さまよえる騎士、見参

さまよえるきし、けんざん


概要

本作を代表するエリアボスの一体・タペラヘンキ戦で流れる曲。

なるけ女史らしい独特のテンポの取り方でありながら、なるけ女史のバトル曲としては珍しい部類に入る、一曲の中で多彩な変調を見せるのが大きな特徴。
強烈な出だしを刻む派手なイントロから、WAシリーズのような勇姿なメロディへと繋ぎ、そのまま盛り上げていく……と思わせておきながら、
まるで変調の合図をするかのようにピアノの高速連弾が挿入され、その後は強敵との対峙で焦っているような焦燥感のあるメロディへと繋がっていく。
多彩な楽器を駆使したテンポの良い変調メロディは印象に残りやすく、曲の人気も高い。「刻の工房」「たたかいの刻」と共に本作を代表する曲と言える。

タペラヘンキは大廃墟の探索を進めると地下に登場する強敵で、大廃墟に入ると「嫌な気配がする…」とイベントが起き、ある場所を調べた途端に唐突にエンカウントする。
大廃墟の不気味な雰囲気のBGM(廃墟は語る)からこの曲が派手に流れ出す演出は緊張感バツグンで、それ故にプレイヤーの記憶に強く残るバトル&BGMであったようだ。

最後に余談だが、「タペラヘンキ」はフィンランド語で「tapella(戦う)henki(精霊)」というのが由来である。

過去ランキング順位


サウンドトラック

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 オリジナル・サウンドトラック