ゼノギアス

ゼノギアス

機種:PS
作曲者:光田康典
発売元:スクウェア
発売年:1998

概要

ファイナルファンタジーVIIとほぼ同時期に製作され、製作過程に関係が深いことで有名なRPG。
非常に難解なストーリーやプレイヤーが操作する場面が極端に少ないDISC2の扱われ方が賛否両論を呼ぶ作品でもあるが、非常に根強いファンが多く存在する。

作曲は光田康典が務めた。作曲におけるテーマは「ゲームを離れたところでも、音楽単体で聴けるものを作る」であった。
スタッフロール曲の「SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ破片(かけら)~」はスクウェア作品で初のゲーム中で使用されたヴォーカル曲である。

収録曲(サウンドトラック順)

曲名 補足 順位
冥き黎明 OPムービー時
STARS OF TEARS (OUT TAKE) ゲーム未使用曲
海と炎の絆 バルト系イベントなど
おらが村は世界一 ラハン村 町曲124位
風のうまれる谷 シタン先生の家周辺
遠い約束 フェイ系イベントなど 第1回32位
第2回162位
第4回208位
第6回748位
第7回674位
第8回577位
第9回634位
第12回686位
癒し45位
初代PS47位
泣き曲33位
鋼の巨人 戦闘系イベント、バトリング
黒月の森 黒月の森
夢の卵の孵るところ エリィ系イベントなど
まどろみ(ショートバージョン) 宿屋
熱砂の街ダジル ダジル
憧憬 フィールド フィールド63位
グラーフ 闇の覇者 グラーフのテーマ
導火線 脱出系イベントなど
つわものどもが夢のあと 戦艦ユグドラシルなど 第2回スクエニ293位
盗めない宝石 フェイ&エリィ系イベントなど 癒し188位
ピアノ104位
アヴェ いにしえの舞 アヴェ
侵入 ダンジョンなど
死の舞踏 通常戦闘
暗き眠りに… ゲームオーバー
やさしい風がうたう ニサン 第5回916位
町曲197位
癒し177位
初代PS146位
傷もてるわれら 光のなかを進まん ニサン聖堂内、イベントほか
Lost… きしんだ かけら エリィ系イベントなど
タムズ 海の男の心意気 タムズ
蒼き旅人 救出系イベントなど
悔恨と安らぎの檻にて DISC2語りなど 第5回603位
初代PS209位
氷の顎 ダンジョン・イベントなど
紅蓮の騎士 ボス戦 第3回319位
第5回473位
第7回739位
第8回711位
スクエニ271位
第2回スクエニ126位
RPGバトル354位
神無月の人魚 エメラダのテーマ
風が呼ぶ、蒼穹のシェバト シェバト 第2回149位
第3回555位
第4回186位
第5回916位
第6回399位
第7回530位
第9回645位
スクエニ124位
第2回スクエニ266位
町曲7位
癒し228位
初代PS96位
大空と雲ときみと チュチュのテーマ
夜空一杯の星を集めて マリア系イベントなど 癒し299位
128位
星の涙、人の想い 悲しいイベントなど
飛翔 ゼプツェンのイベントなど、アハツェン戦 第2回64位
第3回38位
第4回33位
第5回33位
第6回95位
第7回65位
第8回119位
第9回165位
第10回209位
第11回230位
第12回167位
スクエニ56位
第2回スクエニ82位
RPGバトル210位
初代PS19位
ユグドラシル飛行時 フィールド385位
天上の楽園ソラリス ソラリス
まどろみ(ロングバージョン) カードゲーム勝利時
引き裂かれしもの イド系イベントなど
祈り、人の望みの喜びよ ガゼル法院対面イベントなど
予感 バベルタワー・ラスダンなど ダンジョン119位
覚醒 デウス戦 第3回105位
スクエニ271位
ラストバトル84位
初代PS164位
神に牙むくもの ウロボロス戦 ラストバトル348位
最先と最後(いやさきといやはて) エンディングムービー時
作詞:高橋哲哉
ゲームソング295位
SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ破片(かけら)~ エンディング:スタッフロール
作詞:加藤正人 歌:Joanne Hogg
第2回203位
第3回340位
第4回609位
第5回415位
第7回953位
第8回875位
第9回731位
第10回510位
ゲームソング31位
第2回ゲームソング136位
スクエニ159位
エンディング217位


サウンドトラック

ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック


ゼノギアス アレンジヴァージョン クリイド


-MYTH-The Xenogears Orchestral Album


Xenogears Original Soundtrack Revival Disc - the first and the last -


Xenogears 20th Anniversary Concert -The Beginning and the End-