セイレン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ああここへ、ここへ来て、夫になって。私達は陽気な花嫁、甘いくちづけを交わすでしょう、
甘い言葉を紡ぐでしょう。ああ聞いて、聞いて、あなたの瞳は輝くでしょう、悦びと愛と祝福の中で」
――Alfred Lord Tennyson "The Sea-Fairies"

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
24 妖精 セイレン -
妖女
飛行
虚心
悪魔のトリル
アウェイクニング(潜在)
魔性の囁き(限定)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
原種 Lv.1 2000 400 800 300 600 1100 - 睡眠耐性5
魅了耐性7
Lv.50 3162 1000 2000 750 1500 2750
亜種1 Lv.1 2100 500 900 400 800 1200
Lv.70 3637 1500 2700 1200 2400 3600
亜種2 Lv.1 2000 400 1000 300 700 1400
Lv.70 3464 1200 3000 900 2100 4200

Illustrated by 国末竜一


入手方法


備考

  • ギリシア神話に登場する怪物。→wiki
  • もとはニンフでありペルセポネに仕えていたが、ペルセポネがハデスに誘拐された後に怪鳥の姿に変えられた
    • なぜ変えられたかには諸説ある。中には、誘拐を悲しんで恋愛をしなかったためにビーナスの怒りを買ったという完全なとばっちりパターンもある
  • 海辺に住み、近くを通る船の乗組員を歌で誘惑し殺してしまう
  • オデュッセウスは、船員に蝋で耳栓をさせ、自分をマストに縛り付けさせてこれに対抗した。歌を聞かせて生き残った人間が現れた時にはセイレーンは死ぬ運命であったため、セイレーンは海に身を投げて自殺したという
    • 自分も耳栓すればいいじゃないかという気がするが、ただ単にオデュッセウスはセイレーンの歌を聞きたかったという説もある
  • 中世以降は人魚のような姿で記述される。これは、羅針盤が登場したことにより沖合を航行できるようになり、セイレーンのイメージも海岸の岩場の鳥から大海の魚へ変化したのではないかと考えられている
  • 人魚のセイレーンは、スターバックスコーヒーのロゴで有名だろう


コメント

名前:
コメント: