トップページ

「ファイティングバイパーズ2」の攻略Wikiです。

↓前作「ファイティングバイパーズ」の攻略Wikiはコチラ
https://www65.atwiki.jp/fightingvipers/

参考および引用元:
FV2攻略サイト「バイパーズな」
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Part/3760/
※Yahoo!ジオシティーズは終了しました。

ファイティングバイパーズ2 オフィシャルガイド(ソフトバンク)
FIGHTING VIPERS 2 Skillz(アクセラ)

このWikiは、まだまだ未完成です。
誤字脱字もスゴいですが、随時直していきますので…。
なお、どなたでも編集可能ですので、どんどん埋めてください^^


コマンド表記

レバー入力は、テンキー(電卓)の数字の並びで表しています。
7 8 9
4 5 6
1 2 3
P(パンチ)、K(キック)、G(ガード)の3ボタンを使用。
※4 or 6 + スタートボタン(DC版はLかRボタン)で挑発行動。


作品解説

セガより1998年にアーケード版が発売された対戦格闘ゲーム。
2001年にはドリームキャスト版も発売された。

本作の特徴は以下の通り。

●似て非なる部分も多いが、基本的にはバーチャファイター(VF)シリーズの流れを汲む。

●リアル路線のVFとは違い、ヒット時やガード時のエフェクトがあるのでわかりやすく、
攻撃された側が吹っ飛ぶ、アーマーが砕け散る、などの大袈裟な演出も楽しめる。

●アーマーの概念があり、破壊されると防御力が低下し、食らうコンボが増え、
当て身のリスクも大幅に上がるので、終盤の展開がどんどん加速していく。

●前作FV1の大味すぎた部分が改善され、概ね良好な対戦バランスとなった。
攻守が目まぐるしく移り変わる、スリリングな駆け引きを楽しむ事ができる。

●全キャラが持つ当て身技(ガード&アタック、テックガード)や各種スカし攻撃、
空中受け身、地上受け身、投げ抜け、よろけ回復、起き上がりの攻防などなど、
防御している(もしくは攻撃を受けている)側の取れる行動が非常に多い。

●攻撃している側は常に当て身などにより返されるリスクはあるが、それでもなお
攻めている側のほうが有利なバランスとなっており、相手の当て身行動を逆に誘ったり、
自分側の攻撃後のスキに当て身+投げ抜けを入れて、相手の反撃を潰す事もできる。

●しゃがみパンチが特殊下段(立ちでもしゃがみでもガード可能)になった。
しゃがみパンチの性質や地上受け身などのシステムは、VF4にも引き継がれる事になる。


添付ファイル