越前藩国 Wiki

小笠原ゲーム 参加者紹介

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

小笠原ゲーム参加者


国民番号:PC名
3200626:ガロウ@越前藩国
3200629:RANK@越前藩国
3200630:刀岐乃@越前藩国
3200635:黒埼紘@越前藩国
3200643:夜薙当麻@越前藩国
3200644:鴻屋 心太@越前藩国



PC紹介


その1 ガロウ@越前藩国の場合


人物紹介:最近大学を卒業したての男の子。一癖も二癖もある越前国民の中では貴重と言っていいちょこっとシャイで純粋な好青年。歳相応に男の子らしくえっちな話などに目が無い。藩でも成長を期待されている若手の一人。かつて刀岐乃とRANKの逢引を出歯亀しようとしてひどい目に合って以来、夜遊びは控えめにという教訓を得たらしい。


その2 RANK@越前藩国の場合


人物紹介:
普段は割と無口でぼーっとしているが、ここぞという時に無闇に頼りになる青年。刀岐乃に照れ隠しに絡まれて過去四度ほど命を落としかけているが、あんまり気にしていない度量の大きい人。当初の力関係は刀岐乃>RANKで「剣に振り回される王」として有名だったが、最近は若干変化があった様子。前述の通り、刀岐乃の王。

その3 刀岐乃@越前藩国の場合


人物紹介:
過去四度RANKを生死の境に追い込んだ張本人。RANKとは半ば越前公認カップルとして周囲からいじられているが、本人を前にするとなぜか大剣やら薙刀やら持ち出してバイオレンスに走るという困った女の子。意外と強気に出られると弱いためか、最近はちょっと押され気味。でも本人的にはそれが嬉しいらしい。小笠原には武器持込禁止と言われ、散々ごねたが承諾。RANKの剣。

その4 黒埼紘@越前藩国の場合


人物紹介:
電脳摂政、うっかり摂政、不幸摂政などの二つ名を欲しいままにする越前の誇る名物摂政。他国では総合データベース「文殊」、電子妖精「優填」などの開発者として有名だが、国内ではなぜか不幸+誘い受け体質として有名で、越前国内なら三歳の幼児ですら知っているほど。ちなみにそれについて尋ねた他国の記者に対しての返事は「極めて遺憾」とのこと。

その5 夜薙当麻@越前藩国の場合


人物紹介:心太の剣。男・男コンビの多い越前剣王コンビの一角。一見常識人だがその実相当にノリがよく、になし藩国黒騎士団と共にふんどし一丁でお見合い会場に乗り込んだ時の逸話は最早伝説と化している。越前の核弾頭を除き、気風の良さと度胸は越前でも並ぶものなし。


その6 鴻屋 心太@越前藩国の場合


人物紹介:
見た目は眼鏡をかけた白皙の美少年だが、一度口を開くと大阪弁をマシンガンのように放つ見た目とのギャップが著しい商人見習いの少年。また越前では貴重な技族としてその腕を振るい、さらに数少ない常識人として暴走しがちな国民を抑えるのに大いに貢献した。夜薙の王。


戦略目標


  • 七海と越前国民の親睦を深める。
  • 七海にささやかな憩いを贈る。

作戦案


  • 3時間ゲームのイベントを「勉強会」「下校」「夏祭り」の順で希望する。

<勉強会>
  • 七海を講師として、虫について授業など。
  • 聞けたら「蟲使い」の能力についても教えを乞う。

<下校>
  • 摂政以外は七海と下校し、夏祭りに行くための準備などを行う。開催イベントの確認、浴衣の着付けなど。
  • 摂政はこの間、夏祭りのために「サイバー喧嘩神輿」と「花火大会」の準備を行う。

<夏祭り>
  • 夕方までは「サイバー喧嘩神輿」を行う。神輿は東西に分かれ、国許から動員した犬士(サイボーグ+大剣士+剣)を神輿担ぎ要員にする。ルールは相手の神輿に乗った「リーダー」を早く地面に突き落とした方が勝ち。神輿への殺傷武器の搭載を禁ずる。
 審判は摂政がやる。「東」のリーダーはRANK、「西」リーダーは夜薙が行う予定。
 RANKと夜薙でRP合戦を行い、これに他プレイヤーの応援RPを加えた評価を合算し、その差分から100%ダイスで勝敗を決める。

  • 「喧嘩神輿」の後、「花火大会」を行う。特に奇を衒う事はせず、夏祭りを締めくくる。