薬などの多様なデータを連携させると同時に、健康診断の受付管理や往診後の会計処理、医師の給与実績管理や、
ひいては病院そのものの会計システムまでを一つのシステムとして成立させることができる。

「エンタープライズ」と名こそ付いてはいるが、「異なる機種、異なるアプリケーション、異なるシステム」を連携させる
という点において、EAIは非常に奥深い技術となっている。



とはいえ、本来で言えばそのそれぞれのシステムには差異があり、独立したシステムである。
例で言うと、電子カルテを会計ソフトで処理することは出来ない。

必然的にEAIの枠組みの中にはアーキテクチャの異なるアプリケーションが混在し、それらとの間に立って仲介・通信を
受け持つソフトウェアには、物理的、論理的な壁を超越できる仕組みが要求されると、それはたいていの場合、構築の難易度と
導入コストの増大として跳ね返ってきた。

このためEAIシステムの導入は、これまでの常識では大企業など、ごく一部の限られた所にしか存在しないものであった。


しかし、越前藩国において、ここに一つのブレークスルーが発生する。
電子妖精の登場である。

文殊のデーモンプロセスより派生した電子妖精・優填は、構造の全く異なる各藩国の財政情報を持ってくるために、ハードウェア、
そしてソフトウェアの違いを吸収して両者の間に高くそびえる壁をすり抜ける方法を獲得する。
この「規格の違いを克服する」という電子妖精の特性は、例えば防空回廊の共和国輸出など、これまで多くの者を助けてきた。
その利用用途は国外でも検討され、長きにわたる聯合国・土場藩国で開発されたミラーコートでも電子妖精のテクノロジーは使われている。

そして今、「規格の違いを克服する」という特性を最大限に生かす道としてEAIシステムがにわかに着目されはじめたのである。


EAIの通信を仲介するハブとなるツールに電子妖精の技術が組み込まれはじめると、これまで多くのエンジニア達を苦しめて
きた問題の多くが次々と解決されていった。
例えば、それぞれのアプリケーションの入出力方式に従うためのツール調整、モジュール開発の工数が激減した。
これによってEAI全体の構築コストが大幅に削減されると、それほど規模の大きくない企業や病院等でも導入の事例が多く
報告されるようになった。

このEAI導入特需によって「これまで使ってきたシステムを更新し、新たにEAIを導入しよう」という動きが活発になり、
ハードウェア、ソフトウェア両方の業界がにわかに活気付くという副産物も発生している。

また通信を用いたシステムということで、越前藩国の民の記憶に残る情報汚染事件を教訓に、セキュリティの確保に関しても注目されている。
サーバ室への物理的な侵入を阻むようなセキュリティドアや警備員の配置、個人認証システムなどの物理的なセキュリティはもちろんのこと、
外部ネットワークからの侵入を阻むためにファイアウォールが設置され、不審なアドレスやポートからの接続を排除することでセキュリティを
高めたり、通信先と通信元の間に立ってデータのやりとりを仲介し、本来不要である情報へのアクセスを封じて権限管理を徹底するプロクシ
サーバの導入、専用線やVPN接続技術などなど、多くのセキュリティ技術が更新されていった。

これらの情報技術は今後も研究開発が進んでいくと考えられており、ハッキングから身を守る新たな盾としての発展が期待されている。

#20090214追加
しかし、技術面での防御力を高めたとしても、敵性組織であるセプテントリオンの資金面からの浸透を防ぐことは大変難しい。
このため藩国府ではシステム入れ替えに対応するために低利子での融資や援助金の配布を発表して財政面から無力化されるようなことのないように対策を取ったほか、
例えば先だって例に出ていた病院などのように、罰金による融資の停止を受けてもある程度の期間薬剤等を購入出来るように行っていた貯蓄を開放することで構築資金を確保したケースも存在する。
ここにきてようやく「どうやら本当にターン14での罰金支払いは予定されていないらしい」という話が信じられるようになってきた結果らしい。
記事メニュー