Timothy J.Follin

ティム・フォリン

海外で活動していたイギリス出身のゲーム音楽作曲家。デビューしたのがわずか15才という早熟の天才。
最初はZXスペクトラムやコモドール64作品のBGMを手掛け、後にゲーム開発会社のSoftware Creationsに所属しソルスティスシルバーサーファーなどを担当。
Software Creations退社後はMalibu Interactiveを経てフリーの作曲家に、現在は作曲業から引退しており総合的メディア製作者に転身した。

ゲーム音楽愛好者の間で「FC音源の神」などと言われる事もあり、FCの内部音源を最大限まで使って作られたソルスティスのオープニングテーマは正にその代表曲とされる。
ちなみに彼の兄であるGeoff Follinもゲームミュージックコンポーザーであり、兄弟で担当した作品も多い。
さらにもう一人の兄のMike FollinはSoftware Creationsに所属していたプログラマー。TimはこのMikeからプログラミングの手ほどきを受けている。
主に海外のゲームで活躍していた人物なので、ランキング投票時に「国内で販売したゲームのみ」というルールが決められている場合は間違えて投票しないように注意。


作曲作品の一例

最終更新:2020年05月02日 16:02